評論について

テーマ:

映画や音楽など世の中には評論家がいます。


しかし、そもそも評論が必要なのでしょうか?


前々から疑問でもありました。


そんな時、読んだ本で早川義夫の著書「たましいの場所」


で「人の作品に対して批評したりするのは、おこがましい」


そんな事が書いてありました。


やっぱりそうだったのかと納得しました。


音楽でも映画や小説でも、その人が一番良かれと思って作ったもの


その人の感性で作ったものなんです。


人の受け取り方は人の数だけあります。


ある人の作った作品に対して、自分には合わないと感じることはあっても


その作品に正解や不正解はありません


表現は全くの自由なのです。(社会的に制限されている場合もあるけど)


その作品に対して、「あれは最低だ!」とか言っているのは


その批評している人の意見や捉え方の押し付けであって


本当におこがましい行為だと分かったわけです。


僕も反省する点はかなりあります。


映画の感想などでも、かなり批判的な事を書いていました。


早川さんの本を読んで、自分の格好の悪さに気がつきました。


早川さんありがとうございます。


「たましいの場所」にはこうゆう事も書いてありました。


「本当の評論とは、対象の作品を通して評論する自分自身を語ること


そして、素晴らしい評論には必ず愛があると・・・」


本当に泣ける言葉です。




AD

コメント(1)