負けてたまるかあ

1970年代アニメ 1980年代アニメ ・ディズニープリンセス グリム童話。絵本/ ダイソービーズ/子宮内膜増殖症・パズル脳 /お米 通販 生きるということ・同居嫁 コンプレックス

信長の武将米殿も満足 幻の米絶品はつしも!
あっぱれな味に食にこだわる殿も、おかわり三昧 。
岐阜は信長ゆかりの地 殿様もはまる、こだわりの匠な味、岐阜のハツシモ。

信長の武将米 白米2kg5個得盛が人気


単身赴任のお父さんに 父の日や敬老に 

のぶながはつしもを届ける方もちらほらと




テーマ:

「月9」の全盛期は、実は20年前である。

年間4作の全ての平均視聴率が20%を越えたのは、過去に1年だけしかない。それが1997年で、頂点の年だ。【以下( )はそれぞれの平均視聴率。】

97年以前、最初に4作中3作が20%以上になったのが91年で、鈴木保奈美・織田裕二の『東京ラブストーリー』(22.9)、浅野温子・武田鉄矢の『101回目のプロポーズ』(23.6)、中山美穂・大鶴義丹の『逢いたい時にあなたはいない…』(22.0)の3作が達成した。これで「月9」は人気ドラマ枠として不動の地位を得た。

次が93年で、江口洋介・福山雅治の『ひとつ屋根の下』(28.2)、中井貴一・観月ありさの『じゃじゃ馬ならし』(21.8)、石田ひかり・筒井道隆の『あすなろ白書』(27.0)。

そして95年、和久井映見・堤真一の『ピュア』(23.8)、木村拓哉・山口智子の『ロングバケーション』(29.6)、中山美穂・唐沢寿明の『おいしい関係』(21.8)と、一年おきにヒット作連作の年が来て、やはり一年おいて97年にパーフェクトを達成する。

その1997年のラインナップは、和久井映見・反町隆史の『バージンロード』(21.4)、江口洋介・福山雅治の『ひとつ屋根の下2』(27.0)、反町隆史・竹野内豊の『ビーチボーイズ』(23.7)、木村拓哉・松たか子の『ラブジェネレーション』(30.8)である。

その後、4作のうち3作が20%を越えた年はない。

2作が越えたのが2002年で、香取慎吾・松岡充の『ひとにやさしく』(21.4)、明石家さんま・木村拓哉の『空から降る一億の星』(22.6)と、2004年の木村拓哉・竹内結子の『プライド』(25.1)と織田裕二・矢田亜希子の『ラストクリスマス』(21.6)。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。