桂米紫のブログ

米朝一門の落語家、四代目桂米紫(かつらべいし)の、独り言であります。


テーマ:
これまでの噺家人生に於いて、わたくしも色んな会場で落語を演らせて戴きました。

お寺や神社は申すに及ばず、喫茶店やレストラン、病院や介護施設、会社の会議室や学校の教室、走行中の船や移動中のバスの中、道端や歩道橋の上…。


特に駆け出しの頃は、苛酷なお仕事にも頻繁に遭遇しました。

当時は、昨今の“落語ブーム”などまだまだ想像も出来なかった時代でしたから、本当にもう、何と言うか・・・・・・罰ゲームみたいな公演がたくさんありました。


思い出します。

●グラウンドでトラックの荷台を高座にしての、完全なる屋外公演(それも日中)。
照りつける太陽に、高座を降りる時分にはスリラーの頃のマイケル・ジャクソンより色黒になっていました。

●京都市内の地蔵盆の、ガヤガヤ騒がしい中でのマイク無し公演。
お陰で声は鍛えられました。…というか、ガスガスになりました。今や僕が学生時代はエンジェル・ヴォイスの持ち主だった事を、誰も信じてはくれません。

●宴会場で、鍋やコンロや料理の皿が乗ったテーブルにそれらのものと一緒に座らされての、酔っ払いのお客さん相手の公演。
お陰で…いや、もう思い出したくありません。


でも今思えば、それもこれも貴重な経験ではありました。

素敵な会場に苛酷な会場…そのどちらの経験も、噺家にとっては貴重なのだと思います。


今日はまた、初体験の場所で喋らせて戴きました。

お城の天守閣です。

和歌山の市民提案実施事業の一環で、和歌山城の天守閣に特設高座を設けて、その名も『とのさま寄席』という落語会が開催されました。


歴史的建造物の、見晴らし最高の場所で、素敵なお客様に恵まれての落語会。
正に、殿様気分を味わわせて戴きました。


ただ、天守閣に上がるまでの坂道と階段のあまりの多さに、会場に辿り着くまでの気分はすっかり足軽でした。


桂米紫のブログ-110828_154352.jpg
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。