Ben's Attic from Yatsugatake

八ヶ岳の今の情報、最近聴いたCD、読んだ本などなど・・でたらめに書いちゃいます。


テーマ:

2014年もあと数日で終わります。

この頃になると巷の音楽雑誌ではこぞって今年のベストアルバム!ってやります。

で、今年も勝手にベストアルバムを選んでみようと思います。


と、言いつつ今年もあまり新しいの聴いてないな~。

買ってまで聴きたいというアルバムがあまりない、と言うのが現状です。


今年もTSUTAYA DISCUSにはお世話になりました。

これまで手を付けていなかった

The Rolling Stones

Dr.John

Bob Dylan

The Band

Brand X

などなど聴きあさりました。


さて本題ですが、今年一番よく聴いたのがこれ



Tigran Hamasyan / Shadow Theater


アルメニアの民族音楽をベースに多彩なJazz?を聴かせてくれます。

ピアノも超絶でこの前の作品ではスゴ腕の演奏にやられました。


そして、これには驚かされました。

 
   Beck / Morning Phase

ベックのモーニング?と聞いてあまりピンと来ませんでしたが、

なかなか爽やかなベックが聴けます。


それから今年一番興奮したのがこれ



Tokyo Zawinl Bach / Chag Gravity

キーボード奏者、坪口昌恭率いるジャズユニット。

今回は、いつも一緒にやってる菊池成孔抜きのライヴを収録したものです。

デジタルと肉体のせめぎ合いとグルーヴがクセになります。

久々に音の渦に埋もれて聴いた作品でした。


今年は昨年に増して息子たち高校生が聴く音楽に触れる機会が増え、

日本のミュージシャンの底知れなさを感じました。

ゲスの極み乙女やサカナクション、セカオワ、ラドなど

アレンジと演奏を楽しめるミュージシャンが増えて、ぜひライヴで見てみたいと思えました。

でも、基本オールスタンディングなんですよね・・。それが心配・・。


もうすぐミュージックマガジンが出ます。

どんなアルバムが選ばれているのか楽しみです。


AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



Rhay / Woman


なんとも気になるジャケですね。

アングルをもうちょっと下げて!なんてね。


何の情報もなく、なんとなく気になっていたので聴いてみました。

そうしたら、ものすごくイイのでブログしてみました。

「ライ」と読むらしいです。

デンマークはコペンハーゲンの二人組のアルバムだそうです。

北欧らしく、エモーションをぐっと抑えた大人のR&Bと言った感じです。

この感覚、いつぞやに似てるな~、と考えていたら、

そうだ!The XXを初めて聴いた時のときめきでした。

The XXもささやくような大人の雰囲気をトータルイメージとしてアルバムを仕上げていいました。

The XXにときめいた方にはぜひおススメです。



AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の3月に書いて以来の久々のアップです。

最近はFacebookばかりでブログを書く機会が相当に減ってしまいました。

でも、音楽の話題はこちらで書かせていただきます。


もう早いもので2013年も終を向かえようとしています。

今年は、と言うか今年もあまり新しい音に触手が動かず、

温故知新な一年となりました。


今年は、これまで怖くて手が出せなかったキワモノに挑戦してみました。

その一番が、Zappa!

怖いでしょ?、何から手をつけたら良いかわかんないでしょ?

そこでAmazonやHMVなど様々なレヴューを参考に、

FREAK OUT!

HOT RATS

apostrophe(')

GRAND WAZOO

Uncle Meat

We're only in it for the Money

One Size Fits All

WAKA/JAWAKA

Over-Night Sensation

と、大人買いしてみた。

これは、ホント趣味、好みの問題だが、ボクが選んだ作品の傾向が

ジャズロック風なものに偏っていたせいか、どれも聴き応えがあり、よく聴けばさほど怖いものではなかった。

けど、Zappaという人は聴いてる人が「いい感じだな~」となるのが嫌いなのか、突然それを台無しにするような音やアレンジを唐突に入れてくる。ゲップやオナラの音だったり、変な女性や男性の悲鳴だったり・・。

そう、この人は台無しにすることに喜びを感じる悪い癖があるようだ。

今回聴いた中で一番難解だったのが、ビートルズのサージェントペパーズをパロった

We're only in it for the Moneyだろう。

全編ヴォーカル、それもヨレヨレのデレデレの、歌詞がイマイチ分からないので聴いているのがかなり大変!

ボクが聴いた中で、ボクのオススメは、

GRAND WAZOO、HOT RATS、WAKA/JAWAKAあたりでしょうか。







もう一つが、Fleetwood Mac!

70年代後半に「噂」がメガヒットして一躍ビッグバンドになってしまいましたが、

この人たちほど頻繁にメンバー交代を繰り返し、その都度、音楽的路線も変わり、さらにジャケ・デザインも何の脈絡もなく変遷し、それでも長続きしているバンドも珍しい。

Future Games

Then Play On

Mystery To Me

Penguin

Bear Tree

Heroes Are Hard To Find

と、聴いてみた!

これが、どれを聴いても別のバンドのよう。

ブルースだったり、インストだったり、ドロっとしてたり、サラっとしてたり実に面白い。

ジャケのイメージも



Fleetwood Mac / Heroes are hard to find  だったり


 だったり

 だったりで・・。


忘れてました。

2013年のベスト・アルバムですね。

今年は、これ!



Atoms For Peace / AMOK


です。これしか聴いてないほど、これは聴きました。

やはりRadioheadの流れで、今年のイチバンでした。




AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。