新春弁天模様

テーマ:
怒涛の如くにアット言う間に過ぎ去った参賀日。
一昨日は男祭り。

昨日は弁天ワッセ。

あわせて、
ニパフ前橋実行委員会全体会議。

開催まで二ヶ月を切り、
急ピッチで様々な段取りが組み立てられ、

実行に移されて参ります。

そして夕方からは、

御近所アーティスト

杜虫然(もりちゅうぜん)氏が大漁の手土産焼きそば持参で来店下さり、

店は、にわかに往時の前橋話にはじまり、
師の数奇な人生遍歴、
多彩な人間関係、
そして話は
霊師である奥さんに降霊した空海や自身を蝕んだ癌細胞との対話などに及び、
他の人からは訊けることはまず無いであろう稀有で貴重な話題満載でありました。

夜になっても話は尽きずお迎えも来たので場所を師のお店、「ふくろう」に移しお酒
も交えて宴は深夜にまで及びました。

前橋弁天通りにお越しの際は是非焼き麺屋ふくろうへ。

二階ギャラリの精巧な彫り物や細密画は一見の価値アリです。

杜華然さんのワンポイント霊視もございます。
AD

コメント(1)