2008-01-25

◇ 冬ドラマあいうえお作文

テーマ:TV

録りためていたドラマを最近ようやく一気に観ました。


恒例 の、といっても、3回目ですが、冬ドラマのあいうえお作文です。


まあ、あいかわらず苦しいのもありますが、ご勘弁を。


--------------------------------------------------------------

【薔薇のない花屋】 (フジ・月9)


  レるでしょう、

  眼だと。

  き込む

  気ない動作に

  識せずに

  応してしまったり。

  かなか上手くは

  れません。


盲目を装うならサングラスを使わないのはひどく不自然。何かを目で追うだけでバレる訳で。バレないと都合が悪いからという理由しか浮かばず、野島伸司、雑な脚本だなあと思っちまいました。

見所は、子役の八木優希。2話の松田翔太とのやり取りは笑いましたが、演技の巧さに感心しました。



【ハチミツとクローバー】 (フジ・火9)


  ”ぐみ”という

  ょっと変わった子と

  んなが

  き合う中で

  きめいたり

  しんだり。

  ーマイヤ先輩っちゅう

  さんくさい

  イプレイヤーを

  のキム兄ィが。


原作は非常に人気のある漫画ですが、逆に原作ファンに敬遠されたのか、3話にして視聴率は10%を切る苦戦ぶり。「”はぐみ”が成海璃子」というのに批判が多かったように思いますが、「”天才的な美術センスをもつ森田”が成宮寛貴」というのが、私にはミスキャストに思えました。秋ドラマでは”若くして成功したやり手社長”とか、このところ荷の重い役が多い感じがします。

しっかし、「はぐちゃん」って呼ぶのを聞くと、久本雅美の顔が浮かんでしまうのですが。。



【あしたの、喜多善男】 (フジ・火10)


  と11日で

  ぬんだ。

  べて

  んで

  兼ねなく

  しむぞー。

  ーし、

  ょっぱなは

  いしい「中村屋」のカレーだっ。


”ダークサイド”の小日向文世が怖くてしかたがありませんが、まだまだ謎が多く、先が読めないので楽しみです。

キャスティングも一番好きです。吉高由里子の演技を超えた演技、生瀬勝久と部下の丸山智己のコンビ、殺し屋・温水洋一!




【貧乏男子】 (日テレ・火10)


ぼん 庸な警官と

  人OLと

  ケメンといった

めん 々の悲喜劇。


小栗旬って、スカした役しか出来ないんじゃないかと思ってたんですが、意外に熱い役も好感持てます。

八嶋智人も達者だし、山田優もいい味出してます。


【斉藤さん】 (日テレ・水10)


  低限

  うべきことは言うべきだが

  るに足りないことまで

  かつに言って

さん 々な目には遭いたくない


言うべきことは確かにあって、ゴミ出し、子供のほったらかしなどは良いのですが、世間にはただ好戦的なだけの人、物言う自分が気持ちいいだけの人、というのもいます。

自分では正しいと思って言っているのでしょうが、いったい正しいとは何ぞや、と、中島みゆきも「Nobody Is Right」という歌でうたってます。



【交渉人】 (テレ朝・木9)


  葉巧みに

  手く

  向けて

  疑者を

  ろたえさせる

にん


もうちょっと仲良くしようよ。。。と。ギスギスしすぎ。

大筋のストーリーは期待を持たせるところもあるのですが、肝心の”交渉”という部分で、これは『交渉人・真下正義』もそうでしたが、なるほど特殊技能だ、と思わせるような話術や分析が今のところ出てきません。



【だいすき!!】 (TBS・木10)


  いぶ前の映画で

  識しない演技を

  ごく評価された

  本加世子


あれは『HANABI』でしたね。今回はとっても感情的です。

余貴美子は本当巧いですね。


【鹿男あをによし】 (フジ・木10)


  配いりませんって。

  てますって。

  ちてきた

  きには

  うしましょう。

  瀬はるかのお色気シーン

  

  0分に1回

  

  ましょう。


いきなり『うしお と とら』みたいなオープニングで、面食らいました。

玉木宏の語尾に吐息がつく発声法がとっても気になります。

「ええ(フヘ)」、「はい(ンハ)」、「けど(ンホ)」


【4姉妹探偵団】 (テレ朝・金9)


よん 女は

  っかり者だけど 

  さかの漢字力。

  つも金にうるさい次女。

たん 気な長女。

  んで気の弱い三女。

  ざというときは

だん 結だ。


四姉妹ですが、ポッキー四姉妹第1弾(清水美砂、牧瀬里穂、中江有里、今村雅美)、第2弾(松浦亜弥、石原さとみ、仲間由紀恵、柴咲コウ)といったメンツに比べると(後者は姉妹ではないのだろうが)、少々、一人に依存しすぎな気がしました。

ミステリー的なものは味付け程度で(薄味だなあ)、あまり期待できないですね。

【エジソンの母】 (TBS・金10)


  ゴだけで

  己主張しなきゃ

そん みたいな

  には

  っきり

  対しよう。


可能性のある子の芽を摘むのは確かにいけないかもしれませんが、人体模型に電気を流したら生き返るんじゃないか、という短絡的な発想のどこに可能性を感じろと。それを学校に期待するのは酷ってなもんでしょう。

伊東美咲は、前回は「壁おんな」、今回は「面白くない女」と、コンプレックスを背負う役が続きますね。

その伊東美咲に「面白くないから」と婚約破棄までした男、谷原章介が面白い。芸風幅広し。

それと、そうそう、『ライフ』で変態少年を怪演した細田よしひこの社会復帰作です。


【未来講師めぐる】 (テレ朝・金11)


  所は

  

  降も

  れといって

  かばないし

  ょうもないギャグが

  立つのは

  ッドじゃない。って

  ー大柴かっ。


好みの問題でしょうが、私は嫌いです。どうしても、「こんなナンセンスなの作れるって、センスいいでしょ!?」とやたら主張してる気がして。

「ボキャブラ天国」が人気番組だったりもした訳だから、面白いと思う人もたくさんいるんだろうとは思うのですがね。私はパスします。

【1ポンドの福音】 (日テレ・土9)


  っちゃえよ、

  ゃんと。

ぽん ポンと。

  胸出して。

  られても、

  ラれても、

  いるよりは

いん いんでない?


黒木メイサのシスター役は、石原真理子や伊東美咲の”音無響子”よりはハマっている気がしたのですが、どうでしょう。

しかし、何を今さらながら、亀梨和也って『金八』出てた子ですよね。変わるもんだ。


【佐々木夫妻の仁義なき戦い】 (TBS・日9)


  洗いの

  の字もせず、

  た物も洗わずに

  潔極まりなく、

  には

  地っ張りで

  書きは言う女を

じん 生の伴侶とした男を

  牲者として描くが、

  かなかあれだけ

  麗な人はいないので、

  とえああでも

  える

  斐があって

  いんじゃないか


小雪の鼻血メイクは、やり過ぎな気がしましたが、初回は楽しみました。

バトルはそれほどでもなく、最終的には助け合ってエンディングを迎えましたが、これから激しさを増すのでしょうか。

--------------------------------------------------------------

いまのところ、観るだろうな、と思ってるのは、『あしたの、喜多善男』、『貧乏男子』、『鹿男あをによし』、『佐々木夫妻の仁義なき戦い』といったところです。

ストーリーくらいは追っておくかな、というのが『薔薇のない花屋』、『交渉人』、『エジソンの母』。

あとは、気が向いたら、ってとこです。

では、また、いつか。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

beerorさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。