英語の発音、3つのお約束

テーマ:
英語の発音、3つのお約束

① -- いかに母音をそぎ落とすか!(カタカナ英語からの脱却)
② -- 英語は文字ではなく音で区切れ!(つなげて滑らかに発音)
③ -- 強弱のリズムは等間隔に!(より英語らしい英語へ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本語は「子音+母音」がワンセットで発音されますが
英語は「子音」「母音」が独立して発音されます

日本語が母音中心の言語であるのに対し英語は子音中心の言語であると言えます

英語ではストレスのない「母音」はすべて弱化
もしくは無視され、「子音」は日本語よりもはっきり強く発音される


===============================================
例)

「スード」「ーター」は個々に発音する場合は
speed [spi'd], meter [mi'tεr] どちらも
最初の e にストレスがあるのでイー[i:]とはっきり発音されます 

しかし、「スピードメーター」speedometer となると、ストレスの位置が o に移るので
それ以外の母音は全て弱化、無視されます

[spεdа'mεtεr] (аははっきり発音する母音/εは弱化した母音を表します)
あるいは[spdа'mtr] のように他の母音は発音しません

スパマタ、っぽく聞こえます、決してスピードメーターではありません!

===============================================

辞書で調べると発音記号には弱化した母音も入っていますが
日本人はもともと母音の発音が強すぎるので、むしろ無視して
子音だけを強く発音するように心がけるといいと思います

シャドーイング(ネイティブの音に少し遅れてついていく)
をしていて、速度についていけないのは
ひとつには、日本人は母音を強く長く発音しすぎる事です

ネイティブと同じ速度で話す練習をすることで、余分な母音がどんどん
そぎ落ちてより英語らしい発音になっていきます

余分な母音がそぎ落とせると、自分でも発音し易いし
ネイティブの英語がスローに聞こえてきます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「子音+母音」のセットになじんでいる日本人には
子音で終わる英語の単語の後に母音で始る英単語が
続いた場合、「子音+母音」として認識され
単語同士がつながっているように聞こえます

英語では子音と母音がくっついて聞こえるので
 単語の切れ目と音の切れ目が違う!


===============================================
例)

Can / I / have / an / apple? (単語の切れ目)

Ca / nI / havea / na / pple? (音の切れ目)
キャ / ナイ / ハバ / ナ / ポー

===============================================

音のつながりに慣れないうちは簡単な単語が隠れていても聞き落とします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

意味語はゆっくり強く、機能語は弱く速く!

英語では意味語(文中で重要な単語)はゆっくりはっきり発音され
機能語(文を構成するのに必要だが意味的には重要でない単語)
は速く弱く発音されます

==============================================
例)

Be sure to write me as soon as you get there!
「向こうについたら必ず手紙書いてね!」

赤い太字は意味語です ゆっくり強く発音します

===============================================

英語の文では強弱が等間隔で繰り返し発音されます
太字と太字の間にはいくつ文字が入ろうと、太字の単語1語とほぼ同じ長さで発音されます

つまり、5文字から成る機能語 "me as soon as you" の読まれる速度は
それぞれ1文字の意味語 "sure", write, "get" の読まれる速度と
ほぼ同じになります


そのため日本人にはとても速く聞こえます
日ごろから英語特有のリズムに慣れていないと個々の単語は
知っていても速くて弱いので聞き取れません

▼慣れないうちは "soon" も強く発音してリズムをとってもいいと思います
ただし "as soon as" "a little bit" "sooner or later" "as far as などの
お決まりのフレーズはあたかも1語のように速く発音される傾向があるので注意!


--- 英語の音の特徴を知る事はリスニング・スピーキングにとても役立ちます
今回は特に重要と思われる3つについて書いてみました ---- (´∀`)


英語ブログランキング参加中です!
ダウンこちらもポチっとよろしくお願いします。(≧▽≦)

人気ブログランキングへ

ペタしてね


I've got a guitar!! Yay!

AD

コメント(11)