masasi kisino

ラーメン専門店の経営15年
今も現役のラーメン店オーナーが語る
独立開業と継続の手懸り

経験の中の成功例から大失態まで
プライベートな日常も綴るブログ

日本中の飲食店に笑顔があふれますように


テーマ:

ローカルリッチ

 

飲食店経営を安定させる秘訣:広告編

 



ラーメン屋をローカルな立地で生き抜いていくために

 



できるだけシンプルに

できるだけ継続可能な施作を

目指して6年間やってきています。

 



その手法や方法は多様にあるとは思いますが

 



私が実際やってみて感じたこと

 


やっぱり


 

なんだかんだと言っても

 



地元の方々を大切にすることから

始まるのかなぁ~

 



って、いつも思います。

 



もちろん!

 



遠方から足を運んでくれる

お客様だって相当ありがたいですよ!

 



 

ただ、リピートしづらいんじゃないかな。。。

 

 



何らかの雑誌で一面の広告を載せたことがあったけど



結構な費用がかかったし、その費用対効果は

 



あったのか、なかったのかわからないような宣伝だった。。。

 



あと、申し訳なかったのが

 



一見さんが多ければ多いほど

 



普段使いをしてくれている

 



地元の常連さんがお店に入れなく

なったりするんですよね。。。

 



常連さんだから日を改めてご来店してくれますけど。。。

 



でも、そんな日が立て続けになっちゃうと

それこそ申し訳なく思う。

 



そんなことで、あまり広域の広告に載せたくない。

 



っというのが心情。。。

 



広域広告の掲載に違和感を持ってしまいます。

 


店舗の規模にもよりますが

 



そのキャパを超えてしまう可能性を秘めた広告はお勧めできません。

 



なので、



 

広告を企画するときに考えることは下記の五つの項目に注意をしています。

 



1.お店の席数に対して何部の折込をするのが良いのか


2.増えるであろう客数をさばけるスタッフに育っているのか


3.広告費に対していくらの効果が予測できるのか


4.その予測をより効果的に現実にするためのオファーは何なのか


5.実際に彫られた反応(レスポンス)はどのように推移したか確かめられるのか

 



上記のポイントを踏まえて広告戦略を立てていくと


 

どうやら、広域に向けた広告を打つよりは



 

地元に向けた広告戦略の方が良さそうな気もしてきませんか?

 



地元のお客様にもっと喜んでいただき

地元のお客様をもっともっと大切に

地元のお客様ともっと深い人間関係を築ける

 



そんな広告を作っていきたいものです。

 




今日も飲食店に多くの笑顔があふれます様に…

 



~~多くのラーメン店、飲食店に笑顔が溢れますように~~


飲食店経営の可能性を最大限に活かそう

たかがラーメン屋、されどラーメン屋...

ラーメン屋だからこそ出来ることがある!

 


岸野昌史

 

 

//////////////// 日々刻々事毎感謝   ////////////////

 

らーめん紅釜

~手作りする「心」、感謝する「心」

         「心」を継承し繋いでいくこと~

Mail:rbg@benigama.com

WEB: www.benigama.com/

 

 

/////////// らーめん屋の 未来を想像する   //////////

 

RDR  response design research

~人と人がつながるデザインの創造~

Mail:rdr@responsedesignresearch.com

WEB: prt.nu/0/RDR:responsedesignresearch

 

 

/////// 感謝の心と感謝の言葉が未来を紡ぐ~////////

 

株式会社べにがま

感謝の「心」が人を店を会社を成長させる!

Mail:rdr@benigama.co.jp

WEB: benigama.co.jp/bg/

 

 

////////////////////////////////////////////////////

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

やはり、、、

 

誰と出会うか

 

と、いうことは大切ですね。やっぱり。

 

というのも、、、

 

先日、出会った講師の先生との出会いは

 

何か私の人生観を変えた。

 

なんだか行き詰まっていた

 

私の生き様が見透かされているようだった。

 

もちろん、計画書の大切さも

スゲー勉強になったし

 

やらなきゃ!

 

という気持ちにもなった。

 

どんぶり勘定の意味が

改めて、理解でき

それではイケナイと分かった。

 

毎月の

棚卸し・試算表の大切さも

知ったし

 

やるぞっ!!

 

という、想いも生まれた。

 

 

しかし

 

 

その中でも、もっともっと

身にしみたのが事業継承について

先生が語っていたこと。

 

「覚悟」だった。

 

中小企業にとって・・・

どちらかというと小規模の企業

 

そんな、私たちの企業の事業継承とは

先代から会社の借金を継ぐ覚悟だと言っていた

 

そして、

 

会話のない親子が、親へ感謝を表し

経営の知恵や工夫や経験を敬い

 

話をありがたく拝聴し計画書を作り、

見える化することから始まる

 

とも言っていた。

 

 

私の場合は、親元を離れ

独自展開をするために

自ら借金を背負うところからの

スタートだった。

 

独自展開のキッカケは

親父に言われた一言。

 

「やれるもんなら、やってみろっ。」

 

この言葉を頂戴する前に

もっと組織力をと考え

ミーティングをはじめてみたり

 

スタッフ教育の幅を広げてみたり

 

親父を巻き込みながら

やっていたつもりではあったが・・・

今、思うと親父がやりたい事では

なかったんだなと気が付かされました(笑

 

そんなこんなの積み重ねで

いただいた一言が・・・

 

「やれるもんなら、やってみろっ。」

ってな訳です。

 

 

そんで、めちゃくちゃ

素直な私は本当に始めちゃったんですね〜

 

 

独立してみて、初めてわかる事があって

 

それまで、

 □どれだけ、親に守られていたか

 □どれだけ、親の築いてくれた箱(会社)

  に守られていたか

 □どれだけ、親の築いてきたコミュニティー

  に面倒をみてもらっていたか

 □どれだけ、親に甘えていた事か・・・

 

これまで、どれだけ「ありがたい」環境で

活動をさせてもらっていたのかを痛感するのです。

 

独立を果たし、法人化を成し遂げ

開業から丸4年を経過し5年目を迎えた頃

 

そんな、親父から頼まれごとの

電話が鳴りました。

 

その時のことを私は

恐らく一生忘れないと思う

 

電話の向こうから聞こえてくる声が

親父の元で働いていた時とは違い

 

とても、落ち着いた様子で

しかも、丁寧な言葉使いでした。

 

とても、想像しがたい雰囲気に驚き

今でも忘れらない出来事のひとつです。

 

その時の思ったのが「ありがたい」の一言でした。

 

何が「ありがたい」って?

 □散々骨折り育ててもらって

 □自分勝手にやりたい事をやらせてもらって

 □挙句、一人前な扱いをしてもらった

 

こんな「ありがたい」ことはない。

 

だからこそ、私に失敗はありえない。

負けを認めることもありえない。

 

 

そんな気持ちで駆け抜けた6年間・・・

 

母に産んでくれて「ありがとう」

父に育ててくれて「ありがとう」

 

この言葉を伝えてから出てきたはずなのに・・・

 

その時の「心」の震えや揺さぶり

を確かに感じていたのに・・・

 

私が自分の店を持ちたいと強く

考えていた時の気持ちや想いが・・・

 

店を持ったことで薄れた。。。

 

 

その店を法人化し大きくしたいと

シャカリキになっていた時の勢いが・・・

 

法人化を成し遂げたことで

落ち着いてしまった。。。

 

落ち込む業績を食い止められないことに

自信を失い戦意喪失気味(笑

もう、何をしたら良いのか分からない状況(苦笑

 

 

そんな状況が、見透かされていた様だった。

 

 

覚悟が足りんかったぁ〜・・・

反省してます。。。

 

 

今回の講師との出会いは必然だったのか?

 

会うべくして、出会ったのか?

 

外に意識を向けたから出会えたのか?

 

 

まぁ、そんなことはどうでもいいです。

 

 

分かっていたはずなのに

分かってなかった・・・

 

 

忘れてしまっていた

 

母に産んでくれて「ありがとう」

父に育ててくれて「ありがとう」

 

の心意気。

 

 

そのことに改めて気づかされ

再確認ができました。

 

間違いない!

 

感謝の「心」が人を成長させ

店を成長させる!

そして、

会社を成長させる!

 

 

/////////  日々刻々事毎感謝   /////////

〜感謝の心と感謝の言葉が未来を紡ぐ〜

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年11月7日

お客様各位

株式会社べにがま

飲食事業部

らーめん紅釜

代表 岸野昌史

年末年始の営業に関するご案内

 

 毎度、ありがとうございます。掲題の通り年末年始の予定をご案内申し上げます。

 ご不便をおかけすることもあるとは思いますが、何卒ご容赦ください。

 

テキスト ボックス: 【年内】
12月26日(月) 昼の部 AM11:30~15:00   夜の部 PM17:00~21:30
12月27日(火) 昼の部 AM11:30~15:00   夜の部 PM17:00~21:30
12月28日(水) 一日通し
12月29日(木) 一日通し
12月30日(金) 一日通し
12月31日(土) 昼の部 AM11:30~15:00   
【年始】
 1月4日(水)〜 8日(日) 一日通し
通常営業は下記の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【年内】

12月26日(月) 昼の部 AM11:30~15:00   夜の部 PM17:00~21:30

12月27日(火) 昼の部 AM11:30~15:00   夜の部 PM17:00~21:30

12月28日(水) 一日通し

12月29日(木) 一日通し

12月30日(金) 一日通し

12月31日(土) 昼の部 AM11:30~15:00   

【年始】

  1月 4日(水)〜 8日(日) 一日通し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 12月27日の(火)は、昼と夜を分けた営業を致します

 12月28日〜30日は1日通しの営業を致します。

 12月31日は昼の部のみ営業致します。

 年始は4日〜8日まで1日通しの営業を致します。

 

1月9日より通常の営業を致しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

店主

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは、

 

2代目という立場でありながらも、

自ら独立し経営者の道を歩ませていただいている者。

 

 

〓 2代目から創業者へ 〓 KISINO MASASI です。

 

 

父は根っからのラーメン屋の職人。

 

そして、父と母が現在も経営している店「らーめん専科東松山店」で

 

14年という年月を過ごし、たくさんの教えを学び

 

自分の店「らーめん紅釜」を立ち上げ、法人として活動してます。

 

 

 

父と母が経営をしている「らーめん専科」は

フランチャイズの形態店ですが

 

私が学んだのは、そのフランチャイズのシステムではなく

これまでの生き様と言えます。

 

 

独立してみて初めてわかること。

 

それは、父と母という存在に守られ

 

父と母の経営する「店」という箱に守られて生きていたこと。

 

 

何かを成し遂げようと考えたときには

 

自らがリスクを負い、

そのリスクを感じながら、

 

そのリスクにメンタル面で屈することなく

 

自分を奮いたたせ

 

自分で、自分のモチベーションを保たなくてはならないということ。

 

経営者として

起業家として

 

当たり前のことですが…

 

 

父母の存在とは、とてもありがたい存在だったのだと気づきます。

 

だって、自ら考えて動かなくてもケツ叩いてくれて

そのレールに乗って動くだけで良く、事が進んでいったのですから。

 

超~~楽チンですよね。

 

 

そんな甘ったれた環境に戻るつもりも

ありませんけどねぇ~(笑

 

 

父が歩んできた道。

 

その昔話を本人から幾つか聞いたのをザックリと振り返ると

 

①どこだかの飲食店で店長してみて

②その後、自分で車を改造し屋台を引っ張ることになり

③その3年後に街中の映画館に隣接した居抜きの店舗を経営することになり

④さらにその3年後に郊外型45席規模の独立店舗を構え

⑤さらにその3年の間で有限会社を設立し

⑤その3年後には、さらなる改装により、今の店舗デザインと商品システムの構築した

 

このようなザックリとした流れで会社として店を大きくしてきた。

 

そして、今も現役でラーメンを作ってるすごい方なのです。

 

 

そんな、凄腕の父に生き様を教わり

「らーめん紅釜」を立ち上げ

30席の店舗規模から独立開業を果たすことができました。

 

あれっ?

 

私のスタートって…

 

父の通ってきた②と③がない…

 

そうなんです。

 

様々な苦労話や父の歩んできた成功体験を聞き

 

身近なところでリアルに起きている現状を感じ

 

私が決めた道は④からスタートを切ることだったのです。

 

 

 

この④からスタートを切る土台として

 

父と話し

 

父が経験し得たことを教わり

 

父の苦い経験談が知ることができたからこそ

 

④からスタートが叶ったわけです。

 

 

 

そんな私が最近、息子と仕事をするようになりました。

 

 

その知識や技術を階段飛ばし的にステップして

 

その親よりも高い位置からスタートを切れることは幸せなこと

 

より優位な位置からスタートできるからこそ

 

世に出た我が子が、その世界でより高い次元で頑張れることは

 

サイコーに幸せなことです。

 

 

 

跡を継ぐだけの選択肢ではなく

 

自らの手と足で

 

大きく羽ばたいてほしいと心の底から想います。

 

頑張れ!

 

 

 

そのために、私が残せるものは何か。

 

一生懸命、私自身も勉強し続けなくてはなりません。

 

良い刺激を頂いています。

 

 

こんな素晴らしい環境に居られる自分がありがたい。

 

こんな素晴らしい環境を整えてくれた鬼嫁に感謝。

 こんな素晴らしい環境に協力してくれる息子と娘に感謝。

こんな素晴らしい環境の礎をくれた両親と兄弟に感謝。

 

こんな素晴らしい環境に協力をしてくれる身近な皆様に感謝。

 

こんなに素晴らしい環境に気づかせてくれるお客様や関係者の皆様に感謝。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日を重ねるたびに朝の気温が下がってきております。

みなさま、体調はいかがでしょうか?

 

お体ご自愛ください。

 

そんな私は3週間ほど軽く腰を痛めてます〜(涙

 

さてさて、そんな話はおいといて・・・

 

今回は、イラストのお仕事をいただいた「高坂ひまわり保育園」の園長先生

狐塚様の取材をしてまいりました〜♪

 

狐塚様の職場の方々はとても明るくて

皆さん元気ハツラツ!

 

その元気さに・・・少し圧倒されました(汗

 

とても良い雰囲気が園全体に行き渡っている感じです。

 

お忙しいなか、打合せ中の狐塚園長をパシャリ。

 

終始、和やかに打合せをする先生方と狐塚園長もパシャリ。

 

あまりにも雰囲気の良い職場で感心するしかありませんでした。

 

また、取材をさせていただく機会があれば雰囲気づくりの

秘訣を語ってもらおうと思うほどでした。

 

そして、取材を通して若い先生方のハツラツとした

活気をみせつけられ思ったことは

 

こりゃ〜、オッサン(私)も「負けてられないぞっ!」って

正直、素直に想ってしまったほどです。

 

流石に声には出しませんでしたけど・・・

間違いなく、私のモチベーションを上げてもらっちゃいました(笑

 

そんなこんなで

仕事中の忙しいなかにも拘らず

快く取材協力をいただきました。

 

本当にありがとうございました。


 

狐塚園長の声はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
sites.google.com/a/responsedesignresearch.com/rdrresponsedesignresearch/o-ke-yangno

 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

《お仕事の現場からシリーズ》

 

先日、のぼりのお仕事をいただいた麦の香N様の取材をしてきました~!

 

 

営業形態が少し変わっていて、昼は滑川町のうどん屋さん♪

 

そして、そして、

 

夜は滑川町のパスタとピッツァのお店♫

 

っと、いう二つの顔を持つ凄腕シェフ。N様のお店です。

 

うどんもパスタもピッツァも小麦粉から生まれる繋がりと

美味しい小麦粉を、独自のブレンド粉を作って調理。

手作りにトコトンこだわっていくことに誓いを込めた屋号が

「麦の香」さんです。

 

そんな、麦の香N様かたいただいたお仕事はのぼり制作でした。

 

滑川町の発展に情熱を注ぐN様が町の名産を作り出したいとの想いで

開発を進めている「滑川のっけうどん」のロゴ制作と毛筆を使ったデザインで

のぼり制作のご依頼でした。

 

出来上がったのぼりがコチラ

 

 

ついでに試食もしてきました~♫

 

ボリューム満点で、ピリッと旨味のある肉味噌と

その肉味噌をまろやかなコクのある卵黄が

うどんによく絡み、美味しく満足な逸品です。

是非みなさまも一度、「滑川のっけうどん」を

召し上がってみてください。

 

「滑川のっけうどん」がコチラ

 

ごめんちゃい。

アップにしすぎて商品のボリュームが

伝わりにくいかもしれません(^_^;)

 

 

最後に麦の香N様とツーショットを~。

 

本当にお忙しいなか

取材に応じていただき、ありがとうございました!

 

麦の香 店主 N様

 

麦の香さんはコチラ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

うどん・そば

パスタ&ピッツァ

麦の香

〒355-0801 

埼玉県比企郡 滑川町大字土塩554-1

0493-81-6762

 

 

 

PS

次回は、高坂ひまわり保育園 様の現場に突撃です。

 

PPS

RDRのホームページ更新しました!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「 金胡麻のマイルド担々麺 」でアンチエイジング!

 

先日から、ご紹介させて頂いていた「 金胡麻のマイルド担々麺 」のファンが急増していて、ご注文数が20%増加しております。

 

お客様の声を聞くところ、その多くは口コミのようです。大変ありがたい。

 

続いては、チラシをみた方が多かった様です。

現場で仕事をしていると「チラシみたよ~」とか、お声がけを頂いています。

 

そして、3つ目はのぼりでした。

 

店のグランドメニューの右上を指差して、「この担々麺のぼりのヤツ?」と、質問を受け「そうです!それですっ!」って応えると、「じゃぁ、それくださいっ!」みたいな感じのやり取りが何度かありました。

 

本日は、そんな「 金胡麻のマイルド担々麺 」の美味しい食べ方をご紹介しちゃいます。

 

 

まず、この「金胡麻のマイルド担々麺 」をオーダーしましょう。当たり前ですね(笑

 

すると間も無く、金胡麻が小さなすり鉢と共に運ばれてきます。

 

目の前に置かれた金胡麻の入ったすり鉢を左手で支え右手に擂粉木をかまえます。

(私、右利きです。(笑))

 

最初は、四方から上から下へとすり鉢のハダを滑らせるように軽く胡麻を潰します。

 

すると、「パチッ☆プチッ☆♪」

 

その時に聞こえてくる胡麻のはじける音がたまらなく好きです♪

 

程よく胡麻の香りが立ち昇ってくる頃、すり鉢のなかに円を描くように

擂粉木をまわし胡麻をすり込んでいきます。

 

ここで大事なのが胡麻をすり過ぎないことです。

 

好みの世界なので人それぞれだとは思いますが…

ここは私の好みで描きます(笑

 

 

胡麻はすり過ぎると油が出てきます。

すると美味しいところが、すり鉢にくっ付いて残念な気持ちになります(´Д` )

 

逆に今度はすりが足りないと胡麻の風味が半減してしまいます。

 

だから私はしっかり目に胡麻をすります。

もちろん、油が出てくる手前ですり終えますよ♪

この見極めが若干難しいかも知れません。

だけど、胡麻の表情を観察しながらすると、

胡麻にしっとりとした感じがみえてきます。

 

この瞬間が良いとこだと思う。私的にですが(笑

 

 

胡麻がすり終わり間も無くすると

 

くちの広めな黒い丼に胡麻と香辛料の心地良い香りとともに運ばれてきます。

 

テーブルに置かれた丼のなかに覗くクリーム色のスープからは湯気がゆらゆらと

胡麻の香りをのせて立ちのぼります。

 

 

 

黄白色のスープの真ん中に位置する赤い巾着玉(通称:辛玉)は紅釜のこだわりが詰まった巾着玉です。

 

ニンニクと生姜、そして、ネギとクルミのみじん切りを挽き肉と共にじっくり炒めて、紅釜特製の中華味噌を和えて出来上がる肉味噌。

 

胡麻油と香味野菜と一緒に3時間かけて焚き出した唐辛子ペースト。

 

隠し味に使うのは、地元酒蔵から自然の甘さを醸し出す酒粕。

 

肉味噌、唐辛子ペーストを合わせてつくる巾着が辛玉です。

 

この辛玉が金胡麻のマイルド担々麺のまろやかな辛さの立役者なのです。

 

 

 

そのすぐ脇には黒緋(くろあけ)色の醬のスパイシーな香りが食欲をそそります。花椒(山椒の同属種)の効いた本格麻辣醬にニンニクの焦がし油を紅釜の黄金比率でブレンドした特製担々醬。

 

この坦々醬がスパイシーにまろやかスープを引き締めます。

 

 

 

さてさて、大分、前フリが長くなりました(^◇^;)

 

ココから本番!

担々麺の美味しい食べ方です。

 

まず、はじめはクリーム色のスープをレンゲに一杯味わってみて。

 

ほらねっ。

 

クリーミーでまろやかな胡麻の風味とスープの旨味が口いっぱいに広がるでしょ♪

 

お次は、坦々醬と一緒にスープを味わってみて下さい。

 

花椒の香りで引き締まる担々麺特有のスパイシーな旨味が食欲を一層引き立てます。

 

ここでもう一度おすすめしたいのがクリーム色のスープに少量の辛玉をとかして味わってみてほしい。

まろやかな胡麻の風味と肉味噌の香ばしさが調和して口の中に広がります。

坦々醬との味の違いを愉しんでいただきます。

 

さぁ、ここまでくれば後は最初にすり下ろした胡麻を入れて、全体を馴染ませるだけ! 金胡麻をたっぷり使ったコク深な担々麺を味わって下さい。

 

〆のご飯も良く合いますが、スープを食べるラーメンとして開発しています。

是非、最後の一滴まで胡麻と肉味噌の風味とコクを味わって頂きたい逸品です。

 

 

大分長くなり過ぎましたので下記にまとめました(^◇^;)

 

参考にしてください。

 

 

①胡麻をする

②クリーム色の胡麻スープを味わう

③胡麻スープと坦々醬を合わせて味わう

④胡麻スープと肉味噌を合わせて味わい、その違いを愉しむ

⑤すった胡麻を入れ、全体をなじませ担々麺として味わう

⑥胡麻と肉味噌の旨味を最後の一滴まで愉しむ

 

以上

 

胡麻をたっぷり使った極上の逸品。

 

「 金胡麻のマイルド担々麺 」でアンチエイジング!

胡麻の希少成分セサミンで美味しく美容と健康増進!

 

是非お試しあれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年10月より本格的なRDRの活動が始まりました。

時が経つのもあっという間でもう1年が過ぎ去ろうとしています。(汗

 

仕事が重なり時間的な苦労もあったりしますが

おかげさまで、楽しく仕事をさせていただいております。感謝、感謝。

 

さて、そんなありがたいお仕事をさせていただいた

クライアント様の中から、現地調査のためにお店を訪問してきました♪

 

9月20日にお邪魔したのは

仕立屋 贄田様のお店です。

 

 

沢山の生地に囲まれ日々活動する贄田さんは

すっごくオシャレで、すっごくお茶目で、すっごくあったかい方です。

 

そんな、贄田様がつくるスーツはメッチャ格好良い!

私も勝負スーツをつくっていただいきました。超オススメです!

 

今度は普段使いのスーツも欲しいので頑張って仕事してます(笑

 

 

そんな、仕立屋 贄田様のホームページはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.sitateya.jp/

 

仕立屋 贄田様のお店のホームページのトップ画像に使様する

イラストとロゴタイプ&ロゴイメージの制作をさせていただきました。
 

そして、この取材にていただいた贄田様からの声はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://sites.google.com/a/responsedesignresearch.com/rdrresponsedesignresearch/o-ke-yangno

 

 突然の取材に気持ち良く対応してくださりありがとうございました。

 

今日も多くのお店に笑顔があふれます様に…

 

岸野昌史

 

 

PS

次回は麦の香 根岸様への訪問をお届けします。

 

~~多くのラーメン店、飲食店に笑顔が溢れますように~~

     飲食店経営の可能性を最大限に活かそう

     たかがラーメン屋、されどラーメン屋

     ラーメン屋だからこそ出来ることがある!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

 

なかなか日々の更新とまでたどり着けていない・・・

 

そんな怠け者ぶりが露呈しちゃってる岸野です。。。

 

そんな、自分に喝を入れるために!

このテーマをチョイス・・・

させて・・・

いただきました・・・(~_~;)

 

 

ちょっと、懐かしくもある少年時代の話

 

 

言っときますけど、ありましたよっ!

私にだってカワイイ少年時代がっ!

今は、「ちょいワル熊さん」みたいなツラしてますけど・・・

 

 

そんな、ことはどうでも良いです(笑

 

 

そう!

 

私が小学4年生ぐらいだったと思う。

 

その頃、母親からよく聞かされた言葉がある。

 

それは、「願えば叶う」という言葉。

 

 

母がどこからこの言葉を仕入れたかは知りません。

聞く気も今のところありません。

 

 

でも、なんだか「願えば叶う」という言葉が

私の中から消えることがありません。

 

 

だから、時々考えてしまうのです。

 

 

どう考えても、

 

願い・念ずれば・事が成就する

 

が、腑に落ちないのです。

 

願い・念ずるだけで成就するものなら

世の中苦労するこたぁひとつもないのです。

 

 

でもね、そんなことあるわけないでしょ。

 

 

みんな、何かしら苦労を重ね今を生きてます。

苦労と努力を重ねたからこそ、輝かしい未来という

結果を手にしているのです。

 

何か新しく結果を出そうと考えたら

その苦労と努力が必要なんです。

 

 

っで、「願えば叶う」に戻りますけど(汗

 

 

上記を振り返りながら

「願えば叶う」という言葉を理解するならば

 

願う結果があれば

その結果に向けて努力することができる

 

その努力を重ね続けることができれば

願った結果にたどり着くことができる

 

だから、叶うのです。

 

と、そんな意味合いの言葉なのだと理解できます。

 

願う結果がわかれば

その結果に向けて、

やらねばならない行動がみえて

努力することができる様になります。

 

その努力を重ね続けるために

覚悟を決めて行動することができます。

 

願った結果にたどり着くために

必死に行動できる様になります。

 

行動を起こせば結果が変わる

結果が変われば未来が変わる

 

行動こそ未来を開くチカラの源なのです。

 

 

あなたを信じてあげられるのはあなただけです。

 

自分の願う道をチカラ強く歩んでいけるのはあなただけです。

 

その道を迷うことなく

突き進む行動を起こせるのはあなただけす。

 

行動こそチカラです。

 

あなたの願うその道を信じチカラ強く歩んでいきましょう。

 

 

今日も飲食店に多くの笑顔があふれます様に…

 

 

岸野昌史

 

~~多くのラーメン店、飲食店に笑顔が溢れますように~~

飲食店経営の可能性を最大限に活かそう

たかがラーメン屋、されどラーメン屋...

ラーメン屋だからこそ出来ることがある!

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウゥ〜ん…

 

すげぇ〜肩こりひどい…

 

夏の疲れがなかなか抜けないなぁ…

 

おっと、失礼。

 

もう、カメラが回っていたんですね(笑

 

気を取り直してはじめましょう♪

 

 

さてさて、1日ってみなさん誰でも同じように

 

24時間あるって、、、ご存知でしょうか?

 

まぁ、知らない方のほうが希少ですかね…(^_^;)

 

 

そんな訳で、時間は有限、世は無常な考え方についてのコメント。

 

 

一度、過ぎ去った時間というものは

 

いくらお金を積んでも取り戻すことができない有限のものです。

 

そして、非常なまでに過ぎ去っても行くものでもあります。

 

今、現在。

 

自分の人生に満足されていうる方は

 

この先を読み進める必要はないかと思います。

 

 

私は今、この瞬間、

 

ブログを書く!っという時間を未来の自分への投資として

 

時間を割いて綴っています。

 

 

その活動の理由としてあげられるのは

 

言葉を扱うことに長けた人生にしたいから

 

 

その理由についてはまた別のブログで書きますね。

 

話を戻します。

 

 

時は刻一刻と無常に過ぎていきます。

 

 

訳のわからん奴からの長いTELだったり…

 

スマホでFBを見ている時間も度を越してしまったり…

 

ゲームの進行に意識をすべて持ってかれたり…

 

これらをやってはイケナイっっていう訳ではないのですが

 

 

自分の貴重な時間を浪費してしまっているケースが

 

往々にしてあるのです。

 

その浪費してしまった時間は決して戻ってくることはない

 

 

その時間が心のリフレッシュになっているならばマシですが(笑

 

 

しかし、今の自分をちょっと変えたいなと思うならば

 

1日30分の時間を新しい自分のために投資しする必要がありありです。

 

 

この30分を意識して活動をはじめると見えてくることがります。

 

どのようなことが見えるかと申しますと

 

その30分を捻出するのに対しての

障害がいかに多いかということです。

 

 

✔️自分の意志の弱さからまた後にするか…とか

 

✔️天気の塩梅で今日はやめとこう…とか

 

✔️やめとけ、やめとけって外野の声があったり…とか

 

✔️セールスの電話をつながれたり…とか

 

✔️誰かの愚痴を長々と聞かされり…とか

 

 

そんなこんなで、自分の行く手や、やりたいことを阻まれます。

 

そんな時に、何を基準に取捨するべきか…

 

 

3年後のカッコイイ自分をイメージして

 

どんな風でいられたら、そのカッコイイ自分になっているのか

 

 

そこに向かうために必要な時間を過ごすべきで

 

自分のために、投資する時間にして良いのです。

 

 

しかし、人は日常の雑務に追われているあまり

 

自分のためだけの時間を過ごすことに慣れていません

 

誰かといた方が気がまぎれるし、楽しいし…

 

 

しかし、本来なら自分の成長のために

 

もっと、もっと時間を使うべきです。
 

特に、これから何かを変えていきたいと思っているならば。

 

 

日常の雑務は後に回して、まずは自分の成長のための時間を過ごし

 

そのあとに日常の雑務をこなしましょう。

 

1日に使える体力と集中力は有限です。

 

日常の雑務に疲れてしまったら、

新しいことを取り入れていく体力は残りません。

 

時と世は無常に移り過ぎ去っていきます。

 

世の中の情勢も刻一刻と変化をしていきます。

 

 

時には辛いこともあるかもしれません。

 

しかし、世は無常です。

 

ずーっと、続く訳ではありません。

 

この上なく調子の良い時もあるもしれません。

 

しかし、世は無常です。

 

ずーっと、続いてくれる訳ではありません。

 

 

だから、常に自分を成長させ

 

自分が変わっていく

 

そのような努力が必要なのです。

 

 

1日24時間。

 

誰にでも平等にある時間です。

 

充実した時間を過ごすのも

 

ただ、なんとなく時間を過ごすのも

 

己の覚悟の決め方次第です。

 

 

24時間しかない貴重な日々を

 

有意義に、未来の自分のために使い

 

より良い未来を拓いていきましょう。

 

 

今日も飲食店に多くの笑顔があふれます様に…

 

岸野昌史

 

 

~~多くのラーメン店、飲食店に笑顔が溢れますように~~

 

     飲食店経営の可能性を最大限に活かそう

     たかがラーメン屋、されどラーメン屋

 

     ラーメン屋だからこそ出来ることがある!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)