オススメ書籍

「ベルギービール大全」のリニューアル版が只今絶賛発売中! ベルギービール好きには見逃せないこの1冊です。




新発売のベルギーガイドブック!
女子向けの可愛い1冊です。








2015-10-06 18:43:00

カンティヨン醸造所見学

テーマ:ビール
ブリュッセルの南駅(Gare Central)近くのカンティヨン醸造所に行ってきました!
家族4代に渡って、伝統的な醸造方法を継承している醸造所です。
ビールの醸造所は車でないと行けない遠くにあるのが多いのですが、ここは気軽に行けるのでありがたいですね♪

南駅からは徒歩10分、車で行く場合は近くに路上駐車(有料)することが出来ます。
Cantillonというロゴが目印ですが、本当にここが醸造所の入口かな、とちょっと不安になってしまいそうな素っ気ないドアですが、開けると中はとても広く酵母のにおいが漂う醸造所です。
なんとなく日本の醤油工場のような感じがしました。

看板
アップこれが入り口

入口のすぐ側にあるカウンターで1人7ユーロお金を払うと醸造所の見学とランビックビールの試飲(2種類)が出来ます。
毎日20分置きに英語とフランス語のショートツアーを行っており、予約なしで見学することが出来ます。
ショートツアーは最初に概要を説明してくれて、その後は受付でもらったパンフレット(なんとかなり詳細な日本語版があります!!)で、自分で自由に見学をします。
詳細なツアー(英語またはフランス語)が欲しい場合は2週間前からWebで予約するとポイント毎に詳しく説明をしてくれますが、日本語のパンフレットがとても詳しく分かりやすかったので今回はこれで十分でした。
ほんとに素晴らしいパンフレットでした!!


ちなみに11月には年に1回の公開醸造見学があります!
詳しくはこちら
ぜひ行ってみたいですね~^^


ここで造っているランビックビールは、野生酵母を利用した自然発酵ビールです。(詳しくはこちら
昔ながらの伝統的な設備の中で作られるランビックの大敵は虫!!
なので醸造所の中は蜘蛛の巣がいっぱいでした。
酵母を殺虫剤で殺してしまってはいけないので蜘蛛に虫を食べてもらっているのですね。
また醸造所内の木組みをよく見ると白い斑点が。酵母が住み着いているのが分かります…!
ここでも掃除をあえてせず、酵母と共存している様子が伺えました。
掃除をして生態系が変わり、ランビックビールの味が変わってしまっては大変だからです。

クモの巣
アップ至るところにクモの巣が!

かび
アップ酵母が住んでいるようです…!


醸造所見学はとても興味深く、見学終了後はすっかりランビックのファンになってしまいましたドキドキ
とにかくものすごく手間がかかってるんです!
現代の近代化されたビール製法とは真逆を行く古典的な製法です。
原材料は小麦、大麦モルト、ホップのみ。ざっくり工程を説明すると、①大麦と小麦の粉砕、②煮沸、③ホップの添加、④冷却、⑤樽内発酵・熟成、⑥瓶詰め、です。

特に印象深かったのは冷却の工程です。
熱い麦汁を屋根裏部屋に汲み上げ、自然の力で冷まして、野生酵母を根付かせるのです。
表面積が大きく薄っぺらい冷却槽で麦汁を最大限に冷気と接触させ、効率的に冷まします。
よってランビックビールの仕込みに適しているのはベルギーが涼しくなる10~4月まで。
また、暑い夏の時期だとバクテリアなども多く繁殖してしまうのでそういう意味でもこの時期が最適なのです^^
また熟成の期間にも驚かされました。
ストレートランビックの場合は発酵と熟成に3年、瓶詰めしてからさらに3年寝かせるんです!
すごい手間のかけようです!

冷却槽
アップこちらが冷却槽

樽
アップ樽で熟成しているところ


自由にコースの見学をした後はお待ちかねのテイスティングタイムです!
最初に受付でチケットをもらうので、そのチケットを見せてビールをもらうので失くさないように!
ビールは2種類試飲することが出来ます。
1杯目はストレートランビック。
グレープフルーツのような酸味と苦みがあります。
酵母が2年半~3年の時間をかけて糖分を食べてしまうので酸っぱくなるのです。

2杯目はグーゼ、ファロ、ストレートの中から好きなものを1つ選びました。
私たちはグーゼとファロをテイスティング^^ 
グーゼは年代の違うランビックビールをブレンドし瓶内で発酵させたもので、こちらもストレートランビックほど強くはないもののグレープフルーツのような香りがしました。
ファロはランビックビールに糖分を加えたもので、酸味が緩和され、ほのかに甘くとても飲みやすかったです。

試飲2
アップお兄さんがついでくれます。ビール瓶の容器が特徴的!

試飲
アップ美味しい~!

バーコーナーの隣には売店もあり、ビールはもちろんTシャツやトレーナーなどのカンティヨン醸造所のロゴが入ったグッズを購入することができます。
こうやって観光客にランビックの醸造所を開放することにより、より多くの人にベルギービール伝統のランビックを知ってもらい、少しでもランビックビールの生き残りに寄与できるのは嬉しいことだなと思いました^^


*日本語のコース説明あり(紙面)
Rue Gheude 56 1070 Bruxelles
URL:http://www.cantillon.be/
営業日:月火木金土10:00~17:00
水曜、日曜、祝日は休み


mari

←スタッフの励みになります!色んなベルギーブログも見てみよう♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ベル通スタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。