熊のようにのっそりと起きてきた娘

夕飯は、次女の機転によりテーブルにセッティング。

 

まぁ、ここでせかしたら大喧嘩になるだろうし

これで良しとしよう。

次女が体調悪いときくらい、

怒鳴りあいで大声を出さずに、

喧嘩もせずに終わらせてあげたい(;^ω^)

(次女の為にもそうしたい)

 

言いたいことは山のようにあったけど

ぐっっっと堪えたわよ。

 

「明日は学校に行けるといいね。

 体調が悪ければ、また病院で見てもらおうね」

と次女と話してて気が付くと夜10時。

そろそろ 寝ますか。

となったとき、

 

「ちょっと出かけてくる」

 

娘が支度を始めた。

えっ?!

夜ですけど(;・∀・)

ド・ド・怒鳴りたい・・・・・・

ぐっとこらえて、

 

「どこに?」

 

「○○君が犬の散歩に行くんだって。

 一緒に歩いてくる。」

 

○○君は小学校から知ってる子。

お母さんも知ってる。

う・・・む、どうしよう・・・

うちにも遊びに来てた子だし、

大丈夫だろうとは思うのだが、夜だし・・・

悩んだ末に、

 

「犬の散歩なんだ。

 遠くまで行かないで、今日中には戻ってね」

 

心配だが・・・出した私。

不安だらけだったけど・・・(-_-;)

散歩に送り出したよ。

もちろん

帰宅するまで、寝られなかった(´;ω;`)

 

AD

夕方にのっそりのように起きてきて

「おはよう」もなく

PCの前に座り込む娘。

 

(おーい、君には口はついていないのか?)

(そこにあるのは飾りですか?)

思いつつ、

夕飯中であった私と次女は

「ご飯できてるよ」と声をかける。

(なんて優しいんだ~私たち)

自分を褒めないとやってられないよね(;´∀`)

 

「ん・・・・・」

 

んって返事はどっちなんだ?

声を大きくしそうなそのときだ。

次女が

「姉ちゃん、夕飯は後のほうがいいみたいだよ」

 

次女・・・

空気読んで、姉ちゃんの感情をも読んだ!

一息ついて、

「ここに夕飯並べてあるから、好きな時にたべなさい。

 食べ終わったら下げて、水につけておいてね」

といい、次女と二人で夕飯の続き。

 

なんだけどね、

この時期いつもだったんだけど

娘が起きてきたとたん、

部屋中の空気が重くなる。

次女との会話もぼそぼそだし、

早々に食事は終わらせてしまうのがつね。

 

PCの前に着いた娘は、

爆音で音楽かけるは、

なんにも話さないは、

私たちの会話一つで怒鳴るは・・・・・・

自分が気分が良いときは

明るく話す癖に、

ひとたび機嫌が悪くなると手が付けられない。

体のでかい2歳児に早変わりさ(´Д⊂ヽ

 

AD

留学先の娘から

「大丈夫?」

の連絡が何度も入ってるんです。

 

どうも、娘の留学先で

 

日本はミサイル攻撃をされる。

明日あたり危ない。

北朝鮮、アメリカがミサイルで攻撃しあうときに

日本が1番の標的になっている。

 

と、繰り返し物凄く話題に上っているそう。

 

日本人の娘に

「家族は大丈夫なのか?」

「逃げなくていいのか?」

「逃げるところを探したほうがいいのではないか」

と聞かれ続け不安マックスに。

 

lineで

何度も

何度も

 

逃げてよ!

生きててよ!

田舎の親戚はあるんだよね?

 

繰り返し来るよ。

 

実際・・・

危ないんだろうけど、

もうどうしていいかわからない(-_-;)

ネットで国から出されている

『ミサイルが発射されたときの対処方法』

を見るくらいしかないよね。

 

一応、食料やらは少し多めに用意しとこうかしら。

少しは娘も安心してくれるかな・・・

それとも、

「暢気すぎるわ!!!」

って怒るかもしれんなぁ~(;´∀`)

AD