• 27 Jan
    • 胃と腸は繋がっている、と云うこと。。

      あたりまえと理解しているんですが、、、実際に症状がある時になかなかリンクしにくいものです。先日30代の方と話をしていたのですが、どうも慢性的に胃の調子が良くない、とユーウツそうな顔をされます。いろいろ話を聞きながら、「お通じは〜〜」と伺うと、、、「いやぁ〜あんまり良くないです。。」とおっしゃいます。やっぱりそうなんですねぇーーじつは私もそうでした子どもたちの受験が次々にありまして、ストレスの時でしたが、胃の調子がほんと悪くて常に胃のあたりが重たくて胃カメラ検査をしたのです。何を隠そう、この時が毎年連続の3回目でした3年目の先生が言われたことが先の便秘に関してでした。調子が悪いものだから、もちろん運動などする気にならず、とうぜんのように便秘にもなっていました。ただ胃の具合の方がキツかったんですねぇーー先生曰く、「胃と腸は繋がっているので、便秘をしていることで胃が突き上げられ症状が出ることがあります。」と。もう目から鱗でした繋がっていることは分かっているはずなのに、そのように影響があるとは思わないんですねぇーーベビちゃんのゲップに関してのお悩みなども、少し見方を変えてみると分かりやすいように思います。授乳量と同じ量の空気を飲み込むベビちゃん。決してそのゲップは上からだけ出るのではありません。下に降りて腸でガスになります。ただその時に便秘をしていてお腹がパンパンなら、ベビちゃんの苦しさは倍増すると思われます。そしてベビちゃんの状況を考えてみましょう。ベビちゃんの胃の形は、生まれた時はトックリ型それが私たちと同じようになるのは、4ヶ月過ぎたぐらいからと言われています。そうなのでゲップで出ない分がお口からでる溢乳となります。ゲップ出しで腹ばいにしてあげると、重たくなった胃が下に下がって胃の上にある食道が上に上がるので、胃の中の空気が出やすくなります自分で寝返りできるようになると、寝返りして一人でゲップ出しができますが、これも個人差がありますが4ヶ月5ヶ月、もっと遅い子もいます。ただ仰向けに寝ていなきゃいけない状況は、我々オトナが想像するとどうでしょう〜〜決してラクなものではないはずです。しかも胃に空気がパンパン、お腹にウンチやガスがパンパンという状態を想像してみてください。辛いですよねぇーーそこでガス抜きのポーズや便秘体操、脚のマッサージやお腹のマッサージ、そして縦抱っこなどを含むいろんな抱っこをして変化をつけてみる。そうすると血流やリンパの流れが良くなるだろうし、第一ベビちゃんはとっても楽しいんじゃないかなぁ〜と思うのです。

      21
      テーマ:
  • 21 Jan
    • 冬場のベビちゃん。。

      ホントに暦どおり、大寒を過ぎて寒くなってきていますが、皆さまの方ではいかがでしょうか〜〜冬場は、寒いし風邪なんかひいては大変なのでできるだけ外出を控えるし、つい単調な1日になってしまいがちです。いやいや、生まれたばかりのベビちゃんを抱えたママにとっては悪戦苦闘の日々を送っておられますねぇーーベビーヨガのクラスでも、「風邪をひいて大変だったーー」とか「夜起きなくなっていたのに、また起き出したーー」などという話になります。先日読んだニュースの中に「インフルエンザの予防は紫外線に当たること」というのがあり、なるほどなぁ〜と思いました。紫外線に当たることで免疫力がするのだそうです。インフルエンザの流行時期はやはり冬ですものねぇーー少し逸れますが、癌の好きな環境というのも暗くて冷たくてジメジメした場所だそうですが、インフルエンザも、いや病気はみんな同じようなんじゃないか〜なんて考えてしまうのは単純な発想でしょうか〜〜「体を内から外から温かくして、紫外線もしっかり浴びる、と云うのが健やかさに繋がる」のかなぁ〜と感じますがいかがでしょうか〜〜ただ、今は紫外線の害も言われているので、真夏の強烈な紫外線などは防がないといけないのでしょうが。。先の「夜間にまた起き出したーー」と云う話には追加の分析があります。そのママが言われるには「布団をはねのけてしまうので足まですっぽり隠れるパジャマを着せて寝かせていたのだけれど、ひょっとしてと思い足の部分を外したら気持ち良さそうにまた寝たーー」なるほど、暑過ぎたんですねぇ〜〜室温にもよるでしょうし、そのベビちゃんの場合には暑過ぎたんですねぇーーお二人目のママでしたのでナットクでした

      10
      テーマ:
  • 14 Jan
    • お詫びです。。

      アメブロのメッセージ欄、けっこうな割合でスタッフさんからのメッセージが多いのですが。。年明け早々、ウッカリがありました。ブログにメッセージが入るとメールが入るのですが、、、前述したようにかなりの割合でスタッフさんからのものでスルーしてしまいます。その中にママからのメッセージがあったことに気づいたのは6日後。。お困りでメッセージを入れてくれているのに気づいておらず、慌ててお返事のメッセージを送らせていただきましたが、、、お気付きではないでしょうか〜〜本当に申し訳ありませんでした。。PC画面になるかと思いますが、フリースペースにベビーヨガ&マッサージ&ママヨガクラスのご案内をのせています。そこに当方のメールアドレスも載せていますので、そこからもご質問等も受けております。

      7
      テーマ:
  • 07 Jan
    • 疲れ、とは〜〜

      前回UPした際に、これまでの書きかけの記事についても書いたのですが、、、やはり書かずにはいられない具合になってきました書き残すことは重要ですねーー  不言実行ならず有言実行でしょうか〜〜「たすけて極め人」というTVを何気に見ていたのですが、、、「疲れ」とは、決して筋肉が疲れているのでもなく、内臓が疲れているのでもなく、エネルギーが枯渇しているのでもないんだそうです。疲れは、自律神経が疲れているんだそうです自律神経は、血圧や体温、心拍数をコントロールしているわけで、この自律神経が疲労してくると、内臓に負担がかかりホルモンバランスが崩れてきて糖尿病などの病気にもなってくるんだそうです。疲労を感じるということは、脳から休むように指令が出ているわけで、ここでカフェインを摂ったり栄養ドリンクを摂ったりすると、一時的に疲労感は消えるけれども自律神経の疲れは取れない。こうして隠れ疲労が溜まっていくのだそう自律神経の疲労を取るためには上質の睡眠が大事なのだそうです。ここで「いびき」対策が出てきました。いびきは気道が狭くなっており脳の酸素が少なくなっているので夜間に運動しているのと同じなのだそうですまた疲れを取る食べ物として鶏の胸肉が推奨されていました。何でもイミダゾールジペプチドという成分が疲労回復に効果的なんだそうです鶏の胸肉の他にもマグロやカツオの赤身に含まれているそうです。仕事がら、この疲労も産後の疲労とリンクしてしまいます。個人差はあるものの、出産後の疲れと今までの自分ではないと思えるような感情の変化などなど、、、自律神経の疲れは上質の睡眠で、とは云ってもベビちゃんのお世話でまとまって睡眠をとることもままならない時期です以前に出会ったママは、産後に「突発性難聴」になっていました。たしか里帰りはせず、パパがとっても家事をこなしてくれていて、ママはベビちゃんのお世話をするだけと言われていました。専門の先生に「何かストレスがありましたか〜〜」と聞かれたけど、まとまって寝れなかっただけ、と言われていました。もともとしっかり寝るタイプだったと言われていました。出産したらママの脳は「ママ脳」になるーーと云った記事を読んだことがありますが、やはり個人差があります。妊娠中とんでもなく増えていたホルモンが出産で一気にストンと落ちて、今度はおっぱいを作るホルモンやママの体の修復に向かうホルモンが増えますこの嵐のようなホルモンの変化を考えただけでも大変なのに、充分な休養が取れない、、、ダブルのダメージです。そして、この情報が氾濫している現代、やれ完全母乳だのラクラク子育てだの情報が錯綜しています。個人差がとても大きい心身の感受性、、、このことで身も心も疲れてしまうママたちが多いのではないでしょうか〜〜

      8
      テーマ:
  • 05 Jan
    • 新年おめでとうございます。。

      年末に早々と「今年最後のクラス〜〜」をアップし、その後ずっと滞っておりました何個か書きかけたりはしていたのですが、PCとの相性もあってか、そのまま断念する事が重なりました年も改まり、ここは一念発起年末に書きかけていたテーマは、、、①疲れとは〜〜②女性の身体とホルモン③女性の身体については伝承されていないなどなど。。、、、でも、今日のテーマは「子育ては自分育て」一気に変わります仕事がら多くのベビちゃんやママと出会い、ヨガクラスを通じて継続して関わっていくなかで、改めて思う事です。ママになるまでは、自分の生活や仕事を、自分でしっかりマネージメントして取り組んできたママたち。妊娠中これまで味わったことのないような体験をしながら、時には入院を余儀なくされることもありますが、出産を迎えベビちゃんと対面します出産だけでも大変なのに、この後ベビちゃんへの授乳やお世話がひっきりなしにやってきます。そして個人差というものがあり、頑張っても上手くいかないママもいれば、全然平気ですんなり対応しているようなママもいるので焦ってしまうこともあります。退院してからも課題は次々に出てくるし、「こんなこと誰にも習ってないよーー」とベビちゃんと一緒に泣きたくなることもあります。すんなり成長していくようでも、突然発熱したりすることもあります。しっかりベビちゃんのケアをしていても、見守っていても、そんなことはあります。結果的には、そうして一つ一つ免疫力をつけていくのですが、ママは病院に駆けつけたり、時には救急車を呼んだりしてベビちゃんを守っていくのです。時には自分を責めることもあるでしょう。そしてベビちゃんの回復した姿に胸をなでおろすのです。こういった事がこれからも繰り返し起こります。そして身体の免疫力がある程度充実してくるようになり小学生、中学生となり思春期を迎えます。ここでまた親は子どもと別な意味で向き合うことになります。受験もあります。その後社会人になります。向き合うことは続きます。「向き合う」というのは「待つ」と同義語でもあるように思います。こう考えると、やはり「子育ては自分育て」としか言いようがありません。ママのお腹で育てた我が子ですが、やはり一人の違う人格ですから、向き合って待つことによってママやパパは自分の中で別な引き出しを作っているのではないでしょうか〜〜、、、と新年に孫を連れて長女たちがやってきて、また昨年長男のところへ行きパパになっている姿を見て、また自分のこれまでの子育てを通じて感じ入ったことでした

      13
      テーマ:
  • 09 Dec
    • 今年最後のクラスになりました。。

      最近、アップが失速していました忙しい、は言い訳になはりませんが、時間があるとジムに行ってました 寒暖の差が激しいので、風邪ひきさんが多いです。12/1のクラスでも3組がお熱が出たりでお休みでした。今日のクラスも風邪ひきさんがおられ1組です、マンツーマン先月からお越しのJ君です。      今月で6ヶ月、、、なかなかの体格です先月、5ヶ月でヨガをしている時に初おすわりをしてくれていました。それが最近ずり這いをしているらしいんですこの写真を撮った時にも、それまで寝ていてママとお茶していたらふっと腹ばいになってニコニコしていて、そうしたら、こんなふうにハイハイポジションとってます見てるとお尻を動かしながら一二歩出るんです。先月抱っこしていて、足腰強いなぁ〜と感心していたんですよーーベビちゃんの成長、発達は早いです ママはこんなデッカいベビちゃんの抱っこをするんですから腰が痛くないわけはないデス​体側伸ばしやハムストリングを伸ばしたり、ガス抜きのポーズからゴロゴロ前後に揺れたりと腰痛ケアをしました。体側伸ばしをする時に、鼠蹊部も伸ばすとより一層効果的な気がします。 、、、と云うのも、私事ですが、ジムでせっせと筋トレしてるじゃないですか〜〜終わって、イイ加減なストレッチだと腰に来ます負荷をかけて腹筋や脊柱起立筋、内転筋や外転筋、そして腸腰筋をトレしているのでやっぱり筋肉に負担はかけます。そこで最終、丁寧にヨガストレッチで血流を良くしないと、後で張ってくるんですねぇーー   

      10
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 刺激があると、、、

      先週は水曜日から3日連続でベビーヨガ&マッサージ&ママヨガのクラスがありました。二日間、自宅ヨガでありましたが、そこでの発見です。 初日は2ヶ月になった日ぐらいから来てくれているH君。今回、前日ちょうど4ヶ月になったのだそうですが、その日に寝返りが始まったと云うことでした。上手に寝返りしています H君は車で1時間20分と云う遠方からお越しです。初めて来られた時にはおばあちゃんもご一緒でしたが、2回目からはお二人ですいすいと来られています今回はいつもの場所でのクラスにママのスケジュールが合わず、自宅ヨガになりました。 前回は3ヶ月でしたので、まだ見るだけにしておいてもらうベビーヨガもありましたが、今回の様子でママはしっかり家でしてくれていました、、、で今回は1組でしたので、ママヨガで開脚して少し前屈の動きをする時にベビちゃんを前に座らせて、おすわりができる状態ならばママ同士向き合って手を繋いで交互に前屈します。今回はまだ4ヶ月ですしH君の腰を支えて、、、と云うところで、H君人形と向き合うのですが、、、    ここでママの手を離しても座ってるーー近くに来る人形に吸い寄せられるようにして座ってるーー さすがに長くなると傾き出しますが、初おすわり。。  、、、で翌日です。この日は5ヶ月の男の子と、2歳半の男の子。2歳半のA君は2年前、ベビちゃん時代に来られていました。今回はお友達が出産され5ヶ月になりベビーマッサージなどを受けたいと言われているので、ご一緒に来られました。ママヨガも一緒に受けたいし、エネルギッシュなA君にキッズヨガ的なものも受けさせたいなぁ〜と云うことでした。5ヶ月のベビちゃんはJ君です。かっちり大きくなっているJ君、抱っこしても動きがいいです。 とってもスムーズにベビーヨガやマッサージをしてくれていましたが、ふと前日のH君のことが思い出され、上記の画像のように人形を前に出して見ると、、、画像はありませんが、J君もおすわりしました やっぱり刺激なんですねぇーー決して、早ければイイと云うものではないのですが、刺激があるとそこに集中するので、驚くようなことがあると云うことを発見した二日間となりました。。     

      14
      テーマ:
  • 08 Nov
    • やっぱり血流〜〜?

      最近、なるほどなぁ〜〜と思ったこと。  不妊治療で有名な病院でなされているのは、、、「食事」「冷え対策」「運動」なんだそうです。  けっきょく、血流を良くするということなんですねぇーー 乳腺炎、といったおっぱいの詰まりも、しっかり飲んでもらうといった授乳法の見直しは勿論ですが、この血流をよくしないと改善はしません。  便秘も同じかなぁ〜と思います。食事、冷え対策をして、ベビちゃんでもマッサージや便秘体操、そしてベビーヨガなどと運動を取り入れ流れをスムーズにすると改善しますし、ママたちも同様です。  血液が各臓器に栄養分を運び、老廃物は持って帰ってくるのですから、血流を良くすると病気には近づかないように思います。    

      14
      4
      テーマ:
  • 28 Oct
    • 「ゲップ出し」にかける時間。。

      ゲップに関してのご質問の中で、「ずっとゲップを出していても出ない。どのぐらい時間をかけたらいいのですか〜〜」というのがあります。以前に、その辺を書いた記憶があるのですが、探しても出てきませんので改めてアップしましょう。  ①先ず肩まで引き上げ抱っこですが、、、私自身やってみてわかったのですが、肩まで引き上げ抱っこで背中をナデナデするのが30回ぐらいです。一往復で1回とカウントしました。そして何故か、私はここで立ち上がります。気分転換にもなるし、そしてまた何故か窓際に行ってベビちゃんに外の景色を見せたりします。生まれて間もないベビちゃんでしたら、そんなに遠くの景色は見えないとも思うのですが、ベビちゃんも一緒に気分転換しよう、という無意識の行動なんかなぁ〜と思いますそんな感じで出る場合もありますが、出ない場合の方が多かったりします。ムキになっても出ないので次に行きます。②次に腹ばいにします。ここでも時間というよりは、ベビちゃんの頭をナデナデして、次に背中を上から下にナデナデ、中央から外側へナデナデ、ついでに背骨のあたりを軽く押してあげます。今度はお尻をナデナデ、そして足の裏をナデナデ。このナデナデ(マッサージ)することでベビちゃんはリラックスするのが分かるでしょうか〜〜私たちも背中や足の裏をナデナデしてもらったら気持ちよくなりますよねぇーーこのリラックスすることでゲップが出やすくなるように思います。また、この腹ばいの姿勢はお腹が張っていたりウンチが溜まっていたりする時には気持ちイイようです。私たちもお腹が痛い時やお腹が張っている時、仰向けより腹ばいの方が楽ですよねぇーーこの腹ばいの時間も、そう長くなはないと思います。③そして今度は前向き抱っこをしてみましょう。  ①で胃を縦にして②で横にして③でまた縦にします。こんな風にいろいろ体位を変えることで胃の中の空気は動くんですねぇゲップが出れば結構ですし、出なくても空気は動いていることは間違いないので、思うほどには苦しくないのかもしれません。そしてだいぶ経ってからケポッと出したり、寝てしまうこともあるかもしれません。ゲップを出さずに寝てしまった時には、少し上体を高くしてあげたり横向きに寝かせてみてあげてください。見ていると、寝ていたのがグズグズ言い始めた時(お顔が何か苦いような感じ)がゲップ時です。この時、立て抱きに抱っこしてやるとゲップを気持ちよく出すことが多いです。  以上の「ゲップ出しにかける時間」そんなにかかっていないんじゃないでしょうか〜〜  またゲップと一緒におっぱいも出して(溢乳)しまうこともありますが、体重が増えていればそんなに心配ないことの方が多いです。また胃軸捻転と言われるベビちゃんに何人かお会いしましたが、以上の①②③をしてもゲップを出す場合もあれば、その後で腹ばい抱っこで溢乳とともにゲップを出すベビちゃんもいました。。                

      10
      テーマ:
  • 20 Oct
    • 訪問と講習会がありました。。

      ベビーヨガ&マッサージ&ママヨガのブラッシュアップ講習を受けようと思い、計画を立てていましたら、高校時代のクラス会の話が舞い込んできて、さらに以前東京から出張以来のあったママからメールが。。三人目さんを出産され、もし東京に用事があればベビーヨガを受けたいなぁ〜とのメールでした  こうして三つのイベントがセッティングされ東京出張となりましたまぁ 初日は移動日と友人との夕食もセッティングしたから四つになりましたねぇーー良いことは重なるものだと思います。  翌日の訪問では3年ぶりになるママとの感動の出会い7月に生まれた3人目さんのお嬢ちゃんは今3歳になるお姉ちゃんのベビちゃん時代と良〜く似ています。3年前のこの出張依頼があったからこそ、現在のベビーヨガ&マッサージ&ママヨガへと繋がるんです。大きな転機になったと言える訪問でした。  仕事をしてきて自分なりに学び考えてきたことをカタチに残したいと思って始めたブログでした。ママたちの戸惑い悩みに接していて、ベビちゃんへのケアや受け止め方そして考え方でだいぶ改善できることがあることをお伝えしたかったんですねぇーーそして、正解はひとつでは無いことも感じつつ子育てしていくことが必要なのでは、と云う思いとエールです。、、、と云ったブログでしたが、遠方からの訪問依頼があってポーンと世界がひらけた感じになりました。もともとヨガをしてヨガの心地よさを実感しており、それならベビーヨガを学んでみよう、ベビーマッサージもママヨガもと云う展開になってきたわけです。  当日のこのベビちゃん、ベビーヨガをしっかり喜んでやってくれましたこの後、便秘がちでもあると云うことなので丁寧にベビーマッサージです。ベビちゃん授乳の後にはママヨガも。ママはヨガを楽しんでおられる方でもあるのでスムーズに進みます  そうこうしているうちに、お兄ちゃんお姉ちゃんが帰ってきました。嬉しいことに、私は「ゲップの先生」と呼ばれているんだそうです二人を見ていると、3年経つとこんなにも成長するんだなぁーーと云う驚きの声しか出ません。お兄ちゃんは、心優しくてママの強いサーポーターでもあるそうで、心強いです。お姉ちゃんには、とっても素直に成長してるーーと此方をほのぼのさせてくれる個性を感じました。3年の時間の素晴らしさと大切さ、あらためて感じたのでした。  最終日になったブラッシュアップ講習会では、様々な情報交換や、ベビーヨガでの慣れてきたベビちゃんたちが楽しめそうなものも学んできました。またママたちがご自分の身体にフォーカスしていけるような学びを、妊娠中のマタニティヨガから進めていけるようにしたいとの想いも共有しました。。           

      9
      2
      テーマ:
  • 29 Sep
    • 内臓冷え

      暑かった今年の夏、そして台風はじめ雨が多いですよねぇーー我が家も、気づけば下駄箱の革靴にカビが生えていたりと、やはり被害があります。皆さまも、ベビちゃん抱えて過ごしにくい日々を送っておられるのではないでしょうか〜〜湿気が多いので気温以上に蒸し暑さを感じます。気をつけないといけないと思うのは、こんな時期には除湿等のエアコンが思った以上に効きすぎてしまうと云うことではないでしょうか〜〜最近、出かけることが多くあったのですが、飛行機ではモチロン高度でぐっと冷えますし、電車も弱冷車から極寒車などさまざまです。この時期着るものにも頭を悩まされます。秋ファッションでは暑すぎるし、とは云っても夏ファッションはちょっとなぁ〜とビミョーな格好になってしまうのですが、、、先ほどの極寒車などに乗ろうものならヤラレます私はその対策に大判の薄手のストールを2枚バッグに入れることにしています。座った時に脚に掛けたり肩から羽織ったりでケアします。かさばらないし、たとえ薄手でもこの一枚でかなり暖かくなるものです。そして、もう一つ注意したいのが内臓冷えです。これは暑いからと云って冷たいものを摂りすぎたりすることにより内臓が冷えて機能が低下してしまう状態を云います。私も4年ほど前に体験しました真夏に庭のテラスの塗り替えをした時です。早朝から午前中の涼しいうちにと始めたんですが、その時に飲めるのは(飲みたいのは)お白湯なんかじゃなくて冷えた麦茶なんですねぇーー脱水にならないようにと、せっせと飲んだんです。その作業が終わりホッとしていて、さらに追い討ちをかけるように極寒の電車に乗ってしまいました。その翌朝、お腹に力が入らなくなりましたすっかり胃腸が冷えてしまったんだと思います。腹巻きをしたりお白湯を飲んだりして様子をみていましたが、2週間ほどスッキリはしませんでした。関西の方はご存知かもしれませんが陀羅尼助と云う和薬があるんですが、コレを勧められ飲んだら軽快しました。(宣伝するつもりはないですが)この時に内臓冷えを知り、私はたまたま胃腸でしたが他の臓器もあるのかと思うといろいろ考えさせられます冷えの原因として身体を冷やしたり冷たいものを摂ったりする、と云うのは分かりやすいのですが、、、食べ過ぎや過労、ストレスでも身体は冷えるんです。交感神経が優位にたちすぎても身体は冷えます。つまり不安、恐怖、怒りなどでも血流が悪くなり身体は冷えます。対策としては、冷え対策はじめアレコレあるのでしょうが、、、深呼吸をしてみる、ことも重要ではないかと思います。深く深く息を吐きます、するとイヤでも大きく息を吸い込みます。これを何度かしてみます。息を静かに吐くことでセロトニンが分泌され副交感神経が優位にたつと云われています。(ご存知の方も多いと思われますが、セロトニンは脳からだされる幸せホルモンです)夜寝る前にこの深呼吸をすると、とっても寝やすくなります。呼吸をしやすくするために身体を動かします。私は脚を上に挙げたり、横に開いたりしますこれがヨガ。ヨガは呼吸のためにアーサナがあるのだそうです。不安な時、恐怖を感じている時、怒っている時、テンションの高い時、悲しみの時、私たちの呼吸は浅くなっています。浅くなるから過呼吸にもなるのでしょう。そうなると、セロトニンの真逆のノルアドレナリンの分泌が多くなり、より一層不安や恐怖、怒りが増すんでしょうねぇーーこういった状態が続くと、じつは身体の冷えが進み体調不良から病気へと進むのかもしれないと思うのです。血流が悪いと云うことは、身体のすみずみまで生きていくのに必要な栄養が行き渡らなくなると云うことなのですから。。そしてママにフォーカスして、、、「ベビちゃんが泣いている。何故だろう〜〜?」そんな時にも大きく深呼吸をしてみてみると、案外ベビちゃんの要求が見えてくるかもしれません。ベビちゃんはまだまだママと一体化していますママと自分はお腹にいたころと一緒だと感じているのですから。。

      11
      4
      テーマ:
  • 28 Sep
    • 10月のベビーヨガ&マッサージ&ママヨガのお知らせ。。

      もうすでにPC画面には載せていますが、あらためて10月の予定です。 『ベビーヨガ&ベビーマッサージ&ママヨガ』クラス 10/21(金) 13:00~15:00 河内長野市民交流センター3F和室 駐車場は地下に多くございますので使い勝手が良いです。 2,000円~持ち物~ バスタオル ヨガマット(お持ちでない場合はお知らせください) オイル(マッサージで使いますのでふだん使っているものがあればお持ちください) 喉が渇きますのでミルクの場合はミルク ママのお水などの飲み物、暑くなってきましたので多い目にお持ちくださいませ。。 ベビちゃんのリラックスリラックスしながらベピちゃんの身体に寄り添って、ベビちゃんとママのヨガを体験してみませんか~? 思うように身体を動かせていないベビちゃんは、優しい刺激を求めています。ちょっとしたトラブルなども、ケアやリラックスで緩和されたり改善したりすることがあります。 ベビーヨガはお首がすわってから出来るものが多いですが、お首がすわらない時期でもできるベビーヨガもあります。いっしょにベビーマッサージもいたしますので、あまり時期は問いませんママのケア 妊娠、出産、子育てするなかで、ママはご自分の身体をケアできているでしょうか~?授乳や抱っこで疲れている身体をほぐしたり、気になっているところのケアですので、ヨガの経験は問いません。 ベビちゃんと一緒にママの身体もケアしませんか~~ ご希望の方は前日までにコチラよりメールでご予約をお願いいたします。gmailですので、迷惑メールの設定をされている方は変更をお願いいたします。尚、個別のケアをご希望の場合や、自宅での教室はご希望に合わせて調整させていただきます。訪問に関して料金は別になりますので、お問い合わせください。これまでのベビーヨガ&マッサージに関する記事をまとめてみました。コチラです。 <ベビーヨガ&マッサージをするなかで、、、><ベビーヨガ&マッサージをするなかで、、、その2><生後3日目のベビーマッサージ><スキンシップ><唸っています、、、その1><唸っています、、、その2><ベビちゃんとのコミュニケーション><大きくなりました。。><ゲップの写真、ガス抜きのポーズの写真が撮れました。。><最近のベビーヨガ&ベビーマッサージ&ママヨガ。。><6/16のベビーヨガ&マッサージ&ママヨガ>

      4
      テーマ:
  • 16 Sep
    • お月見の日(9/15)のクラス。。

      9/15、ちょうどお月見です。だいぶ暑さは和らいできましたが、ママたちのウォーターブレイクにお月見団子を用意しました。先月、お熱が出てしまいお休みになったMちゃんも元気なお顔を見せてくれました。みんなもとっても心配していたので、何時も以上に笑顔が多かった気がしますそして、ブログから参加してくれたH君とママとおばあちゃま(おばあちゃまお若くてみんな)遠くからお越しですが、リピーターのHARUちゃんママはさらに遠いことが分かり驚くH君ママ。涼しいお部屋で、喉が渇いたらみんなそれぞれに授乳になって、ベビーヨガから始まり授乳の様子など見ながらママの呼吸を入れたりママヨガを挟んで、ウォーターブレイクを入れたりしてベビーマッサージへと。時おり、つぶらな瞳でベビちゃんたちに見つめられるのですが、とーっても幸せな気持ちになります。(この日のつぶらな瞳大賞は、MちゃんとYちゃん)本題に戻ります。ママたちに最近の体調を聞いてみると、、、@最近調子が悪く、頭が痛いことがある@腰が痛い@肩凝り@夜の授乳の後に寝付きが悪いなどが出ました。どれも産後、そして子育て中に起こりやすい症状です。足首まわしから始まり股関節のストレッチ、側腹のストレッチなどを呼吸を意識しながら進めます。猫のポーズや体幹を意識する動きと徐々に身体の下から上に上げてきて、前回からしているフェイスタオルを使った肩凝りケアや、ヨガのガルーダのポーズ。このフェイスタオルでアオサギのポーズもアシストできます。そして最後に片鼻呼吸をしてナーディ.ショーダンへ。頭が痛い、肩凝り、腰痛、、、使い痛みもありますが、温めたりヨガなどで血流を良くすると改善することが多々あります。ヨガで体を動かすと云っても、じつは呼吸をし易くするためのアーサナと云われています。呼吸を調えることが、じつは目的なのですねぇ〜〜呼吸を見つめながら調えていくことにより、自律神経を安定させていくのです。自律神経が安定すれば血流が良くなります血流が良くなれば、ほとんどの不定愁訴が改善されるように思います。モチロン、免疫力もアップすることでしょう私も時おり、カフェインの摂り過ぎ(残念ながらお茶のお稽古でしっかりお抹茶をいただいたりした時)や、昼間のが下がりにくい時など眠りにくいことがあります。ふっと片鼻呼吸をしてみるのですが、、、やっぱり左鼻が詰まっていたりします。あらためて片鼻呼吸やナーディ.ショーダンをして落ちつかせます。そうなんです、副交感神経が優位に立っていれば左鼻が良く通ります。そして交感神経が優位に立っていれば右鼻が良く通ります。副交感神経が優位に立てば血流が良くなり身体が温かくなります。ほら、だからベビちゃん眠たくなった時には手足が温かくなってるでしょ〜〜子育て中、初めてのことが次々と出てきて、楽しいけれど緊張を強いられる時期でもあります。また夏の疲れも溜まっているし、朝晩の涼しさとは裏腹に昼間の猛暑とのギャップに(私は強烈なエアコンとのギャップ)、ついつい自律神経が乱れることも多いと思われます。とても神秘的であり合理的もある女性の身体を、認識しつつケアしていければイイなぁ〜〜と思っています。。psそうそう、頭が痛い時に我慢できなくて鎮痛剤を飲んだと云われるRちゃんママ。言い忘れましたが、飲むなら先ずは葛根湯で。葛根湯なら母乳の分泌も良くなります。血管や乳管を開いてくれるので流れが良くなるんです。、、、だから乳腺炎の時にも葛根湯、なワケです。それでもダメなら鎮痛剤にいってみてください。私も頭痛の時はまず葛根湯で様子をみます。もちろんタオルを使ってストレッチしたり体を動かしてもみますが、最後に鎮痛剤。(、、、って私も、最近いきました笑)

      6
      テーマ:
  • 02 Sep
    • 便秘、、、その2。

      もうお一人は、産後のお里帰り中に、ひと月足らずの時点でベビーヨガ&マッサージ&ママヨガを受けられたベビちゃん。今回もお里帰り中に2回目を受けられました。気になることは便秘、長い時には6日も出ないと云います。綿棒刺激をしてもあまり効果がないような〜〜という状況だそうです。ミルクは3回/日、その他は母乳で体重は順調に増えていますので、けっこう母乳を飲んでいるようです。この日は、30分ほど前に授乳したようで、機嫌良さげに〜?仰向けになっていました。機嫌良さげに〜?、、、と云うのは、時おり舌をぺろぺろさせているお顔が抱っこしてほしいなぁ〜と云う風に見えたから、デス。こんな時はゲップが溜まっている時が多い気がしますがどうでしょう〜〜この日は便秘3日目だそうです。ベビーヨガは、とってもリラックスしてやってくれました。その後喉が渇いたかなぁ〜とおっぱいにいなると、気持ち良さそうに寝てしまいましたのでママヨガに入ります。じつはママも妊娠前から便秘だそうで、ここは腹筋も意識していこうと云う内容になります。ママはもともとは運動もされていたようで、初めは手こずっていましたが徐々に良い感じになってきます。このベビちゃんの場合は混合ですが、母乳の場合ベビちゃんの便秘とママの体調は大いに関係があります。ですからベビちゃんだけで考えるよりは、ベビちゃんもママも、いやママもベビちゃんも(順番はママが先)気をつけていった方がスンナリいくわけです。どうもママはもともとあまり水分を摂らないタイプらしいのですが、今は1日2リットルちかく飲んでおられるようです。2リットル、けっこうな量ですが、ベビちゃんに母乳として行ってしまう水分量と暑い時期の汗の量とを考えるとそんなには多くはないかも、です。、、、なので授乳の前後に100~150ccずつ⇒200~300cc/回を昼間の授乳で5回、摂ります。そうすれば母乳の1日量の1,000~1,500ccが飲めます。その他に喉が渇いた時、食事の時には自由に飲みます。そして最近思うのは、やはり温かめか常温で、ということが重要だと思うんです。私自身もあまりに暑い時には、ついつい冷たい飲み物が美味しくてぐいっといってしまうんですが、便通にとってはNGです。冷えが下痢になるケースと便秘になるケースとあるようで、これは東洋医学的には陰陽のタイプ別のようです。食べものでは、腸内細菌のエサになると云われている食べものの話をしました。腸内細菌に関しては以前に詳しく書いています。もちろんバランス良く食べるのがマストですが、腸内細菌のエサとなる繊維質のたっぷりな根菜類、キノコ類、海藻ひじきなど、類、納豆やヨーグルトの発酵食品などなどを毎食食べるようにする。そして、パンや麺類などの粉系よりはご飯の方が繊維質がダンゼン多いです。ご飯に、根菜類やキノコ、ワカメの入ったスープ、納豆、、、やはり和食になりますねぇーーそれと油は控えすぎても便秘にはNGですが、乳腺炎を考えると少し控えめに、でしょうか〜〜、、、で、ベビちゃんに話は移りますマッサーッジもあるので、まだお眠な感じでしたが起きてもらって、、、お腹が苦しいのか〜 ゲップなのか〜 眠たいからなのか〜仰向けを嫌がるベビちゃん脚のマッサージまでは何とかしたものの、お腹のマッサージでは仰向け拒否でしたので、こんな時には誰かに抱っこしてもらったり、授乳クッションの上に斜めに寝かせてお腹のマッサージです。この時にはおばあちゃんに抱っこしてもらいました。ガス抜きのポーズやお腹のモミモミも抱っこで出来ますそんなこんなで終了その後はどうかなぁ〜〜 と思っていました翌々日自宅に戻られたママからメールがありました。ヨガやマッサージをした翌日にウンチが出て、その日も出たとありましたそしてまたその翌日にもメール、3日連続でウンチが出るなんて新生児期以来と最近おばあちゃんによると、毎日出ているんだそうです嬉しい限りです

      10
      テーマ:
  • 31 Aug
    • 便秘、、、その1

      便秘のベビちゃん、、、けっこう多いです。ベビちゃんだけでなくて、子どもでもそして大人でも。考え方そしてケア、、、じつはベビちゃんも子どもも大人もそう変わらないんじゃないかと思います。身体の内側からと外側からとの見直しです。身体の内側から、と云うと内臓や腸と云うことになりますが、そこは一旦おいといて、、、食べもの飲み物です。ベビちゃんなら母乳、ミルクのこと。子どもや大人なら食べものの内容、食べ方、水分量などなど。最近云われている腸内細菌のエサになる食べものマストですし、カフェインの飲み物で尿にばっかり水分が流れてしまわないことも気にする必要があるかもしれません。一歩進んで、母乳の場合ママが食べもの飲み物に注意していればサラサラの母乳となりベビちゃんは便秘にはならないわけです。そして身体の外側からのケアとなると、、、ベビちゃんならお腹や脚のマッサージをして腸を刺激してみる。またヨガなどで身体を積極的に動かしてみる。これらをすることでリラックスして副交感神経が優位に立ち、胃や腸の蠕動が活発になり便秘が解消される、と云った流れです。子どもでも大人でも一緒で、お風呂に入った時などお腹のマッサージをしたり、脚のマッサージなどをしてみる。ウォーキングも有効だし、じつは腹筋が重要なのでその辺を頑張ってみる。、、、で最近、便秘のベビちゃんお二人に対応させてもらいました。お一人目は、ミルクのベビちゃん。二日目に綿棒浣腸で出しているとのことですが、苦しいのか明け方にグズグズ言い出すのだそうです(、、、と、じつはこのケースはママからのメッセーッジ欄での相談です)。ガス抜きのポーズや便秘体操、脚のマッサージお腹のマッサージ、リラックス抱っこと云った外からの刺激をお勧めして、ミルクを変えてみるのも良いですよーーと提案しました。その後数回やりとりをして、昨日吉報がありましたミルクを変えてみたら、その後綿棒を使わずにスンナリ出るようになったとのことベビちゃんとミルクとの相性もありそうです。。長くなりそうですので、もう一組のベビちゃん(混合栄養)は次回に

      8
      テーマ:
  • 27 Aug
    • 遅まきながら9月の予定です。。

      たいへん遅くなりました。9月のベビーヨガ&マッサージ&ママヨガの日程です。この他にもご希望がありましたらセッティングいたしますのでお問い合わせください。。 『ベビーヨガ&ベビーマッサージ&ママヨガ』クラス 9/15(木) 13:00~15:00 河内長野市民交流センター3F和室 駐車場は地下に多くございますので使い勝手が良いです。 2,000円~持ち物~ バスタオル ヨガマット(お持ちでない場合はお知らせください) オイル(マッサージで使いますのでふだん使っているものがあればお持ちください) 喉が渇きますのでミルクの場合はミルク ママのお水などの飲み物、暑くなってきましたので多い目にお持ちくださいませ。。 ベビちゃんのリラックスリラックスしながらベピちゃんの身体に寄り添って、ベビちゃんとママのヨガを体験してみませんか~? 思うように身体を動かせていないベビちゃんは、優しい刺激を求めています。ちょっとしたトラブルなども、ケアやリラックスで緩和されたり改善したりすることがあります。 ベビーヨガはお首がすわってから出来るものが多いですが、お首がすわらない時期でもできるベビーヨガもあります。いっしょにベビーマッサージもいたしますので、あまり時期は問いませんママのケア 妊娠、出産、子育てするなかで、ママはご自分の身体をケアできているでしょうか~?授乳や抱っこで疲れている身体をほぐしたり、気になっているところのケアですので、ヨガの経験は問いません。 ベビちゃんと一緒にママの身体もケアしませんか~~ ご希望の方は前日までにコチラよりメールでご予約をお願いいたします。gmailですので、迷惑メールの設定をされている方は変更をお願いいたします。尚、個別のケアをご希望の場合や、自宅での教室はご希望に合わせて調整させていただきます。訪問に関して料金は別になりますので、お問い合わせください。これまでのベビーヨガ&マッサージに関する記事をまとめてみました。コチラです。 <ベビーヨガ&マッサージをするなかで、、、><ベビーヨガ&マッサージをするなかで、、、その2><生後3日目のベビーマッサージ><スキンシップ><唸っています、、、その1><唸っています、、、その2><ベビちゃんとのコミュニケーション><大きくなりました。。><ゲップの写真、ガス抜きのポーズの写真が撮れました。。><最近のベビーヨガ&ベビーマッサージ&ママヨガ。。><6/16のベビーヨガ&マッサージ&ママヨガ>

      6
      テーマ:
  • 22 Aug
    • 冷えに要注意!!

      お暑いことですが、皆さんお変わりなくお過ごしでしょうか〜〜こう暑いと、エアコンや扇風機をしっかり作動させて過ごさないといけませんが、、、冷えには要注意です「おっぱいのつまり、夏場編。。」にも書いているように、おっぱいの詰まりの原因にもなります。また、夏風邪もそうですが、膀胱炎と云ったことも冷えとの関係重大です。先週、お茶の稽古に行きましたら、私より20歳先輩の元気なおばちゃまが「今朝、起きたら膀胱炎の症状が出ていたのよーー」と云われます。以前にもなったことがあるとのことで、ホームドクターに連絡したら抗生物質をお持ちだからのむようにと指示があったそうな。そしてまた数日後にベビーヨガのクラスがあり、長いことリピートしてくださるママも同じように「膀胱炎。。」と。もちろん、お疲れから来ることも考えられますが、やはり誘因は「冷え」です。夜寝ていて「脚がつる。。」と云ったことも、冷えが関係しています。もちろん水分不足など他の原因もあるようですが、冷えが誘因になっていると思われます。、、、で対策ですが、外側からと内側から。。先ず保温から①夏は暑いのでパジャマ等も夏用でないといけませんが、せめてレッグウォーマーを付けるようにすると冷えないで済みます。②私はレッグウォーマー+指ソックスを着用しています。指ソックスは五本の指にだけ付けるようになっており、ソックスの暑苦しさがありません。指が開いた状態だと血流が良くなり血液の戻りが良くなるのか、冷えないで済みます。夏場じゃなくても「基本的には五本指ソックスを履きたいけど、ファッション的にNG」と云う時ありますよねぇーーそんな時に、この指ソックスを履いて素知らぬ顔でふつうにストッキング履いたり、ふつうの靴下履いたりしています。そうそう、山に行く時にもごつい靴下の下に指ソックス履いていると調子がいい気がします。指が開いて、力が均等にかかりやすいのかなぁ〜汗かいた後の冷え予防にもなっているかも。。そして有り難いことに、この指ソックス100均に売っていますそして身体の内側からの対策は、「おっぱいのつまり、夏場編。。」にも書いているように、、、冷たいものを摂りすぎない、と云うことになります。。一歩踏み込んで云うと、飲み物は「お白湯」のススメでしょうか〜〜このお白湯については次回で。。

      4
      テーマ:
  • 16 Aug
    • おっぱいの詰まり、夏場編。。

      冬場のおっぱいの詰まりに関しては過去記事がありますが、夏でもおっぱいの詰まりが無いわけではありません冬でも夏でもおっぱいの管理自体は一緒ですので、おっぱいが詰まっているかなぁ〜と思われたら、目を通してみてください。 この時期(冬場)のおっぱい管理、、、その1この時期(冬場)のおっぱい管理、、、その2この時期(冬場)のおっぱい管理、、、その3上記の記事にも書いているように、詰まりの原因はママの水分不足や食事、そして飲ませ方の他にも、ママの身体が冷えるといったこともあるわけです。夏場は、この冷えがくせ者です夏は暑いので当然エアコンの効いた部屋で過ごすことになり、どうしても冷たい食べ物、飲み物になりがちです。ベビちゃんを抱っこして授乳、、、汗だくになりますよねぇーーあたりまえですが、夏ファッション。身体の内側からも外側からも冷えていますそうなると、おっぱいもドロッとなって流れにくくなってくるんですねぇーーそうなると、ベビちゃんも飲みづらくなるんですねぇ〜〜ベビちゃんはサラサラ状態のおっぱいが好きです暑い時には私たちもサラッと系になりますよねぇーー夏の対策としては、エアコンに扇風機をプラスしたり、食事でも野菜を考える時にサラダばかりではなくスープや温野菜と云った工夫はいかがでしょう。靴下を履くのは暑いでしょうから、せめてレッグウォーマーを使ったり、飲み物は基本常温で(たまには)、と云う具合に冷え対策をお勧めします。身体が冷えてしまって血流もおっぱいの流れも悪くなるのは避けたいものです。

      6
      テーマ:
  • 13 Aug
    • 便秘に有効なベビーマッサージ。。

      便秘に有効なのは、ガス抜きのポーズや便秘体操。そしてマッサージ編では、、、脚のマッサージとお腹のマッサージがあります。以前にUPした生後3日目のベビーマッサージにも書いているように脚とお腹のマッサージは場所から云っても腸と腎臓のデトックスになります。脚のマッサージ①先ず両脚の付け根を親指が上に他の4指が下になるようにホールドして、親指で脚の付け根のところにあるリンパ節をぐいっと何度か刺激します。②次に片方の脚を両手を交互に使って、上から下へママの掌で包み込むようにマッサージ。③次は片手でアンヨを持ち、もう片手はベビちゃんの足首の辺りを軽く持ち足首回しです。反対回しもします。④足の甲のマッサージです。ママの両手の親指を使い、ちょうど指と指の間をめがけてママの親指でマッサージです。⑤次は小指から足指まわし。ママの片手でベビちゃんのアンヨをホールド。もう一方の手で小指から順番に指まわし。⑥両手でホールドして足の裏を、ママの親指でスルスルスルテンテンテンとマッサージ。ここまでで片脚のマッサージが終わり、この後もう一方に移ります。お腹のマッサージ①ベビちゃんの脇腹をママは手でホールドして(親指が前、4指が後ろ側)、その手をベビちゃんのお股方向へ”V”の字を書くようにすべらせます。少し刺激が入るように軽く力を入れます。②また脇腹をホールドして左右持ち上げるようにゆらゆらさせます。「ゆらゆら体操」です。③そうして「の」の字のマッサージ、、、①と同様、少し圧をかけてみましょう。ひらがなの「の」の字でも良いし、少し大きくなってきたらカタカナの「ノ」の字で始めその後くっつけてひらがなの「の」の字にしても楽しいですよーー云うならば、この下半身のマッサージ、夜ぐっすり眠るためにも有効な気がします。腎臓と腸のデトックスになりウンチやガスが流れ、さらに血流が良くなり副交感神経が高まるので心地よい眠りに入れそうです。この脚とお腹のマッサージを夕方から夜のお風呂の前にして、胸や腕や背中などは朝起きた時にするといいかなぁーーと思います。ちなみにお顔や頭のマッサージは授乳の時や、眠たい時などでベビちゃんのツボ探しをするのもオモシロいです。。こうすればマッサージにかける時間が分散するのでママの負担が軽くなります。コミュニケーションとしてのマッサージです。。

      8
      テーマ:
  • 26 Jul
    • 富田林市の講習会がありました。。

      本日、富田林市子ども未来室主催のファミリーサポート講習会がありました。「ベビちゃんと一緒にママもリフレッシュしよう。。」とベビーヨガ&マッサージ&ママヨガで一応10組程度で、、、と募集したところ、電話受付開始から30分ですぐに10組は超え担当者から「15組ではどうですか〜〜」との電話。「まぁ〜 15組、やりましょう。。」と伝えました。そうしたら翌日にもまた電話があり、キャンセル待ちで25名まで受けその後はお断りしているとのこと。有り難いことですが、応募されたけれど断られてしまった方々、申し訳ありません「2回目は無いんですか〜〜?」と云う問い合わせもあるようで、そのような運びになってくれたら、私も嬉しいですまぁ〜 そんな中で迎えた今日の講習会、これがあいにくの雨でした。きっちり確認はしませんでしたが、おそらく雨の影響もあってか1~2組のキャンセルはあったようです。バスに乗って来てくれた方もおられ、ホントにお疲れさまでした。集まってくれた5ヵ月から11ヵ月までのベビちゃんたちはと云えば、とーってもご機嫌さん11ヵ月のベビちゃんは早々歩いていたしハイハイして隣の子に笑いかける子。ベビーヨガをするなかで、今まで出来なかった方の寝返りが出来るようになったと感動するママ。ヨガの終盤でオンブがあるんですが、、、こちらがサポートするまでもなくスルリとやってくれるママもいましたこれまで多くても5組ぐらいまでのクラスでしたので、10組超えたクラスの良さを実感しましたさすが最後のあたりではオネムになってきたベビちゃんたちもいましたが、、、ほとんどが喜んででやってくれていました。まぁ〜 ベビちゃんが眠ったらママヨガに入れます。子育てするなかで避けられない肩凝りケア(のポーズ)、腰痛ケア(のポーズ)です。。応募してくれた時の質問には離乳食について卒乳について聞きたい(時期、タイミング)遊び食べをするので、どう対処したらいいか〜股関節が硬い気がするといったことがあったようですが、の股関節に関してはもう受診済みで心配無しとの診断だそうで、ガス抜きのポーズや便秘体操、そしてロータスもしっかりしてくれていましたので安心離乳食を始めているけれどスムーズに進めていない、と云う質問もありました。卒乳その2にも書いている「沖縄では母乳は飲む、のではなく食べる」という話などして、母乳の場合は離乳食の初期は進みにくいことなどをお伝えしました。卒乳も時期の決め方、準備など、また注意したいポイントなど説明しました。遊び食べについては、どうも自分で食べたい意志が強そうで、お皿も自分で持ちたいなどなど。どうしても下にこぼしてしまうことも多いでしょう。それならいっそ、下にシートを敷いてある程度好きなように食べさせては〜〜?と話しましたら、最近はそのようにしているとのこと。それと、食べさせるサポートする側のママが空腹でないことがポイントだったりすることを話しました。私も、子どもたちの食事に際しては先ず私自身が食べて落ちついてサポートしました。こちらもお腹が空いているとダラダラされると、ついイラッとしますもん。。そんなこんなで、無事終了いたしましたスタッフの皆さま、ありがとうございました

      12
      テーマ:
ベビーヨガ&マッサージ&ママヨガの日程

3/ 8(水) 13:00 〜 15:00
場所 : 自宅

3/ 16(木) 13:00 〜 15:00
場所 : 自宅



ご希望の方は前日までにコチラよりメールでご予約をお願いいたします。
※gmailのアドレスですので、迷惑メールの設定をされている方は変更をお願いいたします。

また上記以外にも自宅での教室、またご希望によっては訪問等も承りますのでご相談ください。






















Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。