Paseo de manzanita

ヨギーニ"manzanita" のお散歩日記

~震災をきっかけに首都圏から四国へ原発避難、移住。モンテッソーリマインドを胸に、のどかな自然と手を取り合いながら日々子育ちを観察♪親育ちまっただ中♪~

黄色い花マタニティ・ピラティス連載中♪

  妊婦モデルとして参加しています♪ぜひご覧ください♪

  ぴたトレ.com


テーマ:
photo:01



もうすぐ新月。
新しいはじまりのとき。

偶然か、必然か。
お月さまのスタートとともに、
ニュージーランドでの生活を始めることになりました。

明日、日本を発ちます。



出産を機に、自分の中で何かが変わり始めました。
今まで疑いもなく「こう」と思っていたことたちに、
疑問を持ち始めました。

娘との日々の中で、アトピーとのお付き合いの中で、
ぐらぐらと揺れ、溺れ、もがいてきました。
そして、悪いものなど何もないんだ
と感じられるようになりました。

震災を機に、ゆらぎ始めていたこれまでの価値観が
大きくひっくり返りました。
わけも分からないまま、ただ直感に任せて香川に移住をしました。
ここで、いまの私に必要な出逢い、必要な学びを頂きました。
驚くほどたくさん。

そして、いま、香川での生活を経て、
ほんの少しだけ、自分の中に軸が見え始めたように思います。
まだまだ大きく揺らいでいます。
これから、新しい環境でまた
ひとつひとつ積み上げていくことになるのだと思います。



考えることよりも、感じることを思い出そう。
力を入れることよりも、緩むことを思い出そう。
沸き起こる違和感をなおざりにせず、
魂が喜ぶことを積み重ねていこう。
目の前にある、いまできることに、こつこつと取り組んでいこう。
結果自然成。
きっと、成るように成る。
だから、安心して、いまを生きよう。
すべては自分が思った通りになる。
良いことも、悪いことも。
人生には、必要なことしか起こらない。

そんなことを身を持って学ばせてもらった、
香川での1年半でした。



香川でお世話になったみなさん、本当にありがとう。
逢いにきてくれた方、見送ってくれた方、お便りをくれた方、
旅立ちをサポートしてくれた方…心から感謝しています。
ハチャメチャにドタバタと駆け抜け、
最後にお会いできなかった方、ご挨拶できなかった方もたくさん。

名残惜しい、でも、全く悲しくない…
不思議な旅立ち。
なぜだろう。
きっと、また逢えるという確信があるから。
会いたい人にはいつでも会えるし、
必要なときは必ず引き寄せられる。
そんな確信が持てるようになったから。
そして、ここで出逢った人たちがみな、
同じような気持ちで送り出してくれるから。
そう、またいつでも会えるんです(^^)




ずっと繋がっていられる仲間と出逢えたことに、ありがとう!

いつも寄り添ってくれる友達に、ありがとう!

いつも私の選択を見守ってくれる家族に、ありがとう!




いってきまーす!!!








manzanita

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「paz(平和)」 の記事

テーマ:
photo:01


娘が幼稚園に通いはじめて、2週間ちょっとが経った。

朝のお別れも儀式的に泣くだけ。
昨日も「いやぁー!」の声を背に園の扉を閉めたけど、ものの10秒で聞こえなくなった。
今朝は、先生の膝に顔をうずめて「ぐすん」だけだった。
おや?
明日はバイバイしてくれるかな(笑)



photo:02


月曜日。
高松の名所「栗林公園」にプチ遠足に行ってきた。
先生に誘っていただき、私も付き添わせてもらった。



photo:05


もう梅がさいているんだなぁ。
梅が見頃で、本当にきれいだった。
梅の下でのお弁当、最高のひとときだった。

年始に母を連れてはじめて訪れたときは花の気配はなく、ただただ庭園の美しさを堪能した。
移ろいゆく季節を感じられる素晴らしさ。
もう春はすぐそこなんだ。



photo:03


栗林公園にある菊月亭でみなでお抹茶をいただいた。

幼稚園ではお作法の時間があるそう。
子どもたちが正座をして静かにお茶を出していただくのを待つ姿が…とてもかわいらしかった。

子どもは静寂を好む。
本当にそうだなぁと感じる。



photo:04


私が付き添っていたので、娘は甘えん坊モードだった。
仕方ないなぁ~と思いつつも、少しずつ本来の幼稚園での姿を見せてくれた。

お姉さんたちと一緒に走り回ったり。
大きな石の影でおままごとをしていたり。
私ではなく、先生に声を掛けてトイレに行ったり。

12~3人の3~6歳の子どもたちが、それぞれに新しいことを経験して成長しているのがとても微笑ましい。
異年齢児保育の素晴らしさ、やはり感じます。

そして、先生たち自身がものすごく子どもたちとの時間を満喫しているのが伝わってくる。
先生たちはいつもこうしてアットホームな空気を作って下さっている。
きりきりまいになってる先生は一人もいなくて、いつも笑いに包まれてる。
だからこそ、みんな安心して過ごせるのだなぁ~と、改めて実感した。

こんなすてきな園と出逢えたことに、心から感謝して。






manzanita

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
目が覚めて、雨の音?
今日は雨かぁ。
なんだかしっくり、そんな気分だ。

ゆっくりと朝の支度を進め、ストーブに火をつけて。
カーテンを開けたら…
白銀の世界だった。

スタッドレスを履いたものの、今年はそれほど雪も降らず。
履き損だったかな…なんて思っていた。
けれど、今朝は多いに助けられた。
雪の積もる坂道とはこういうことか!と、また新たな経験。

すれ違う対向車はみんなきれいなボディ。
こちら側は、みんなたっぷりと雪を積んでいる。
街に着く頃には、雪を携えて走ってるのは…この車だけだった(笑)

雪化粧の木々と山々の景色。
あんなに美しい景色を娘と驚嘆しながら走ってこられたのは、山に住んでいるからこその特権だね。

自然の恵みに、ありがとう。
静かで穏やかな朝を、ありがとう。



いつもより少し遅れながらも、雪の中、無事に娘を幼稚園に送り届けられた。
今日はどんな一日を過ごしてくるのかな。
娘の止まらない報告を聞くのが、また楽しみだ。



扉がパタッと開いた。

何かが動き出すとき。
そのエネルギーは波紋のようにじわりじわりと伝わっていく。
そして、昨日とは全く違う自分の姿を見せてくれる。

本当にそうなんだ。
ここ数週間の娘を見ていると、その驚きでいっぱいです。



私たち母娘の間に、何があるんだろう。
気にしすぎと言う人がいるかもしれない。
けれど、何かが縺れてうまくいかない。
何かがある、と感じていた。

妊娠・出産・産後という経過の中で、不本意にも積み上げてきてしまったトラウマ。
私が認識しているものだけでも山ほどある。
それ以上に、世代を超えて積み重ねてきたことも山ほどあるのだろう。

それぞれの母子に、それぞれの関係性があるのだと思う。
だから、「~歳になったから、~しなきゃいけない」なんてことはひとつもないと思っている。
成長の過程や、親子関係の成熟は、ひとりひとり個性があるはずなのだから。

私にできることは、娘と向き合うこと。
ただそれだけだった。
幸運にもそういう環境をいただいてこれまで過ごしてきた。



さまざまな出逢いと、温かいサポート。
本当に、「繋がり」というものに支えられていると感じる。

あんなにツラかったコトゴトが、この数週間でふっと軽くなった。
またひとつ、娘との間にある縺れが解けた感覚。

長かったけれど、来るべき「とき」が来たのだなぁと感じる。
すべて、そうなるようになっていた…と。



春からお仕事をさせていただくことになった。
それと同時に、ある小さな幼稚園とのご縁をいただいた。
そして、娘がそこに「いきたい」と願った。

友達がくれた「(娘)ちゃんが自分に必要な環境を引き寄せてる」という言葉がとても心に響いた。
娘は、娘の力で、すべてを選び、すべてを整えて進んでいるのだなぁと。
娘という存在への信頼感がより一層深まった。
この流れに身を委ねることにした。



今週から、娘の幼稚園生活が始まった。
満3歳から随時入園できる、教会でやっている小さな小さな私塾。

2日間の付き添いを経て、昨日から初めての母子分離に挑戦した。
娘を先生に託して園を後にして15分後。
園長先生からお電話がきた。
「もう泣き止んで、遊んでいますよ」と。
驚いた。

今回は娘の選んだこと。
私の中にも「大丈夫」という妙な安心感があった。
それにしても、そこまでとは。
しばらくは娘らしく頑固な姿で闘うだろうが、きっと乗り越えるだろう…そんな気持ちでいた。
ところがどっこい、ものの5分ほど泣いて、あとは一日楽しめたそうだ。

お迎えに行ったときの、あの、照れながらも自信に満ちた表情。
忘れられない。
3歳4ヶ月。
あぁ、階段を登ったな、と実感した。

きっと、これが1ヶ月前だったら…
大変なことになっていたと思う、確実に。
いま、娘の準備が整い、いま、必要な環境を引き寄せた。
本当にそうなのだなぁと感じる。



私の方は…とてつもなく淋しくなるのかなぁと思っていたけれど。
予想に反して、全く(笑)
私側の心の準備も整った、本当にベストな「とき」だったのだろうと思う。



春はすぐそこ。
一歩一歩、自分の道を進み、助け合って行こうと思います。







manzanita
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01



徳島のとあるスーパーで。
子ども用カートでお買い物。

「あとはー、ちーさいとーにゅー(小さい豆乳)とー、ばばな(バナナ)は??」

指おり数えて…いっちょまえ(笑)

大かがりな乗り込み型カートより、いまはこういう方が楽しいね。


photo:02



中国の大気汚染。
大阪の瓦礫焼却。

娘は、目の痒みや、肌のカユカユ。
私は、のどのイガイガ。
じわりじわりと症状が現れています。

鼻血が出たり、咳が止まらなかったり…
身近でもどんどん広がっている。

マスク生活の再来、悲しいですね。
でも、仲良しの友達とマスクを見せ合って楽しんでる子どもたちを見てると、希望がわいてくる。

できることを、ひとつひとつやっていこう。

体の中に入れない。
体の中から排出させる。

いままで以上に、日々の生活を丁寧に。







manzanita
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01



いつも荷物がいっぱいの娘。

イルカさん、かめ、メェメェさん、クマさん…
甲斐甲斐しくお世話しているお供のお人形たちと、おやつ、ハンカチ、木の実、タッパー…などなど。

いつも手や腕から溢れんばかりの荷物たち。
何度も取りこぼしては、何度も拾い、大事に運んでた。


やっと、気に入ったリュックと出逢い、娘の元に届けてあげられた。

うれしくって、うれしくって。
「ねーママ~、なにいれる~?ふふふ~」

届いたその日は、中身を取っ替え引っ替え。
ずーっとリュックを背負って部屋の中を歩いてた(笑)

去年の誕生日~クリスマスに頂いたプレゼントたちと比べても、ナンバーワンの喜びよう。
これをプレゼントにするべきだったのね??(笑)


大切なものだけをここに入れて。
入り切らない余分なものは、しっかりと手放して。
胸を大きく広げて、大空を仰いで、旅に出て下さいね♪







manzanita



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。