紅子の言いたい放題

意地悪ばあさんを祖母と妄想し、小言幸兵衛を父と慕う、
紅子の独断と偏見による言いたい放題です。


テーマ:

にほんブログ村

 

数年前から起きていた今回と同じような事故です。

まず、この事故に遭遇する子供は「男の子」

男の子って、探求心も冒険心も旺盛なのです。

 

私が子供のころを振り返っても壁と壁の狭い隙間や、原っぱに転がっている土管のようなものに入りたがるのは男の子が多かったような気がします。

 

本筋のお話をしたいと思います。

ドラム式洗濯機が身近になり始めたころ、私はこの洗濯機は購入しないと心に決めました。

理由 この洗濯機の存在する意味とは? 日本はお水が豊富で一昔前までは飲み水を購入するなんて考えられない恵まれた土地柄(国柄)なのです。

そんな恵まれた環境にいる日本人にとって、水が少なくて社会問題にもなるような欧米などの苦肉の策の結果の製品を使う価値があるのでしょうか。

明治の昔から、西洋のもの(文化も含めて)すべて正しく良いのだという間違った思い込みは現在の日本社会に暗い影を落としているような気がしております。

この件については機会があれば話題にしたいと思っています。

 

水も空気も当たり前のように使える我々にとっては無用の長物と思いました。

 

買い替えの時も私は迷わず水をふんだんに使える洗濯機の中から選びました。

少ない水で、ペッタン、ペッタンとドラムに衣類などを叩きつけて洗う様子は布地の寿命を縮め

ているようでした。

日本国の住民には必要のないものです。

個人的には、うっかり者ですので洗濯機が回ってから、「あのタオル忘れたわ」なんてことも。

そんな時にも、洗いの最中でしたらいれることも可能です。

 

お風呂も、洗濯機も、使用後は水分をいかに早く消滅させるかの努力で品質の劣化もカビを防ぐこともできます。

 

チャイルドロックを利かせてていたらそこの問題はどうなるのでしょうか。

しかし、子供の命には代えられません。

男の子の好奇心・冒険心は、止められても止まらない部分が多いと思います。

いや、止められれば尚更欲求は膨らむかもわかりません。

男子たるものそれくらいの心持で成長してほしいと私の独断と偏見でそう思います。

魅力的な男性になるためのステップの一つではないでしょうか。

 

ドラム式洗濯機を使用していらっしゃる世の親御様たち、洗濯機とお子様の命とどちらが大切ですか。

この際、男子のお子様がより魅力的な大人に成長できるように、そしてドラム式洗濯機の寿命を縮めるべくチャイルドロックの使用を、ゆめゆめ怠りなく!!

 


にほんブログ村

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。