永遠のホリデー(^O^)/

おへちょWEBデザイナー、元ソーシャルゲーム企画運営
おすすめアプリ・WEBサービス・フリーソフト・ガジェットなどの紹介
IT系のちょっとした小技・テクニック
心理・精神(スピリチュアル)に関しての考察コラム
夢日記、ハーブや野菜などの園芸記録など


テーマ:
『空気を読め』『空気を読まない(KY)』
10年前はなかったけれど、今は当たり前に使われている言葉。
言葉は時代を象徴します。

な~んで『読む』なんだろうね?
空気は気体ですよ(当たり前ですよ)

吸ったり吐いたり、嗅ぐものは嗅覚の範囲。
もしくは冷たかったり暑かったり、温度を感じる触覚の範囲。
わざわざ、視覚の言葉が使われている意味について考えたり( ´ω`) 

『雰囲気』という意味で『空気感』『温度差』という形容があります。
雰囲気は、通常『~の雰囲気を感じる』と表現されるけど、人々の表情や声色、光景、状況など、その雰囲気を感じるまでの過程には視覚的な要素が多いのですね。

そこが転じて『雰囲気を見て判断する』『温度差に対応する』ことが
『空気』『読む』という言葉に変化したんでしょう。
(なんせ短くて口にしやすいし)

雰囲気を見て、温度差に触れて、嗅ぎ分け、聞き分け、声に出す。
五感をフル動員させて、相手の(その場)の要望を理解して反応を返す。
それが空気を読むということ。

一般的に、空気を読むのは良い態度・心がけとされています。
(マナー・モラル・TPO・礼儀・常識だのって言葉が添えられますね)
そりゃ、読まれる側にとってはどこまでも都合が良いからね~(笑)

相手を支配したい、押さえつけたい、コントロールしたいほど
『空気を読む』ことを推奨するでしょう。
でも、空気を読むって・・・本当に言われるほど素敵なことでしょうかね?

呼吸できないカラダの不調
ここで話しは変わりますが、『過呼吸』という症状があります。
(有名なので説明するまでもないと思いますが)

要は過度の緊張や不安などが原因となって、焦燥感から呼吸が浅くなり
息をゆっくり吐けなくなり、パニックとなった状態ですね。

本来『息を吐くように嘘を吐く』という言葉があるくらい
呼吸というのは、意識しなくても当たり前に出来る自然な行為です。
それが、まるで空気に溺れるように息が吐けなくなるのは何故だと思いますか?

精神的な過呼吸=鬱
『吐く(はく)』という行為は空気だけではなく
先述のように『吐く(つく)』言葉でもあり
『吐露』する想いでもあります。

つまり空気を吐けない状態というのは『本音を出せない状態』とも言えますね。
空気を吸ってばかりいる=空気を読んでばかりいる
肉体の症状として過呼吸になる人は少なくとも、精神的に追い詰められ鬱になる人は大勢います。

『空気を読まなきゃ』
そうしなきゃ、きっと嫌われる。
嫌われた自分を嫌いになる。
自分でいるのが嫌になる。
生きているのが嫌になる。

他人の息を吸いすぎて、自分の息を吐くことを禁じてしまった時
他人の意志を尊重しすぎて、自分の意志を抑圧し過ぎてしまった時

過呼吸・鬱が起きるのではないでしょうか?

先ほども書きましたが、呼吸は『吸って吐いて』でワンセットです。
どちらが偉いとか、良いではありません。
ただ、現代の『空気を読め信仰』はあまりに『吸う』ことばかりに偏っていますので
少し『吐く』方を意識するとバランスが良いと思います。
AD
いいね!(52)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Facebookにしても、Twitterにしても
SNSに不慣れな人ほど、妙な自分ルールを持ってるモンですね( ´ω`)

【例えばこんなの↓】
かつてのmixiでいう『足跡の踏み逃げするな』
Facebookでいう『シェアする前に一言添えろ』
Twitterでいう『自分からフォローしてリムるな』

共通してるのは、それら自分ルールを『人としての礼儀・礼節だから』と言って、他者に押し付けることを正当化してる部分ですね( ´Д`)=3
あくまで『個人の価値観・要望』ではなく『みんなのルール・命令』という形に置き換えるのです。

『SNS疲れ』とか、よく聞きますが
疲れるのは、そういうヘンテコルールに縛られてるからでねーのか?と思います。
そもそも、SNSなんて日々の記録を一方的に垂れ流すだけなのに
疲れるもなにもないでしょ(笑)

しんどくなるのはきっと
『いいね!しなきゃ』
『面白いこと書かなきゃ』
『リツイート数で負けたくない』
などなど、見えない自分ルールがどんどん増えていくから。

物質にしても、システムにしても・・・道具ってのは純粋な存在です。
道具それ自体に意思はなく感情もありませんから。
そういった『純粋で透明なもの』ほど『使い手の本質を映しだす性質』をもっています。
元の色がない物ほど自由度は増すので、必然的に『自分色』となります。

SNSには人々の想いを繋げ共有する作用だけがあります。
そこに『何を投影するか?』

もし、自分色に染まった物に違和感や嫌悪感、しんどさを感じたなら・・・
そこには隠された抑圧や葛藤、無意識に強いているマイルールがあるということ。

SNSはいつでも簡単にお休み・退会することが出来ます。
だから、面倒になったなら黙って利用を辞めればいいだけ。
とはいえ『大多数の使用しているコミュニケーションツールを使用しない』という選択は自分をマイノリティーに追いやってしまいます。
『何となく面倒になって・・・』という理由に胸は張りづらいものです。
(この後ろめたさ・罪悪感もまた自分ルール)

だから『Facebookやめた組』という
意識高い系のカテゴリーを作り、自分はそちらに組したのだと
また新しいルールを作り、自身の選択を正当化してしまいます。

SNSを始めようが続けようが、何も偉くないし
辞めることが格好いいわけでもない
たかが個人的な趣味嗜好に、良いも悪いも上も下もありません。

いちいち大義名分を用いて正当化してしまうのは
その選択が本音に背いており
他者評価を得る為に、優劣と正しさの証明を欲しているからです。

気にするのも評価するのも
いつだって 自分 対 自分
果てしない独り相撲ですね。

道具が良くない!その道具を使ってる奴らが気に食わない!
なんとでも『しんどさ』の理由を責任転嫁できます
どこまで逃げても、自分ルールの呪縛はあらゆる形で噴出します。
『しんどさ』は逃げるほど顕著に、隠すほどに複雑化していきます。

ただし『しんどい』と感じるのはチャンスでもあります。

・そもそも利用自体が向いていなかったと気づくケース
元から雑記垂れ流しというSNSの行為に興味がなく
ただ周囲の空気的にSNSを利用していただけだった。
→SNSを使うのを辞めよう!

・利用方法が間違っていたと気づくケース
雑記垂れ流し自体は楽しいが『~してはいけない』『~すべき』と、様々なローカルルールに縛られ窮屈になっていた。
→SNSをもっと気楽に使おう!

チャンスにあたって重要なのは
何を選ぶか・・・ではなく
『隠された本音と向き合い、本音で選べるよう自分を許すこと』です。

【いかがでしたでしょうか?】
『SNS疲れ』は、SNSの利用に疲れたのではなく
SNS利用によって表面化した『自身の価値観を縛る習慣=自分ルールに疲れてしまった状態』なのです。

しんどい気持ちになった時は・・・
外側ばかりではなく、自身の内側にも『しんどさの理由』を探してみることが大切です☆
AD
いいね!(7)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
『閃き』『アイディア』『チャンス』とは何だろうか?
それはある時に突然降ってくるモノで、我々はいつ落ちてくるとも解らない幸運の実を待って
アホのように空を眺めているしかないのだろうか?
もしくは、高い山の頂きや深い洞窟の奥底に眠る宝のように
日々困難に立ち向かい全力で努力し苦痛に耐えた末に、掴み取るモノなのだろうか?

『閃き』『アイディア』『チャンス』とは
常在菌のように、そこらに蔓延している雑多なモノ達を『相性よく組み合わせた結果』発生するエネルギーだと定義しています( ´ω`)

それはコンセントにコードを差し込んだり・・・
男女が営んだり・・・
音のハーモニクスを作るのと同じで・・・
相性の良いもの同士を繋げると『何かが生まれ増幅される』
そんな単純な物理法則によって生まれるエネルギー現象ではないかと。

問題は『相性の良いモノ同士』を見つけること自体であり
身の周りにあるモノ達の相性を『見極める感性』でもあり
そもそも周囲のものを観察出来るくらいの『余裕をもつ』ことです。

それらを可能にする為には、プライベートが充実しており
自分自身に自信があり、生き方と本音に偽りがなく
『自分らしさが活かされている状態』が大前提となるのです。

『閃き』『アイディア』『チャンス』を意識的に欲する時とは
追い詰められていて一発逆転を夢みている状態が多いのですが、残念ながらそんな風に余裕がなく
目の前しか見ていないような状況では幸運は生まれません。

『閃き』『アイディア』『チャンス』
偶然・神様のイタズラのようにそれらが生まれる理由は・・・
ふっと力を抜いて、様々なタスクやマイルールを一時忘れることで
『自分らしさ』を取り戻すことが出来るからではないでしょうか。

もちろん、一時ではなく常にその状態を健全に保つことが出来たなら
頭の中は『閃き』『アイディア』『チャンス』の泉のようになるでしょう。


《余談》

オテテのシワとシワを合わせてしわぁわせ(幸せ)~~♪
で、お馴染みの『拝みポーズ』『お祈りポーズ』ですが
右手を左手を合わせるのは
『必要なモノ同士が繋がる』→『エネルギーが生まれ流れる』→『想いが現実化する』
という様子を象徴しているのかもしれませんね~(´人`)♪
AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

※ママとの雑談まとめ

固定電話と携帯電話の移り変わりや、電話料金の違いなどについて話していました。
(・∀・)つ目

のこ『そういや、オレオレ詐欺ってうちかかってこないね』
ママ『固定電話長いことないもんね~』
のこ『固定電話とか懐かしい。オレオレは携帯電話にはこないもんなの?』
ママ『まず聞かないよね~』

やはり詐欺師もやたらめたら電話かけまくっている訳じゃなく
ある程度はターゲットを絞り込んで狙って仕掛けるようだ..(そりゃそうか)

のこ『基本的にばーちゃんとか、高齢者が狙われるよね』
ママ『やっぱ金持ってるから(鼻息)!それにタウンページに名前も住所も番号も載っちゃってるし』
のこ『そういや個人情報漏洩とか日々ニュースになってる割に、電話ボックスに堂々とカタマリが置いてあるわなw』
ママ『載せたくないよっていえば載らないんだけど...、昔は勝手に載せられちゃってたね。個人情報漏洩というより、個人情報がなさすぎて困ることの方が多かったから、進んで載せてる人の方が多かったし、そのままになってるんだろうね~』

電話ボックスに部防備に置いてあるタウンページ
名前も住所も番号も書いてあるので、ウメだのトメだの昭和な名前に絞り込めば
載ってる固定電話番号の大半は高齢者へ繋がってしまう。
詐欺師ウハウハじゃん!

ご家庭から固定電話を廃して、タウンページというものが無くなれば
狙われるターゲットが詐欺師の手に渡らない。
オレオレ詐欺をするのが難しくなる→詐欺師が減る→被害者も減る
な、なんと単純な図式だろうかΣ(゚д゚lll)ガーン

固定電話の大半はNTTと契約してるはず。
NTTといえば日本有数の大企業。マスコミへの影響も絶大。
『今すぐ固定電話を解約して、両親には携帯を持たせましょう!』
テレビでコレを言わないのは、そういうことか(;´Д`)

まぁ、これって逆手にとればビジネスチャンスでもあると思うよ。
電話の端末を作るメーカーや、携帯回線を売るキャリアにとってはね。

お年寄りにとって一番のネックは『携帯電話の使い方がわからない』ことでしょう。
だからシンプルホンとか出てるけど、あんなもんじゃ中途半端。
どう見ても固定電話の携帯電話を作ればいい。

携帯させない携帯電話ね(笑)
あくまで従来の固定電話の形をした携帯電話。

そして、その電話は電話帳に登録した相手からしか着信しない設定をすればいい。
(家族、友人、市役所とか)
もちろん番号非通知は着信しない。
電話帳以外の相手からかかってきたら、家族にアラートメールが飛ぶようにしておく。
通話前には『オレオレ詐欺対策の為、通話内容を録音させて頂きます』と警告アナウンスを流し、実際に会話内容を録音しておく。
毎週1度、通話履歴が指定メールアドレスへ送信され、家族はそれを見て『あやしい着信』がないかをチェックする。

技術的に可能であれば、オレオレ詐欺の電話でよく使われる単語を端末が音声識別して
怪しい場合、受話器から『この電話はオレオレ詐欺の可能生がありますので、指定連絡先へ通知を出しました。』と警告音声を出し、通話相手を威嚇する。もちろん単なる脅しではなく、即座に家族にアラートメールが飛ばされる。

ここまで出来れば、オレオレ詐欺被害者は相当に減るでしょうし
『オレオレ詐欺対策済み電話』を売るメーカーも潤う。
パケット通信をほとんど使わないのであれば、固定電話も携帯電話も基本料金はほぼ変わらないので金銭的なハードルも低いでしょう。

今すぐこのビジネスを始めたらいいと思うんだけどな~┏( ^o^)┓
いいね!(29)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
※Qちゃんとの雑談まとめ

妊娠したので育児休暇をとろうとした女性社員。
しかし育休が認められず、週3日の契約社員になるか、自主退職するよう迫られたという。
元記事:http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/22/matanity-harrasment_n_8363530.html

このニュースのコメントが以下に別れた
A:ふざけた会社だ!そもそも労働基準法違反じゃないか。社名晒せ!!
B:当然の待遇。妊娠や育児で仕事出来なくなる奴なんか会社にいらねーよ


ABのバランスはそれを取り扱うサイトによって異なり
大きめのサイトの場合はA、男性ユーザーに偏るサイトはBの傾向が強かった。

まずA派の言う通り、育児を理由に社員を降格・減給・退職させるのは
れっきとした違法行為です。

参考:育児休業:降格と減給は違法と判決
http://1995consultant.com/weblog/20111227/

私はA派であるけど、B派の理屈も理解できなくはない。
ただし、B派の理屈は組織の腐敗を正当化しているだけなんですよ。
まるで社会人としての正論のような口ぶりだけどさ
「弱小企業の組織としての腐敗」からは目を背けているんだもの。

自分が必死に働いているのに、子供が熱を出したと遅刻・早退が認められる。
そんなのズルい、許せない、イライラする!!
自分の方が働いているのに、拘束されているのに、苦しいのに・・・!!
結局、日々が辛くて余裕がないが故の「妬み・僻み」B派の本音なんです。

妊婦一人抜けただけで全体が傾くような会社は、それだけ余裕がないと公言するのと同じ。
『1人で2~3人分働ける社員を最低人数分雇わないと経営が回らない』
これが育児休暇を認めない中小企業の実態なんです。

実際に、大手企業ほど積極的に社員の育児環境を整えていますからね。
同じように出来ない企業は、その理由を自身の力不足とは認めたくない。
B派も自分がちっぽけな会社に勤めているとは認めたくない。
だから自身の責任は棚上げで、『妊婦は悪だ』という空気を作る。
自分と同じだけの苦痛を負わない者を否定し、攻撃しようとする。

経営難のしわ寄せを社員に背負わせるのは、責任者の責任転嫁なんだよね。
最初から自分ひとりで出来る範囲の事業をすればいいんだよ。
経営者の高望みと無理な背伸びこそ、雇用者に負担を強いている。

社会活動をする為に人間活動をヤメロというのは、奴隷扱いに他ならない。
人を豊かにする為の組織なのに、組織を維持する為に人を犠牲にするなら本末転倒でしょう。
『雇用』とは、金の為に個人を奴隷にして良いという契約ではないのだから。

子供は親だけが育てるものではなく
国や企業が親を守ることで、共に育てていく存在。

国が国民を守らない責任を、企業が社会人を守らない責任を放棄していては
富裕層以外、誰も子供を作れなくなる。

国が国民を、企業が雇用者、奴隷が奴隷を食物にするような共食い状態を止めるには?
そういった企業に金(エネルギー)を流さないことが一番。

情報化社会と飽和した流通の中で、イメージダウンは即企業戦争に負ける命取りになる。
(ワタミやマクドナルドが良い例)

中身のない空気には、中身のある強い意志で対抗を。
空気は風船のように大きく見せかけているだけで、少し突けば消えてしまうから。
『お前だけ争ってどうする?』と嘲り脅しても、空気にとって本当はそれが一番の脅威。

この暴走の果てに、取り返しのつかない段階になって後悔しても遅いから。
我慢や泣き寝入りをやめて、立ち上がり意志を表明しよう。
自分の意志をネットにのせて公表すれば、たくさんの意志が集まってくる。
一人じゃ立ち向かえなくても、繋がることでチカラを得るからね。
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
※Facebookのつぶやき転載
・ヤル気とは?
ヤル気出せ、お前はヤル気がないんだ!

『ヤル気』って何なのでしょうか?
まず、ヤル気とは『やろうとする気持ち・行動しようとする気持ち』の省略です。

では、具体的に何を『やって欲しい』のでしょうか?
大抵の場合は『命令者の要求に対して、適切に行動して結果を示すこと』ですので
『お前はヤル気がない!』というセリフは『お前は思い通りに行動しない!』という意味になります。

何故、他人は思い通りに動かないのでしょうか。
命令者は要求をゴリ押しする前に、アプローチの仕方を考え直す必要があります。

・人が行動に至るには順番がある
行動の前には 思考があります
思考の前には 感情があります
感情の前には 感覚があります
感覚の前には 意識があります
意識の前には 無意識があります

社会も学校も行動思考ばかり持ち上げ、闇雲に「ヤル気を出せ!」と責めたてますが
ヤル気を出させたいのに、いきなり行動だけ求めるのは無謀というものです。

人間とは
自分がしたい事には 無条件に積極的になります
したくない事には  条件と納得を求めます
どうでもいい事には 無条件に消極的になります

大人も子供も、男女もみんな同じ(当たり前ですね)

行動を求める前に   思考を納得させましょう
思考を納得させる前に 感情を揺さぶりましょう
感情を揺さぶる為には 感覚を理解しましょう
感覚を理解する為には それに意識的になりましょう
意識的になる為には  相手と自分の違いを受け入れる余裕を持てるように、無意識下の葛藤やトラウマを解消しましょう。

・必要性を説くだけでは不足
自分が求めることに対して、他人を積極的に行動させるには
相手の思考を納得させる以上に、感情や情動を呼び覚ます必要があるのです。

理屈攻めで思考のみに訴えかけ、説得し倒すという手も可能ですが
納得は満足を得る為の手段でしかないので、手段を目的に変換する過程で精神力と体力の消耗を伴います。
変換の為に生まれたロス(負担・消耗)に対しては、その分の見返りを要求する気持ちが発生します。

「そちらの言う事を聞いてやったのだから、こちらの言うことも聞け。取引に応じた見返りをよこせ。」
その請求に応じることが出来ないと、相手は損をした気持ちになるので、結果としてあなたを憎みます。

人は嫌いな相手には非協力的になりますので、次に言う事を聞かせたい時
さらに相手の感情を無視した命令をするか、反抗しないように恐怖を与える必要がありますが
それではさらに嫌われるので、最早悪循環にしかなりません。
エスカレートすると関係の崩壊を招いてしまいます。

反対に、感情や感覚に訴えかける方法だと、それ自体が満足であり目的となるのでロスがありません。
要求をのむことが、自分にとって良い結果になるという信頼性が築かれるので
継続的な行動を望めますし、あなた自身にも好意を持ち協力的になります。

・いかがでしたでしょうか?
仕事、子育て、家族、恋人、、、どんな人間関係にも当てはまることですが
他人に思い通りに動いて欲しい時、ヤル気を出して欲しい時
手綱を握りしめ振り回すほど、抑えつけるほど、相手は抵抗して暴れます。

『こちらの望み』
『相手の望み』に出来たなら
いちいち要求する必要もなく、自発的に(勝手に)動いてくれるようになる
相手の隠れた望み(潜在ニーズ)を引き出す提案術こそが、人を動かす能力なのです。
いいね!(20)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
「なう」でボチボチ呟いてたことのまとめ+追記ですヽ(´▽`)/

====

男をたてる、相手を立てる。
立てるとは花をもたせるって意味だけど、なんで「立てる」っていうのでしょう?
ちなみに辞書で「立」をひくとこんな感じ。

[立]
物事やその作用が(はっきり、または激しく)現れる。
人々に注目される。
物事が立派に成り立つ。
保たれた末に、変わってゆく。時が移る。


ふむ。
つまり相手側が「立」であると言うのは『事の原因や起こり、変化の影響はアナタに御座いますよ』と主張することね。
本来は結果的に上手くいったことに大して使うから『アナタの存在が良い結果をもたらしたのだ』と讃えることだけど・・・

ただこの言い方って、もし悪い結果なら『お前が原因、お前の影響、お前のせい』って責任を押し付ける効果もあるよね。
普段はチヤホヤしつつおこぼれに預かって、具合が悪くなったらコキ下ろすとか(笑)

普段から相手を立てる人・・・っていえば、何やら物腰柔らかい雰囲気だけど
『いつも相手のせいにする人』っていうと急に小狡い感じになる。
相手を立てる・・・というのは『矢面に立たせる』とも言えるのねん。

「あの人の影響が一番大きいのよ」
不安定なものが崩れかけている時、人はその原因を攻撃対象として探す。
悪いのは誰? 犯人は誰? 誰をやっつければ状況が改善するの?
直接名前を出さずとも、事実を間接的に推測させる状況証拠を予め散りばめておく。
そう匂わせる「空気」だけを先に作っておくことで、矛先を自分から逸らす。そんな効果もあるわけだ。

相手を立てるは「盾にする」という使い方も出来るわけね。

使い方次第で印象がガラリと変わる!
もし悪意をもって使われても、その時は良い気分にさせられるから真意に気づきにくいし。
良くも悪くも『巧みな話術』かもしれませんね。

褒め殺しに共通するところがあると思いました。
いいね!(12)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「好き」って何だろう? スキキライの対象はいつでも“自分だけ”

みなさんにとって《好きなもの・好きな人・好きなこと》は何ですか?
きっと様々な答えがあると思います。
しかし『何故、好きなのか?』に答えられる人は意外に少ないかもしれません・・・

『好き』とは一体なんでしょうか。どうして『好き』になるのでしょうか?
『好きという心の動き』について今回は掘り下げたいと思います。

好き=メリット


まず、人は自分に何らかのメリットを与えるもの『好き』と感じます。
メリットとは主に精神的な快楽です。
楽しい、嬉しい、美味しい、気持ち良い、心地よい、落ち着く・・・etc

時にはメリット=物質的な利益を示す場合もありますが
得た利益を使って精神的快楽を得ようとするので、手段が一つ増えただけ。
本質的には同じ、精神的快楽を与える要素=メリット=好きになります。

なにがメリット=精神的快楽となる?

直接的な五感(感覚)による快楽と違い
人が存在や物事に対して抱くイメージ(感性&感情)は、本来すべてが《セルフイメージ(自己認識)の延長》です。

例)
可愛いぬいぐるみ:可愛いぬいぐるみを持っている『可愛い自分』
素敵なお洋服  :素敵なお洋服を着た『素敵な自分』

このように《対象を通じたセルフイメージの変化=対象に抱くイメージ自体》なので
結局は『セルフイメージを良くするもの』『精神的快楽=メリット』となる訳です。

人間関係に当てはめると?


他者に抱くイメージもまた、相手に投影したセルフイメージが元になります。
特定の相手を好きになる理由は、その人が『自己評価を高めてくれるから』です。

アナタが好き→アナタと一緒にいる自分が好き

  • その人と一緒に居ることで、より自分自身を魅力的だと思える
  • 自分らしさを素直に解放して楽しめる
  • ありのままの自分でいいと安心できる

反対に特定の相手を嫌う理由は、その人によって『自己評価が下がってしまうから』です。

アナタが嫌い→アナタと一緒にいる自分が嫌い

  • ・その人と一緒に入ると、自分がつまらない存在に思える
  • ・自分らしさを抑圧して演技をしてしまう
  • ・ありのままの自分でいいか不安になる

好きになるのも、嫌いになるのも自分自身


人間は『自分自身をより好きになれる、楽しめる要素』『快楽』と感じて受け入れます。

反対に『自分自身を恥ずかしく感じる、嫌になる要素』『不快』と感じて忌避します。

加えて『自分自身と何ら関連性がない、無関係な要素』『退屈』と感じてもっとも強く拒絶します。

つまり、実際は好きになるのも嫌いになるのも対象ではなく
相手に影響され変化する『セルフイメージ』が本体なのです。

いかがでしたでしょうか?

『好きの対象』は外側ではなく自己認識。あくまでセルフイメージの変化
この構図に無自覚であると、対人を含むあらゆる関係性が不安定になります。

相手の存在自体が快楽そのものであると勘違いすると、依存したり独占しようとする為です。
また、世間的評価や空気に左右されやすくなるので価値観が一定せず
常に周囲の目を気にして意見を変えていかねばならず、それだけでヘトヘトになってしまうことも…
(俗にSNS疲れと呼ばれる症状の原因でもあります)

外側にある好き(存在・物事)はすべて
『自分をより好き(嫌い)になる気持ち』を誘発させるものでしかありません。
大切なのは、それを自覚することで主体性が保持されること。

物事の中心が自身からブレなければ、他人と優劣をつけたり裁こうとしなくなります。
愛(合い)はいつでも、自分自身から始まるエネルギーの連鎖。
『好き』の方向はいつでも内側です。

まいのこでした!

いいね!(4)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「いかがなものか」という言い方が嫌いです┏( ^o^)┓

「疑問を覚える」とか「首をかしげる」はまだ「本人の主観における主張・見解」だと解るからいい。

「いかがなものか」は主観なのか客観なのか、誰目線の意見なのかがあまりに抽象的すぎる。

===

実在するかも不明な「世間的な空気」というオバケを盾にした物言い。

あくまで自分個人の言い分なのに「その他大勢の意見の代弁者」を装い、反論の矛先を抽象化しつつ批判(攻撃)だけはする姿勢。

結局、本当は細かいことなんかどーでもよくて単に文句が言いたいだけなのよね。

はい。

===

文句をつけたいのは、相手に苦痛を与えられた(と内心感じている)から。

しかし、苦痛の原因とはそもそも本人が何らかの抑圧感情と葛藤を抱えている為であり、相手はそれらを喚起するトリガーを引いたに過ぎないが、そんなことを認められる筈もないので相手を批判することで溜飲を下げようとする。

===

もちろん、それでは苦痛の根本解決にならない。しかし、ひとまず目の前の苦痛要因を否定し遠ざけることは出来る。

問題の先送りの為には善悪と優劣意識をベースに、自分の正しさを抽象的に主張して相手の意志を曲げさせる必要がある。

===

人はケンカを避けようとするが正義の鉄拳は振るいたいものである。

自分の意志・主義主張を一方的に飲ませる為には、相手が悪であり自分が正義だという舞台を作ればいいから。

===

正義と悪の線引きには「空気」を用いる。

「自分はみんなの意見代表」という架空のヒーロー像を匂わせることで

お前は少数派→みんなの迷惑→お前は悪!→オレ多数派→オレが正義!→こっちの言い分を飲め

…という非常に大雑把な関係を意識させられる。

===

当然その「みんな」はどこにも存在しないが、その事実を確認しようすると事が大事になってしまう。

単なる個人対個人のやり取りを大勢を巻き込んだ討論にはしたくない。

「架空のみんな」に萎縮して相手の言い分を飲むと空気オバケの勝ちとなり、無条件に自分の意志を曲げる羽目になる。

===

本来は相手の勝手な言い分(要求)を飲んだ訳だから御礼を言われても良さそうなものだが、先に正義と悪の関係を強いられていると、要求を飲んだ側が相手に謝罪(場合によってはお詫び)すらさせられる理不尽が発生する。

===

気に入らない、ズルイ、羨ましい、妬ましい、憎たらしい…

本来の意見内容。
これらを空気で包んで架空の人達の発言に仕立てる。

そうして作ったオバケで相手を脅かして怯えさせる。

===

無料で相手を屈服させられる手軽な呪術。
その反作用は“自分”が消える。
いいね!(9)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

プログラミングの「抽象化」ってどういう意味で、なぜ必要なのか
http://nekogata.hatenablog.com/entry/2015/08/05/001742


す、すんごい解りやすい(感動)!!!

ただ、プログラマーではない私が思ったのは『これ、人の精神も同じだな』ってこと。

つまり、使う言葉はその人の精神のプログラムに直結する
より一層強く認識したのです:(´◦ω◦`):

【以下、大事な部分を抜粋】

  • 「具体的な値」とかをコードから排除していってコードの具体性を減らす行為全般を「抽象化」と呼ぶ。
  • プログラムに具体的な値がベタ書きされていた場合、使う側はなにも考えずにそのコードを実行すれば良いだけ。
    抽象化されたコードの場合、使う側が「どのユーザからどのユーザにいくら渡すのか」ということを判断しなければならない。
  • 抽象化とは、具体的な値としてなにを使うのかという「判断の責任」を「そのコードを使う側」に押し付けることでもある。
  • 抽象化はあくまで「具体的な判断を遅らせることで柔軟性を得る」ためのもの。
  • コードが具体的な処理を行うためには、必ずどこかでその「具体的な判断」をしなければならない。
  • 「世界一抽象化されたコード」というのを今から書いてみましょう。一瞬でかけます。
    # nop
    上にあげたものがそうです。つまり、「なにもしない」というコードこそが、世界一抽象化されたコードです。

自分の抽象化と精神のハッキング


抽象的な言葉(コード)
身の回りに溢れていますね。
自分の抽象化はとても簡単です。

『アレはダメだよね空気読んでないもん。マナーとモラルとTPOがさ~!』
『やっぱ人間としてそれくらい出来ないとヤバイよね~!』

定義の曖昧な言葉、具体性のないカラッポの言葉
X+X+Y=X
なにも導き出されない数式

そこに誰かが《具体的な判断》を代入するのを待っているだけ。
認知度の高い言葉や長い数列を並べれば”それらしい”という・・・積み木の城のような思考回路。
そうした精神は非常にカンタンにハッキング(上書き・支配)出来ます。

知らない間に《誰かの意志》に乗っ取られ・・・
気づかぬ内に《自分の価値観》がデザインされ・・・
無自覚に、責任感なく、誰かの意志を反映する手駒にさせられてしまうんです。

みんな、多かれ少なかれリモートコントロールされている


物事に対して良い/ダメと感じる条件は、本当に自身の心を起因としているのか・・・。
善悪・正否・優劣意識を抽象化した言葉で恐怖心を煽られ
密かな不安から逃れる為に導き出されたものではないか・・・。

『こうしたい』ではなく『こうしなくちゃ・こうするべき』が口癖になっていませんか?
正しさと評価を求める思考には、誰かの命令を正当化して《自分はそれを甘んじて受け入れているだけ》という
無自覚な責任転化・ズルさ・脆さが含まれています。

他人の言う事にただ従うのはラクな生き方です。
様々な選択肢を試す手間を省ける上に、例えそれが上手くいかなかったとしても
『言い出しっぺのドコかの誰かさんが間違っていただけ。自分のせいじゃないもん。』と言えるから。
価値観の支配・誘導(リモートコントロール)とは、無理やりされるのではなく
あくまで、本人が望んで受け入れた打算的な処世術なのです。

正義・大義・正論・善を語る人ほど、薄っぺら&カラッポに見えるのはその為ですね。

ズラズラ長ったらしい口弁を並べると、まるで複雑な数式を書いているかのように知的に見えますが
その言葉には本人の意志が何ら存在しないので、どこまでも無責任な論理でしかありません。

抽象化された言葉ばかり使うと結論が見えてこないので、他者との衝突が起こりにくいのですが
それを『なにか壮大なことを語っている』『優しそう』だと勘違いすると・・・
果てしない抽象化の海にご招待され、共に自己を見失うことになります。

抽象化された相手と衝突したら


前項で取り上げた抽象化された人の特徴
《結論が見えてこないので、他者との衝突が起こりにくい》

これは、具体的な結論を出す必要がある話し合いにおいて困った状況を引き起こします。
価値観が抽象化された相手と話し合いをすると『いかに自身が正しく優れているか』ばかり論じようとするので
まったく話しが噛み合わない上、話し合いが一向に進まない事態へ陥ります。

参考:理論的とは・論理的とは(意味の違い)何故、話し合い⇒口論になり上手くいかなくなってしまうのか?

こういった手合いは、出だしから《目指したいゴール》がズレているので
そのことを指摘して冷静に認識させるか(急ぎの場合は)議論の場から外す必要があります。

この種類の人間が親・職場の上司など、場から外しにくい立場だとより厄介ですが
悲しいかな、それって《ありがちな状況》なんですよね・・・(涙)

会社組織や交友関係など、やろうと思えば切れる縁の相手なら
《抽象化された人が”上”にいるグループ》とは早めに距離をおくのが得策。
相手の変化を待つより、自分の環境を変えるほうが余程早いからです。

とはいえ、ママ友付き合いなど自分がイヤでも子供の手前付き合わざるを得ないようなケースも多いでしょう。
衝突を避けられないと思ったら、相手がカラッポであることを逆手にとって
時には自らコントロールするくらいの気合いも必要です。

抽象化された言葉を多く使う人ほど、抑圧感情が根深いので
とにかく《良い気分にさせる》ことで、こちらへの敵意を抑えつつ望む行動をするよう誘導していく手法が有効です。
『あなたは周囲より優れている、もっと評価されるべき存在だ、いつも感謝している、あなたが必要、あなたに憧れる』
まぁ、いわゆる《褒め殺し》ですね(笑)

毒を持って毒を制すことも、時には必要なことがあります。
それは洗脳された相手の洗脳を解くのではなく《もう少しマシなプログラム》に上書きしてしまうということ。
相手の暴走したエネルギーの矛先を、あくまで否定しないまま少しだけ変えてみて様子を見る。
やがて上書きプログラムが有効(便利・快楽)だと認識されれば、古いプログラムは排除されます。

参考:言うことをきかない・言ってもきかない理由は? 人は「命令」を拒絶する

いかがでしたか?

理由など知らない。
私の意志かどうかも関係ない。
だってそういうものだから。
そういう空気だからそうするだけ。

正義や悪のような《二元論》
常識、当たり前、●●として当然という《風潮》
マナー、モラル、KY、意識高い系のような《定義の曖昧な単語》
抽象的な言葉を用いて自らの価値観を主張しようとすると、自分自身を抽象化することになります。

抽象化された精神とは、他者に意志を乗っ取られる為に存在するようなもの。
操り人形はピノキオと違い、自分が人形である事に気付いていません(それがタチの悪いところ)

あなたの背後にも見えない糸(意図)がブラ下がっているかもしれない。
それは水面下から静かに忍び寄り、気づかぬ間に《あなたの普通》を変質させる言葉の罠。
精神のハッキングを防ぐには、自分のもつ主張を『より具体的な言葉で説明する習慣』をつけると効果的です。

いいね!(26)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。