~BELLE FEE~ ベルフェ

美容・健康はもちろん、みなさまのお役に立てる生活の様々な情報をお届け!!


テーマ:
<本・雑誌>
●買うだけ買って読んでない本全般
●何か月も前の雑誌(情報が古い)
●「読んだけど内容が思い出せない」実用書
●一度読んだ小説(本当にお気に入りの物以外)
●自分の時間を割いてまでよみ

<CD・DVD>
●CD本体でなくてもコピーで十分と思ったとき
●思い出のためだけにとってあるCD⇒あの頃の自分は戻ってこないと気付いたとき
●時間を割いてでも見たいと思わなくなったDVD
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
たくさんの物がある=豊かではなく不要な物がない環境が心を豊かにしてくれるアップ

誰もが憧れる、好きな物、お気に入りの物、便利な物だけに囲まれた生活・・・目

それを実現するためには、まず不要な物を捨てなければなりません目

物を捨てることに抵抗を感じる人は、「お気に入りを選びとる」と考えてみてははてなマーク

たくさんの物がある=豊かなのではなく実はその逆。。。

不要な物を取り除き、集中できる環境が心を豊かにしてくれるのです。。。目

物が減ることでこんな効果が・・・キラキラキラキラ

●時間的効果
 掃除や料理などの家事全般にかかる時間が短縮。
 物を探す時間もなくなる。

●経済的効果
 ムダ買いがなくなり、本当に必要な物が買えるように。

●精神的効果
 「取り出しにくい」
 「家族が片付けてくれない」
 などからくるイライラが解消。

家の中が居心地がよくなることで家族が仲良くなり、みんなが笑顔にアップ

気持ちが前向きになることで外での人間関係もスムーズにキラキラキラキラ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「難聴」

年をとると聞こえが悪くなる人が増えてきます目

コミュニケーションをとりやすくするためにも、周囲の人が早く気がつき、難聴について理解することが大切です目

加齢性難聴といって、内耳の老化によるもの目

難聴になると困ることは・・・はてなマーク

◇コミュニケーション不足
コミュニケーションとは、人と情報を共有すること。相手の言っていることが分からない、自分の思いが相手に伝えられないという状況では、コミュニケーションが一方通行で終わってしまいます。

◇環境音が聞こえなくなる
川のせせらぎ、鳥のさえずり、自然音が聞こえなくなることで、心の癒しも不足してしまいます。

◇危険を察知できない
例えば、曲がり角を通行しようとした時、壁の向こうに車が来ていることが音で判断できなくなります。

難聴の予防・改善策は・・・はてなマーク

内耳の動脈硬化を遅らすために、生活習慣病、メタボリックシンドロームを予防することが難聴の予防になります。。。また、大音量、騒音を防ぐこと。。。もし、仕事で回避できない場合は耳栓や」時々の休息が必要です。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
梅雨明けから・・・急増・・・叫び

家の中でも要注意あせる

熱中症とは、高温多の環境で大量に汗をかくことで、

体の水分やナトリウムのバランスが崩れたり、

体温の調節が出来なくなることで起こる、

さまざまな症状の総称です目

脱水とともに体内に熱がこもってしまい、十分に熱を発散できないのが原因とされています病院
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こまめに水分補給目
のどが渇く前にこまめに水分を摂ろう。ミネラルを含んでいる麦茶などがおすすめ!

ミネラルも補給!目
スイカや梅干しなど、ミネラルを豊富に含んだ食材を摂って、汗で排出したミネラルを補給。

目覚めの1杯!目
寝ているときの脱水を防ぐために、寝る前と起きた直後に1杯の水を飲もう。

エアコンを正しく使う目
室内が暑くなりすぎないようエアコンを正しく使おう。特に高齢者は気を付けて。

暑さを避ける服装目
服装は風通しのいい軽装で、吸汗・速乾素材がおすすめ。帽子や日傘もお忘れなく。

水分補給にならないものNG
アルコールやカフェインを多く含む飲み物には利尿作用があるので水分補給には不向き。

夏のダイエットに注意!NG
食事制限などをしていると必要な栄養素が摂れず、熱中症にかかりやすくなる。

汗をかきやすい体作り目
汗は体温調節に必要なしくみ。日頃から軽い運動を行い、汗をかきやすい体を作ろう。

質の良い睡眠目
寝不足では夏バテしやすく、熱中症にもなりやすくなる。熱帯夜でも寝苦しくない工夫を。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
効率的に体を冷やす目

アイスパックや冷やしたペットボトルなどで、首やわきの下、太ももの付け根など、太い血管が通っている部分を冷やすと早く熱を下げることができる。扇風機やうちわで風を送るのもおすすめ。

涼しい場所で安静に目

まずは暑熱環境の改善を。冷房が効いた室内や、外ならば木陰などの涼しい場所へ避難し、服をゆるめて安静にする。

水分を補給する目

経口補水液やスポーツドリンクなどで、失われた水分と塩分を補給する。ただし、意識がない場合は無理に飲ませないこと。

病院こんな時には救急車を呼ぼう病院

以下のような症状がある場合は、大至急、救急車を呼ぼう目

●意識がはっきりしない。もしくは意識がない
●吐き気をおぼえる、もしくは吐く。
●けいれんを起こしている。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
梅雨明けから熱中症が急増あせる

家の中でも要注意!?

晴れ熱中症ガイドライン晴れ

分類=Ⅰ度<Ⅱ度<Ⅲ度

Ⅰ度の症状
 ・めまい・立ちくらみ・生あくび・大量の汗・筋肉痛・こむら返り
Ⅰ度の応急処置・治療
 通常は現場での対応可能⇒冷所での安静・体表冷却・口から水分と塩分の補給

*症状が徐々に改善していれば、現場での応急処置と見守りでOK目

Ⅱ度の症状
 ・頭痛・おう吐・倦怠感・虚脱感・集中力の低下・判断力の低下
Ⅱ度の応急処置・治療
 医療機関での診療が必要⇒体温管理・安静・十分な水分と塩分の補給(自分で飲めない場合は                               点滴で)
*すぐに病院へ(Ⅱ度の症状が出現したり、Ⅰ度に改善が見られない場合)目


Ⅲ度の症状(以下の3つのうちのどれかが見られる場合)
 ・中枢神経症状(意識障害・小脳症状・けいれん発作)
 ・肝・肝臓機能障害(入院が必要な程度)
 ・血液凝固異常(Ⅲ度の中でも重症型)
Ⅲ度の応急処置・治療
 入院加療、場合によっては集中治療が必要⇒体温管理・呼吸・循環管理・DIC治療

*救急車で病院へ(Ⅲ度かどうかは救急隊員や病院到着後の診療で判断)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
脳梗塞とは・・・

脳の血管に血栓が詰まったり(閉塞)、

動脈硬化などにより脳血管が細くなったり(狭窄)することで発生する病気叫び

狭窄・閉塞が起きると脳に酸素や栄養が届かなくなるため
脳細胞が障害を受けて半身マヒなどのさまざまな弊害が生じます。。。

発症時間で最も多いのが夜間から早朝にかけてガーン

就寝中は、水分を摂らないために脱水傾向にあり、血液中の水分が減少して血がドロドロ状態になるため、脳梗塞を発症しやすいのです・・・ショック!

症状はめまいや立ちくらみ、吐き気など熱中症と間違われやすいものがありますが、大きく違うのは半身マヒあせる
近年は、発症早期(数時間)であれば、血栓溶解療法や血管内治療により、症状や後遺症を軽くすることが可能になりました目

片方の手が上がらない、しびれる、顔の片方がマヒしている、ろれつが回らない、片足を引きずるなどの症状があれば、

すぐに専門医や救急医に診てもらいましょうビックリマーク
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
体内の水分量が十分でないと、、、あせる

めまい・頭痛・吐き気・だるさ・・・などの脱水症状が起こります・・・ガーン

脱水症状は、

暑さや発汗、体調不良のほか呼吸器疾患や糖尿病などの持病によっても起こりやすいものですが

他の健康障害の引き金になることが大きな問題になっていますあせる

子どもから高齢者まで、

脱水によってもっともよく起こりやすい健康障害は、

「熱中症」

昨今では、よく知られてきたため重症例は減ってきていますが、

それでもまだ救急で運ばれる人は後を絶ちませんあせる

暑さと脱水症状がプラスされて起こる健康障害あせる体内に熱がこもってしまうために、めまいや吐き気などのさまざまな症状が現れる目

次に多いのは、中高年に多発する

「脳梗塞」

冬に多いイメージがありますが、国立循環器病センターの調査では、

夏にもっとも多く発症することが分かっています目

脳の血管が詰まるなどして起こる重篤な病気。半身マヒなどの後遺症があるほか、死亡率も高い叫び一過性のタイプもある
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
汗をたくさんかく季節です晴れ
体の中の水分が不足する脱水症状はあせる
熱中症や脳梗塞など・・・叫び様々な健康障害のリスク要因となりますあせる
特に炎天下で作業する人やスポーツで外を駆け回る子供たち、、、室内の高齢者などは要注意目

こまめに水を飲む習慣を身につけましょうビックリマーク

1日に必要な水の量は・・・2.5L目人間の体の約60%は、水分みずがめ座

1日の水分排出量

(尿・便 1.6L) + (呼吸や汗 0.9L) = 2.5L

1日の水分摂取量

(食事 1.0L) + (体内で作られる水 0.3L) + (飲み水 1.2L) = 2.5L

体内で作られる水とは、
炭水化物・脂肪などの代謝によって得られる水分を指します目

高齢者の体の水分量は50~55%と成人よりも少なく、

赤ちゃんの水分量は75%、子どもは70%と成人よりも多くなっていますみずがめ座

また、女性は男性よりも若干水分量が少なくなりますあせる

運動や温熱環境のために発汗量が通常より多い時には、

それに見合う水分量の確保が必要となります目
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。