寂びれた前橋街中の楽しみ方

テーマ:

ニパフin前橋が終わり、


一応のひと段落を迎えた昨日昨夜、


ヤーマンズにて参加アーティストと弁天組スタッフによる


前橋打ち上げが催されました。


会場では映像を見ながら、


当事者による解説に聞き入りながら


酩酊しつつ余韻に酔い痴れました。


やはり


何の予備知識も無く突然映像を観るのと


現場の雰囲気を味わった上で


ビデオをみるのではまるで違います。


個人的には


殆ど知り合いなのも加味しているのは否めませんが


県内アーティストの活躍が印象的でした。


群馬にいるのが更に楽しくなりました。



次は前橋恒例アートコンペライブ。


友人数名が一次審査を通過してるのもあいまって、


これもまた楽しみです。


公開展示は11日からヤーマンズギャラリーにてもございます。


以下概要

---------------------- ---------

伊東順二さん/明和電機土佐信道さん/サエキけんぞうさんを交えてのトークイベントです。
楽しい夜になること請け合い!!

Art Community Forum夜楽塾

多様なアートの時代

私たちが影響を受けたこと・もの・ひと...

日 時∥2006年3月4日(土) 
    5:00pm―7:00pm(開場4:30pm)

会 場∥大蓮寺本堂(前橋市千代田町3-3-24弁天通りアーケード内)

参加費∥500円(お茶とお菓子つき/定員100名・申し込み順)

参加ご希望の方は下記事務局宛電話、Eメールでお申し込みください。



------------------------


前橋アート・コンペ・ライブ2006公開審査


日 時∥2006年3月5日(日)

会 場∥国際交流広場(前橋市千代田町2-8-15中央通    アーケード内)

審査員∥伊東順二(美術評論家/富山大学芸術文化学部教授/長崎県立美術館館長)
    明和電気・土佐信道(アーティスト)
    サエキけんぞう(ミュージシャン/作詞家/プロデューサー)


-----------------------


前橋アート・コンペ・ライブ公開展示


日 時∥2006年3月11日(土)―3月26日(日) 
    11:00am―7:00pm

会 場∥にぎわいステーション
    (前橋市千代田町2-8-15中央通アーケード内・旧麻屋デパート1階)

    Ya-man's
    (前橋市千代田町3-9-2弁天通アーケード内・旧甘太郎焼き弁天通店)

-----------------------


問合せ・申込み∥前橋文化デザイン会議実行委員会事務局(前橋市役所政策部文化政策課内)

℡、027-890-6522(平日9:00-17:00)

E-mail:bunka@city.nmaebashi.gunma.jp

主催∥前橋市/前橋芸術週間実行委員会/前橋文化デザイン会議実行委員会

協力∥tamamurART 前橋中心商店街協同組合/前橋中心市街地まちづくりネットワーク

AD

素晴らしい日々

テーマ:
日記をツケルと声高に宣言し、
迎えた先週末とニパフ御一行様。

有言不実行甚だしい記帳作業とは裏腹に、

ニパフと伴に過ごし、
アット云う間に過ぎ去ったこの数日は、

多多問題があったにせよ、
お陰さまスムースに流れた本公演も去ることながら、

ニパフ開催決定からのこの2ヶ月間、

毎日毎晩顔を会わせ、

この日の為に寝る間を惜しんで共に頑張った大切な友人達や、

今回を期に新たに知り合えた仲間達と、

互いの健闘を称え合い、
夜明け過ぎまで泣き笑い叫んだあの瞬間がきっと無二の価値。

撤収も粗方終えた夕方過ぎ、

みんなでこそこそ集まって

我等が弁天組の弁財天女・キヨちゃんの誕生祝ゲリラパフォーマンスで盛り上がった


二月は三人の誕生日含め、
イベント三昧に過ごせた濃厚な日々だった。

プレゼント交換同様、

みんなの想いが巡り、

様々が循環し始めていることを実感している。

そして充実感というものは

立ち止まりふと後ろを振り返った時に感じるものなのだろう。
と久々に独りになり想う。

とはいえ、

未だその先は続くし

始まったばかり、

先はえらく永くココロザシもナカバ。

立ち止まる訳にもいかないので、

明日には眼を醒まそうか。
AD

マイネ クライネ カンプ

テーマ:
当たり前の事ながら、

毎日は刻一刻と流れ逝き、
日々の虚ろいは常に表情を変え、
その変化は生活に気持に彩りを与える。

ブログをさぼった数日間、

当然色々はなしのネタは尽きることなく降っては沸き、

弁天通りバレンタイン新年会のヒトコマに始まり、
地元ローカルテレビ出演
巨大な鉄車輪御来店など
本当に様々在ったのだけれど

下記記しておかないと、

僕の頭は黒板みたいなものだから、

書いて消し書いて消ししているうちに

瞬く間に記憶は散らかった引き出しの奥底に沈んでいってしまう。

昨日のことが思い出せないのは
機能障害甚だしい気もするけれど、

我が生活に絞まりを付け進捗を捉えるためにも

チェック機能を強化しよう。

日記をつけよ

記憶せよ

考えよ

行動せよ



頼む是自分!
AD

ヤーマンズ・インフォメシオン

テーマ:

昨日より、


前橋弁天通り・ヤーマンズ(ギャラリー)に於いて


ニパフ出演予定の御近所アーティスト


広瀬川沿いギャラリーGOUCHEの


『渡辺将弘さん』


作品を展示してございます。


弁天お馴染み墨絵から


楽しい指向様々織り交ぜて


皆様のご来店お待ち致しております。



前橋新生にズームイン!

テーマ:

開催までちょうど1週間!!! チケット好発売中


この機会に是非!


<第13回日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル>

ニパフ06 in前橋


~根源の力、表現の力。 ニパフ06!~


◆日 程 ∥
2006年 2月 20日・21日・22日  
18:00~21:00

◆会 場 ∥
「前橋文化研究所」
 (前橋市本町2-18-8、JR前橋駅2分)
アクセスマップ↓
http://basho-gunma.com/nipaf/nipaf-accessmap.pdf


◆入場料 ∥
学生前売:2,200円(当日+300円)
一般前売:2,500円(当日+300円)
高校生:2,000円(当日のみ)
一般3日券:7,000円

チケットの配送も承ります
(別途手数料が掛かります、ご了承下さい)


◆お問合わせ∥
Ya-man's
(前橋市千代田町3-9-2弁天通り内)

070-5459-0364(山本)
 
◆付帯イベント ∥

20日公演終了後:交流会トークセッション@大蓮寺

期間中連日13:00~:街頭パフォーマンス@弁天通り・中央通り各所にて行います。


◆出演アーティスト∥

◇2月20日(月)
群馬県内アーティスト
・白川 昌生  
・加藤 アキラ
・小鮒 正博  
・ねこひ  
・茂木 康一  

国内アーティスト
・霜田 誠二
・黒田 オサム
・福島 佳奈
・仲谷 実花

海外アーティスト
・ブライアン・パターソン
・ウトー・グスタフ
・サンウー
・マキ・カリルン


◇2月21日(火)
群馬県内アーティスト
・山賀 ざくろ
・内山 浩幸
・岡田 達郎
・柳 健司  
・高橋 綾   

国内アーティスト
・藤原 直樹
・田中 はるひ
・池田 衣絵
・奥村 あずさ

海外アーティスト
・イーサンジン
・リン・ルー
・ワタン・ウマ
・モニカ・ガルシア
・アーロン・ウィリアムソン  


◇2月22日(水)
群馬県内アーティスト
・木暮 伸也
・広瀬犬山猫
・和~yori~
・小倉 良博
・村田 峰紀
・渡邉 将弘

国内アーティスト
・丸山 真
・常世田 琢
・八鳥 綾乃

海外アーティスト
・マリアナ・ピカルト
・マルゴシア・バタウック
・ング・フォンチャオ

*出演者は毎日異なります。各10~20分の作品。途中入場可。



◆主 催; NIPAF前橋実行委員会

◆後 援: 前橋文化服装専門学校/群馬県/前橋市/前橋中央商店街協同組合/前橋商工会議所
        中央カレッジグループ/前橋市国際交流協会/株式会社マエダスタジオ/群馬テレビ
       上毛新聞社/FMぐんま/朝日ぐんま/群馬よみうり/BlingBling /厩橋弁天村/大谷バラ園


詳細は以下のURLをご参照下さい。↓

場所、群馬 公式サイト
http://basho-gunma.com/nipaf.html

ニパフ前橋MIXI内コミュニティ↓
http://mixi.jp/view_community.pl?id=494927

場所、群馬

テーマ:
本日付の朝日新聞折り込みの朝日ぐんまにおいて、

再来週開催予定のNIPAF(日本国際パフォーマンスアートフェスティバル)が取り
あげられている筈です。

今後各メディア媒体に取りあげて頂く予定です!
次は十五日早朝、

群馬テレビに出演予定。
開催まであと十日。

キバって参りますので、
是非!貴方の清き一票(チケット)を!

県外の方も、

前橋はひと味双味も違いますので、

ニパフ三昧で東京公演を堪能した余韻そのままに来て頂けると

更に楽しいこと請けあい!

皆様の御来場、心よりお待ち申し上げております。

わたし人間になります

テーマ:
近頃お客さんが来ないことを良いことに一人進めた自己改装政策の結果、

一見散らかった我が屋と生活は次第に次の表情と成果を魅せ始め、

アセンション!

と独り呟きます。

先日友人に貰った洗濯機で着回した服服を水に浸け、
店舗2層目の扉が入り、
床をモルタルで塗り直します。

お陰さま、

アブレタ産廃や荷物、
何故かあるダンプラ共が軒先土間を占拠しておりまして、

片付いたなど戯言の様ですが

臭いものには蓋をして、
自室だけは治外法圏。

明日以降、

根絶作業に入ります。

それが片付いた暁には

それはきっと素敵なパラダイス。

本日夕方にはコタツが入荷予定でありまして

頭の中で文明開花の音が鳴り響き木霊した

人間前夜の慌ただしいヒトトキです。 

「ホテル・ルワンダ」上映に思う情動

テーマ:
「ホテル・ルワンダ」という映画を御存じだろうか?

ルワンダ大虐殺をテーマとし、

アカデミー賞にノミネートされるなど話題を集めた映画である。

この度日本での公開が決まったこの映画、

実は日本公開が危ぶまれていたという。


この公開が決まった背景には、

ある26歳の青年の行動が在ったのだと、

先日ひさしぶりに会った同い年の友人の熱弁を通じて知った。

その青年はMIXI上で上映を訴え、

オフ会を重ね署名を集め、

輪を拡げ世論を動かし、
上映に漕ぎ付けた。

僕達は何も出来ない無力な存在ではない!

語ってくれた友人は熱く語り、

そうした情報を周知し感化したい!とフリーペーパー作成の企みを披露してくれた。


実はホテル・ルワンダ上映活動を先導したその青年、

水木雄太さんとは以前、上野の映画館で一緒に働いた仲である。

それは3年前、

大学を卒業した年で

僕は国際青年環境NGO・アシードジャパンのごみゼロナビゲーション活動に関わっ
ており、

映画館の忙繁期である夏休み期間中、

出席出勤したのは3・4日という案配に動きまくって過ごした

上野東宝宝塚劇場最期の夏であった。

当時、彼は社員、僕はバイトの関係で、

僕のヤリタイ放題の横暴に苦言を呈しながらも、
共感して理解を示して貰い自由にさせて貰っていた。

あれから三年の歳月が過ぎ、

思わず彼の名を聞いて耳を疑い、

検索した結果、

彼の現在と再会した。

そして友人のフリーペーパー企画に共感し参画する流れだという。

それを知って僕は凄く興奮してドキドキしている。

くしくも同じ時期に全く違う流れで付き合っていた同年代の友人達が今、連携しよう
としている。
ムチャ楽しい!

そして前橋弁天通りでも26歳は今が今からが旬!

知るだけで3人はいる。
そら嬉しい!

サッカーでいうところのゴールデンエイジに当たる我等が世代。

それぞれの持ち場を築きながら、

輝かしい未来を創るべく動きだしている。


思わず嬉しいニュースを聞き付けて、

自分ももっと頑張ろうと思う。

そして、

その上で、

そんな素敵な人間達と切磋琢磨連携し、

楽しい未来を築いていけたらと想う。


そんな感慨を胸に迎える今日この日から

まずは楽しく愉快にしてしまおうか!

衰退した街の進化論

テーマ:
の恒例縁日弁天ワッセでは

少なからずの知人・友人・変人?ヘベレケまで、ご来店いただき、

それにしても、

良くも悪くも灰汁の強い人間が集まって下さる現状は嬉しい限り。

人ガ集まれば、皆が皆オノズト前橋街中に対する想いと今後思案する展開を語らい、

それによる妄想と具体的な連携を図って行く動きを創り出して行こうとする様を

垣間見ることができるのは何より楽しい一時です。

街中を変えるには、

街に住む当事者の人間が声を上げ、

音頭を取らないと、

納得させたり、動きにくい側面があります。

外からものを言うと大抵

「JAH,お前がヤレ」

と言われてしまう。

思うに街中が衰退したのは仕方ないと思う。

不便で、買い物が郊外へ飛び出すこともある。

でも、素敵な仲間たちがいるから弁天通は楽しくて仕方ない。

知らない人は皆、弁天通は死んだという。

知ってる人は弁天が生き返ったと言う。

僕はただ楽しいと思う。

企みを企み、行動に移そうとする素敵な人間が個々に集まり、

それが出会いや会話を通して

進化展開し化学変化して次の企みに繋がれば更に楽しい。

実際動き始めているし、更なる展開がひたすらに密かに楽しみ。

あすなろサンシャイン

テーマ:
  

四半世紀と一年一日を経過したこの日、


我が元旦二日目。


昼前に滞っていた仕入れを仕上げ、灯油を買い、


久しぶりに行く自然食品屋で新年のご挨拶。


思わず予想通りか大量に仕入れ、待望のマテ茶を衝動買い。


新作怪奇ランチBSEサンド(ベーコン・ほうれん草・卵)の可能性も探ってみることにする。


その後、小林さんに付き添い、残り僅かな前橋赤レンガ倉庫の保存を訴えに


前橋市長・市議会議長に陳情作戦。


遅れて開店しその後は御客が来ない事を良い事に


滞りにトドコウラせてしまったNIPAF諸事情に解凍作業を施す。


はてさて後手後手に成りつつある事務局的作業と自身の半生を鑑み、考えるまでも無く反省。


口先が先行し期待感を買ってはみても行動が伴わないと要らぬ反感を買うこと必死。


言わなきゃ良いけど、


癪だし、これまで責任感の感じないポジション取りとシチュエイシォンに終始したこれまでの半生を踏まえ、


自分に課題とプレッシャーを課す為にも重圧を楽しく苦しみたい!



が、が、現状それを乗りコナセヌ現況で皆々に迷惑と困惑を振りまいてしまう我が醜態にヘキヘキ焦心。


そこで打開策として、


誕生祝にフリッツで買った待望の高級手帳に諸々書き連ね自己課題整理をこころみてみて


幼少時代から苦手中の苦手科目、ノートに文字として記す作業を試みている。


すると今度は何故か?それが効果か?課題が明確になった気がして単純なる思考回路が


色めきだし回転しだす感覚を確認したりする。


先述の通りの二の次参の次後手後手が恒例化した我が思考回路に、


一筋の光明が射した気がした。


それを勘違いに終わらせぬ行動をこれから示そう!!


最近寝る暇を惜しみだしてしまっていたからね。


最近同じ事を繰り返し綴ってきたからね。


行動と進捗の遅い自分は他人と同じ時間の使い方が出来かねるから、


自分のスピードを上げるは言うに及ばず、寝る暇を惜しんではナラナイダロウと自戒して


明日には成ろう、がんばろう、 頑張れ自分と、徐々に次第に意気も陽陽、次回に期待。


そんな今日3日は恒例弁天ワッセ。


早速楽しんで参りましょうか!!