カヤックで散歩中

シーカヤック関係 ホビーアドベンチャー ハリケーンカッヤクスオープンベイ12 バイキングカヤックニモ2+1 AI


テーマ:

171.今年初の地元浮き

今日は地元のカヤッカーエビさんとその友人2名

合計4名で海に出ます


1人がカヤック未経験の人です

 

バイキングカヤックのニモ2+1を練習艇として貸し出します

近いうちにカヤックを購入予定との事ですが

色々な種類があり何を買うか迷ってる最中らしいです

 

一番楽しい時ですね

今日は実際の漕ぎも楽しんでいって下さい

初カヤックですので恒例の再乗艇訓練を

行います

まだ寒い海へ躊躇なくドボンしあっさり再乗艇クリア

漕ぎも問題ありません

 

随分暖かくなってきており気持ちはいいですが

沈し再乗艇できてはいいが一度濡れた体で風に当たると

一気に冷えます

春のこの時期でも容易に低体温症になる危険があるんだよ

っとご理解頂けたと思います

 

PFDやウェットスーツなどの必要性も身をもって覚えておけば

後に自分自身が助けられます

 

カヤックに釣り道具を各自積み込んで沖に出発です

 

自分はアドベンチャーを出します

軽く漕いだ後ミラージュドライブを挿したまま

手漕ぎをしてみたがまったく曲がらない!

ラダーとミラージュドライブの抵抗がここまで強いとは!

 

これが安定感につながるのでしょうね


 

海の上でワイワイ楽しんで今日は終わり

釣果はハナダイ2匹でした

 

 

172.NSSでセーリング


自作ボートランチャーをチョコチョコいじり

その後初稼働

とても楽に動かせませた 大成功~

重いAIを移動させるに苦労するという

大きな問題が解決できました

 

海に浮かべてセールを張る

今日は東の風3メートル予報ですが

海の上はもっと吹いています

 

セーリングとしては楽しいが

釣りの方は底が取れなくて話しに

なりません

糸がドンドン出ていき地引網やってる気分です

 

両脇についてるトランポリンに乗ったり

もどったりして糸を絡ませないようしますが

どうにもならん

 

 

 

こんな日は釣りはあきらめセーリングの勉強

をします

 

途中AIの先輩S原と合流

S原さんはすでにノルマ達成(真鯛)されて

セーリング遊びOKとの事

 

今日は自分が先頭で風上に上がっていきます

S原さんは後ろから監督

 

風に向かって上がる

前回はお手本の真似してついていくだけでしたので

気が付かなかったのですが

今回は自分で考えてヨットを操作しなければ

いけません

AIのポテンシャルはクローズホールド40度位らしいです

 

だだっ広い海の上で40度って

いったいどうやったらわかるのでしょうか?

 

40度ギリギリで上がるっていうことは

とっても遅いって事になります

 

辛抱できなくなってアビームみたいに

スピードがでる進路をとれば

結局ろくに上がっていなく同じところを

うろちょろしてるだけ

 

本当の風向きと移動して出る風

両方が混じり合って風が読めない

 

当分修行ですね

 

 

監督のS原さんから上記の内容を

助言して頂けました

 

あとびっくり情報で

AIでもパラシュートアンカーが

有効との事

 

周りにフネがいなければ使っていいよ

と教えてもらいました

 

地引網ごっこ回避で使ってみますか

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

28日 沼津のNSSで今年の初浮き


ボートランチャー

自作で作ったボートランチャーは機能はしてるが

まだまだ改良したい部分がある

 

せっかくAI専用のワンオフで作ったのだから

今後ゆっくりと問題点を潰していきましょう


 

 

バッテリーが重くてゲンナリする問題

 

単体でも重いのに重いAIにセットして

それを運ぶ・・・

行きは張り切ってるのでいいのですが

慣れないセーリングで全身疲れてる状態で

帰着し、砂地を引っ張っていく 結構きついです

 

実際はNSSのアシストがすごく

ボートランチャーを事前に用意してくださったり

ウィンチで陸揚げして頂きものすごく楽をさせて頂いています

管理者を始めNSSメンバーさん達のシーマンシップは徹底されているので

皆で助け合い安全な所まで移動ができる

という幸せな環境にあります

 

ただ改善ができる要素があれば自分でも努力はしたいです

カヤック本体やセール ミラージュドライブなどの重さに対する

改善は余地がないですが、バッテリーに関しては今は

いい製品がでていて余地はありそうです

 

試しに今流行りのリチウムバッテリーに交換してみたら

色々ハッピーになれました

バッテリーの概念が覆されますね

ダンボールと同じ重さの扱いです

軽量カヤックとも仲良しになれそうです

魚探と電動リールの共有化をするかしないかなども含めて

試行錯誤していきます


 


 

時期に応じた着衣の件

 

寒い冬はなんといってもドライスーツが一番と

長い間思っていました

家から着てきた服の上にドライ着込んで

すぐに海に出れる

こんなに楽なことはありません

実際楽でした

 

ディンギーのベテランさんがみんな

わざわざウェットスーツに着替えて

海に出る理由などを聞いて考える機会がありました

今持ってるドライスーツは7年目でラテックス系は交換済

離着陸時に水圧がかかるとジワーと滲みてくる足回りも

トーレの防水補強テープ使って慣れないアイロン作業を

何時間もかけ対策しましたがそれでもどこからか滲む

 

寒い真冬もウェットスーツでやってみるいい機会です

 

カヤック用のウェットスーツはブルーエースのロングジョンが

自分には一番使いやすいです

3ミリと5ミリの2種類を持ってるので

5ミリを選択します(これも5年以上使ってるので

専用ボンドなどを使い修繕と補強をします)

 

持っていないのはウェットの上着

今まではパドリングジャケットを着ていましたが

この寒い時期ペラッペラのジャッケトでは厳しいです


ブルーエースではロングジョンの上に重ね着する

ボレロという商品がありました

 

これを早速購入してみます

 

さて準備が揃いました

早速海に浮いてみましょう


 

2月19日

写真はS原さんのアドベンチャーアイランド(AI)です

富士山と黄色いAIのショット

楽しくなります

 

寒いのは嫌いなのでこの装備の上に

念のためパドリングジャケットも着込みます

 

朝一で息が白い状態でも問題なし

 

ミラージュドライブをえっちら漕いでいると暑くなってきます

日が昇って温度が上昇すると軽く汗ばむくらいです

 

昼近くなって風が出てきたのでセーリングを始めると

さすがに寒いが十分許容範囲内です

 

着衣の件はこれで解決です

真冬でもウェットスーツで問題ないことがわかりました

このスタイルでやってみます


 



 

2月26日セーリング特訓

 

今日も沼津セーリングスッポト(NSS)で浮かぶ

ここの海は水深100メーターオーバーが簡単に行けて

魚影も濃い メンバーの皆さんはびっくりするような

魚をサクッと釣っています

こっちは相変わらずのボーズ

 

タイラバの勉強中ですが釣れる気が全くしないw

色々と釣れない理由の思い当たるふしがあるので

釣果は当分これで良しと致しましょう

 

いい風が吹いてきたのでさっさと釣り道具一式を仕舞い

セーリングの開始です

 

簡単で且つスピードが一番がでる

横風(アビーム)で海の上を行ったり来たり

楽しみます

そこにAIS原さんと合流

しばらく2艘でスピードを楽しんでいたが

S原さんが「あがろう」と話しかけていました


 

こんなにいい風の時にもうあがるの~~~?


 

しょうがない 初心者の自分には危険と判断されたのかな?

と思っていたら


 

あれ?そっちは方向違いますよ 


 

まったく帰りとは別方向に向かわれます


 

そして海の模様も一変し

風は強くあたるは波もきつくなるはで

今までの海と別物になりました


 

「あがろう」とは風上に向かって上がっていくって意味だったのですね

風上(クローズホールド)に斜め40度くらいでジワジワ進みます

目の前にお手本がありセイルの張り方を真似します


 

方向転換(タッキング)する度に離されて行きます

途中でインチキしてミラージュドライブ漕いでw

どうにかついていくことができました


 

帰りは風下(ランニング)です


 

さっきまで風が強く海面も凶暴だったのに

風がなくなり海面も穏やかです


 

ただAIの挙動が不審になり度々右向いて左向いてとあやしい動きをします

うーん 難しい  前を走ってるS原さんのAIはそんな挙動は見られません


 

そして着岸


 

陸に上がり口頭でのレクチャーを受けます


 

今日の訓練内容は

安全にセーリング遊びをするため行きたい方向への進め方

でした。


 

風向きは変わるために帰る方向が風上なら遭難してしまいます


 

その為に風上に上る技術の習得は必須であり

アビームでかっ飛んでばかりではなく基礎技術も

練習し向上しましょうとの事


 

あがり初めたら海の状況が一変するのは

風や波の向きに逆らうのだから強くなるのは当然

下りは風や波の向きに同調するのでゆるくなる


 

挙動不審な動きはセンターボードが効きすぎて

それを軸にしてしまうので横揺れが強く出る

センターボードを半分以上引っ込めたら安定するよ


 

と教わりました


 

ヨットのお勉強 本を読んでも理解できない部分が多かったが

実際に乗ってお手本見ながら動かして、その後丁寧な解説が聞ける


 

とても贅沢な勉強ができました


 

ありがとうございます!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ボートランチャーの自作をします

単管パイプ1.5mと4mを知人裏庭に転がってるやつ持ってくる

塩ビ管パイプ数種類も転がってるやつ

コネクター類はホームセンターで購入

タイアはファクトリーゼロ社製の一流品を購入

 

バウドーリーのタイアは以前から使ってる

カヤック55さんのソティップKカートを

バルンタイヤに交換したので

余ったノーパンクタイヤを利用する

 

基礎からつくります

1.5mの中に塩ビ管パイプ20mmと

一回り大きいサイズをタイア軸分だけ短くし

かぶせ補強します(両端20mmパイプが飛び出てるので

そこにタイア軸を入れます

 

この状態でAIを載せるとタイヤに干渉しアマも折れません

上モノで干渉しない用立ち上げます

 

カヤックの底を受ける部分は最初ロープで作ってみました

軽いしよく滑るので軽トラの荷台につかっていましたが

それの流用です

 

1.5mの中間に直交クランプを噛ませ4mをつけます

 

これでT字になりました

 

4m先端近くにバウ受けつけて本当の先端にバウアイとして

適当な輪をつけます この輪にバウドーリーを取り付けます

バウドーリーは16mだったかな?のアルミ棒を使って

車軸にします 後は適当な角棒に持ち手と共に

取り付けて完成です

 

沼津セーリングスポットに張り切って行き

実際に使ってみます

しっかり乗ってボートランチャーとしての機能は十分

あることがわかりました が・・

受けにロープを使っていると沈み 両脇に付いてるアマが

うまく収納できません

改良として太い塩ビ管パイプへ交換します

これでばっちし収まりました

 

後は細かい部分の改良です

 

両脇にガイド棒(横流れ防止)を差し込む所作ったり

バウドーリーとの接続をやりなおしたりします

 

(友人達の知恵と力をたっぷりかしてもらって)自作ボートランチャーが

完成しました

 

単管は錆びます 何年後かボロくなるでしょう

そうしたらホームセンター行って新品の単管買ってきます

(試行品なので中古品でぼろい物使っています はやく錆びてくれないかな?)

 

 

現在まったく海に行けていません

冬は山オンリーになってしまいす

 

大物猟やって

近所でエアーライフルの小物猟やって

 

獲ってきた食材で料理して

(写真は猪の脚肉でアイスバインの仕込み中)

 

猟期が終わるまではこのブログ更新しにくい状態です

ごめんなさい

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。