ご贔屓様の繋がりで、このたびHPを新規作成させて頂きました「ベイプラウンジ遊人」様。http://vapelounge-u-jin.jp

(PC時)

インスタグラムの写真がとても素敵だったので、

ホームページに最新の投稿が自動的に表示されるようにしました。

 

 

また、営業日・営業時間が不定期の為、

SNSでまめに告知はされていらっしゃるのですが、

パッと見て分かりやすいよう「営業日・営業時間のご案内」のページを整えました。

(タブレット時)

 

 

アクセスも「お客様が分かりやすいように地図作成をお願いします」との事でしたので、グーグルマップではなくイラストで作成しました。

(スマホ時)

 

 

遊人様のお客様への心配りが伝えられるホームページになっていれば幸いです!

http://vapelounge-u-jin.jp

AD

現在、ありがたいことに3件のご依頼

~HP新規作成、ネットショップ立ち上げ補助(テンプレートカスタマイズと簡単なアドバイス)、HP追加編集~
を承っています。

 

昔の記事を整理していく中で、

仕事について感じた変化が

 

スマホ・タブレット対応への評価が高くなった。
以前は「そこまでは良いや」という事も多かったのですが、
今は「スマホ・タブレット対応もしなくちゃね」
となってきたのを実感します。

 

ネットショップのご依頼を頂く事が多くなった。
これはまず何よりも

「ネットショップサービスが十分に確立してきた」

というのが大きな要因のように感じます。
 

最初に「楽天・ヤフーショップ・カラーミーなどを使えば大丈夫そう」

というのがあって、

次に「実際に使うとなると…」

という部分でお話を頂いているように感じています。

 

Flash→jQuery・CSS3となってきた。
今でも「Flashを入れて」と言われる事もありますが、
そういった場合「Flash=アニメ」という事を意味している事が多いので
Flashではなくスマホ・タブレットに対応している
jQuery・CSS3を使うケースがほとんどになりました。

 

逆に昔も今も変わらないのは、
やはりお客様との信頼関係の大切さ。

 

正直、過去記事を見直しながら
「これはこういう所が至らなかったな」
「頑張る方向性が違っているぞ自分」
と反省する点も多々あり…

 

今一度初心にかえって
「お客様のお役に立つこと」
を頑張っていきたいと思います。

AD

<色々と悩んでいた時、ネットの情報も非常に参考になったので…この記事が誰かの参考になれば何よりです>

 

ケアマネさんやヘルパーさんのサポートやご親切のお陰で、

何とか1人暮らしをしていた父。

 

ですが、やはり

「倒れて救急搬送・緊急手術をした事」

「足が弱ってきたこと」

他にも色々な懸案事項があり

「もう1人暮らしは無理だよ」

と2年以上言ってきました…

 

最後の方は「こちらに来てくれないならもう知らない。絶縁するよ。」と言っても聞かず。

もしもの時は壮絶な事態を覚悟をしなければならないかも…と思うまでになりました。

 

それでも色々な方に説得をお願いしてまわって、

…色々な事もありまして(略)…

最終的に、とある方から

「娘さんに親孝行させると思って、旅行だと思って行ってみなよ」

「(施設が)どんなもんだかお試しで行ってくれば良いじゃない」

と仰って頂いたのが大きな後押しになって、

その日のうちに東京から群馬に。

 

そして私の自宅近くの施設にショートステイで入り、

※ショートステイ…短期入所生活介護。一時的に宿泊を伴う介護サービスを利用できます。

 

「入ってみたら非常に良かった」という事で

そのままそこのサービス付高齢者住宅に入る事になりました!

※サービス付高齢者住宅…介護・医療と連携したバリアフリー構造の住宅

 

(自分は仕事で「サービス付高齢者住宅」というものの存在を知っていたので、これは非常に良い!と最初から検討していました。)

(同居は「バリアフリーなど住居面での問題(解決するには今の家ではそもそも無理)」「生活リズムの違いなど、お互いにストレスが溜まるであろう」事から無理でした。)

 

…呼び寄せが中々うまくいかなった2年間。一時期は

「やはり愛着がある所からは離れられないのだろうか…」

「そこまで切望するなら、どうなろうとも父の意思を尊重した方が良いのか?」

と思ったりしたのですが、

 

「人間、知らない所にいきなり行けと言われてもそれは躊躇する」

という単純な事をもっと考慮すべきだったと感じました。

(実際、他の方も「入るまでは強く抵抗されたけれど、入ってみたら良い所だとなった」というケースは多いようです)

(それなので、もっと「旅行気分で一回来てみてよ」といった方向で話をすれば良かったと思いました)

 

そういう風に、後から思えば色々考えられる訳ですが、

自分では親孝行させてよなどという事は言えなかったですし…

やはり自分だけでは解決出来なかったと思います。

本当に色々な方に助けられたととても感謝しています。

 

…施設に入ったからといってゴールではありませんが、

それでも父が1人暮らしをしていた時に心配していた

「壮絶な事態」を回避することが出来たのは

本当に良かったと思っています…

AD