学びが楽しい理由

学び続ける事って、ほんとは楽しい。

 

 

勉強嫌いだったという大人も、

学び直しで、楽しさに目覚めたりします。

 

もともと、学ぶことが楽しいと思っている人は

さらに、学びを広げて学び続けている・・・

 

 

人は本来学ぶことが楽しい

 

 

だから、学びの楽しさが、忘れられなくて、

もっともっと!と学び続ける人がいるんだろうと思います。

 

 

ある意味、麻薬的な魅力があるのも、学びだと思います。

 

 

いわゆる嗜癖と呼ばれるもの。

アディクションと言われています。

 

 

簡単に言うと「止めよう止めようと思いながらも止めることのできない悪い習慣に耽ってしまうこと」です。

 

 

学び続けている人は、こんな状況に陥っているんでしょうね。

 

 

そんな人には、いくつかの質問をするといいのかなと思ってます。

あ、ここでは今は書きません(笑)

 

 

 

学び続けている人には、アウトプットをお勧めしていますが、

学びそのものがアディクションになっていると、

アウトプットそのものへの楽しさがわからないので、

そこに行きつかない・・・行動分析的に言うと、

メリットが感じられていないってことですね。

 

 

あ、迷走してきた・・・(笑)

 

 

 

image

 

 

今、某大学で「教育原論」という授業を担当しています。

 

教育とは?

学びとは?

教えるとは?

 

先生としての専門性は?

保育士としての専門性は?

 

など、いろんな角度から、伝えています。

 

 

学生には、学校教育だけではなく

社会・生涯教育としての学びの楽しさを

知って欲しい・・・

 

 

そんな気持ちで、授業を担当しています。