お勧めCD雑食レビュー | madのブログ

CDのレビューとか、リコメンドとか。

皆様の音楽ライフの一助になりましたら、ということで。

レビューとか欲しいCDとか。ちなみに、プレイリストはこちらです。

http://www.lastfm.jp/user/yamdeeyam


皆様の役に立つレビューを、わたしは書いていきたい。


ちなみにamazonアフィ使ってます。そういうのが嫌いな方はご注意ください(No amazon, No life!!)


テーマ:
悪いこと言わないから、まだなら今すぐ聞くべき。これまでと違うものが見えるはず。




LITTLE TEMPO meets Voices of Flowers/カッティング・エッジ

¥2,548
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(1)
PR

テーマ:


こういうタイトルに弱い。青山246沿いのマンション住んでカイエン乗り回すみたいな?

一方で考えてみればメロウってのも何だか胡散臭い言葉だ。対面で「メロウなヴァイブスが…」とか言い出す輩とは関わりたくない。でもそういうやつが金稼いでたりするんだよなー。

ともあれ竹村延和の「searching」を入れてる時点で、このコンピは一定の信頼はできると判断できるものである。

メロウな東京の週末 WEEKEND IN TOKYO~sabor de brasileira/FLAVOURS OF SOUND

¥2,520
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
トンコリ/チカルスタジオ

¥2,625
Amazon.co.jp

アイヌの伝統楽器トンコリの奏者、OKIさんのソロアルバム。

トンコリ/wikipedia

5本の弦以外はOKIさん自身の歌声(当然アイヌ語)のみで構成されたシンプルな音像ながら、驚くほど豊かな倍音と、アイヌのユニークな文化そのものを包含した傑作である。

象徴的なのはアイヌの伝統的な曲であるという「ウチャオレ イレッテ」。ライナーノートによれば、二人の男が会話するさまをトンコリの音で表現したもの、だという。確かに訥々と繰り返される同一フレーズ(超ミニマル!)を追いかけているうちに、文字を持たなかったアイヌの人たちの、穏やかな会話の様子が鮮やかに頭に浮かびあがってくる。

彼らにとって、音楽とはノンバーバルでハイコンテクストな表現手段であり、かつコミュニケーション手段でもある。そして文字を持つ人間には与えられなかった「何か」を、彼らは確かに有している。そしてその何かを、もっとも美しい形でパッケージングした結晶が、この世にも美しい「トンコリ」なのである。


いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード