ブルブテさんの完了完成です。

 

ヘッドモールドはシーリー社のブリューブルブテ。

ボディーは、ベベタビト特製のお座りのできるタイプのシュヴロボディー。

出来上がり身長43cm。軽くてかわいがりやすいサイズです。

ブラウンのペーパーウェイトグラスアイ。

ブロンドのモヘヤウィッグ。

 

こげ茶色のブーツを履かせました。

最初のうちは、アイボリーのシルクソックスを履かせていますが、

黒のほうがいいように思い、昨日履き替えました。

 

一昨日から、写真を取り直し、やっとアップできます。

 

途中で、カメラカメラの機能の設定を試みるうち、操作の仕方が、訳が分からなくって、中断しました。

そのうえ、画像が大きすぎてアップできず、ひとりガーン四苦八苦ガーンしながら1枚ずつ縮小するはめになりました。

時間のかかったこと、かかったことドクロ

 

 

最初の5枚は、オールドポスター風のようですね。

次の1枚は、ジオラマ風です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おやおや、これは、オールドポスター風。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じつは、このブルブテさんには、秘密秘密秘密があるのです。

こういういたずらあせるをするのが、好きでたまらないのです。

このハットボネは、面倒なのですが、作るときにハットボネの基礎にヘッドレスト風のものを別に作っていたことを、覚えておいででしょうか音譜

 

 

このヘッドドレスを外し、ネザーランド・ドワーフウサギさんの耳を立てた写真がこちらです。

 

 

ウサギウサギウサギウサギウサギウサギウサギ

 

 

この子が、とっても愛らしくって、なんだかネザーランド・ドワーフウサギさんの耳を付けたい気持ちになってしまったのです。

耳のお色が、色白のお肌のピンクとものすごく合っているのです。

 

この耳は、折りたたみが自由にできます!

こんないたずらあせる駄目でしょうか!?

 

 

 

 

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

 

さて、ここからが、昨日撮った写真です。

編み上げブーツの下は、黒いコットンソックスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、これはジオラマ風。

 

 

 

 

これは、トイカメラ風。

 

 

 

 

これは極彩色風。

 

 

 

 

オールドポスター風。

 

 

 

 

 

いわずもがなのモノクロ風。

 

 

 

 

 

 

こんな風に、色々楽しめるのですね。

やっとカメラの取り扱い方法が少しつかめてきたので、時間をかけてたくさん取りました。

おねがいもしお時間がおありのおかたは、最後までお付き合いいただけると嬉しいですドキドキ

 

 

 

 

 

 

ありのまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールドポスター風。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ~、また、ネザーランド・ドワーフウサギの耳を、伸ばしている。

トイカメラ風。

 

 

 

 

 

極彩色風。

 

 

 

 

 

 

あら、そうそう、このシュヴロボディーは、お座りできるタイプでした。

椅子椅子に座って、パチリ。

 

 

ジオラマ風。

 

 

 

 

 

極彩色風。

 

 

 

 

ジオラマ風。

 

 

 

 

トイカメラ風。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オールドポスター風。

 

 

 

 

 

極彩色風。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、こんなにもたくさんの写真、退屈なさいませんでしたか???

ちょっと申し訳なく、心配ですショック

まだまだ、機能の色々を、使いこなせているわけではありませんが、遊んでしまいました。

実際にはやはり、ありのままが、1番忠実なので、こんなアップは今後必要ではないのかもしれませんね。

必ず三脚で固定し、セルフタイマーを使い、ISOをチェックし、より実物に近いように撮る技術を磨くことが大切ですね。

 

わたくしてきには、極彩色の、古めかしく毒々しいような色合いが、一番好みかもしれません。

メリーゴーランドのような、非現実の世界のようで、心惹かれます。

皆様には、どのようにご覧いただけましたでしょうかブーケ1

 

 

うさぎネザーランド・ドワーフ本日は、例にないほどにたくさんのお写真をご覧くださり、誠にありがとうございましたうさぎネザーランド・ドワーフ

 

べべタビト。^^。

AD