祭り三昧

テーマ:

10/9 (ジョン・レノンの誕生日)


昨日、信州・松本そば祭り に行ってきました。

祭り自体は16:00で終了だけど、20:00まで開いている店が8軒あると聞いて、18:00ころ行きました。

すると、雨の所為か人もまばらで、三軒しか明かりが点いていません。

そこで、丁度腹も空いているし、全部ハシゴしてやろうと心に決め、

自転車に鍵をかけました。



まず一軒目、『北海道そば研究会』という店でせいろを食べました。

「牡丹そば」 という品種だそうで、緑がかっていて、青臭い香りが強くて、とってもおいしかったっす。


二軒目は、『安曇野 穂高社そば』という店で、またせいろを一枚頼みました。

ところが、出てきたのは、二枚分はあろうかというざるそばで、トッピングに山菜まで付いていました。

「もうお客さんも見えないし、今日はこれでお終いにしちゃうから、お兄ちゃん、これサービスね!」ということでした。

かろうじて海苔と山菜の隙間から垣間見えるそばは、少し太めで色が濃く、十割そばを思わせるものでした。

でも、いかんせん海苔と山菜の香りが強くて、食べている最中は、

「三軒回れるだろうか」などと余計な考えが頭をめぐり、味わう余裕がありませんでした。


そうして、僕のそば道中は二軒で幕を閉じ、ピアノとアコーディオンとギターを練習しにジャズ研のボックスへと向かったのですが、そこであることに気付きました。

なんだか香ばしい良いにおいがするなー、と思っていたら、自分の喉の奥からあふれるそばの香りでした。


やっぱり、長野県っていいところです。そばがうまい。