チームLHの一軒丸ごと不用品回収と遺品整理のウラ話

不用品回収と遺品整理にまつわる、あんな話やこんな話。ぜんぜん関係のないお話や、スタッフネタまで赤裸々に綴ってゆきます。


テーマ:

みなさん今晩は!


今日はシルバーウィークのお話。


何とか予定を詰め詰めにして、店長はお休みをいただきました。


このお休みで、茨城県常総市へボランティア。


今回は1泊4日です。


20日の夜から出発、21日の朝から寝る間もなく作業開始。


前日のボランティアさんが室内の泥だしをした後の外回りの泥落とし。


サッシのいたるところに詰まった泥を掻き出してゆきます。7~8人のチームで3時までに終了。


終了後、みんなでスーパー銭湯に行って、今度は体の泥落とし。サッパリ。


その後道の駅にて食事の後、トラックの荷台をベッドメイキング。



 こんな感じ。


寝袋にくるまって寝ます。ほかのボランティアも車中泊です。宿なんて空いてません。


翌日は決壊現場にお宅へ。


現場から見たあのへーベルハウスです。



 


一軒のお宅を私たちに任され、18名の一般のボランティアさんとともにお庭のヘドロを搬出します。


通常はボランティアに行くぞ!となると、被災地のボランティアセンターに行き受付をし、お伺いするお家を指示されます。


が、私たちは一番手薄な地区をその地区を担当するコーデネーターさん(ボランティアさんの経験や、被災したお宅のニーズに合わせて割り振りし作業計画を立てる)から直接現場の指示をもらいます。


なので結構難しい現場や気難しいお宅、ボランティアに不信感をお待ちのお宅などがメインとなります。


2日目の現場は前日に床下の泥を全力で掻き出した、大阪のボランティア団体で代表はうちの仕事にも応援に来てくれているオジサン。


ドロドロで水を吸ってしまったお仏壇はそのままでは室内に入れられません。この被災したお宅のご主人は何が何でもお仏壇をその日のうちに室内に入れて欲しかったようですが、現実問題として搬入は難しく一晩だけでも乾かすことにしました。


翌日おうかがいしたのが私たち。


最初は不信感をあらわにしておられます。ですが店長、仏壇には少々うんちくがありますので、ご主人とコミュニケーションを取りながら、午前中いっぱいかけて屋外で、女性ボランティアさんに細かいところも歯ブラシで泥を掻き出してくれるようにお願いしました。


昼を過ぎたころからだんだん笑顔がでてきて・・・


何とか夕方までには室内に完全な形ではないですがご安置できました。


お庭の方もみんなの必死の頑張りで、ヘドロは除去することができました。


3時の終了時には、ボランティアの皆を表まで見送りに来てくださいました。


女性ボランティアさんの一人が「私、明日もこのお宅に来させてください!」


と言ってきてくれました。


ボランティアやほかの人から見れば、もう使えないもの、廃棄処分するしかないものでも、人には思い入れがあります。


今回、一生懸命きれいにさせていただいたお仏壇は、もうだめだというレベルですが、被災して悲しい思いをしておられる中で、何とかならんやろか・・・、という気持ちをくみ取る大切さを再認識しました。


何はともあれニコニコになっていただけたこと、ボランティア冥利に尽きた一日でした。


私たちはすぐに大阪へ出発。連休の大渋滞で帰阪したのは翌日23日の朝。


クタクタですが昼からお見積りのお仕事。帰宅後ご飯食べてた記憶はありますが・・・







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

てんちょうさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。