ベルリン遊歩

ドイツの首都、大好きなベルリンとドイツの生活をBESなりにお知らせしていきたい・・・



$ベルリン遊歩




ドイツ旅行のプランニングのお手伝い!グリム童話の街をまわったり、お城のホテルでロマンチックに・・・世界遺産に感動したり、中世の歴史をたどってみたり楽しみ方自由自在!

www.berlineasystay.com







NEW !
テーマ:
ドイツと言えばソーセージやシュニッツェルなどに代表されるように肉料理がメインです。スーパーやインビスで魚があったとしても塩漬けとか薫製が多いんですね~。
特に内陸部のベルリンでは新鮮な魚が手に入りにくく、そもそも魚料理に馴染みが無い…というベルリン人も私のまわりにはたくさんいます。

やっぱり需要が少ないとレストランも増えないようで、新鮮な魚を味わうことができる場所はそんなに多くありません。

しかし!ついに見つけました、おすすめの魚料理レストラン!





フリードリヒスハイン地区、Ostkreuz駅近くにある「Fischschuppen」です。
軒先にゆらゆら揺れているお魚さんが目印。





魚屋さんも兼ねているので新鮮さは折り紙付き!
常に新鮮な魚に飢えている私としてはこれだけでもうヨダレ…。





やっぱり魚には白ワインですよね!ドイツを代表する白ワイン・リースリングをオーダー。
待ち切れない気持ちをワインでごまかしつつ…。





魚二種と海老、イカ、貝などの盛り合わせプレートを頼みました!最高!!
これにサラダとグリルしたジャガイモ、ガーリックバゲッドが付いてきます。
新鮮で脂がのっていてすごく美味しかったですよ。





ドイツや北欧では定番の、魚をパンに挟んで食べるサンドイッチもありますよ。
小振りな丸いパン「ブロッチェン」を使うので「フィッシュブロッチェン」と呼びます。
小腹が空いた時にぴったり。


ドイツ旅行中に肉料理ばかりで胃腸が疲れた時にもぜひどうぞ!


http://www.fischschuppen-berlin.de/

住所: Boxhagener Str. 68, 10245 Berlin
電話: +49 30 22435039
営業時間: 11時00分~22時00分(定休日なし)



●ガイドやチケットの手配などを行っています。詳細などについては是非一度お気軽にご相談下さい。様々なご要望にお応えできると思います。

Berlin Easy stay
MAIL:info@berlineasystay.com
TEL:0049 30 8574 3927
電話受付時間(ドイツ平日) 9:00~13:00(日本時間16:00~20:00)

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へにほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



Fête de la Musique は毎年夏至の日に行われる音楽の祭典で、一年で一番昼が長いこの日、夏の訪れを音楽で祝うお祭りです。
発祥はフランス、1982年に行われたのが始まりで、ベルリンでも1995年から毎年開催されています!





市内のあちこちのホールやライブ会場、クラブ、バーやカフェ、路上でも様々なアーティストによる演奏を聴くことができます。
ゲリラ的に始まるライブも楽しい!





今回は一番大きな会場であるマウアーパークに行ってきました。
こちらはあのエナジードリンクで有名なRedBullが「Redbull Music Academy」と銘打ち、毎年複数のアーティストをフューチャーしたライブが行われます。

すごい人出です~!見えますか?坂の上まで人で埋め尽くされています!





トリはModeratとしてもおなじみ、ベルリン出身のDJ/Producerデュオ Modeselektor!
もはやフェスです!!しかもすごいのはこのイベント無料なんですよ。
過去には大人気アーティストCaribouが登場したことも!もちろん行きました。





インビスも出店して飲食も可能。ほんとに夏祭りです。
しかもこれで夜の九時半過ぎ。まだまだ夕方くらいの明るさです。


短いからこそ全力で夏を楽しむベルリンっ子たち。
夏は最高の観光シーズンです。ぜひお越しを!


Fête de la Musique
http://www.fetedelamusique.de/berlin/


●ガイドやチケットの手配などを行っています。詳細などについては是非一度お気軽にご相談下さい。様々なご要望にお応えできると思います。

Berlin Easy stay
MAIL:info@berlineasystay.com
TEL:0049 30 8574 3927
電話受付時間(ドイツ平日) 9:00~13:00(日本時間16:00~20:00)

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へにほんブログ村

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
EURO 2016始まっています!!
昨晩21時にドイツ初戦であるドイツーウクライナが行われました。

もちろん通りのあちこちにパブリックビューイングが設置されていますよ。
専用に作られたスペースだけでなく、バーやカフェ、レストラン、コンビニのような存在のシュペーティーまで店先にモニタを設置して観戦体制は万全!





今回は、ベルリンのアマチュアサッカーチーム「FC Magnet」が運営するバーで鑑賞しました。
外も中も人でいっぱいです。








みなで国歌斉唱をして、ゴールが決まれば椅子から飛び上がって大歓声。
サッカー愛をひしひしと感じます。








ヨーロッパ全土が盛り上がるこのEURO 2016、ワールドカップに引き続き目指ざせ優勝ドイツ!!




●ガイドやチケットの手配などを行っています。詳細などについては是非一度お気軽にご相談下さい。様々なご要望にお応えできると思います。

Berlin Easy stay
MAIL:info@berlineasystay.com
TEL:0049 30 8574 3927
電話受付時間(ドイツ平日) 9:00~13:00(日本時間16:00~20:00)

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へにほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



昨今の再開発で都市化が進むベルリンのオアシスとも言えるのが、ノイケルン地区にある「klunkerkranich」です。
ここはショッピングセンター Neukölln Arcaden の屋上を利用したカフェ&バー&イベントスペース。都市部の屋上緑化や、地区の活性化を目的に造られました。

なんと言ってもここの魅力はこの眺め!ベルリンの街並を一望できます。




一般住宅の高さは制限されているので、日本のように二階建て住宅の隣にいきなり高層マンションが立っているような凸凹した街並とは異なり、古典的なオレンジ色の屋根が集まっている様子はとても可愛いですよ。しかもそのおかげで空がとても広い!!

夕陽に街が赤く染まっていく様はとても美しくて見とれてしまいます。右手に小さくテレビ塔も見えますね。





バースペースは木材が中心のラスティックな構造に、おばあちゃんちでもらってきたようなシャビーな照明やソファを置いて、DJが音楽を流す。とってもベルリンらしいスタイルです。





軽食も買うことができますよ。

早い時間はママ&パパが砂場で子供を遊ばせたり、平日もたくさんのコンサートやDJ、映画上映などが行われています。
イベントが始まると入場は有料になりますが(3ユーロほど)手前のガーデンスペースは無料です。





大空のもとで気取らないベルリンの自由な空気を思い切り感じることができる、街のオアシスです。


http://www.klunkerkranich.de/

住所: Karl-Marx-Straße 66, 12043 Berlin
営業時間: 月~日 10時00分~1時30分
最寄り駅:U7 Rathaus Neukölln


●ガイドやチケットの手配などを行っています。詳細などについては是非一度お気軽にご相談下さい。様々なご要望にお応えできると思います。

Berlin Easy stay
MAIL:info@berlineasystay.com
TEL:0049 30 8574 3927
電話受付時間(ドイツ平日) 9:00~13:00(日本時間16:00~20:00)

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へにほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
海無し県であるベルリン。
水場と言えば川か湖です。
川や湖で遊ぶのも楽しいのですが、やっぱり個人的には開放感や広がりは海に負けていると感じてしまいます。

でも実はそんなベルリンにも港があったんです!
テンペルホフ=シェーネベルク地区にあるHafen Tempelhof(テンペルホフ港)です。





1900年代初頭に開港したこちらは巨大な倉庫やクレーンが設置された港湾施設。重要な工業地帯ハブとしてテンペルホフ地区の産業を支えました。
大きな倉庫はドイツで最初の鉄筋コンクリート建物の一つです。





現在は工業用には使用されていませんが、巨大なクレーンやレールの跡が当時を思わせます。





まさに”ザ・インダストリアルスタイル”といった感じの無骨さがカッコいい!





第二次世界大戦中にベルリンが封鎖された際には、空輸で供給された食料を保管・流通させる物流センターとしても機能しました。 





現在は港の周囲にレストランやバー、カフェがオープンし、市民の憩いの場になっています。
こちらは船内で食事を楽しめる魚料理レストラン。





こちらの建物はもともと新聞社だったとか。





港独特の開放感とロマンが漂い、どこかハンブルグのような雰囲気です。
もちろん港からつながるのは川なのですが…。


いつものベルリンとはちょっと違う空気を味わうことができるHafen Tempelhofです。


住所: Tempelhofer Damm 227, 12099 Berlin
最寄り駅:U6 Ullsteinstraße

●ガイドやチケットの手配などを行っています。詳細などについては是非一度お気軽にご相談下さい。様々なご要望にお応えできると思います。

Berlin Easy stay
MAIL:info@berlineasystay.com
TEL:0049 30 8574 3927
電話受付時間(ドイツ平日) 9:00~13:00(日本時間16:00~20:00)

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へにほんブログ村

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
私がベルリンを好きな理由のひとつが、廃ビルや廃工場など放棄されていたスペースが、有志の若者達によってどんどん活用されていること。
ドイツの首都とはいえあまり財政状況の芳しくないベルリン…解体されずに残っている(解体費用が無いんです)大きな工場や古いビルがあちこちにあります。





Spreewerkstaettenもそのひとつ。この建物、実は歴史ある古い貨幣工場なんです。2005年に操業を停止してから放置されていましたが、現在は多目的なイベントスペースとして活用されています。
(きれいに建て直すのではなくそのまんま、というところがベルリンらしさです!)





今回はそのSpreewerkstaettenでマーケットが開催されたので行ってきました。
気軽に古着を売る人だけでなく、オリジナルデザインのジュエリーを売っているデザイナーや、ユニークな照明を作っているプロダクトデザイナーなど様々な人が参加しています。

おばあちゃんが溜め込んでいたというレトロおしゃれな文房具を売っている店で、60年代のエアメール用便せんをゲットしました!




フリマ感覚で行ってももちろん良し、まだ見ぬ素敵な才能を発掘するも良し。
買う側だけでなく、アーティストや作家にとっても作品を発表する場となり、お客さんからの意見をダイレクトに得ることができる、とても良い場だと思います。





外部エリアでは軽食の屋台とDJによるダンスミュージックが流れるとてもベルリンらしいスタイル。階段ホールではアコースティックのライブも行われていました。





他にもコンサートや演劇、ワークショップ、はたまたディナーパーティーなどのイベントに貸し出されているこちらの元貨幣工場。工場らしい高い天井と巨大な内部空間が非日常の演出にぴったりなのかもしれません。

シュプレー河畔に位置し、アレキサンダー広場やニコライ教会、赤の市庁舎にもすぐです。


http://spreewerkstaetten.de/

住所:Am Krögel 2. 10179 Berlin
電話:+49 30 60989426
時間:イベントにより変動


●ガイドやチケットの手配などを行っています。詳細などについては是非一度お気軽にご相談下さい。様々なご要望にお応えできると思います。

Berlin Easy stay
MAIL:info@berlineasystay.com
TEL:0049 30 8574 3927
電話受付時間(ドイツ平日) 9:00~13:00(日本時間16:00~20:00)

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へにほんブログ村



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日本の皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

ベルリンも本日5/5は祝日。イースターで復活したキリストが昇天したことをお祝いする日なんです。こどもの日の方が個人的には好きですけどね!

さて、先週末ベルリンではギャラリーウィークエンドが開催されていたので行ってきました!





ギャラリーウィークエンドは、ベルリン中のアートギャラリーが一般開放される年に一度のイベントで、今年は4/29-5/1の三日間開催されました。





普段は少し敷居が高く感じられるギャラリーや、事前予約しないと入ることができないところも無料で開放されるため、多くの人が訪れる人気のイベントです。

この期間中はご覧のように歩道にも人が溢れるので、「あそこギャラリーだな…」とすぐ分かります。





BMWのシャトルタクシーも出ています!これで颯爽とギャラリーに現われてみたい…。





世界中のアーティストによる様々な作品を見ることができます。









私が気になったのはこちらの無数に並んだポラロイド写真作品。





近付いてよく見てみると…
すべての写真のすべての余白がびっしり文字で埋め尽くされています。





スケジュール帳(日記?)のページも全体が黒く見えるほど書き込まれています…狂気を感じますねぇ。





このように気軽にアートに触れることができる機会が多いのがベルリンの魅力のひとつ。
一年を通して様々なアートイベントが開催されているので、ぜひベルリン旅行の計画に組み込んでみてはいかがでしょうか?



ギャラリーウィークエンド公式HP
http://www.gallery-weekend-berlin.de/


●ガイドやチケットの手配などを行っています。詳細などについては是非一度お気軽にご相談下さい。様々なご要望にお応えできると思います。

Berlin Easy stay
MAIL:info@berlineasystay.com
TEL:0049 30 8574 3927
電話受付時間(ドイツ平日) 9:00~13:00(日本時間16:00~20:00)

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へにほんブログ村

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



四月下旬となり日本は初夏を迎えようとしている今日この頃だと思いますが、ベルリンはやっと春を感じるようになりました!
あちこちで花が咲き、若葉が芽吹き、街にカラフルな色が戻ってきました。





街路でぽんぽんの八重桜を見つけました。
ベルリンのソメイヨシノは日本のものに比べて細い若木がよく見られますが、こちらの八重桜は立派です。





その後にソメイヨシノ(多分)を見るととても繊細で可憐な印象。





桜の他にも色々な種類のお花を発見。

白だったり、



黄色だったり、





紫だったり…どれもきれいです!






冬が長いベルリンだけに、春の訪れの喜びは桁違い。
しかも緑が多いベルリンは町中で美しい鳥達の歌声が聞こえるので、春は極楽のような雰囲気になります(笑)





ただ、不安定な気候は日本の春と同様で、暖かくなったと思ったら凍えるほど寒くなったり、小雨が日に何度も降ったりと毎日天気が変わります。
(今日はみぞれが降りました…)


春のベルリン旅行の際は、必ず上着を持参して下さいね。
セーターや小さく折り畳めるダウンがあると便利です。


それでは日本の皆様、よい連休を!


●ガイドやチケットの手配などを行っています。詳細などについては是非一度お気軽にご相談下さい。様々なご要望にお応えできると思います。

Berlin Easy stay
MAIL:info@berlineasystay.com
TEL:0049 30 8574 3927
電話受付時間(ドイツ平日) 9:00~13:00(日本時間16:00~20:00)

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へにほんブログ村

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



本日紹介するのは、ベルリン旅行のお土産にもぴったりなハンドメイドブランド「Opposite of Berlin」です。Tシャツやトートバック、クッションカバーなどミニマルなパターンが特徴です。


なぜこれがベルリンのお土産にぴったりかと言うと、これらのパターンはすべてベルリンの建築から採取されたものだから。






特に東ドイツDDR時代に建設された建物、例えばテレビ塔やカフェ・モスクワ(写真上)、キノ・インターナショナル、フィルハーモニー(写真下)などの外壁がフューチャーされています。





忙しい日々を送っていれば簡単に見落としてしまう街の中の小さな風景。小さくて抽象的なそれをそっと記念の品にしたい。という想いから始まったこのブランド。





実際にブランド設立後、老朽化を理由に取り壊された建物があります。その建物を見ることは二度と叶いませんが、思い出の断片がこのミニマルなパターンに収められています。

ペンケースやメモ帳などのステーショナリーグッズもあります。





人に伝えるまでもないけれど、お気に入りの建物がある。
私がここにいる理由、それはこの街が好きだから。





暮らしているこの街に愛着がある。特別な何かがある訳ではないけれど、もしあなたがそう思えるのなら、そうではない人よりも少しだけ日々が豊かである気がします。





街の名前や有名なランドマーク自体がプリントされたグッズを持つのはちょっと恥ずかしいけれど、こんな風に抽象的でシンプルなパターンなら密かな自分だけの思い出にしてもいいですし、友達にプレゼントするのにもぴったりです。


ショップのブックレットにはどの建物のどのパターンを使用しているかが紹介されています。
訪れた場所のパターンがプリントされたグッズを集めていくのも楽しいですね。


ベルリン市内のマーケットに出店している他、ネットショップでも購入可能です。

web
http://www.oppositeofberlin.com/

web shop
https://www.etsy.com/shop/OppositeofBerlin?ref=hdr_shop_menu



●ガイドやチケットの手配などを行っています。詳細などについては是非一度お気軽にご相談下さい。様々なご要望にお応えできると思います。

Berlin Easy stay
MAIL:info@berlineasystay.com
TEL:0049 30 8574 3927
電話受付時間(ドイツ平日) 9:00~13:00(日本時間16:00~20:00)

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へにほんブログ村
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
前々回のブログでスペイン・マラガのビーチを紹介しましたが、ここドイツにもビーチはあります!
と言っても海に面しているのは国土の北端のみ。ヨーロッパ大陸とスカンジナビアン半島に囲まれたバルト海(Ostsee)&北海(Nordsee)です。





真夏の7&8月は多くの観光客で賑わうビーチですが、四月現在はオフシーズン特有ののんびりとした雰囲気。夏の様子は今後紹介するとして、今回はビーチそのものではなくバルト海近隣の小さな村を紹介したいと思います。

都市部には無い可愛らしい家並みがとてもキュートなんです。





Bornという名前の小さな村の家並みはカラフルな外壁と藁葺き屋根が特徴です。
こちらはイエローxブルーというビビッドな組み合わせ。
岐阜県にある世界遺産に指定されている白川郷合掌造りにも似ており、とても興味深いです。





ポストは家そっくりのミニチュア!可愛いですね。





こちらはレンガの壁に水色のラインが爽やかなアクセント。





ゴージャスな雰囲気の深紅の家もありました。





こちらは海に近い村にぴったりな爽やかなマリンスタイル。





少し大きい村Ahrenshoopには郷土資料館などの施設もあります。





旅行中は電車やバス、飛行機での移動がメインになりますが、このように可愛らしい家が並ぶ小さな村々を自転車で回るのも楽しいですよ。

旅先でのサイクリングはドイツ人の定番アクティビティなので、レンタサイクルはほとんどの街で見つけることができます。

爽やかな風を感じながらドイツの自然の中をサイクリング、今までとは少し違った旅のスタイルに挑戦してみるのもおすすめです!



●ガイドやチケットの手配などを行っています。詳細などについては是非一度お気軽にご相談下さい。様々なご要望にお応えできると思います。

Berlin Easy stay
MAIL:info@berlineasystay.com
TEL:0049 30 8574 3927
電話受付時間(ドイツ平日) 9:00~13:00(日本時間16:00~20:00)

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へにほんブログ村





いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。