数ヶ月ぶり?か、アクセス解析を見てみました。


結果を見ていると・・・

オーストラリア探検 をスタートさせてからも、

引き続きこちら側の

中国探検 のほうがアクセス数が多い事にびっくりです。




中国というとても刺激的な環境、

及びとても多くの現地中国人の知り合いや友達、

そしてその思い出が詰まっている中国。


日本、中国でフリーペーパーに取り上げて頂いたり、留学雑誌に記事を掲載させて頂けたり。



これから北京へ留学を考えていらっしゃる方々に読んで頂く機会があれば、このブログもまだまだ捨てたものではないかなとも思います。


時折、留学のご相談をしてくださる読者の方がいらっしゃいます。

僕はそんなメールがくる度に、このブログの存在意義を感じます。



今月末、

日本に完全帰国します。


中国探検 はブログとはまた別の形でスタートさせたいなと考えております!


お楽しみに!

AD

じょんつんがん。は現在オーストラリア滞在中です。


聞く所によるとオーストラリアは中国人にとって昔からとっても人気のある移民先。


その昔、オーストラリアでゴールドラッシュがあった時から中国人移民は続いているようです。


世界中のどこの国でもそうですが、主要都市にはチャイナタウンが形成されていますよね。


それってとてもスゴイ!!!


中国人のパワーと結束力の強さを感じます。




私の住むケアンズと言う町には、それほど中国人の姿は見えません。

香港人たちが経営する中華レストランはいくつか存在しますが、特に目立ったものはありません。

それほど大きな町ではないというのも理由のひとつでしょうか。



所変えて、

シドニー、ブリスベン、メルボルン、パースなど主要都市には中国人がイッパイいるそうです。

街には漢字で書かれたお店の看板なども少なくないらしいようです。



オーストラリアという国自体が移民大国だし、他人種な国家なこともあり、外国人に寛容である風潮があります。

ですから中国からの移民たちもオーストラリアは生活しやすいのでしょうね。




日本は地理的条件もあり、長い間”鎖国”という政策をとってきて、それを解放したけれどもやっぱり鎖国的な所がありますよね。


今回の北朝鮮の様々な動向から、北朝鮮移民の受け入れ是非を問われているようですが、

そろそろ日本も移民に寛容な国家になってもいいのではと思います。


かといって、

長年日本人が蓄積してきた良い文化は残していくべき、守っていかなければいけないものですけどね!

AD

昔は全然なかったのに、

20歳越えたあたりからすごく負けず嫌いになっている。

そのある時から僕の性格は180度とまでいかないが、120度くらい方向転換した。



中国という土地、北京という土地。


日本人でスゴイ人がいっぱいいた。今ももちろんいる。


何にも身分のないじょんつんがん。は気持ちだけ一流だったが、実力四流。


でもスゴイ人にも負けたくないって思ってしまう。


そしてスゴイと言われる人に(コネのため?)付いていくような事がイヤ。


でも付いていける人の方が賢いのだと思う。

株で言うなら順張りってやつだ。上がっていくのに遅れず乗ってけと。

それが常套な手段だと思う。


そして実際そういう風に出来る人を見て、羨ましくも思う。



私は

力もないのに反発してしまう。色々な事やモノや力に。

ケンカするわけではなく、自分でそこから去ったりすることで。




僕はどうしても自分の力で成功する人間になりたい。



自分が成功したら、

周りと人間関係がうまく作れないような人たちを助けたい。

内向的な性格の方たちの持つ、内に秘めた力を世に引き出したい。




なぜなら僕が昔はそうだったから。



だから

おちゃらけただけのような、

口が上手いだけなような人とはウマが合わないのだ・・・



この突然変異的なミュータント(変異体)じょんつんがん。




とりあえず色んな人の役に立てたらと思っています。

イイコトしたらきっとイイコト返ってくるし!

AD

中国語が恋しいー

テーマ:

じょんつんがん。 はオーストラリアに居るのですが、

家探しをしている際、ふと中国人オーナーの家をみつけ電話しました。


英語で電話してたけど、

途中から中国語にきり替えて会話!


これがすごく快感だった


あー中国語でもっとガンガンしゃべりたいな。


チャイニーズの友達が欲しい in Cairns Australia

①批林批孔 について

文化大革命が古い伝統習慣打破に走り、その象徴として儒教文化が破壊されましたよね。

いわゆる4人組による批林批孔運動が展開されて、クーデターを起こそうとした林彪(りんぴょう)&孔子(儒教)が批判の対象となりました。

この批林批孔運動によって数多くの儒教関係施設などが破壊されましたが、儒教施設および祭祀祭礼等も現在は復元されています。

儒教の教えが中国で(ビジネス等でも)再評価されている背景があるようですよ!


②五講四美 について

儒教が再評価されている具体例をご紹介。

中国政府は「五講四美」というスローガンを1981年に提唱しました。


「五講四美」???


「五講」 → 文明、礼儀、衛生、秩序、道徳尊重。

「四美」 → 心、言葉、態度、環境のそれぞれを美しくする事。


これはまさに儒教の教えそのものです。




中国政府もコロコロ変わってますよね。

儒教(孔子)がスローガンになったり、批判の対象になったりね・・・


そりゃ人民も困惑しますわな。


だから

「五講四美」

守れていないのかな。


昔は守れていたのかな・・・



とりあえずは儒教がビジネス界でも通じるという時代背景もあり、

中国国内でもかなり再評価されているようですね。



やっぱり孔子という人はすごい。

論語すげー

中性脂肪に!【黒烏龍(ブラックウーロン)茶】oz50083-006
\1,980
ネクストステージ

MSNでよく会話します。


でもMSN登録人数が多くて、

誰が誰だかわかんなくなります。

特に外人。。。


このメールアドレスがアイツだー って覚えてない事もしばしば。。。


先ほど、

韓国人のやつが話しかけてきたのを、

語学学校で仲良かったタイ人と間違えてた。。



うーむ・・・難しい。


北京での記憶もだんだんとあいまいになってきてる気が・・・。

beiwai

北京外国語大学 西院門


北京留学時代の同級生の方と都内でデート!してきました。

メンバ:同級生だったMさん、Mさんのお母さん、Mさんの息子。と T君@大学4年生 と私。


Mさんの息子K君はものすごい興奮のしようで・・・雨の中なのに(笑



K君とT君と私は混浴してきました@都内の温泉


 

その温泉は下町だけに?刺青を施された御身をお持ちの方が多く・・・ビビリ。


温泉の中でもK君ははしゃぎまくり、

洗面器に冷たい真水を入れては、俺にかけてくる・・・

真水をかけるとそのしぶきがまわりに散る。。。

刺青の方々にも。。。(怖



でもその子の武器はその可愛らしさ!!

刺青の方々にも可愛がってもらえ怒られもせず、遊びながら温泉を楽しめました。

黒社会の人々も、子供には優しいのかな



何はともあれ、K君と同じくらいT君も私も楽しめました。



”北京”の地で知り合ったMさん一家とは、とてもいい繋がりが築けている気がします。

知り合ってから、今日のこの日までいつもお世話になりっぱなしです。




近い将来のうちに、

お世話になった分を10倍くらいでお返しできるように・・・頑張らねば!!

バラエティ バラエティ2


大陸のTVはバラエティなんておもしろくないし、その存在すらあまりないのですが、


台湾のは面白い!!


台湾のバラエティ番組は中国語勉強にはとっても役立ちますよ。


大陸の標準語とたまに違うこともあるのですが。。。まぁほとんど同じです。



私はMYSEEというサイトで台湾の番組をみています。

http://www.mysee.com/



昔はbitcomet?というようなソフトで番組を丸々ダウンロードして見ていてとても大変でしたが、

MYSEEは全DL方式でないのです。

youtubeのような感じで、DLしながら視ることができますよ。


オススメ!!




visa

東京まで健康診断受けに行って、やっとおりたSubclass 417ビザです!


取得までの流れを説明しましょう。



①オーストラリア大使館でWorking Holiday Visa (Subclass 417)ビザの取得条件確認

http://www.dima.australia.or.jp/wh/

http://www.immi.gov.au/visitors/working-holiday/417/


②オンライン申請フォームを記入(英語)

https://www.ecom.immi.gov.au/visas/applyNow.do?form=WHM

ちなみに、エージェント等を通すと、この申請等を代行してくれるみたいです。

英語力にあまり自信のない方はエージェント利用しましょう。


③ビザ申請にかかる費用180AZ$(16000円程)

エージェントに代行してもらうと、代行料は5000円程でしょうか。計21000円。

*支払いにはクレジットカードが必要になります。


④申請、支払いが完了するとTRN(Transaction Reference Number)が発行される。

TRNとは簡単に言えば受付番号ですね。この番号をもとにビザ申請許可の進行度合い(状態)を知ることができます。

以下のサイトに、TRN、誕生日、パスポート番号、国を入力するとビザの状態を確認できます。

https://www.ecom.immi.gov.au/inquiry/query/query.do?action=eVisa


⑤健康診断が必要とされない方は数時間~数日で発行されているようです。


⑥健康診断が必要とされる場合  指定病院にて健康診断等を受診する必要あり(実費負担)

-過去5年間の間、外国に3ヶ月以上滞在した事のある人がその対象に入るようです。

(肺結核などの恐れのある国の場合だそうで。。。中国はそれに含まれるらしく、私は胸部レントゲンを撮影しなければならなくなりました)


⑦オーストラリア大使館からビザの 承認/拒否 がメールおよび、④のサイトで結果通知がある。


⑧承認された方は、晴れてワーキングホリデービザで入国可能(発行日から1年以内に入国する事)



*私の場合、8月29日申請で9月4日にビザ発行されました。9月1日に健康診断を行い、すぐ発行されましたね。 

人によって、数分だったり、1週間だったり、1ヵ月半かかっていたり・・・様々なようです。


健康診断が必要とされているわけではないのに、

1週間経っても承認がおりない場合は大使館にコンタクトを取る事をお勧めします。



よくある質問集ページのリンクを掲載しておきます。

http://www.dima.australia.or.jp/faq/wh.html




何かご質問あるかた お気軽にどうぞ。

【中国探検】 の続き。


【オーストラリア探検】の開始のお知らせ。

http://ameblo.jp/queensland/



とっても単純なネーミングで恥ずかしいくらいですが、~探検が気に入っちゃいました。


ついさきほどのNEWSなんですが、

ついにオーストラリア行きビザがおりました。


ってことで、

9月のなるべく早い時期に新しい旅へ出発!!



【中国探検】ブログは終わるわけではありません。

中国関係のことはこちらのブログに書き続けていこうかと思っています。


でも今後の中心は

【オーストラリア探検】です!



オーストラリアのどこいくの?

とよく聞かれますが・・・


ケアンズにある目的があって行きます。

ゴールドコースト、ブリスベン、ケアンズなどがあるクイーンズランド州にほとんどいると思います。


が、最初は航空チケットの安い場所に降り立つと思います。

その地(未定)からケアンズへ陸路移動することになるかと思います。



超テキトーな計画ですが、

私の人生はほとんどそんな感じなのでお許しください。



今後とも【~探検】シリーズよろしくお願いいたします。


http://ameblo.jp/queensland/


じょんつんがん。 というネーミングは超お気に入りなので、これは今後も使っていこうかな。