深呼吸の勧め

テーマ:

人間は無意識に呼吸をして生きています。(当たり前だ・・・)

しかし、この呼吸では肺を充分に使っていません、臓器の中では大きい肺(縦に30~40㎝もある)姿勢などの影響で70~80%しか活用出来ていない。

肺の全体を使うには、全肺呼吸(胸式と腹式呼吸を交互)をお勧めします。

肺の上部と下部を充分に広げてする呼吸です。


手軽に何時でも、そして経費も掛からない深呼吸で健康維持を・・・!


呼吸は感情と深い関係をもっています、緊張状態の時などに「深呼吸して落ち着きなさい」こう言われた経験がある人は多いでしょう。

その時正しい、深呼吸出来たでしょうか・・・?


深呼吸の方法


まず、ゆっくり口から息を吐いて、 次に鼻からゆっくり腹に溜める感じで空気を一杯吸い込みます、ここで一瞬息を止め、更に空気を吸い込みます。

そして、口を口笛を吹く形の唇にして、息をゆっくり細長く吐きます。

出来れば、腹式呼吸と胸式呼吸を交互に行うようにします。

気分的に落ち着くまで、何回も繰り返せば尚効果的です。


深呼吸の効果


 1)副交感神経の働きが強くなり、リラックス効果が望める。

 2)血圧を下げる効果もある。

 3)生活習慣病の予防効果もあると言われている

 4)緊張の緩和、ストレス軽減効果。

 5)血流がよくなり冷え性の改善効果。

 6)精神j的な好感触を得られる。(気分爽快)


起床時や就寝前、イライラ時、疲れを感じた時等、ちょっとした空き時間に、さぁ~深呼吸だと、意識して実行すると好いでしょう。

 


AD

怒りの発散

テーマ:

間と年を重ねて経験豊富になれば、理不尽な出来事に出合う確率が高くなり怒りを覚える機会が増してきますね。

腹を立てて怒り出すと,「血圧が上がるよ・・・」えとよく言われまが、・・・早死にするだろうか?


しかし、怒りを爆発させずに内に納めていると、ストレスが蓄積され心の傷として残ります。

これを、防ぐためには、怒ることが好いようです、

うっぷんを晴らすのは、物を壊(投げる)すとストレス解消・・・・・これで長生きだ!


怒りの原因は、物を壊しても解消しないが、適度なカロリーを消費するだろう、ス毛はトレスも幾らか無くなる。

大いに怒りましょう、しかし人を傷つける様な暴力だけは慎むことが大切です。


尚、怒りを爆発させて、損害や問題が生じても当方は関知致しません(責任は持てない)

当事者自身で解決願います。

AD

水で健康に・・・!

テーマ:

動植物は、水無しでは生きていけません、勿論人間も同じです。

水は飲みすぎも、少なすぎても生命の維持に関して大きな問題が生じます。


人間の体は、1日に2.5ℓの水を、汗や息、排尿等で排出している、


体内の水分量が2%減れば喉の渇きが生じてきます、更に3%減になれば、もはや渇きを感じ得なくなり、6%減れば体内で水分調整が困難となりその結果、脱水症状となります。


10%水分量が失われた状態では危機的状態となり、20%失うと生命にかかわる状態となります。

尚、水を一度に多量に飲むと、水中毒症状となり命を落とす場合が生じるので留意しましょう。


普通の生活時の2,5ℓの水分排出は、一番多いのが尿(約1.5ℓ)汗(約0.6ℓ)呼吸時(0.3ℓ)・・・等。

この水分量が排出されるままでは生きていけないので、摂取の必要が生じる。

普通の生活をしていれば、食事から1ℓ程度の水を摂取出来る、また体内でも炭水化物や脂肪等を燃焼して0.5ℓ程度の水分が補給される。

不足分1~1.5ℓ程度の水を摂取すればよいことになる。


しかし、運動や仕事、そして気温等で失う水分量は、日によって違ってくるので、これに対応した水分補給を行う必要があります。


また、就寝前や起床時のコップ1杯の水を飲むのは、健康維持に好ましい効果ががあると言われています、人間を長く続けたいならば実行しましょう。


AD