幸福の否定とロベリア

テーマ:


 

 

ロベリアという花を知っていますか?

 

学生の頃 お花屋さんでアルバイトをしていました。

ロベリアの花を見た時、「うわぁ 可愛い!家に連れて帰りたい」と思ったのです。

 

何故か・・・できなかったのです。

 

それから10年後、家の庭にロベリアを植えようとお花屋さんに仕入れていただくようにお願いしたにも関わらず・・・入荷してくださったにも関わらず・・・やはり買えなかったのです。

 

最近は、あちらこちらで見るようになってきたロベリアの花なのですが、いつも買おうと思いながら買えない花なのです。

 

「今はそれほど魅力的にみえないよなぁ・・・」

とか

「本当に好きなのかな・・・」

とか

「花がすぐに傷んでしまうから・・・」

 

「一年草だしね・・・」

とか心の中でつぶやくのです。

 

「これって幸せの否定?」と思ってもいるのに・・・です。

 

幸せの否定とは、

 

人間の根底にあって、自分は幸せになってはいけないというエネルギーが住み着いていると言われています。

自分自身を幸せにすることに対して 誰の心にも大きなブロックがあるのでしょうね。罪悪感も影響しています。

 

二番目に幸せにすることは、選んでいても1番を選べないのです。

 

そればかりでなく 一番好きなことは「大嫌いなこと」になっている可能性もあるのですよ。

 

 

ということで、私にとってロベリアの花は「幸せの否定を解く鍵」を持っている可能性が高いのです。

 

買えないといっても・・・昔は高かったように記憶していますが、現在はとっても安いのです。

一鉢150円とか・・・

 

私の意識では、一日だけお花を楽しんで翌日枯れたとしても、私の心が喜べばこんなに安いものはないという事もわかっているのに・・・

 

 

今年は、つべこべ言わずロベリアの花を買いました。

ロベリアの苗を3つ買って わすれなぐさの苗も買って430円 笑えるほど安い!

 

買ったことでブロックが溶けるかもしれない

その結果 嫌いだと思っていたことが本当は好きだったことに気づく事が出てくるかもしれない・・・

 

人の可能性は無限にあるのだから。

「これからの私・・・何をやりだすか 何が起こすかわからないですよ~」とでも言っておこうかしら。

 

そして今日は、フラワースタンドを検索していたらワクワクしました。

 

南側のベランダに花がないと寂しくてたまらないことに気付いたので、南側にお花を置こうかしら・・・思っています。

AD