メッシュの安全靴は蒸れないで臭わない?


安全靴って、
本当に臭くなるよねぇ。

 

だから、
メッシュの安全靴なんてものがあるんだけど・・・

 

でも、
工事現場とか工場で履いてるから、
汚い所だし、
体動かしてるから汗もかきやすいし、

当然、安全靴の中も超臭くなるしね。


合成皮革とかレザーの安全靴って、
通気性が本当に悪いから、
って言うか、


通気性ないし、


超蒸れるから、


超臭くなるよね。

 

 

だから、
メッシュの安全靴なんてものが発売されるんだろうけど。

 

たしかに、
メッシュって風通しはあるって言えばあるよね。

だから、
安全靴の中は蒸れないだろうと思いがちなんだけど、

安全靴の中が蒸れて臭くなるのって、
実はレザーなどの安全靴と一緒なんだよ。

 

だから、
風通しを良くして、
安全靴の中を蒸れなくしようと思ってメッシュの安全靴を買ったらガッカリする(笑)

 

 

って言うのは、

主に蒸れるのって、
足の指付近なんだよ。

 

そして、
超臭くなるのも、
足の指先なのね。


良く思い出して欲しいんだけど、


安全靴の指先には、
鉄板が入っているよね。

 

この指先に入っている、
鉄板が邪魔して、
結局蒸れるんだよ。

 

だから、
メッシュの安全靴が湿気を放出して、
蒸れずに臭くなくなると思ったら、
大間違い。


メッシュの安全靴も、
蒸れるんだよ。

 

風が吹いている時は、
さすがに、
風通しもあるので、
ちょっとは気持ちいいんだけど、
普段は、
全く風通しは無いと思った方がいいよ。

 


だから、
安全靴を探すなら、
デザインと、
機能性と、
値段で決めるのが一番。


蒸れないって事を安全靴に求めると、
失敗するよ。

 

僕は、

体育の先生みたいで、

ディアドラが好きだなぁ(笑)

 

 

現場や工場仕事の安全靴の臭いを予防するには

安全靴をローテーションさせる

安全靴は、3足以上用意して、
ローテーションさせて履く事が大事。


ローテーションさせるのは、
安全靴を履かない時間を作る事で、乾燥させる事が大事。


しっかり乾燥させる事で湿気を取って、
常在菌を殺す目的があるのね。


安全靴を充分乾燥させるには、
2日間は必要。
しっかり乾燥させることで、
蒸れにくくなるし、
常在菌も出来にくくなるよ。

 


現場や工場仕事の安全靴の臭い対策には中敷きを

現場や工場仕事の安全靴の臭いを取るには、

中敷きも効果的。


ただ、やらないといけない事もあるので、
しっかり臭い対策の一つとしてやっていこう。

 


中敷きは、
イロイロなタイプの物が出ていて、


寒さ対策の物、


外反母趾対策の物といろいろなんだけど、


そんな中で、抗菌効果のある物を選びたい。


抗菌効果のある中敷きであれば、
常在菌の繁殖も抑えられて、
もちろん臭い対策にもなるよね。


でも、
中敷きって、
ついついやりがちなのが、
中敷きを安全靴に入れっぱなしな事。


これをやってしまうと、
抗菌効果もすぐに無くなってしまうので、
気を付けたい。


中敷きを使うのであれば、
1日使ったら、
必ず一晩以上乾かす事。


薄い物なのですぐ乾くんだけど、
安全靴に入れっぱなしだと、
全く乾かないんだよ。


だから、
しっかり乾かして、
蒸れを取ってから履きたい。


そうする事で、
常在菌の繁殖を抑える事ができて、
安全靴の臭い対策になるよ。


靴下には軍足(5本指の靴下)を使う

建築現場で仕事しているなら、
だいたいの人はやっていると思うんだけど、

靴下は、
綿とか麻、ウールなどの、
天然素材の軍足を使うに限る。

良く、3足980円とかで靴下を売っていたりするんだけど、
それだと、
素材が化学繊維の靴下がほとんどなので、
汗を吸わないのね。


だから、
できるだけ天然素材を使った、
しかも5本指の軍足を使う事。


5本指の軍足を使う事で、
足の蒸れも取りやすくなるし、
足の指も結構快適を維持できるから、
使ってみて欲しい。


建築現場や工場で仕事をしているなら、
必須アイテムだよ。


「超消臭スプレー ヌーラ」

「超消臭スプレー ヌーラ」は、
僕気に入っている安全靴の臭い対策の一つで、
是非、あなたにシェアしたい。

僕のやっている方法は、

安全靴は、
仕事から帰ってきた時が一番臭うから、


帰ったら、
即効でこの「ヌーラ」をたっぷりスプレーして、
放置しておく。


一晩以上寝かせて乾かしておくイメージね。


そして、

普段履く靴下は、
洗濯した時に乾かすでしょ。


その濡れている状態で「ヌーラ」を吹きかけて、
乾かしておくのね。


そして、
ヌーラを吹きかけて乾いた靴とか靴下を、
履いてお仕事にお出かけ。


朝、5時ごろ出かけて、
一日仕事して、
靴も靴下も一日履きっパで、
20時ごろ帰宅。

すると・・・

しっかり臭いがなくなってました^^

 


ぶっちゃけ言うと、
臭いが軽減して、
足を洗わなくても夕飯が食べられる位までになっていれば、
オッケー!かなぁって思っていたんだけど、

もうね、
そう言うレベルじゃなくて、
完全に消滅してました^^


この「ヌーラ」って、
衣類や布系の物の消臭にも使えるグッツだから、
結構使用範囲も広くて、


例えば、
焼肉に行った次の日のスーツとか、
ワキガで悩んでいる人の洋服とかにも効果を発揮するよ。


まぁ、

僕の安全靴に効果を発揮した位だから、
この位の臭いなら、
完全に消臭できるだろうね。

 

ヌーラの3つの魅力

身体じゃなくて衣類に付けて臭いを抑える
ヌーラは臭い衣類などに噴きつけて使うので、
他の商品のように直接体に塗る物とは大きく違い、
汗が服などについて、
常在菌が増殖して出す臭いを防いでくれるのね。


つまり、
汗腺から出た汗や分泌液が衣類に付着すると、
雑菌が増殖して臭いが発生するのね。

その菌の増殖を防ぐって事なんだよ。


だから、
服に付けておけば、
流れ落ちる心配もないし、
雑菌が増殖する心配もないから、
効果は持続できるんだよね。


イオン化結合でニオイを無かったことにしてくれる

ヌーラは他の香りで臭いをごまかすのではなく、
急速イオン消臭と言われる方法で嫌な臭いを消臭しているのね。


つまり、
臭いの元になる分子がヌーラに含まれる有効消臭成分とイオン化結合して
瞬時に臭いの無い無臭の分子構造へと変化し臭いをなかったことにしてくれる。


ワキガもタバコ臭、陰干しの臭いにも効果絶大

ヌーラの凄さは、
何と言っても、色々な物に効果を発揮するのね。


デメリットは、
ちょっと高めって事かな。


でも、
その分、色々と使い倒せるから、
是非、使ってみて欲しいな。

体臭・加齢臭などにお困りなら「いい快互服ドットコム」


足の臭い対策

足を洗う

仕事から帰ってきたら、
即行で足を洗いたい。

あの、足の強烈な臭いがある中で、
僕は夕飯は食べられない。

あんな「クサヤ」の様な、
強烈な臭いの中では、
どおしても、夕飯は食べたくない。


そして、
家族がいるなら、
尚更、足の臭いは消しておきたいよね。


だから、
仕事から帰ってきたら、
即行足を洗おう。


洗い方は、
まず、よーくお湯を足にかけて、
汚れや菌を浮かせる様にしたい。

常在菌の温床になりやすいのは、
足の指の間なのね。


だから、
足の指の間に良くお湯をかけてあげると洗浄効果があがるよ。


そして、
たっぷりの石鹸で泡をたてて洗ってあげよう。
もちろん、足の指の間もしっかり洗う事。


また、
忘れがちなのは、

足の爪の間。
ここは、みんな洗わないんだけど、
洗い終わったあとで、
臭いが 取れないなんて言う人がいるんだけど、

それは、
爪の間をしっかり洗ってない事が多い。


足の爪の間は、
歯ブラシや専用のブラシで、
優しくブラッシングしてあげると効果的。


仕事終わったら帰ってきたら、足をしっかり洗って、気持ち良く夕飯を食べよう。


ミョウバン足湯で臭い対策

ミョウバンを食品添加物として知ってる人も多いよね。


実は、消臭剤としても効果が高いよ。


どのようにしてミョウバンで足の臭いが消えるのか?
メカニズムを解説するよ。

 

ミョウバンの殺菌作用

足についている常在菌はアルカリ性なのね。
もちろん、イソ吉草酸はアルカリ性。


そして、
ミョウバンは水に溶けると弱酸性になるのね。


つまり、
足をミョウバンに浸けてあげると、
常在菌やイソ吉草酸を中和させる事ができるよ。


ミョウバンの制汗効果

ミョウバンには、制汗作用があって、
天然の制汗剤と言われているのね。

汗の量が減れば、
靴の中のムレムレも減って、
常在菌が繁殖しにくくなるよね。


そうなると、
臭いが出にくい環境が作れるから、
クサイ臭いを抑える事も可能になるよね。


ミョウバンの収れん作用

ミョウバンには収れん作用があって、
肌を引き締める事で、
エクリン腺を引き締めるから、
汗をかきにくくなるのね、


それで、
皮脂の分泌を防いで、
嫌な臭いが出にくくなるよ。

 

ミョウバン足湯の作り方

足湯をして、
ミョウバンの効果を余すところなく発揮させて、
すっきりした足を目指そう!

【材料】
足をひたす容器
30~40度程度のお湯
ミョウバン水原液

ミョウバン水原液の作り方
はじめに、ミョウバン足湯の材料となる、ミョウバン水原液の作り方を紹介しますね。

【材料】
焼きミョウバン10~20g(大さじ1.5杯~2杯)
水道水500ml【※ミネラルウォーターや精製水はNG】
500mlの水が入るあきペットボトル【※よく洗えば飲料の使用済ペットボトルでOK】
ロウトなど

【作り方】
1ペットボトルに指定量の焼きミョウバンを入れる。
※ロウトや、円すい形に丸めた紙などを利用しましょう。
2ペットボトルに水道水を400mlほどいれてからフタをし、よくシェイク。
3ミョウバンがある程度かき混ざったところで、残り100mlの水道水をいれ、再びシェイク。
4冷暗所で1~3日程度放置し、結晶が完全に溶けきって透明になったら完成。

ミョウバン水ができたら、いよいよ足湯に入る準備をしよう。


ミョウバン足湯のやり方

【やり方】
1あらかじめ足をきれいに洗っておく。
 (入浴の最後の仕上げに風呂場で行ってもOK。)
2両くるぶしが浸る程度の量のお湯を容器にはる。
3上記の容器にミョウバン水原液を湯量の10分の1程度入れ、よくかき混ぜる。
410~15分程度足をひたす。

ミョウバン水は、傷があるとしみることが。
 濃度を調節するなどして様子をみながら行ってみて。


追伸
いかがだったろう?
ただでできる事や有料でお金のかかる事も記載しておいたよ。
できれば、
この中で2つ3つ同時にやってみて欲しい。
必ず効果は上がるよ。