桂米紫のブログ

米朝一門の落語家、四代目桂米紫(かつらべいし)の、独り言であります。


テーマ:
一人で、京都市の動物園に行ってきました。

37歳、男子ですが…何か?

動物を見るのは、表現力の良い勉強になるのです。

特に参考になる…というか、個人的に好きなのは、霊長目と猫科の動物達です。
彼らは実に、見ていて飽きない動きを披露してくれます。

但し、最も人間に近いとされるオランウータンは、太り過ぎていて動くのが億劫なのか、どっしりと胡座をかいたまま微動だにせず、繁昌亭の楽屋に座る某師匠を連想させるだけに止まりました。

類人猿舎で一番面白いのは、チンパンジーですね。

それでも、年を食った奴らはあまり動きません。

堕落したように眠る仲間達の中で、一頭だけ落ち着きのない動きをしているチンパンジーが居りました。

説明書きを読むと、どうやら「スズミちゃん」という子らしい。
平成8年生まれの、花も恥じらう15歳の女の子です。去年までならエヴァンゲリオンにだって乗れた歳です。

他の仲間が誰も相手にしてくれないので、スズミちゃんはチンパンジー舎の中を、寂しそうに独りでウロウロとしていました。

こういう孤独な少女を見ると、僕はキュンとなってしまいます。僕はスズミちゃんに、恋心すら抱き始めました。

するとスズミちゃんは、そんな僕の心を知ってか知らずか、頻りに自分のお尻と口を、交互に触り出すではありませんか。

何をしているんだろうとじっと見てみると…何とスズミちゃん、自らのウンチを食べてました。

一気に恋が冷めました。

シロテテナガザルは、歳の近いオスとメスのつがいがイチャイチャと毛づくろいをしていて、何だか高校生のリア充のバカップルみたいな風情を醸し出していました。

全身真っ黒のメスに付けられた名前が「クロマティ」で、真っ白のオスが「シロマティ」という…名前までもがバカップルで、ちょっと可哀相になりました。

猿山も、何時間でも見ていたくなるぐらいに楽しいスポットですし、ゾウやカバも愛らしいですが…やはり僕の一番のお気に入りは、猫科の動物。

特にトラは、貫禄と美しさにかけては他の追随を許しません。
『ジョゼと虎と魚たち』の、ジョゼの気持ちが良く分かります。

そう言えば、ジョゼも孤独な少女でしたね。
しかもジョゼは、ウンチを食べたりはしません。

ひとしきりトラの威厳と、その間から垣間見える仔猫のような無邪気さを堪能し、売店で購入したソフトクリームを食べて動物園を後にしました。

37歳、男子ですが…え? 何か??


家に帰ってきて、自宅の階段から転げ落ち、足を捻挫しました。

トラのしなやかさに憧れる、37歳、男子ですが…え? え? 何か? 何か?


桂米紫のブログ-111129_134012.jpg
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。