北京大学出版社 杜 栄主編 漢語中級教程     第一冊 第14課 翻訳  

************************************************************************

[Liang shan boリャン シャン ボとZhu ying taiチュウ イン タイ]


いにしえ、とても聡明で美しいZhu ying taiチュウ イン タイと言う女の子がいた。

彼女が17歳になった頃、とても熱心に学問をしたいと思うようになった。

しかし当時は、女の子が家を出て学校に行くことは出来なかった。

そこで彼女は直ちに一つの方法を考え出した。

彼女は考えた、“そうだ、男装して男になれば?これで万事解決だ”と考えた。


Zhu ying taiチュウ イン タイは男性に変装して、学問をしようと杭州に向け旅立ち、父母の元を離れた。

その旅の途中Liang shan boリャン シャン ボと言う18歳の青年に出会った。

この青年もまた杭州に赴き学問しようとしているのだった。

彼ら二人は旅の途中さまざまなことを語らいながら意気投合し、すぐに親友関係になった。

杭州に着いてから彼らは同じ学校に入学した。

二人は三年間同級生活をし、共にいたわり、互いに助け合い、親友として友情関係をますます深めた。

けれどもLiang shan boリャン シャン ボは同級生活の最後までZhu ying taiチュウ イン タイが女の子であることに気づくことはなかった。

ある日,Zhu ying taiチュウ イン タイは父から一通の手紙を受け取った。

手紙には、重要なことがあるので直ちに故郷に帰ってくるようにと告げていた。

Zhu ying taiチュウ イン タイは家に帰らざるをえなかった。

Liang shan boリャン シャン ボは、彼女が故郷に帰らなければならないことを聞き、親友との離別を思い、とても耐え難い気持ちになった。

見送りの途中、二人は一つの井戸を見つけた、すぐにZhu ying taiチュウ イン タイはLiang shan boリャン シャン ボを井戸端に引っ張って行った。

二人は井戸の中をのぞき込んだ、水面には二人の青年、若々しくとても魅力的なLiang shan boリャン シャン ボと聡明でとても美しいZhu ying taiチュウ イン タイの姿があった、Zhu ying taiチュウ イン タイはそこで“みてみて、僕たち二人はまるで仲のよい夫婦のようだね”と。

Liang shan boリャン シャン ボはこの言葉を聞いてとても不愉快になり“君はなんで僕を女にしてしまうのかね?”Zhu ying taiチュウ イン タイは返す言葉がなかった、ただひたすら彼が怒らないようになだめた。

このようにしてZhu ying taiチュウ イン タイは何度も自分が女の子であることをLiang shan boリャン シャン ボに密かにわからせようとした、けれども生真面目であるLiang shan boリャン シャン ボには少しも彼女の思いは伝わらなかった。

最後の別れに臨んで、Zhu ying taiチュウ イン タイは彼に私の家には一人妹がいて,私と全くそっくりに成長している。もし君にその気があるなら、出来るだけ早く私の家に来て求婚して欲しいと彼に告げた。

Liang shan boリャン シャン ボはこれを聞いてとても喜んだ。

やがてZhu ying taiチュウ イン タイは家にたどり着いて、父が彼女を戻らせたのは高官の息子と結婚させる為であることを知った。

Zhu ying taiチュウ イン タイはきっぱりと拒絶し、どうしてもLiang shan boリャン シャン ボがやって来て求婚することを待つていると父に話した。

彼女の父はとても怒り“Liang shan boリャン シャン ボの家はあんなに貧乏だ、大切なわしの娘をあんなやつに嫁にやるわけにはいかん!”とがなり立てた。

一方Zhu ying taiチュウ イン タイと別かれた後のLiang shan boリャン シャン ボは、とても彼(女)を懐かしく思った。やがて彼も学業を終え、すぐにZhu ying taiチュウ イン タイの家に行き彼(女)に会い、併せて彼(女)の妹に結婚の申し込みをすることにした。

Liang shan boリャン シャン ボがZhu ying taiチュウ イン タイの家にやって来てみると、思いもよらないことに彼の前に現れたZhu ying taiチュウ イン タイはなんと女の子であった。

この時Liang shan boリャン シャン ボは突如、Zhu ying taiチュウ イン タイの“その妹とは”彼(女)自身のことだったのであることを悟った。

Liang shan boリャン シャン ボがまさに驚き喜んでいる中で、Zhu ying taiチュウ イン タイは両目に涙をいっぱいためてLiang shan boリャン シャン ボに、父が彼との結婚に反対していることを告げた。

Liang shan boリャン シャン ボはこれを聞いて、とても辛く一言も話すことが出来ず、自分の家に戻り幾日もしないうちに、結婚できないことがあまりにも辛くて病気になり亡くなった。

Liang shan boリャン シャン ボの死の知らせ聞をいて、Zhu ying taiチュウ イン タイは三日三晩泣き明かした。しばらくすると彼女はもう泣かなくなり、父に告げた、“私はその高官の息子と結婚してもいい、けれども、結婚のその当日花嫁の輿は必ずLiang shan boリャン シャン ボの墓前を通過すること”を要求した。

父は渋々同意せざるをえなかった。

嫁入りの当日、花嫁の輿がLiang shan boリャン シャン ボの墓地の前にやって来ると、彼女は輿を下りて墓前にぬかずき、悲嘆に暮れて泣き始めた。

この時、突如天は暗くなり、激しく風が巻き起こり、雨が降り出した。突然、激しい雷鳴がとどろき大地がゆれはじめLiang shan boリャン シャン ボの墓はぽっかりと裂け、Zhu ying taiチュウ イン タイが直ちに墓の中に吸い込まれるように飛び込むと、墓はすぐにまた元のように戻った。

やがて風も収まり、雨もやみ、太陽が現れ、墓の周囲には鮮やかな花が咲き競った。


そして一対の鮮やかな色の大きな蝶々が墓の中から舞い上がり、

墓の周りの花の中を舞い上がり舞い降りして飛び交った。

************************************************************************

AD

『梁山伯祝英台伝説』


「現世で結ばれることの無かった恋人たちが死後に蝶となり想いを遂げる」


という中国では良く知られた悲恋物語。

中国版ロミオとジュリエットとも言われています。


中国人で知らない人はいないと言われるほど有名な物語です。

多くの中国人はこれをただの物語として捉えている中、

著者はこの愛情物語の真相を解き明かすために中国全土を調査し続けました。


著者は北京外国語大学卒業論文としてこの論文を書き上げておりますが、

論文内容は取材の旅を記録したドキュメンタリーであります。


今回その第1弾が出版されるはこびとなりました。


これだけ長い歴史の中、

多くの中国人を現代までずっと魅了してきた素晴らしい物語です。

多くの日本人方々にこの物語を知って頂きたい事、

多くの中国人の方々にこの物語の真相を知って頂きたい事等。


著者、関係者は強くそう願っております。


微力ながら私がWEBを利用し販売促進を担当させて頂くことになりました。


今回はそのお知らせといった簡単な報告です。



今後の予定

”段躍中さん” 協力のもと、

日本僑報電子週刊に特集配信
5月30日プレスセンターにて記者会見予定
日中各マスコミ、国家観光局、に推薦予定



「『梁山伯祝英台伝説』の真実性を追う」  渡辺明次 著

日本僑報社 5月28日発売予定

日中対訳版 A5版 220ページ

予価 1900円+税



ご予約されたい方、ご質問などございましたら、私までご一報頂ければと思います。

予約は下記メールアドレスまで。

nakatuyo@hotmail.com


質問はコメント欄でも受け付けます。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

『著者略歴』

*渡辺明次 (わたなべ あきつぐ)

高校教諭として活躍後、

定年退職と同時に2002年北京外国語大学へ留学。

2006年本科過程修了


*北京外国語大学 優秀論文表彰

*中国 梁祝文化研究会会長が本論文に感嘆し、梁祝全集1巻「理論検討編」に掲載決定。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


AD