プレゼンテーション、個人レッスン。

東京オリンピック招致プレゼン後、問い合わせが多い。

みんな、ああなりたい、私にもできるかも、って思ってきたのだろう。

昨日教えた中村仁さん、「起業家マーケティング」の代表だ。
「ぼくの映像、ベストスピーカーの皆さんに見てもらってもいいですよ」ってあっさり言う。
さえぎるものが何もない。
ほんとに!?

そういう人はやはり伸び方が違う。
彼の2時間の成果を見てほしい。

http://www.youtube.com/watch?v=pvZTxBHrEKE&feature=em-upload_owner#action=share

僕は拍手を送りたい。

中村さん、やったね!




 


   ■■■------------------------------------------------------------■■■
高津和彦の『話し方のルール』【高津和彦のセミナー お知らせ】
 
11/16  名古屋  VAE分析による伝達力獲得セミナー 
11/30  大阪 プレゼンテーション講座/実技トレーニング―1日集中
12/7  大阪  人前で話すプロのためのスピーチスキル獲得講座
12/8  名古屋  プレゼンテーション講座/実技トレーニング―1日集中 
12/14  東京  VAE分析による伝達力獲得セミナー 
12/15  東京 プレゼンテーション講座/実技トレーニング―1日集中

ベストスピーカーfacebook :話し方のアドバイスなどの情報ページ  
セミナー動画体験 :http://youtu.be/rkaJXjAqb_I 

■■■------------------------------------------------------------■■■

WEBマガジン【KZ-plus】 
ベストスピーカー主任講師・高津和彦が、話し方に関する楽しい記事を執筆。 
スピーチ分析など、即日常で役立つヒントなど掲載。

【おすすめコラム】
 
 
プレゼンがうまくなる魔法

 ■■■ -------------------------------------------------------------- ■■■
   
AD
昨日の日刊ゲンダイに私のコメントが掲載された。



阪急ホテルメニュー偽装事件「社長会見での話し方」についてだ。

僕の話し方の分析は、「話し方」そのものを取り巻く、人に与える印象という観点から大きく捉える。

言葉遣い、用語、いろいろ取材でお話ししたが、今回は「顔が無表情」という点を取上げた。


みなさん、「表情豊か」に勝るものはありません。
ふだんから心がけていると自然に表情がそうなってきて、それは聞き手の共感を呼ぶのです。
自分の「心」を倍増させるのです。

「許せない!」と反発されてしまうのと、「まあ謝ってんだから・・・」と受け取らるのとは天地違います。


「表情豊か」を自分の身体の一部にしましょう。




 


   ■■■------------------------------------------------------------■■■
高津和彦の『話し方のルール』【高津和彦のセミナー お知らせ】
 
11/3  東京  プレゼンテーション講座/実技トレーニング―1日集中 
11/4  東京  人前で教える技術力獲得のための実践講座
11/16  名古屋  VAE分析による伝達力獲得セミナー 
11/30  大阪 プレゼンテーション講座/実技トレーニング―1日集中

ベストスピーカーfacebook :話し方のアドバイスなどの情報ページ  
セミナー動画体験 :http://youtu.be/rkaJXjAqb_I 

■■■------------------------------------------------------------■■■

WEBマガジン【KZ-plus】 
ベストスピーカー主任講師・高津和彦が、話し方に関する楽しい記事を執筆。 
スピーチ分析など、即日常で役立つヒントなど掲載。

【おすすめコラム】
 
 
プレゼンがうまくなる魔法

 ■■■ -------------------------------------------------------------- ■■■
   
AD
OECDが24の国と地域で行った「国際成人力調査」で、日本は「読解力」と「数学的な思考力」がトップの成績だったと各メディアが伝えている。

おめでとう日本!

とまず素直に喜ぼう。
で、その上で問題を提起したい。

*****************

1-新聞の得点棒グラフを見ると各国中、日本がダントツトップのように見えるが、最低点位置を0点ではなく240点にしてある。日本は296点だがよく見ると各国もほとんどが 270点台。だから数値で見ると10%も飛びぬけているわけではない。
小差。

グラフだけ見ると日本が他国より1.5倍から2倍すぐれているように見えるが、これはグラフ上の目の錯覚。これは一つのプレゼンマジックなのだ。
自ら戒めなければならない。勝って兜の緒を引き 締めよだ。


2-読解力、数学思考力はトップ。
これはモノを吸収する基本学力、つまり個人のインプット能力。
僕が危惧するのは、アウトプット能力が果たしてどうなのかということだ。つまり「話す」、「書く」、「描く」などの表現能力。

思ったことをはっきり言えるか?

アウトプット能力を鍛える」のは、僕自身の専門分野であるのだが、日本人はこの分野で上位に位置しているとは思えない。それは日本の社会・教育制度によるものであるのだが、このアウトプットを鍛える教育をすることを強く提唱する。

*****************

人間の能力、それはひとえにインプット+アウトプットの総合力、つまり、
1-認識して、
2-考えて、それを
3-伝えて、
初めてその価値があると考えるからだ。

そうすることによって初めてバランスの取れた人間力というものが発揮されるのだ。




 


   ■■■------------------------------------------------------------■■■
高津和彦の『話し方のルール』【高津和彦のセミナー お知らせ】
 
10/19  名古屋 プレゼンテーション講座/実技トレーニング―1日集中
10/20 大阪  VAE分析による伝達力獲得セミナー  
11/3  東京  プレゼンテーション講座/実技トレーニング―1日集中 
11/4  東京  人前で教える技術力獲得のための実践講座 


ベストスピーカーfacebook :話し方のアドバイスなどの情報ページ  
セミナー動画体験 :http://youtu.be/rkaJXjAqb_I 

■■■------------------------------------------------------------■■■

WEBマガジン【KZ-plus】 
ベストスピーカー主任講師・高津和彦が、話し方に関する楽しい記事を執筆。 
スピーチ分析など、即日常で役立つヒントなど掲載。

【おすすめコラム】
 
 
プレゼンがうまくなる魔法

 ■■■ -------------------------------------------------------------- ■■■
   
AD