弁理士kの 「ざっくりブログ」

弁理士試験(本試)をざっくりと解説します。
その他の所感をつれづれと


テーマ:
(へ)の最初の一文を抜き出す。

特許Aに係る発明イが、
特許Aの出願の日よりも前に
公開された
己の公開された特許B
に係る発明ロと同一であることを理由として無効審判が請求され、
審決により無効とされた。

ちょっと前に大恥をかいたので、今回は慎重に行きたいところだが・・・
この一文は、良文とは言えないと思う。

この文の主語は「発明イ」
しかし、重要なところは無効審判が請求され、無効とされたところ。
発明イは無効にされることはなく、無効にされるのは特許A。

もう一つの動作は「(最初の)公開された」これは、
「公開された己」では、人が公開されることになりおかしい、
そうなると、次の「特許B」は、直前に「公開された」があるので
最初の「公開された」が特許Bにかかるのは不自然、
そうなると、最初の「公開された」は発明ロにかかる
(ここで、主体とその動作が一文で交錯していて、読みにくい文となっている)
さておき、この部分は、無効理由は39条ではなく、29条であることを強調したい様です。
その証拠に特許Bにかかる出願は特許Aにかかる出願の先願であるという
確かな情報は記載されていません。

ここで、問題なのが80条1項1号の
「同一の発明についての二以上の特許のうち、
その一を無効にした場合における原特許権者」

この条項は、特に無効理由を限定するものではないので、
本問のように29条で無効になっても、中用権は発生するわけです。

しかし、本番でこんな所まで心を配っている閑はないのでは?
本問においてここは本質ではないし。

う~む、結局2つ目の公開されたは何が言いたかったのでしょう?
謎は深まるばかりです。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

弁理kさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。