台湾美容技芸 日本語窓口

蝶式糸脱毛は台湾からやってきた新しい産毛とり美容法。従来の糸を使った産毛とりよりも痛みが少ない、衛生的な脱毛法です。新式糸除毛とも言います。ツルツルしっとり。化粧のりがよくなります。


テーマ:
「かっさ・経絡講座や排酸術講座で復習用に講座のDVDを販売してほしい」

「シャオ先生のセルフケア用のDVDなどありませんか?」

「通信講座はありませんか?」


などのお問い合わせをいただくことがあります。

講座のDVDについては検討したことはあるのですが、座学だけのセミナーで会場の後ろから講師とホワイトボードやスクリーンだけをビデオ撮影するのと違って、実習中心の講座なので、実習中の映像は受講生の方のお顔や身体が映ってしまいます。

講座を復習用DVDにするのは受講生の方が映るため、受講生の方のプライバシーの問題があり、一般に販売するDVDにするのは無理があります。

そのため、DVDを制作するとなると、その日の講座を受講された方々だけが購入できる復習用DVDという形になってしまいます。

プライバシーの問題がある以上、そのDVDはその日の受講生の方たち専用で、一般に販売できないのはもちろん、次回以降の講座の受講生の方に販売・配布することも出来ません。

そして、動画編集・DVD化は10分程度の映像で簡易編集でも10万円~20万円程度は必要で、長時間の1day講座を編集して60分~90分程度のDVDにしようとすると、簡易編集・簡易ラベルにして出来る限り安くしても数十万円以上のコストがかかってしまいます。

1day講座なので時間が長い分、編集コストは高くなります。

また、座学だけでカメラ固定で撮影するセミナーなどであれば、ノーカットでも良かったり、編集箇所は少なくて済みますが、実習の間カメラは動いて撮影しているため、ノーカットという訳にはいかず、編集箇所が多くなります。

更に、実習部分を細かく編集すると、映像と通訳部分との尺が合わなくなる場合があるため、字幕を入れる箇所もかなり多くなります。

・1day講座で時間が長い
・実習中心なので、編集箇所が多い
・外国人講師のため、字幕を入れる必要がある箇所が多い

これらの理由で、普通の2時間程度の座学だけのセミナーなどより動画編集コストがかなり高くなってしまいます。

制作に少なくとも数十万円以上のコストがかかるものですので、その日の講座に参加された方の内、10人の方が購入を希望されたとしてもDVD1枚は数万円以上となってしまいます。

購入を希望される方が数人~5人の場合だと、DVD1枚は5万円~10万円以上になってしまいます。

動画編集・DVD化するのには、10枚しか作らない場合と、何万枚も作る場合とで動画編集にかかるコストは変わらないです。

市販のDVDが1枚数千円程度だったり、無料で配布されているDVDがあったりするのは、大量に制作して大量に販売/配布する分、1枚当たりの編集・製造コストが安くなるからです。

例えば、編集コストが30万円の場合、DVDを1万枚作れば1枚当たりの編集コストは30円ですが、DVDを10枚しか作らないのであれば、DVD1枚当たりの編集コストは3万円ということになります。

ですので、その日の受講生の方専用の講座の復習用DVDなど、10枚程度しか作らないDVDを制作しようとすると、復習用DVD1枚は最低でも数万円以上になってしまいます。

DVDのメディア自体や、DVDに焼くコストは安いものですが、編集コストが問題なのです。

例えば、結婚式のDVDは数枚しか作らなくても、ノーカットでもある程度の料金がかかり、編集を入れれば入れるほど、撮影料以外でかなりの料金がかかりますよね。それと同じです。

講座のDVD化について検討した際、復習用DVD1枚が数万円~5万円以上もすると、購入を希望される方はかなり少数だと考えました。

購入を希望される方が少数であれば、DVD1枚の料金はさらに高くなってしまいます。(もし、お一人だけが購入を希望され、制作に50万円かかる場合、DVD1枚が50万円ということになりかねません。)

また、復習用DVDが講座に無料でついてくるというのは、講座料金に復習用DVDの料金が含まれているということですので、毎回ビデオ撮影してDVD化し、全員に復習用DVDを講座後にお送りしようとすると、受講料が少なくとも数万円~5万円程度は上がってしまうことになります。

それは、受講される方々が望まれる形ではないと判断しました。

また、現在のスタッフは講座中、撮影以外のこともしているため、毎回ライブである講座を毎回ビデオ撮影して、毎回DVDに出来るだけの撮影量・質を確保できるとは限らないという問題もあります。

もし、毎回確実にDVDに出来るだけの撮影量・質を確保しようとすると、撮影専門のスタッフを1人増やすかカメラマンを外注したり、場合によってはビデオカメラを1台だけではなく毎回2台用意する必要も出てきます。そうすると、編集コストだけでなく撮影にもかなりのコストがかかることになり、DVDは更に高額になってしまいます。その日の受講生全員が購入されたとしても、復習用DVD1枚が講座料金より高くなる可能性もあります。

料金面の問題だけではなく、受講者の中にはその日に参加した人だけしか購入できないDVDだとしても、自分が映っているDVDが制作され、人に見られるのは嫌だという方もいらっしゃいます。

以上のように、料金面・プライバシー面など、様々な問題があり、毎回講座の度にDVDを制作するのは非常に困難です。

蝶式糸除毛講座がかっさ・経絡講座や排酸術講座と料金が違うのは、蝶式糸除毛はシャオ先生の独自技術であることに加え、予習用DVD・復習用DVDが講座料金に含まれているという面もあります。

※出来る限り講座料金を抑えるためとプライバシーの問題をなくすため、蝶式糸除毛講座の予習用・復習用DVDは、毎回の講座のDVDではなく、スタッフが別途撮影・簡易編集して、簡易ラベルで制作したものです。

テキストを改良したり、日本語の資料を充実させたりなど、講座をより良くしていくために昨年からは頻繁に、講座をビデオ撮影しておりますが、そういう理由で、今のところDVDを毎回制作することは行っていない状態です。


「シャオ先生のセルフケア用のDVDなどありませんか?」

「通信講座はありませんか?」


というお問い合わせについては、今後制作できるようでしたら、検討していきたいと思っております。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

かっさ講座・台湾式産毛取り蝶式糸除毛講座 日本語窓口さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント