応援家 ~五月風~ 放射線技師 薫のブログ

自分を知り、自分を大切にすることで、自分らしく、笑顔あふれる人生を楽しむことができるようになります。
呼吸法、マインドマップ、アサーティブネスを活用することで、ココロとカラダの健康を応援します。

五月風のブログへようこそ!

応援家・放射線技師の小山田 薫です。

自分らしく、笑顔あふれる毎日を送るために、ココロとカラダの健康を応援します。


応援と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?
 
高校野球のスタンドで見られるような応援団やチアリーダーによる応援
 
マラソンや駅伝の沿道での旗を振っての応援
 
そういった元気に励ます応援を思い浮かべることが多いかと思います。

それだけでしょうか?

 
試験や受験の時に、夜食を作ってくれる
 
一歩を踏み出せない時に背中を押してくれる
 
何も言わずに、ただそばにいてくれる
 
そんな応援もありますよね。
 
 
呼吸法は、集中力や自制心がつくと同時に、自分を俯瞰できる力がつきます。
 
マインドマップは、自分のアタマの中のものを出しやすくなります。
 
アサーティブネスは、自分も、相手も大切にするコミュニケーションが身につきます。
 
自分を知り、自分を大切にすることで、自分らしく、豊かな人生を楽しむことができるようになります。
 
あなたに必要な応援をしていきます。
 
 
放射線技師としての専門が乳腺なので、乳がんや乳がん検診、マンモグラフィの話もしています。

(マンモグラフィ技術認定A、施設認定サポート実績多数)
 
 
 
<お勧め記事・人気記事>
 
乳癌と乳がん検診について  

乳がん検診 マンモグラフィと超音波 どっちがいいの?  
 
ブレスプレゼントクラス 今日のテーマは「愛すること」
 
言い方
 
 
 
呼吸法、マインドマップ、アサーティブネス

 
お問合せはこちら  五月風 Ownd
 
oyamada@satsuki-kaze.com
 
NEW !
テーマ:

ココロとカラダの健康を応援する 放射線技師の薫です。

五月風のブログへようこそ!


「助けて!きわめびと」というNHKの番組で放送された、「ほめたいのに ほめられない」というお悩みを解決する極意

昨日の続きです。
その1は、
まずは「拍手」…ほめ上手は形から でした。


その2は、観察力を鍛える 「ほめ力アップカード」

目、手、笑顔などと書かれたカードのテーマに沿って、相手をほめます。

ゲーム感覚で良い所を見つける観察力をつけたり、ほめる練習ができます。


普段、相手の良い所を見つけようとすることってないですよね。

良い所どころか、じっくり見ることすら少なくないですか?

髪をカットしたり、メガネを変えたりしても、気が付かないことってないですか?

それらって、相手に興味を持って、しっかり見る習慣がないと気が付かないですよね。

「興味がないものは目に入らない」ということです。

今まで、しっかり見る、それも良い所を見つける、ということをしてこなかったわけですから、練習が必要です。


そしてもうひとつ

見つけた良い所を言葉にして、相手に伝えるということ

これが大切です。

良い所を言われて、嫌な気分になる人はいないですよね。

ちょっと(かなり?)照れくさい感じはするでしょうけど。


日本人は、ほめることにも、ほめられることにも、慣れていない人が多いのです。

ですから、ゲームだと思うと、そのハードルが少し下がって、言いやすくなるのです。

「きわめびと」のホームページに、ほめ力アップカードが載っていて、プリントもできるようです。

ぜひ、家族や友達、同僚とやってみることをおすすめします。


マズローが提唱した人間の5段階の欲求、

その第四階層が「承認(尊重)欲求」です。

「他者から認められたい、尊敬されたい」ということです。

「ほめる」という行為は、「存在を認める」ということですから、「ほめられる」とうれしいのです。

ただ、「ほめられる」に慣れていない人が多いので、「ほめる」ことも、なかなかできないんですね。


ぜひ、ゲーム感覚で練習してみてくださいね。

この「ほめる、ほめられる」はアサーティブネスでも、何度もトレーニングして慣れていきますよ。

この時「合わせる呼吸」を使うと、より効果は上がりますね。

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

<#1037>

ホームページ☆講座案内☆ 五月風 Ownd

白いカーネーション、花言葉は「純粋な愛」と「尊敬」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「日々の気付き」 の記事