着々と、粛々と

テーマ:

営業停止の準備が整ってきました。

昨日PCにこんなものまで貼られてしまいました。


シール1


シール3


ノートPCにも・・・・。


シール2


パンフレットと手書きの申込書は封印されました。


元々必要な分だけ支店に取りに行っていたので

たいした量ではありませんでしたが、

自賠責のビニールケースまでというのは正直少し

笑えました。


さて、生保の募集業務に専念するかな。



AD

お客様の声

テーマ:

昨日お昼頃お客様から電話がありました。

この方かなり高齢のご婦人なのですが、

いきなり!

「あんたのところつぶれるとやろ!!!!」

「家の保険はどがんなるとね!!!!」

びーまーは

「○○様、お世話になっております。」

「この度は会社の不祥事でご迷惑おかけします」

「まことにすみません」

「お宅の保険は大丈夫ですよ、会社はつぶれませんから」


とまあこんなやり取りで電話を切ったあと・・・・・・・


同じお客様から

「あんたのところつぶるっとやろ????」


同じお答えをさせていただきました。


昨日から十数件お客様に電話をしましたが、

やはり会社がつぶれると思われた方が他にもいらっしゃいました。


大丈夫ですよつぶれません!


声を大にして申し上げたいです。


フウ!


AD

厳罰!!

テーマ:

昨夜会社から連絡がありまして、処分が発表されました。

営業停止14日、医療保険無期限募集停止、新商品認可停止1年

正直厳罰ですね。


営業停止14日は仕方ないとして、医療保険の無期限募集停止は

こたえます。


来月10日からですから7月は開店休業です。

で、8月分の契約更改を前倒しでやらなければなりませんので今月は

てんてこ舞いになりそうです。


これで会社の姿勢が良くなることを信じます。


AD

営業停止

テーマ:

遂にというかやっぱりというかきました。


三井住友海上部分営業停止!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060620-00000020-jij-pol  


損保ジャパンさんの時に明日はわが身だろうなぁ。。。。

と思っていたら昨日の夕方第一報!


但し詳細は解らず・・・・・。


内容は保険金の未払い。

自主調査2万7千件ってすごい数です。

更に今回新たに3千2百件発覚合計3万2百件・・・・・言葉になりません。


私のお客様には1件ありました。

「貰えるんですか、嬉しい」喜ばれるお客様。

すみませんでした・・・・・ひたすら頭を下げる私。

この件は実に単純なミス! しっかりしてくれよ!


多分今週中に処分の詳細が発表されると思います。


今回も矢面に立たされるのは私のような代理店です。

実はかなり頭に来ています。会社に対して・・・・。


それはさておき、お客様にご迷惑がかからないようにしなくては、

と思っている次第です。


8月更改分がてんてこ舞いになるだろうなぁ。


またバイクに乗れなくなる・・・泣




事故は突然!

テーマ:

先日のツーリングの帰りに危うくやられかけました。

場所は見通しの良い交差点、こちらが優先道路。

私は交差点直進。

速度は40/hほど。

右に普通車が停止しているのを確認。

減速して交差点に侵入する直前瞬間!

普通車がいきなり直進で交差点に侵入。

この間1秒も無かったと思います。


また事故!

GSが頭に浮かびました。

とっさに加速して交差点を通過。

普通車は直前でこちらを確認したのか急制動。


加速していなかったら確実に衝突していたと思います。


急制動で停車。

後ろを振り返るとかなり高齢のご婦人が運転されていました。

文句をいっても仕方が無いと思い発進しました。


それにしても怖いです。

田舎ではさえぎるものの何も無い交差点での衝突事故がよくあります。

今回もあのおばあさんは私を認識していたとは思えません。

ひょっとすると遠くで認識していたかもしれませんが、

右にばかり気をとられて左から接近する私を認識していなかった。

そうとしか思えません。


一月ほど前お客さんの事故も同じような状況でした。

幸い怪我は有りませんでしたが、相手は全く見ていなかったと現場で

証言していました。

でもこの事故過失割合は100:0ではありません。

魔可不思議也過失割合!


例えば直線道路でいきなり針路変更してきた車にぶつけられても

よくて8:2、普通は7:3です。


冷汗が出ました。

もっともっと注意して乗らねばなりませんね。


自動車保険

テーマ:

随分永いこと保険代理業を営んでおりますが、

久しぶりにキレました。

面と向かって怒鳴りあいはしませんが怒りがおさまりません。


通常、事故の場合保険会社間での話し合いになります。

今回もいつものように淡々と、ある意味事務的に処理が進んでいました。

事故は車同士の事故でした。

過失割合は8:2こちらが2割です。


通常過失割合が発生する事故では代車は認めないのですが、

それもケースバイケース。全てがだめだというわけではありません。


相手も最初はその方向で進んでいたのです。

ところが手のひらを返すように態度が急変。


仕舞いにはこちらがいかなる場合も代車費用を払うという念書をだせ

という始末。

そもそも払う払わないはこちらが決めることではなく相手側が決めること。

完全にこちらへの責任転嫁に出てきたわけです。


しかもこのことをこちらの当事者に直接に話して、責任逃れをするのです。


もう呆れて物も言えませんでした。


当事者は処理を急いでいたために泣き寝入りを余儀なくされました。

最後は「保険屋は信用できない」とまで言われてしまいました。

数ヶ月に渡り慎重に処理を進めたつもりでしたが残念です。


事故のとき最悪の場合相手側の保険会社を相手の代理人として

認めないという方法があります。

こうすれば相手の保険会社は出てこれません。


賠償は全て直接請求することになります。

時間と労力がかかりますが一つの方法ではあります。


久しぶりにこんな手段まで真剣に考えてしまいました。





今日も研修

テーマ:

今日は生業の話です。

私の生業は保険屋なのですが、損保と生保両方取り扱っております。

損保の代理店を始めて早10年、いろいろなことがありました。

とんでもないお客さんにも出くわしました。

喜ばれたこともありますが、満足していただけなかったことも少なくありません。

保険は命と気持ちを金に換える商品です。

それだけに難しいと思います。

ところで一昨日から今日まで新商品の研修でした。

生保一社、損保一社での研修だったのですが、

なんだか必要の無いような商品も結構あるんです。

保険会社の勝手で料率改定などするわけですが、

大体しわ寄せはお客様が被るわけでして、なんとも申し訳ない気持ちです。

でもいざという時にやはり物を言うのは保険だと思います。

私の住んでいる田舎では自動車の任意保険に加入されていない方が結構居られます。

これが如何に怖いことか理解されていない方が多いことに驚きます。

様々な意見はあろうかと思いますが、やなり加入されていた方がよろしいでしょうね。

今週はバイクに乗れそうにもありません。

来週は本格的に雨になりそうだし・・・・・。

ストレスが溜まりそうです。