こんにちわ ゆうじです。

ヘミシンク繋がりで、ヨガを教えてもらった中島先生が、サティア・サイババの信奉者だったこともあり、ヨガの前に光の瞑想を教えてもらっていた。
サイババっていろいろ、胡散臭さ満点だと思っていたが、瞑想自体はそうでもなかった。

眉間の奥(真の自分がいるところ)にろうそくの光をイメージして、光を照らして
ろうそくの光を胸の前におろし、輝かせてその光で、自分の胸の前の蓮の花を1枚1枚開かせる
自分の習ったのは、体の各部を丹念に光をあてて輝かせるものでした。
足に光を当てるときには、善い場所へ行く
手に光を当てるときには、善い行いをする
口は善い食事をする
鼻は善い呼吸をする
目は善いものをみる
耳は善い音や言葉を聞く
頭は善いことを考える
アファメーションしながら、各部に光をあてて行きます。
そうやって、自分に光をあて終わったら、自分の身近な人に光をあてて輝かせていきます。
そして自分の住んでる家、地域
日本、そして地球全体に光をあてて輝かせる

サティア・サイババの語る光明瞑想 を知りたい方は、下記参照。
http://sitarama.info/mantra/2006/07/post-7.html
教える人によりアレンジがあるのだろうね。






 
AD