ロカボ宣言。

糖質制限の方法について考えます。糖質制限、MEC食、ボーンブロスにパレオダイエットなど、ローカーボに関連する情報をお届け!

NEW !
テーマ:

欧米のセレブ達の間で人気を博した「パレオダイエット」が日本でも注目を集めていますが、このパレオダイエットは一種の食事制限ダイエットであるため、事前に食べて良いものや正しい食べ方をきちんと理解しておきましょう。


旧石器時代に生きていた人たちと同じような食事を採ることで痩せやすい体づくりを行い、ストレスを感じることなく自然に体重を減らしていけるのが特徴です。そのため食べて良いものは旧石器時代の人たちが食べていたものと同じ動物性たんぱく質や野菜が中心となります。

 

特に動物性たんぱく質を食べるときには脂肪分を気にせず、新鮮な美味しいお肉を沢山食べましょう。牛や豚などの種類は制限されていないので、その日の気分で選ぶのがコツです。魚も同じ動物性たんぱく質なので、肉類と同様に摂取しましょう。

 

注意したいのは豆や米、小麦製品は口にしていけないという点です。これらの食べ物は旧石器時代以降、農耕民族たちによって食べられるようになった食べ物であるため、パレオダイエットには不向きです。

 

しかし炭水化物を避けているわけではないため、かぼちゃやじゃがいもなど炭水化物を多く含む野菜を積極的に食べて栄養バランスを考えましょう。


お腹がすいたと感じたら、その時に食べたい分を口にする食べ方をするのが基本的なパレオダイエットの行い方です。そのため辛い空腹感に耐え忍ぶ他のダイエット方法とは根本的に考え方が異なります。
 

食べることが好きな人や、空腹感を我慢するのが苦手な人におすすめです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ファスティングは、1-3日間程度の間、食物を摂取せずに水や栄養ドリンクだけで過ごすダイエット法と言われます。食べ物からの栄養摂取がないのでカロリーは大幅に減らせ、しかも内臓を一定期間休められますから、からだの老廃物を排出できます。

 

しかし、やり方に工夫が必要です。

従来のファスティングは連続して実施するので、基礎代謝を確保しつつカロリー制限を行いますが、体重が減るのは最初数日だけで、その後は基礎代謝を維持していますから体重の減少が止まってしまいます。代謝が落ちると疲れやすくなり空腹感が強くなります。

 

空腹を我慢できず元の代謝摂取量に戻すと、一度落ちた基礎代謝はすぐには改善されませんから、体重はすぐに増加して、リバウンドが起こってしまい、ダイエットは失敗します。

間欠的ファスティングは週に1-2日だけ通常の食事の回数を減らします。重要なことは、通常どうりしっかり食べることで、基礎代謝を下げることで起こる体の適応反応を惹き起こさず、体脂肪を消費する余裕が有り、強い空腹感が起こりません。

 

連続で実施しない、基礎代謝を下げないことが大切なポイントです。

体重減少は少ないですが、長期的に行うと確実に減少していきます。空腹感がなくリバウンドも起こらないので、結果的に成功しやすいダイエットです。

 

早急に体重を減らしても、リバウンドで元の体重以上になってしまうことが最も悪い結果となります。無理をせず、しっかりと間欠的ファスティングを行う意志があれば、どなたでも成功します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

古くから病気を治療する目的で頼りにされてきたのがファスティングですが、近年の研究によってダイエットの効果に限らずホルモンの動きを正しくする作用があることも判明しています。


しかも、24時間ファスティングや36時間ファスティングといったように意図的に時間を区切って実践することで、尚更高い効果が得られることもわかり始めています。


24時間ファスティングについては2002年に販売された著書がきっかけとして戦士という名称が付けられており、かつて古代ローマにて組織が取り入れていたという歴史が残っています。


具体的な方法としては夕方に4時間のみ食事に費やす時間を確保し、時間は20時間から24時間であることから24時間ファスティングと呼ばれています。連日行っても良いですし、1週間に数度行っても良いことから幅広い人々にとって挑戦しやすいプランであると言えます。


一方、24時間ファスティングに慣れてきた方が新たな一歩を踏み出したい時にチャレンジしてみると良いのが36時間ファスティングです。丸一日一切食物を口にしないので、慣れていない方やファスティング中に摂取すべきものが明瞭に理解できていない場合は36時間ファスティングは後回しにした方が懸命です。


こうした点から、まずは朝食抜きから少しずつ始めていき負担をかけない程度に身体を慣れさせていくことが重要になります。
 

水や塩を正しく摂取しながら最終的には7日間から14日間という長い期間をクリアできるように目標を立ててみましょう。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食事から摂取した糖分はブドウ糖に分解され、血中にのって体を動かすためのエネルギーとして、細胞や筋肉などに運ばれます。この調整役を担っているのが、インスリンと呼ばれるホルモンです。

 

しかし様々なことを原因として、筋肉や脂肪細胞などで、このインスリンが正常に働かなくなることがあります。このような状態が、インスリン抵抗性と呼ばれる状態です。

 

簡単に言うと、インスリンに対しての抵抗性が著しく高い状態と理解することができます。このインスリン抵抗性が高いと、ひとつは血糖値のコントロールがうまくいかなくなることから、全身に対して様々な支障が発生する糖尿病のリスクが高くなると言われています。

 

更にもうひとつ、インスリン抵抗性と関係が深いとされているのが、肥満です。

 

実はインスリンには、血糖値をコントロールする以外にも様々な役割があり、そのひとつには脂質代謝の促進が挙げられます。そのためインスリン抵抗性があると、脂質代謝がうまく行われにくくなることにより、肥満が発生しやすくなります。

 

また反対に肥満状態が続くことも、肥満した細胞から出される物質を原因として、インスリン抵抗性を引き起こすと言うことも明らかにされています。そしてその結果として、肥満から糖尿病発症につながることも、決して珍しくはないとされています。

 

自分のインスリンの分泌状態や働きがどのようなものかと言うのは、体の外側から見ることはできません。だからこそ、日々の、食事内容を含めた生活習慣に気を配ることが重要です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ボーンブロスとは、鶏や牛の骨からとったスープで、コラーゲンやミネラルが多く含まれているものとして、美容や健康の面で、非常に人気があります。鶏ガラスープや牛骨スープに近いものですが、スープを作る時に肉をそぎ落としてあるので、低カロリーでもあります。

ボーンブロスには、コラーゲンだけではなく、数多くのミネラルも含まれています。まず、骨から出汁をとったものなので、カルシウムが豊富です。

 

牛乳はカルシウムが豊富なことで有名ですが、合わない人はお腹を壊してしまう上に、カルシウム濃度が濃すぎて、人体ではあまり吸収できないという説もあります。ボーンブロスでは、骨からとれた、良質のカルシウムが適度に摂取できるので、骨や歯の健康に役立ちます。

また、鉄分もボーンブロスには多く含まれています。鉄分は、現在の食事では不足しやすいものなので、ボーンブロスに含まれている質の良い鉄分は、貧血や立ち眩みの予防や改善に効果的です。その他、マグネシウムや銅、マンガンのようなミネラル類も多く、インスタント食にはあまり含まれていないミネラルを効果的に取ることができます。

ボーンブロスは、日本ではあまり馴染みがない食べ物ですが、海外では大手新聞社によって、報道されているほどの注目を集めています。

 

現代の食事では、どうしてもミネラル類は不足しがちになります。日々の食事に、ボーンブロスを取り入れることによって、ミネラルを効果的に摂取でき、健康な毎日を送れます。
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。