気まぐれ厨房「親父亭」

ブログの説明を入力します。


テーマ:

男の料理レシピ「きざみうどん親父亭風」

     「きつねうどん」と「きざみうどん」の中間型

     刻んだ油揚げをしっとりさせました

   

「きざみうどん」は関西のメニューで、東京や九州ではほとんどお目にかかりません。

甘辛く煮込んだお揚げと違って、湯通しして刻んだだけのあっさりした「きざみ=油揚げ」が特徴です。

親父亭では、刻んだ油揚げを上品にうっすら味付けしてしっとりさせてトッピングしてみました。

<材料 2人分>

うどん玉 2玉、油揚げ 1/2枚、竹輪 1本、蒲鉾 少々、青ネギ 適量

うどんスープ 2杯分 ※気まぐれ厨房「親父亭」142~うどん(関西風)を参照

水 50cc、砂糖 小さじ1、 酒 小さじ1、 白だし 小さじ1

<作り方>

小鍋に水、砂糖、酒、白だしを煮立てて、油揚げを入れてに含ませる。

   

竹輪、蒲鉾、青ネギは適当な大きさに切っておく。

たっぷりのお湯でうどんを茹でる・・・やや柔らかめに茹でたほうが関西風らしくなります。

   

温めた器に湯切りをしたうどんを入れ、きざみ(揚げ)、竹輪、蒲鉾、ネギをトッピングしてスープをかけたら出来上がり。

七味をかけていただきます。

   

 

 

 

 


テーマ:

男の料理レシピ「ふわふわお好み焼き」

     おからを使うことで小麦粉を減らし、糖質を少なくできます。

     ソフトな食感で、ヘルシーながらもボリウムもあります。

   

<材料 2人分>

おから 100g、長芋 100g、豚肉 80g、卵 2個、刻みキャベツ 3カップ、干しエビ 1/2カップ、刻みネギ 適量

小麦粉 大さじ4、水 150cc、顆粒だし 小さじ1、酒 大さじ1、白だし 大さじ2、サラダ油 適量

お好みのソース、マヨネーズ、青のり等

<作り方>

ボウルにおからを入れ、長芋を洗って皮のままおろして加えます。

それに小麦粉、水、顆粒だし、酒、白だしを加えて軽く混ぜ、さらに刻みキャベツと干しエビを混ぜ込んで生地を作ります。

   

1人分ずつ作っていきます。

熱したフライパンに油をひき、半分の生地を載せて広げます。火はやや弱めで。

そこに豚肉を広げて載せ、真ん中に卵を載せて黄身をつぶし、刻みネギをかぶせます。

おからも長芋もさほど火を通す必要がないので、程よい頃合をみてひっくり返します。

小麦粉の量が少なくて崩れやすく、フライ返し等を二つ使って上手に返しましょう。

豚肉のある面は時間をかけて、じっくり焼きます。

   

器に盛って、お好みのソースやマヨネーズなどを塗っていただきます。

おからと長芋のふわふわ食感がたまりません。

 

 

 

 


テーマ:

男の料理レシピ「フキとハチク(淡竹)の炒り煮」

     初夏を味わう二つの食材

     調理の工夫で滋味豊かに

   

<材料>

フキ 200g程度、ハチク 5~6本、油揚げ 1枚、ニンジン1/4本、いりこ 適量

ごま油 大さじ1、砂糖 大さじ2、酒 大さじ2、醤油 大さじ2、みりん 大さじ1、塩 少々、水 適量

<作り方>

フキは茹でずに皮をむき、30分ほど水に浸しておく。

※茹でて皮をむくと風味が落ちますので、母に教わったこのやり方がオススメ。

ハチクは皮をむいて真水で落し蓋をして20分ほど茹で、冷ます。

それを斜め薄切りにしておく。

   

   

油揚げは湯通しして短冊に切り、ニンジンも短冊に切っておく。

フライパンか平たい鍋にごま油を入れて熱し、フキとハチクを炒める。

ニンジンと油揚げを加えてさらに炒め、砂糖、酒、醤油、みりんの順に入れて絡ませる。

そこに全体がひたひたになる程度に水を入れ、塩をほんの一摘み加える。

さらにいりこを適量(私は結構多く入れます)加えて煮詰めていく。

   

焦げないように注意し、鍋底の汁気が殆どなくなったらできあがりです。

   

フキがシャキッとしているのは茹でていないから。

素材の風味が生きています。ハチクも柔らかくて美味しいですよ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。