紅ずきんのブログ(別館)

「紅ずきんの乙女的文化生活」
本のこと旅のこと着物のこと、お買い物生活、開業の野望などなど・・・


テーマ:
微熱山丘のパイナポケーキの美味しさにやられて、今度こそ大量購入&念願の気になるお店の食べ比べをやってみましたコック

微熱山丘は前回同様ホテルに直送してもらいました。

でも、ネット購入ができるようになったり(カード決済可?)便利になっていた分、お問い合わせ欄を使った簡易注文ができなくなっていまして・・・
結局注文票(word仕様)をメールに添付して注文しますた。

その前にもホテル側が代引き受け取りをしてくれるかどうか?を確認しなくてはならなくて、アタフタしていたら、注文期日ギリギリになってしまい焦った~汗

ネット購入も試みましたが、台湾の携帯番号の箇所で引っかかって先に進めなかったので断念。

なかなか国内の通販のようにつるりとポチるわけにはいきませんなぁ(=´;ω;`=)ニャン・・




さて、出発前に予告していた3店舗のパイナポケーキが揃いましたよ~笑う


パッケージもオサレプレゼント


廣方圓。

こちらお茶屋さんの廣方圓茗茶さん。派手可愛いキラキラ
オマケにティーパックのウーロン茶が2個入っていました。さすがお茶屋さん。
一箱あたり8個入りです。


微熱&国賓。

上が微熱山丘で下が国賓大飯店(アンバサダーホテル)。

微熱山丘には今回、麻布の袋もついていました。
ちゃんと購入箱数・・・でも、3つとも自分で食べる用なんで、まったく使わず仕舞い(爆)

微熱山丘の素朴なパッケージとは真逆を行く、煌びやかな国賓大飯店
金色だよ~
一箱ずつ金色のパイナポのチャームが付いていますパイナップル


箱を開けるとこんな感じ。

微熱山丘。


国賓飯店。


それぞれ10個入りです。

国賓大飯店には6個入りもあるようですが、たまたま6個入りは売り切れていてありませんでした。(箱がなかったということだわね。)



で、それぞれの大きさ比較パイナップル


パイナップルケーキ勢ぞろい。

皆様おなじみのマルセイバターサンドも並べてみました。

若干廣方圓のが大ぶりです。
あとはバターサンドと同じくらいの大きさですかね。


袋を開けてみます。

廣方圓パイナップルケーキ。


廣方圓中身。



焼き印入りで高級感あふれる廣方圓。



国賓パイナップルケーキ。


国賓中身。


バター風味の強い洋菓子系、国賓大飯店。
けっこうずっしり来ます。


これは前回の画像。


微熱齧る。

微熱山丘(裏側)
アタクシがワイルドに齧ったバージョンw

微熱山丘のは、前回はパイナップル餡が酸っぱめだったけど、今回は甘みが増していました。
作る時期によって(パイナップルの熟し具合によって)味が違うってホントだなパンダ



さすがに3個一気に食べるとカロリー取り過ぎですな。






食べた結果、パイナポケーキ選手権パイナップルアタクシの好みの順番LOVE



1位   廣方圓茗茶

(甘さと酸味のバランスがちょうどよい。大きさのわりにあっさり系。ニュージーランド産バターと日本産の小麦粉を使用しているそうです。)


2位   微熱山丘
(3つのなかでは一番繊維質がごろごろしていて食感がある。今回の甘さがお気に入りだが、相方は前回の酸っぱい方が好きだったらしい。)

3位   国賓大飯店アンバサダーホテル
(高級洋菓子に位置付けたくなるようなバターのしっとり感。アタクシとしてはちょっと重い感じがしました。)



念願のパイナポケーキが手に入ったことに興奮していて、値段は全く気にしていなかったけど悩む
おそらく1個あたりのお値段は廣方圓のパイナポケーキがダントツに高級だったような気がします(笑)


まだまだ冷凍庫にイパーイ在庫がある幸せ喜ぶ


次回は廣方圓さんのを2箱は買ってこようと思いましたカート


中山北路。



国賓大飯店と廣方圓茗茶のある中山北路がちょうど日本でいう銀座みたいな雰囲気の高級繁華街で、街歩きに便利そうでした。
両手に重い荷物を抱えながら、やはり国賓に泊まるべきだったんじゃないか?と思ったよ汗・・


PR
いいね!した人  |  コメント(6)

[PR]気になるキーワード