Twitterボタン
Twitterブログパーツ



May 07, 2010

書籍紹介 「生存者」と呼ばれる子どもたち 児童虐待を生き抜いて/宮田 雄吾 

テーマ:ニュース
今回は、書籍の紹介です。
私たちが訪問させていただいております情緒障害児短期治療施設「大村椿の森学園」の創設者の一人であり、元園長、現在は主任医師を務められている精神科医の宮田雄吾先生の著書。

長崎県の情緒障害児短期治療施設(情短)で療養を受ける、虐待で心身とも傷つけられた子供たちの今まで生きてこれただけで幸運だったと呼ば れる彼らと、それを支援する大人たちの壮絶な闘いを追ったノンフィクションです。

私たちの活動を知った角川書店の編集の方が共感をし、世間にこの現実を知ってほしいの想いで
宮田先生が筆を執った書籍です。

2010年5月10日発売です。

出版社ページ
「生存者」と呼ばれる子どもたち 児童虐待を生き抜いて/宮田 雄吾
¥1,575
Amazon.co.jp
著者紹介:宮田 雄吾
1968年、長崎市生まれ。長崎大学医学部卒。長崎大学医学部精神科神経科に入局した後、長崎県立大村病 院、佐世保市立総合病院を経て、2000年より医療法人カメリア・大村共立病院に勤務。2003年、園長として情緒障害児短期治療施設「大村椿の森学園」 を開設。現在は同学園主任医師と大村共立病院副院長を兼務している。著書に『子育てがつらくなったら読む本』『学校生活じぶん防衛軍』『悩みが解決する友 だちづきあいのコツ』など。

引用:新潮社ウェブサイト
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

BeSmileさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。