フィリピン留学なら、断然バギオ!

フィリピン留学といえばセブ・・・だけではありません。日本と同じくらい治安がよく、評価の高い学校が多いことで注目を集めるバギオ。人気の語学学校と語学留学に役立つ情報を紹介していきます。


テーマ:


 

幼少期から英語に触れる環境のフィリピン。

小学校から英語で授業を受けるため、

実践的な英語スキルが身に付きます。

 

■英語教育の背景

フィリピンは1898年から1946年まで、

およそ半世紀にわたりアメリカの植民地で

フィリピン全土に小学校をつくり、すべての授業を英語で行うという

アメリカの植民地政策が、名残として今に至る英語の普及のきっかけです。



■現在の小学校での英語教育

国語・社会・道徳・音楽は母語で、英語・理科は英語で教えられる

というように、教科ごとに使用言語がわかれています。

低学年のうちは母語の割合が多いのですが、

学年が上がるにつれて補足説明程度になっていき、

徐々に英語とフィリピン語を授業の中に取り入れていくことで、

子供たちは両方の言語を習得していきます。

小学1年生の終わりには、英語の読み書きは日本の中学3年生程度、

会話は高校生以上の能力を身につけていると言われています。

小学校から文法を学び、高学年にもなると分厚い教科書でかなりの文章量を

読みこなします。


■大学での英語教育

講座は英語が基本使われるため、大学卒の人であれば

訛りは少しあるものの、高校生などに比べるとスムーズに英語で会話ができます。


■日常生活での英語

「将来」のために英語を学ばせようと、幼いころから

家庭内で英語を使う家族も少なくありません。

また、街中の看板や広告、選挙ポスター、ニュース、アニメなど、

目に入るもの聞くものがほとんど英語なのです。

映画館で上映されるアメリカ映画は、

「吹き替えなし+字幕なし」です!

英語が分からないと娯楽も楽しめない環境でもあるのです。

そして

コールセンターや外資系起業など給料のよい仕事につくには、

極めてレベルの高い英語が必要となり、

「英語力=よりよい生活」という意識があるのです。



■フィリピン人の英語力の格差

経済的な問題で学校に通えなかった人もおり、

ほとんど英語を話せない人も中にはいます。

お金持ちで教育熱心の家庭に恵まれた子供は、

英語教育の力を入れている幼稚園に通い、

小学校入学時にはすでに英語が流暢な子供もいます。


このように、 フィリピン人が高い英語力を持っているのは、

日常生活の環境や幼少期からの英語教育が背景にあります


英語の話せない教師に間違いだらけの英語で授業をさせたり、

大学入試にTOEFLを導入しようとしたりといった
日本の英語教育ですが、

フィリピンを参考にすれば、もう少し意味のある制度が作れるのではないでしょうか。

 

 

お問い合わせはこちらをクリック
                                                                                             
ぜひバギオでのフィリピン留学をご検討下さい。


こちら↓にも留学に役立つ情報が満載です!!

     


フィリピン留学と言えばセブ・・・だけではありません。
日本と同じくらい治安がよく、虫が少なく、一年中クーラーなしで過ごせる快適な環境のバギオでの英語留学の人気が高まりつつあります。

フィリピン留学なら、バギオ留学.com



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フィリピン留学をしたいけど、格安で授業を受けられないだろうか・・・

と思われる方もいるのではないでしょうか。


フィリピン留学では、大半が学校の寮に滞在しながら授業を受けるスタイルです。

これは便利な面もありますが、門限や飲酒禁止など生活に関する規則があり、勉強以外の時間を自由に使いたい方にとってはネックになります。

そのような方向けに、学校の授業だけを受けられる「通学プラン」を開始しました。

1レッスン150ペソでフィリピン留学ができます。

 ※受講は1日2レッスン以上、5日以上から


当社運営の宿泊施設に滞在しながら、ご自分のスタイルで授業だけ受講できます。

 ※ご自身で滞在先を確保していただいてもOKです


この通学プランのメリットは・・・

・学校の規則に縛られない

・授業以外の時間を自由に過ごせる

・自炊をしたり、外食で好きなものを食べたりできる


・一般的な語学学校への留学より安い!

など。


フィリピン留学と言えばセブ・・・だけではありません。
日本と同じくらい治安がよく、虫が少なく、一年中クーラーなしで過ごせる快適な環境のバギオでの語学留学の人気が高まりつつあります。

フィリピン留学なら、バギオ留学.com
http://baguio-ryugaku.com/


こちら↓にも留学に役立つ情報が満載です!!

   
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
近年、インターネット上で様々な英語学習の素材が無料で入手できるようになりました。

フィリピン留学をされる方で、基礎レベルの学習をある程度終えた方(部分的にでも英語を英語で理解できるようになった方)にお勧めの教材があります。

それが、VOA(Voice of America)です。

Voice of Americaの英語学習サイト

現在、インターネットで利用できるVoice of Americaも、当初は太平洋戦争当時のニュースプログラムとして1942年にスタートしました。
今は馴染のないラジオの短波放送での番組でした。

VOAは、英語を母語としない人向けのラジオ放送で、基礎的な1500語レベルの英単語を使い、通常よりゆっくりのスピ―ドでアナウンサーが話すたという聞き取りやすい内容になっていました(極東アジア向けの英語放送は、2014年に廃止されました)。

現在、インターネット上のサイトでは、音声データスクリプトがあり、全て英語で書かれていますが、英語力に応じて3つのレベルが用意されています。

スクリプト上の単語にカーソルを合わせると、意味が表示される(これも英語での表示です)という英語学習に便利な機能がついています。


日本語でサポートのあるサイトもあります。

VOA Special Englishで英語リスニング


フィリピン留学では、英語を英語で学ぶことになります。
留学前にこうした番組で英語を学んでおくと、フィリピンでの学習にもスムーズになれるのではないかと思います。



こちら↓にも留学に役立つ情報が満載です!!

        
にほんブログ村


フィリピン留学と言えばセブ・・・だけではありません。
日本と同じくらい治安がよく、虫が少なく、一年中クーラーなしで過ごせる快適な環境のバギオでの英語留学の人気が高まりつつあります。

フィリピン留学なら、バギオ留学.com
http://baguio-ryugaku.com/



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本で英語を勉強している方もフィリピン留学で英語力アップを図ろうとする方も、どのような勉強をしたら効果的に英語力がアップするか気になるところではないでしょうか。

私はアメリカの大学に学部留学をしたのですが、当時はまだフィリピン留学という選択肢がない頃でしたし、お金をかけたくなかったためほぼ独学で勉強しました。

英語の学習を始めるにあたり、自分の英語力に合った教材選びや効率的な学習方法についてかなり情報収集しました。

その経験から言えるのは・・・

・大人と子どもでは、効率的な学習方法が異なる
・語学学校に通うとしても、ベースとなる学習の基本は独学にある(地道な学習なくして英語は習得できない)
・その学習方法は、語学学校に通う際も活用できる
・自分の英語力に合った教材を使い、より効率的な学習法を実践すれば、確実に仕事でもつかえるレベルの英語力が身につく

といったことです。


英語の学習法について、参考になるサイトがありましたので、ご紹介します。

「聞き続けることが、”英語上達の近道”~留学・語学学校は不要」


私の考えと全て同じという訳ではありませんが、大いに参考にできる内容です。


また、「瞬間英作文」などのテキストの著書で知られる森沢洋介氏のサイトに、参考になる記事がありましたのでご紹介します。

英語は日本で上達する

TOEICについて


どちらも、ある程度の英語力は独学で(日本で)習得できるというものです。
効率的な勉強法を習得すると、フィリピン留学でも大いに活用できるはずです。

これらのサイトの情報をぜひ参考にしてみて下さい。


こちら↓にも留学に役立つ情報が満載です!!

        
にほんブログ村


フィリピン留学と言えばセブ・・・だけではありません。
日本と同じくらい治安がよく、虫が少なく、一年中クーラーなしで過ごせる快適な環境のバギオでの英語留学の人気が高まりつつあります。

フィリピン留学なら、バギオ留学.com
http://baguio-ryugaku.com/



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、フィリピン留学の成果をアップさせる簡単なポイントについてコメントしました。

学校の授業は、間違わない事が重要なのではなく、どこに間違いがあるかわからないことを発見するためのもの。
よって、間違いを恐れずにどんどん発言すべき・・・ということでした。

http://ameblo.jp/besajapan/entry-12005510000.html

このことは、もう一つ重要な意味があります。

普段日本語で話すように(日本人的な表現や思考パターンで)外国人と話してしまうと、何を言おうとしているかが分かりづらい印象を与えることがあります。

これは、日本人が何気なく行っているコミュニケーション上の「クセ」が影響しています。

よく理解できないことをはっきりと確認せずに会話をしたり、こんなことを言ったら相手が気分を悪くするだろうな・・・と配慮して遠まわしに表現しようとしたりすることが誤解を生む原因となります。

こうしたことは日本人同士ではあうんの呼吸で意図が伝わりますが、外国人とのコミュニケーションでは通用しないと考えた方が良いでしょう。

日本人のコミュニケーション法が、ある意味特殊だと言えます。

普通の会話なら良いでしょうが、これがビジネスや契約などが絡む話であれば、重大な問題を引き起こしかねません。

認知されつつあるフィリピン留学ですが、単に道具としての語学を学ぶだけでなく、異なる文化や背景を持つ人たちとどのようにしたらより円滑なコミュニケーションが図れるかを学ぶこともフィリピン留学で得られる成果の一つです。


こちら↓にも留学に役立つ情報が満載です!!

    


フィリピン留学と言えばセブ・・・だけではありません。
日本と同じくらい治安がよく、虫が少なく、一年中クーラーなしで過ごせる快適な環境のバギオでの英語留学の人気が高まりつつあります。

フィリピン留学なら、バギオ留学.com
http://baguio-ryugaku.com/



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フィリピンの現地で様々な生徒さんを見てきて、この点を改善すればフィリピン留学の成果が飛躍的にアップするのにな・・・と感じることがあります。

それは、「分からないことを遠慮せずに質問すること」です。

特に会話をしているときのことですが、授業中に先生が言っていることが分からなくても、なんとなくこんな意味だろうな・・・と推測して流してしまう生徒さんが多いことを目にしてきました。

学校の授業では、間違わない事が重要なのではなく、どこに間違いがあるかわからないことを発見するためのものです。
大いに間違って、それを正しく修正してもらうべきなのです。

間違いを恐れるあまり、口数が少なくなったり、頭で考えてから発言していては十分な成果が期待できません。

例えば、何か発言をする際に、間違わないようにと頭の中で必死に文法の知識と照らし合わせながら1つのことを話すより、そんなことを気にせず3つのことを話し、3つの間違いを指摘・修正してもらう方が英語力アップにつながります。

しかも、間違うことによって、そのことが強く印象に残ります。
すると、脳に深く刻まれ忘れにくくなるというメリットもあります。

このようなことは授業だからこそできるわけですし、先生をフル活用しなければもったいないです。

しつこく質問をしたり、こんなことを聞いたら先生に煩わしい思いをさせてしまわないか・・・という日本人的な心配は無用です。そのためにお金を払っているわけですから。

どんどん質問して、フィリピン留学でしっかり成果をあげましょう。



フィリピン留学と言えばセブ・・・だけではありません。
日本と同じくらい治安がよく、虫が少なく、一年中クーラーなしで過ごせる快適な環境のバギオでの英語留学の人気が高まりつつあります。

フィリピン留学なら、バギオ留学.com
http://baguio-ryugaku.com/



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前、フィリピン留学の前に、基礎的なコミュニケーションスキルと文法の学習をすることで留学の効果を高めることができるということについて書きました。

その記事はこちら↓

【フィリピン留学】留学の準備~英語学習2~

具体的にどのような教材を使って学習したらよいでしょうか?

おススメできるのは、NHKラジオ講座です。

詳しくはこちら↓をご覧ください。

http://baguio-ryugaku-blog.com/?p=96&preview=true
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年々知名度が上がりつつあるフィリピン留学。
フィリピン留学をすれば英語力がアップする・・・という安易な気持ちで留学しても、費用対効果があったと言えるだけの成果をあげられない人がいるのも事実です。

先日、初級レベルの方がフィリピン留学を成功させるヒントについて書きました。

留学前に、英語での簡単なコミュニケーションと基礎的な文法の学習を済ませておくこと・・・でした。

それができていないと留学しても無意味でしょうか?

必ずしも無意味ではありません。

では、どのようなことが期待できるでしょうか?

・英語で話すことに対する恐怖心が和らぐこと


・自分の英語力のなさを痛感できること

・今後の英語を学習するモチベーションにつながること

・異文化に触れられること(特に、フィリピンは日本と対極的な価値観を持っているのでいろんな意味で刺激を得られる)

・日本にいた時には気づけなかった視点や価値観で日本や日本人について考察できること


などでしょうか。


それほど英語力アップにつながるものではありませんが、貴重な経験になることは間違いありません。

ですが、それだけで終わらせてはもったいないです
貴重なお金と時間を使うからには、事前に学習をしっかりしておく方が間違いなく成果があがります。

バギオ留学.comでは、フィリピン留学をしていただくことが目的ではなく、確実に英語を習得するにはどうしたらよいかという点についてもしっかりとサポートさせていただきます。

効率の良い英語学習法や欧米への留学、海外就職などについてもお気軽にご相談ください。

こちら↓にも留学に役立つ情報が満載です!!

        
にほんブログ村


フィリピン留学と言えばセブ・・・だけではありません。
日本と同じくらい治安がよく、虫が少なく、一年中クーラーなしで過ごせる快適な環境のバギオでの英語留学の人気が高まりつつあります。

フィリピン留学なら、バギオ留学.com
http://baguio-ryugaku.com/



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年々知名度が上がりつつあるフィリピン留学。
フィリピン留学をすれば英語力がアップする・・・という安易な気持ちで留学しても、費用対効果があったと言えるだけの成果をあげられない人がいるのも事実です。

今回は、初級レベルの方がフィリピン留学を成功させるヒントです。

より効果を上げるためには、簡単なコミュニケーションスキル(特にリスニング&スピーキング)と基礎的な文法の学習を終えてから留学するのが理想です。
このレベルの学習が済んでいない段階でも留学のメリットはありますが、これについてはまた機会を改めて書こうと思います。

なぜなら、当然ですが、フィリピン留学ではすべての授業が英語で行われるからです。
言われたことがわからない場合、何がどうわからないのか(単語の意味が分からなかったのか、聞き取れなかったのか、文法的なことがわからなかったのか)を相手に伝えられなければ、意思表示をするだけでかなり時間を取られてしまいます。

初級レベルの方がコミュニケーションスキルをアップさせるには、基礎的な英語の表現方法(単文)をまずインプットすることが必要です。このインプットがなければ、話すベースができません。
これは、私たちの母語である日本語に置き換えても一緒です。物理学の知識がない人に、物理の話をしろと言ってもできないことと一緒です。

具体的な学習方法についてはこちら↓

           効果的な英語の学習法

この段階では、単語の意味や文法的なことも日本語で学習した方が効率的ですので、「日本語で書かれた」テキスト(英語の音声付のもの)を使って独学するのが有効です。

文法に関しては、英語で説明されると理解度が落ちます。
それに、文法的な専門用語も出てきますので、自分でテキストを学習しながらわからないことを調べたり質問する方が断然効率的です。

こうしたことから、簡単なコミュニケーションと基礎的な文法の学習を終えてから留学する方がより大きな成果が期待できます。

貴重なお金と時間を使うからには、きっちり成果を出したいものです。

バギオ留学.comでは、フィリピン留学をしていただくことが目的ではなく、確実に英語を習得するにはどうしたらよいかという点についてもしっかりとサポートさせていただきます。

効率の良い英語学習法や欧米への留学、海外就職などについてもお気軽にご相談ください。

http://baguio-ryugaku.com/
こちら↓にも留学に役立つ情報が満載です!!

        
にほんブログ村


フィリピン留学と言えばセブ・・・だけではありません。
日本と同じくらい治安がよく、虫が少なく、一年中クーラーなしで過ごせる快適な環境のバギオでの英語留学の人気が高まりつつあります。

フィリピン留学なら、バギオ留学.com
http://baguio-ryugaku.com/



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年々知名度が上がりつつあるフィリピン留学。
フィリピン留学をすれば英語力がアップする・・・という安易な気持ちで留学しても、費用対効果があったと言えるだけの成果をあげられない人がいるのも事実です。

昨日のブログで、正しい発音の習得英語を学ぶ重要なポイントの一つであるとコメントしました。

そもそも、「正しい発音」とはなんでしょうか?

CNNニュースの各国レポーターが話す英語は、ある程度母語の影響が感じられることもありますが、アメリカ英語やイギリス英語(ここでは「スタンダード・イングリッシュ」と呼ぶことにします)を習得していれば理解するのに大きな支障はないレベルです。

こうしたことから、「正しい発音」の定義に正解はないのでしょうが、私たちが英語を学ぶにあたり、英語を母語としない多くの人たちにとってメジャーなスタンダード・イングリッシュを目標としたらよいと思います。

ただし、いわゆる標準的なアメリカ英語である中西部以外の地域では多少なりとも訛りがありますし、アフリカン・アメリカンの英語も独特のクセがあります。イギリス英語もしかりです。
世界的に見れば、「標準的な英語」を話す人口の方がむしろ少ないので、様々な訛りに慣れておくことも必要です。

将来的に英語を使うフィールドが限定されている場合、最初からその国の訛りのある英語に触れることも悪くないでしょう。

例えば、シンガポール人の英語は「シングリッシュ」と言われるほど独特の訛りがありますし、インド英語やオーストラリア英語もそうです。
以前ルームメイトだったアメリカ人の友人も、彼らが何を言っているかわからないことがあると言うほどなので、スタンダード・イングリッシュを習得していても聞き取れないことがよくあるからです。

フィリピン人の英語の訛りはどうかという質問も良く受けます。
確かにフィリピン訛りの英語はありますが、人によってかなり違いがあります

スタンダード・イングリッシュに触れて育ったフィリピン人であればほとんど訛りが分からない事もありますし、一方、聞き取りづらいほどなまっている人もいます。

フィリピンの英語学校の講師については、一般のフィリピン人と比べそれほど訛りがないと考えてよく、少なくともコミュニケーションに重大な支障が出ることはまずないはずです。

ただし、日本人にとって、フィリピン人の英語はアメリカ英語と比べて聞き取りやすいと考えてよいでしょう。
彼らの英語が理解できても、ナチュラルなアメリカ英語を聞いたら理解できないということはあります。
よって、フィリピン留学後にアメリカでの留学や就職を考えている場合、それなりの対策が必要になります。

また、訛りとは違いますが、同じスタンダード・イングリッシュでも、ニュース英語日常会話の英語にも大きな違いがあります。
ニュース英語はある程度クリアに発音されますが、映画やドラマの日常会話ではリエゾンがかなりあるため、ニュース英語が理解できる人でも聞き取れないことはよくあります。

ナチュラルな日常会話を習得したいのであれば、ニュース英語だけに触れていては分かるようになりません。
映画やドラマを使って英語を学習する必要がありますし、イディオムの学習も必要です。

短期間で英語力をアップさせるには、目的に応じてその学習方法や教材も考慮する必要があります。

バギオ留学.comでは、フィリピン留学をしていただくことが目的ではなく、確実に英語を習得するにはどうしたらよいかという点についてもしっかりとサポートさせていただきます。

効率の良い英語学習法や欧米への留学、海外就職などについてもお気軽にご相談ください。


こちら↓にも留学に役立つ情報が満載です!!

     


フィリピン留学と言えばセブ・・・だけではありません。
日本と同じくらい治安がよく、虫が少なく、一年中クーラーなしで過ごせる快適な環境のバギオでの英語留学の人気が高まりつつあります。

フィリピン留学なら、バギオ留学.com
http://baguio-ryugaku.com/



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。