1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-25 22:23:24

靴の修正講座無事終了

テーマ:ブログ

日曜日に『靴の修正講座』を行いましたが、今回は参加者の方々が靴を多く持参下さり、全部修正が時間内に終わり気持ちの良い講座でした。5〜6足を持参された方も、全部修正完了しました。

 

毎回有り難い事に、外反母趾の方、O脚の方が必ず参加されるのです。足の事を説明出来て、既成靴を買う際の注意事項もお話出来るので、足に問題のある方は大大歓迎です。ちょっとの事で足が楽になる技ありますので、試して頂きたいもの。

 

外反母趾の方のお悩みは、外反母趾の親指の付け根にパンプスの履き口が当たって痛い!方が多く参加されます。

特にバレーシューズは毎回お目見えする靴です。このブログでも何回かお話しておりますが、『バレーシューズ』は可愛いし、スポッと履けて楽なのですが、足に良く無いです。私の中では『靴のデザイン ワースト1』。履き口が浅いので、脱げ易いから、脱げないように靴の中で指が無意識に曲がって靴を押さえようとして、ハンマートウになってしまい足の裏にタコができてしまったり、履き口に巻革や巻布をしている物がほとんどで、履き口に革の段差があるからそこが外反母趾の骨に当たって痛んだり、ペタンコ靴なので、開張足の方だと、足裏にもろに衝撃を受けるので足が疲れたり、踵が痛くなったり。。。兎に角、問題がてんこ盛り。4センチ以上のヒールの靴は靴の中で足がアクロバット状態で良く無いですが、全くのペタンコ履もちょっとコンビニまで。。。って時は良いとしても、長時間歩くには足に負担がかかります。ヒールはせめて1センチでもあった方が足は疲れません。25ミリ位のヒールが歩行するのに1番良い高さだと思います。

 

 

O脚の方は、だいたい小指が靴に当たります。O脚の方は踵が外側に落ちているので、重心が小指に掛かり、靴の中で足が小指側に滑り靴に当たりますので、踵にパッドを入れて踵を外側から上げて上げると正常な接地が出来るようになり、当たらなくなります。今回も参加者にこの症状の方がいらしたので、踵にパッドをいれたところ『ワオ!マジック!』と言う声を頂きました。本当簡単に修正出来ます。これは小指がいつも痛むという方には是非知って頂きたいです。ちなみに踵のパッドはトコ革を切ってスカイビングして。。。自家製です。自信作なので、いつも小指が当たる。。。と言う方には是非試して頂きたい。

 

靴の修正講座は地味に続けて行きますので、今回参加出来なかった方は次回是非!!小指の痛み人口ゼロ!を目指して。

 

バレーシューズもね、早く流行遅れのデザインになって買う人いなくなると、足の問題も減るかと思います。見た目が可愛いからね、小悪魔シューズね。せめてストラップが付いているとだいぶ違うのだけれど。。。

AD
2017-07-21 20:21:39

靴の修正講座 & 今年の夏休み

テーマ:ブログ

8月23日(日)13:00〜16:00

『靴の修正講座』を行います。

 

参加者は、自分の足にイマイチ合わない靴をご持参下さいませ。(聴講のみも可能です)

下駄箱の肥やしを愛用出来る1足に修正致しましょう〜〜。

 

 

それから、今年の夏休みはいつですか?という質問を結構頂きましたが、今年はありません!!

8月11日(金)は祝日ですが、教室あります!!!!(お間違えの無いようにお願い致します。)

 

今年は金曜日、土曜日に祝日が多く、祝日を全部お休みにしてしまうと、かなり日数少なくなってしまいますので、どうぞご了承下さいませ。

 

年内の祝日休みは   9月23日(土)のみです!!!

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

AD
2017-07-08 15:05:27

7月9日はボタンブーツ講座です

テーマ:ブログ

7月9日(日)は13時〜16時までボタンブーツ講座です。時間内で終わるか。。。。?

 

参加者は木型とスタンダード、パターンカッティング工具一式をお持ち下さいませ。お持ちの方は分度器もお願い致します。

 

今回の講座は上級者向けですし、ボタンブーツはクラッシックなデザインですので、なるべくクラッシックな形になるように、細かくやっていこうと思っています。腕が鳴る。。。

 

新しい靴、モダンな靴ってのは前を向いて作り上げていくので、本人のアイデアとセンスによるものなのですが、クラシックな靴って、細部を研究していくと謎が多いんですよね。昔風、では無く完璧に再現したいと思います。そこから時代の流れと共に進化して来た細かい過程も探れるしね。

 

昔から、自己練習の課題として、年代ごとのデザインとそのパターンの作り方を学んでいて、1930年代〜現代にかけては制覇したと思います。難しいのは1900年代のパリのを象徴するベル エポック期の靴のデザインから1800年代にさかのぼっていくと、もうどんどん細くってピタ〜としている。どうやって足入れてんだろう?とか思える靴も多く、あまりに足の輪郭にピタ〜と完璧に吸い付いている。ストレッチ素材か?と思われる程。

 

OXFORD BOOTSを履いた事ある方はお分かりでしょうが、非常に脱ぎ履きが面倒なのですが、踵のカーブが足のカーブと同じにした場合、踵がブーツの底に落ちてくれないのだけれど、その時代の絵画や写真を見てもかなりキツめのカーブが1800年代後半から1900年代初期の靴はついているんですよね。しかもね、カッコいい!

 

で、明日はボタンブーツ パターン講座。もうピター!!と吸い付くパターンカッティングのやり方と、注意点と、どこまでピターと攻めれるか、を判断する方法等も交えながら、カッコいいボタンブーツの作り方を気合いを入れて行います!!現代でも履けるようにするやり方も教えますので、ご心配なく。

 

今丁度、私の中で『ベル エポック』ブームが来ているので、凄く楽しみです。過去を辿るとどの時代もキラキラして、素敵に見えます。驚愕のため息が出るような物作りが出来ている時代は兎に角憧れます。タイムマシンがあったら、1900年代へ行って、ロマン派最後の詩人と呼ばれるアンナ. ド.ノアイユ伯爵夫人を一目見てみたいな〜、その頃のドレスや帽子や靴を頭に焼き付けたい!なんて、夢見たり。。。

 

さて、100年後、私達の今の時代は果たしてキラキラ見えるだろうか?

 

AD
2017-07-01 16:52:59

8月のイベント『親子で革小物作り』

テーマ:ブログ

8月6日(日)13:00〜16:00

 

『親子で作る革小物作り』(コインケースです!!)

 

参加費&材料費  3500円(大人と子供の2個分です)

 

参加資格:4歳〜小学6年生のお子様と、その親や祖父母、叔父叔母など、ご親戚の方とご一緒に参加出来る方。 お子様がお二人の場合、ご相談下さいませ。

 

夏休みに親子で革小物を作ってみましょう!チクチク、トントン 一緒にものを作る楽しさ、

色の革をどんな風に組み合わせよう? 模様はお子様のアイデアで、難しい所は大人の出番です!

 

物を作る喜び、自分で作った物を使う喜びを感じて頂けたらと思います。2つ作って頂きますので、お父様とお子さんでいらして、一つはお母様へのプレゼントにするもよし、お友達へプレゼントするもよし、親子で作った思い出と共に、愛用して頂けたらな〜。

 

参加ご希望の方はこちらのアドレス →bespokeshoes@benchmade.jp

に参加者のお名前、参加のお子様のお名前と年齢を記載の上、メールをお送り下さいませ。

折り返しご連絡致します。

 

 

子供の時の楽しい記憶って、大人になってふとした時に思い出しますよね。

 

私は子供の時にガールスカウトに入っていて、森でキャンプしたり、竹を割って蛇腹編みしてテーブルや椅子を作ったり、ロープで色んな結び方を習ったり、小物作りや料理を毎週のように楽しんだり、バザーで売ったり、海外のスカウトとの交流や、色々教えてくれる年上のお友達の面白い話。。。。学校では習えない事ばかりだったけれど、学校で習った事の10倍以上、現在の生活に役立っている。

『物作り』の楽しさを子供の時に知れて良かった。と思います。

 

 

 

さて、先週開催しました『革染め講座』も期待以上に楽しい講座で、是非来年も開催をしたいと思います。藤澤さんの説明も丁寧で分かり易かったし、とっても和やかな雰囲気の中『え〜グラデーション難しい~』『もっと練習したい〜』などの声も飛び交い、後半はどんどん賑やかになって楽しかったな〜。

革の持つ風合いを活かしながら,なんとも言えない絶妙な色を出せたらな〜。革って本当に色んな変化をおこしてくれるし、形も変化してくれるし、自然の色味もだしてくれるし、経年変化も味わい深いし、なんて素敵な素材なんだろう!って再び革の素晴らしさを考える事も出来ました。

 

 

そんな感じで私自身、なんか色々創造意欲が凄い勢いで湧いて来て、仕事後、デザイン画をガー!と書きなぐった後、何故かしばらくしていなかった洋服作りを始め、洋服縫いながらも、カラフルな靴のデザインが頭の中にどんどん増えてって、アイデアが耳からはみ出る勢いで、ビックリしました。靴を作りながらよりも、別の物を作っている方が靴のアイデアが浮かぶ!という発見も出来たし、靴を作っているよりストレスゼロだし、自分の服が増え、あっという間に終電時間。。。作りたい靴のデザインも沢山ストック出来ました。どれだけ物を作れば気が済むんだろう。。。。

 

色々と修行中。

2017-06-18 21:11:47

来週の楽しみ

テーマ:ブログ

冷房始めました! なんか、しばらく前に梅雨入り宣言がありましたが、雨も少ない。今日は雨でなんかほっとします。季節が感じられないというのはなんか淋しいです。旬の食べ物とか、衣替えとか、毎年同じ時期に『わ〜!』って言いたいな。それが楽しいのにな。いつでも、何でも出来ちゃうのは益々自然と遠くなる感じがしますが、天気までね、ゲリラ豪雨とか自然なのか不自然なのか分からなくなって来て、火星に移住がそう遠い話ではないんだな〜とか、哀愁漂って来てしまいます。

 

ここ2週間位、家と仕事場の往復のみの毎日で、やっと仕事の山の区切りがついたので、来週は一息して美術館にでも行こうかと思っています。映画館にも行っていない、本もまともに読んでない、夜遊びもしていない。この2週間は家に帰るとyoutubeで国会中継見て、お惣菜を作り置きして、自家製ジンジャーエールを作ってみたり、梅を漬けてみたり、ベランダのハーブやお花の手入れをして、夜中の2時だ!ってなってバタンキュー。お惣菜作りをしていると、自然と健康の事、農業の事等考えられて、自然の大切さも感じられ、ナチュラルな健康法も色々試してみたくなります。先週から『白ごま油健康法』を始めました。なんか、白ごま油を90度まで火にかけ、火から外して100度にして、それを冷ましたものでマッサージすると、毒素が出て肌もつるつるになるし、それで頭皮をマッサージすると白髪も減り、髪の毛も増えるとか、目の下のクマもシミも消えるらしい。うがいに使うと声がきれいになるし、のどの炎症も収まるとか。本を読むと凄いのね。効用が多くて。ホンマかいな?っと思いつつちょっと続けてみます。色々試すのって楽しいものね。淡い期待を持った気分も楽しい。

 

靴もね、いよいよ来週『革染め講座』。革をどんな風にでも自分で染められるようになれたらいいな〜とは思いますが、なかなかその技術を習得するのも大変な事です。だから、『革染め職人』さんがいるのは素晴らしい事で、現在の技術も非常に気になるし、今後どんな事が可能になるのかもとても興味があります。靴作りも料理と一緒で、材料選びって大切。今まで良さを分からずにいた素材もあるだろうし、素材の活かし方もね、まだまだ知らない事がありそうで、この革染め講座をきっかけに、面白い事が出来たらな〜と楽しみにしています。

 

一人で出来る楽しい事も沢山あるけれど、人と情報交換しながら新しい事が出来るのはもっともっと楽しい。一人の頭の中なんて、たかが知れてるんだけれど、そこに他人の意見や情報が入ると、グワーンと世界が広がったりしますものね。人はひとりじゃ生きられない。って、素敵な事なんだな〜と思います。

2017-06-06 18:13:17

英語レッスンを再開します!

テーマ:ブログ

 以前、イギリス人講師による英語レッスンをしてましたが、講師の体調不良の為休止しておりましたが、元気になった!!とのことで、再開します!

 

 こちらの英語講座を受けていた生徒さんの中には、その後イギリスに渡り、私の元職場であるJOHN LOBB LONDONでビスポークの職人の職人として現在働いている人もいます。革や資材の買い付けも今はメールのやり取りで出来るお店も増えてきましたが、始めは実際に出向いて交渉するのがベストですし、何かと英語に困る。。。という生徒さんのご要望にお応えしようと、始めたレッスンです。普通に、旅行や英語コンプレックスの克服や用途は様々で良いと思いますが、宜しかったらどうぞご活用下さいませ。

 

 入会金等は一切不要です。1時間2800円。場所は当工房内です。レッスンを受けたい方は、お申し出下さいませ。お教室の授業と授業の合間の1時間に受講可能ですので、受けたい時間帯をお伝え下さいませ。レッスン1回目は無料で、レベルチェックを致します。また、当教室の生徒さんでない方も、受講出来ますので、どうぞお申し出下さいませ。

レッスン可能時間帯 水曜日 14:00〜15:00

          金曜日 14:00〜15:00

              18:00〜19:00

          土曜日 13:00〜14:00

              17:00〜18:00

 

お問い合わせ、お申込みはこちらのアドレス→ bespokeshoes@benchmade.jp

 

 

 今月、1ヶ月バックパックでヨーロッパを旅してきます!って生徒さんがいて、クラスの皆であそこは是非行ってみて下さい!あれは食べて来た方が良い!なんて話に盛り上がり、『ねえ、皆バッックパックで旅行した事あるの?』と聞いたら、その教室の中に3人も1ヶ月以上の一人旅をしていた人がいました!!ビックリ。。。3人の顔ぶれ見ると、皆しっかりしているのよね。そういう経験があるからしっかりしているのか、しっかりしているからそういう旅が出来るのか。。。は分かりませんが、良い経験してますよね。羨ましい。私は旅に出る時は急に思い立って、パリに来週行こう!とか、瞬発的なのが多かったです。始めてアメリカ行ったときは明後日から休み取れるな〜なんて思いながら、友人とアメリカ映画を見てて、見終わって即飛行機の予約を入れたり、イギリスに住んでいる時にアメリカから友人が来て、『どこ観光したい?』と聞くと『アムステルダム!』って友人が答え、イギリスじゃ無いけど。。。(笑)明日行くか!ってオランダへ行った事も。私にとって旅には『ノリ』が必要で、計画するといつまでも色々他のスケジュールとか経済的な事心配したり、なかなか行けません。

 

 1ヶ月もヨーロッパをプラプラ出来るなんて、色んな予期せぬ出来事、出会い、肌で感じる見知らぬ国の空気感。沢山の事を吸収して来るんだろうな〜。ヨーロッパの歴史の重さは素晴らしいからね。始めてパリに行った時は、教会に入っては泣いて、美術館は行っては泣いて、フレンチ食べては泣いて。。。って感動して涙ばかり溢れていたっけ。今はそんな純粋さは無くなってしまったと思うけれど、身体の細胞や魂が震える程、肌で感じる感動ってありますよね。で、しばらく振りに日本に帰って来て、母の作ったお味噌汁と何気ない日本食の美味しさに、号泣する。色んな感動が生徒のK君にも訪れるといいな。

2017-06-02 13:07:46

7月の日曜講座 靴の修正講座

テーマ:ブログ

7月23日(日)『靴の修正講座』

時間:13時〜16時

参加費:6800円

講師:大川由紀子

 

参加ご希望の方はこちらのアドレスに→ bespokeshoes@benchmade.jp

お名前と参加希望講座をお下記になって送信願います。折り返しご連絡致します。

 

 

 お持ちになっている靴で、履き心地の悪い靴はありませんか?小指があたる、親指が痛む、全体的に緩い、靴紐の部分(フェーシング)が全部閉じてしまう、一カ所だけ当たって痛い。。。。等々、の理由により、デザインは気に入っているけれど履けない。。。なんて靴。

 

 そんな靴を修正して履けるようにしましょう!!勿体ないもの。私は靴屋だから、そんな靴の事は忘れて当店でオーダーして下されば嬉しいけれど(笑)、指が当たって痛む。。。って原因がすぐに見つかって、すぐに対処出来る場合って多いんです。本当、勿体ない。

 

 普段はオーダに来られたお客様との会話中に、いつも小指が痛くて。。。なんてお話になると、脚をみて『あ!今すぐ直せます!!』ってチャチャっとサービスで直したりしています。

 

 痛む部分があると、普通修理屋さん等では、革を伸ばしてしまうのですが、それだと原因を見ずに余計に足が変形してしまうのを手伝う事になってしまう事もあります。『痛いから痛み止めを飲む』みたいに、原因を治さないから病気は治らない、気休めって事になってしまい、さらに副作用が出る。の悪循環。

 

 しっかり,原因を見極めて対処する講座ですので、本当、修理屋さんに来て頂きたい講座でもあります。プロ、アマ両方大歓迎!!!の講座です。

 

 自分の不具合のある靴を何足でも持って来て下さい。毎回、1足、2足お持ちより下さった方が多く言われる言葉は『もっと持ってくれば良かった。。。』です。靴の症状にもよりますが、結構びっくりするくらい簡単に治るもの多いです。前回は5足お持ちになって、全部直された方もいます!

 

 修理屋さんの方は、自分の靴で不具合は無い。。。という方は、手ぶらでのご参加でも結構です。講座で他の方の修正を見ているだけで、かなり収穫あると思いますし、自分で作れる修正革パットの作り方もお教えしますので、是非!!

 

 靴の修正も毎回人気の講座ですので、なんか気合い入って長文失礼しました。(笑)

 

夏も頑張るぞ!!!

 

 

2017-06-02 12:42:20

7月の日曜講座 ボタンブーツ

テーマ:ブログ

7月9日(日)『ボタンブーツ パターン講座』for 上級者 

 

時間:13時〜16時

講師:大川由紀子

参加費:5200円

参加資格:BWS日曜パターン講座の中級を受講された事のある方。

 

参加ご希望の方はこちらのアドレスに→ bespokeshoes@benchmade.jp

お名前と参加希望講座をお下記になって送信願います。折り返しご連絡致します。

 

クラシックなボタンブーツの型紙を作る講座です。

 

ちょっとハードルの高いデザインですが、クラシックな靴好きには魅力的なデザインですので、この機会に学んでみませんか?

 

ボタンブーツのボタンをボタン穴に入れる際は、ボタンフックという工具があり、ボタン穴からフックを差し込み、ボタンを引っ掛けて穴に通します。ボタンフックもアンティーク美しいデザインの物を見つけたり出来たら気分も上がります。

 

イギリスで働いていた頃、貴族の女性のお客様が『昔はメイドさんがボタンをはめてくれてたものよ。今は、自分でやらないといけないから大変だけれど、ボタンブーツは大好きなの。』と新しいブーツをオーダーしていました。歴史を感じる一場面。

 

私はヨーロッパに行った際は、このボタンフックと、ボタンブーツ用のボタンをアンティーク市で見つけてはコレクションしてます。お客様からのオーダーも数は少ないデザインですが、お客様にボタンやフックを一点一点お見せすると、『タイムトリップした感じだ。これも良いし、これも良いなー』とお選びになるのを楽しんで下さって、私も仕上がりの感じが浮かび、ワクワクして来ます。

一つ一つ作られた工具や材料の持つ風合いは本当に良いですよね。

 

私も自分のが欲しくて、十数年前にアッパーだけ自分用の作ったのですが、なかなか自分のフルビスポーク靴を作れる時間はなく。。。私にとっても特別で憧れのデザインです。

 

この文章の長さも他のパターン講座より気合い入ってますが(笑)、この機会に是非〜。

2017-06-01 18:22:23

ファッショニスタ

テーマ:ブログ

5月ってこんなに暑かったけ? ベランダのハーブが育つのは良いけれど、季節の野菜陣はぐったりしてダメみたい。。。教室の生徒さん達も、ぐったり気味。。。寒い方が集中力って増す気がしますものね。

 

私は相変わらず元気で、暑い!暑い!言いながらも、休み休み仕事出来る忙しさに落ち着き、また久しぶりにジムに行けました。でも、ジムに週2回通うより、忙しく仕事している方が筋肉量が増す!(腕だけ)ってデーターが出まして、ジムでは足ばかり鍛えています。

 

夜は久しぶりにファッション系のDVDを見直して、60年代ロンドンのヴォーグで編集長をしていた、ファッションをアートのレベル迄上げたと言われるダイアナ ヴリーランドのドキュメンタリー『ダイアナ ヴリーランド 伝説のファッショニスタ』と題名そのままの『イブサンローラン』と『ビビアン ウェストウッド』をみた後、『ファッションが教えてくれたこと』を立て続けにみる。お腹いっぱい(笑)。

 

放心状態で見終わった後、1960年代のファッションについては、20歳そこそこから陶酔していて、分かり切っているはずなのに、やっぱり凄いなと。今は20年代〜40年代のファッションに引かれていますが、それらの要素の凝縮であり、それらを60年代の若者が新たな解釈を持って創造した時代。若者にパワーがあることは本当に素晴らしいことだと、改めて思いました。

 

今はね、悪い大人が権力使って善良な国民を押さえつけている世の中で、(勿論、大人も子供も)その抜け道見つけながらなんとか生きている状態で、Newsでも明らかに怪し過ぎるでしょ?ってことが、権力の名の下にまかり通っていて、『レ ミゼラブル』前夜な感じがしますが、現代の国民は賢く、善良だからフランス革命のような血なまぐさい事は起きないと思うけれど、賢い形で革命が起きそうね。もう我慢出来ないでしょ。いい加減。この状態をファッションで表現するとどうだろうな?パンクじゃないんですよね。今は。もっと洗練されてるなと思います。若い人達の人口が少な過ぎるし、中年が頑張らねば!と思う今日この頃。

 

ファッショニスタの話をこの間生徒達としたのですが、今注目されているのは65歳を超えているファッショニスタ達の話。多いんですよね。90歳のファッショニスタとか。皆にカッコいい!!って言われる90歳って素敵じゃない?そういう方達の話を読んだりすると、やっぱり、20年代から60年代のファッションの話になる。その頃のファッションは、もっと生き方としてファッションを捉えていた時代だったな〜と文献読んだりしながらも思います。音楽もファションもルーツを辿ると本当に色々な文化が見えて来て飽きない。今はネットで何でも検索出来るけれど、精神性を学ぶ事が出来るのは、自分の感性を使って体験していかないと、薄っぺらな上っ面だけの物しか作れないな〜と。改めて思いました。まだまだやる事沢山あるな。良い事だ。

2017-05-30 19:22:09

RAYWOOD (レイウッド)デザイン

テーマ:ブログ

6月11日(日)『RAYWOOD』13時〜16時

 

 レイウッド スタイルのパターン講座です。

靴紐無しの脱ぎ履きし易いデザインです。

 

イギリスでは、木型職人がよく履いていたな〜。お客様に接客しなくてはいけないので、木型職人はシャツにネクタイで仕事をしますが、足元は紐が気にならないこのスタイルが仕事し易いですからね。

 

欧米人に比べて、日本人は靴の脱ぎ履き回数が多いから、このスタイルは人気があります。

是非、パターンの作り方をまだ知らない靴職人の卵さん達、是非この機会に。

 

ご希望の方は→ bespokeshoes@benchmade.jp

こちらのアドレスにお名前と講座名をご記入の上、送信願います。

折り返し詳細のご連絡を致します。

 

また、その他の日曜教室の詳細は、こちらのHPからご覧くださいませ。

http://benchmade.jp/sunday/

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。