このたびヤーマンズでは


ブログを引越ししてみました。


http://beng-teng.jugem.jp/


今後ともよろしくごあいこください

AD

ヤーマンズからのお知らせです。


八月は色々何かと祭り三昧。


現在開催中、

杉本たまえさん写真展「それでも生きる」は13日まで。


12日には先述の


『ヤーマンズ納涼祭2006』。


15日には前橋花火大会。

を横目に『地球のうた』へ『サヨコオトナラ』に会いに行く為夕方前までの営業となります。


16日には

『千代田三丁目こども納涼祭』


その後ヤーマンズは23日まで夏季休業を頂きまして、


24日から「ネフェル」さんの個展とともに通常営業(在弁)致します。

詳細は後日。


よろしくどおぞ



AD

この度、再びヤーマンズギャラリーに杉本たまえさん登場です。

杉本さんは5月以来の登場で、

先日のサバイバルアート のフライヤーのモデルの方でも在ります。

どれもお見通しな方もそうでない方知らぬ方も是非一見どおぞ。

必見です!!↓↓



「きえてゆく少女のおもかげ」


杉本たまえ個展


7月15日〔日〕~7月31日〔月〕 @ヤーマンズギャラリー





眠れない夜、突然作りたくなり、一晩で仕上げた。


子供のころの一番お気に入りの写真を一枚大切に持っている。


その写真を数枚コピーし、

油絵具シルバーホワイトで一枚ずつ消してゆくように塗りつぶした。


最後は真っ白になり見えなくなった。


子供から少女そして女、純粋な女の子のおもかげはきえてゆく。


そして今、


なぜか心の中に新たな自分(少年)がいるように思う。


傷だらけの少年がいる。



サイズ/ポストカード 9枚
材料/ケント紙・油絵具シルバーホワイト
制作日/2006・6・22

AD

本日付の上毛新聞にも掲載され話題沸騰絶賛公開中!!


岡田達郎個展 


「Marrige ~結婚についての展覧会~」


は、おかげ様で多くの人に来ていただき嬉しい限りです。



近頃は、個展のテーマでもってその人の記憶や思い出話を頂く事が多く、

先日は娘が結婚するので買い物に来たというご婦人に感慨深くお話いただいたり、

今日は今日で、恋愛が無いと生きていけないよ。と体験談でもって語ってもらったりします。


皆が皆、それぞれの個性・結婚観をもっている中で互いに補完しあい、

不安定ながらもバランスを取り合う関係。


なんだかウラヤマシイなぁ、ウマヤラシイぞ。


まったくその兆しの無い僕なんかは遠くをミツメルバカリです。


まぁ割れ鍋に綴じ蓋といいますから、そのうち何とかなるだろう。。


と今日を笑って過ごしています。



明日はヤーマン定休日。

シネマテークで公開中!!待ちに待った「ホテル・ルワンダ」観にイコかしら。

「ロングシーズンレヴュー」も観ちゃおうか??

「スロータイム」 も初上陸予定。

と独り息揚々で明日も笑って過ごします。


暇を持て余してどうしようもない方やボランタリー精神溢れる方はご一緒どおぞ。


介護スタッフ募集中です。

火曜日。


群馬的情報誌のムック本?の取材を受けました。


群馬のカフェ本だそうでいつにも増してドギマギしながら、

カフェの人間とは思えない超ラフな半袖短パンで応対してしまいました。


開口一番、


「今まで見てきた中で、一番素人くさい店ですねー」


そうなんです、まるで完成されてない発展途上の徐々カフェなんです。

な具合に取材のゴングは鳴りました。


ではお勧めメニューを。と

カレーと水出しコーヒーの撮影会。


試食されながら話は雑談に移ります。


開店に至るこれまでの推移を説明し、


話の中に出てきたキーワード、

エコロジー・オーガニック・フェアトレード・現代美術。


それらをどのように捕らえているのか?

と問われ、一問一答それぞれ自分なりの解釈を説明します。


すると、

オーガニックなんて厳密な意味では既に不可能で、

フェアトレードはオコガマシイ、

エコロジーなんてアアダコウダ。

それらを声に出すのは素人考えだゾ!

現代美術は誰を幸せにするんだ!?


と話は飛躍に飛躍を重ね、

取材とはまるで関係ない楽しい話に昇華して熱を帯び始めます。


結果2時間近い押し合いヘシアイ話し合いを経て

仕舞には握手で締めた次第です。


記者の方、長々お付き合い頂き、ありがとうございました。



という事で、もし掲載される事になった場合

改めて皆様には告知させていただきます。


よろしくどおぞ

7月1日はいかがお過ごし予定ですか?

知りうる限り随分イベント満載加減の夏直行便ですね。

そんな中、ヤーマンズでは以下の講演会を催します。


ヤーマンズでは12月のNIPAF代表霜田誠二さん以来の講演会となります。

今年はヨゼフボイス没後20周年という事で、

日本を代表するボイス研究家の松本夏樹さんをお招きし、


お話いただくことになりました。


ボイスを知る人知らぬ人、同じ人なら聴かねば損損


「場所、群馬」主催 美術講演会

松本夏樹 「ヨーゼフ・ボイスについて」

7月1日 18:30~ @YA-MAN’S


日本でボイスとキリスト教の関係について語れる人はこの人しかいない。

松本氏のシュタイナー論、ボイス論を聞かなくては始まらない。

ぜひ聞くべし!

(白川昌生より)

松本 夏樹 (まつもと なつき)
武蔵野美術大学・大阪芸術大学 非常勤講師
精神史 & 映像史研究家
◆プロフィール ◆  ( log Osaka web magazineより引用)
             →
http://www.log-osaka.jp/people/vol.68/ppl_vol68.html
錬金術哲学の図像表現研究の過程から、
そのイメージ顕現の場としての錬金術実験の再現や、
ヨーゼフ・ボイスの芸術に見られるマテリアル操作に注目している。
また、同様の精神史的延長上に映像の出現を捉え、
映像前史のオブジェである幻燈とその図像スライド、
初期映画機器とそのフィルムの収集と研究を行い、
「カイロプティック商会」の名で再現上映と展示を行っている。
  幻燈機をはじめ、上記の玩具映写機、パテ・ベビー( 9.5mmの映写機)などの他、
種板やフィルムのコレクションも数多く、
2002年にオープンした大阪芸術大学博物館に寄贈したほど。
また昭和初期に街角で上映されていた活動写真の露店を再現し、
ブリキの手廻し映写機でおもちゃ映画を再上映するなどの活動も行っている。
◆著・訳書 ◆ 
  ・ 「神秘主義」せりか書房 1988年刊 
  ・ 「錬金術図像大全」平凡社1993年刊 等
★「カイロプティック商会」とは・・・
カイロプティック商会とは、
ギリシャ語のカイロ(手)とオプティック(光学装置)を合わせた造語である。
身体性に直結した映像操作の領域を探求する意図を持つ。
1997年より、代表である松本夏樹(大阪芸術大学・武蔵野美術大学非常勤講師)が
所蔵の幻燈・映写機・フィルムを用いて、各地で上映・展示・レクチャーを行う。
2004年より、活動弁士・小崎泰嗣が参加。
以降、子供からお年寄りまで、より幅広い層に伝わる活動写真を目指し、
日々の活動の場を広げている。
●場所・ご予約・お問合せ   

※ご参加の際には、事前にご予約願います。
cafe & gallery Ya-man's   
〒371-0022 群馬県前橋市千代田町3-9-2 弁天通り内
TEL : 070-5459-0364   担当:山本
URL:http://basho-gunma.com/ya-man%27s/gallery.html
●参加料   1人様 1,000円 
その後お食事会もございます。(料金別途)
お誘い合わせの上!!
是非。
そして夜にはスペースサファリへいけるのか?

明朝4時からヤーマンズでは寝ぼけ眼も難の園。


強気な有志が集って

サッカー日本代表ヴァーザスセレソンブラジレーラ戦の観戦大会を催す事になりました。


今回のワールドカップはあまり見ることも出来ず、

新聞やネットでの結果報告のみでの観戦がホトンドでした。


何事も結果だけじゃあツマラナイから

ちゃんと経過に目をムケヨウ!!


と寝るのか?寝ずに待つのか?


思案中です。


その頃にはデロデロかも知れませんし、そうじゃないかも知れません。


われこそは!!という強気な猛者はどうぞ弁天通へイラッサい!!!!!




結婚!?

ヤーマンズギャラリーでは

今週末土曜日24日より、岡田達郎さん個展


『marriage ~結婚についての展覧会~』 


を開催します。



結婚なんてすこぶる他人事でまるで対岸の火事ナ有様の我が事情ナ訳ですが、

近頃の友人が結婚してゆく事態を見る中で、

指折り指を数えてみては自分の重ねた年月を重ね重ねて思いを馳せてみたりします。


まぁ年じゃないからね!と。



Chair of marriage

「椅子に座る・腰を下ろす」

 大抵のひとは安心や安らぎといった「静」を求めるでしょう。
  結婚というものを椅子の機能になぞらえてみたのが今回の作品です。

不安定な椅子に座ることは足下がおぼつかずそれ相応の不安感を覚えるでしょう。

二人のバランスで椅子に座る、お互いの体の重さを感じながら。 (岡田達郎)



結婚している人もそうでない人も

様々思いを馳せてみませんか?

無垢の光景

青木暢 「無垢の光景」

AOKI TORU Photograph Exihibition


2006 5/21(SUN) - 6/4(SUN)


12:00am - 21:00pm (最終日は~5:00)

※水曜(24日、31日)休み



写真といえば大体が何かを写したものです。

僕の写真も同じく何かを写したものに違いありません。

しかし、

可笑しな事に、カメラはそれが何を写したものなのかなんてお構い無しに写します。

カメラは光としか関係を持たないのです。

それがどんなもので、

どれだけ美しいとか権威があるとか、

事実であるとか嘘だとか、

そういうのとは無関係に仕事をこなす素晴らしい機械です。

被写体を一度どんな意味づけもない

「無垢の光景」

に解体できたらいいなと、写真に関わっています。



詳細は↓

http://basho-gunma.com/ya-man%27s.html