黒ずみ毛穴解決法

テーマ:

ファンデーションでごまかせていても、メイクを落とすと気になってしまう小鼻の黒ずみ。クレンジングも洗顔もしっかりやっているのに、黒ずみがなくならないと悩む方も多いですよね。

 

 

そもそも、なぜ毛穴が黒ずんでしまうのでしょうかはてなマーク

 

入り口は小さく、中が大きい毛穴。毛穴の奥から毎日、毛穴をつたって皮脂が分泌されています。

そこに古くなった角質が溜まり始め、皮脂と混ざることで角栓(毛穴のつまり)のもとになります。さらに、メイク汚れや雑菌も入り込んで、もともとサラッとしていた皮脂がだんだん塊となるのです。

 

この塊=角栓が肌表面に頭を出していれば、そこが乾燥して硬くなり、さらには紫外線や外気に触れて酸化し、角栓の表面が黒ずむようにあせる

 

汚れが落ちきっていないと毛穴の黒ずみの原因になりますが、だからと言って汚れをしっかり落とそうと、ゴシゴシ洗ってしまっては絶対に

肌を強くこすることは、肌への刺激になり、余計に毛穴が目立ってしまいます。

 

シール状のパックを貼ってはがすと角栓がごっそり取れるとかつてブームになった毛穴パックも同様。これはバリア機能を担うために必要な角質までも一緒にはがしてしまうので、肌へのダメージは言うまでもありません。

詰まった角栓と古い角質のケアは必要ですが、もっと穏やかな方法で行うべき。

 

私が普段のお手入れでオススメしている黒ずみケアは、油には油で浮かせて落とすという方法

過剰な皮脂分泌は、オイルで溶かすのが有効です。

 

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が高く、毎日使用すると乾燥が気になりますが、脂っぽいTゾーンにだけクレンジングオイルをクルクルと優しくなじませる方法がオススメ。

特に音波系の洗顔ブラシクリックを合わせて使うとツルツルになり、メイクのノリも格段に良くなります。

 

 

あとは、スペシャルケアとして最新の医療技術の手に頼るのも手ポイント

 

私が最近受けた施術で特に毛穴に効果的だったのが銀座ロイヤルビューティークリニックのハイドラフェイシャルクリック

吸引機の先から角栓を溶かす液体が出て同時に汚れや古い角質を吸い上げていくというもの。

施術が終わったあとは、びっくりするぐらいピカピカです。

 

imageimage

 

黒ずみはティーンから高齢者まで年代問わずできやすい毛穴タイプ。

 

長年かけてできた角栓は簡単には取れませんが必ず改善できます。間違った方法で行うと敏感肌を招く恐れも。

正しい知識と肌に合った手法で、黒ずみ毛穴のお手入れをスマイル2

 

メモロイヤルビューティクリニック

東京都中央区銀座1-2-4 サクセス銀座ファーストビル12F
TEL:0120-22-6180
診療時間:10:00~19:00

普段のオーラルケアは・・・!

テーマ:

スタッフより、未奈子さんが愛用しているオーラルケアアイテムをご紹介します。

 

いつも素敵な笑顔の未奈子さんは、キラリと光る白い歯のために、普段からオーラルケアには力を入れています。

 

 

まずはしっかり歯磨きをすること。

オフィスでも、外出前や食後などに音波振動式ソーラー歯ブラシ「ソラデーリズム(ジュエリーピンク)」を使用しています。

 

音波振動に加え、光触媒作用を持つ酸化チタン&ソーラーパネル搭載で、虫歯・口臭の原因の歯垢を効率的に除去。

歯磨き後のつるつる感本当に気持ち良く、オフィスの多くのメンバーも愛用中♪

 

また、朝起きた直後や食後のマウスウォッシュに、「シムシム セサミオイルプリング」でオイルプリング。

オイルプリングの詳細についてはこちら

 

 

口腔ケア用セサミオイルで、舌の表面や歯のすき間の細かい汚れをオイルで浮かせて包み込み、口腔内を浄化、口臭を防ぐアイテム。

 

朝起きてすぐに行うのがおすすめですが、食後のマウスウォッシュとしても♪ペパーミンント(ハッカ油)配合で、クールでスッキリとした使用感が感じられます。

 

普段はクリニックでホワイトニングをされている未奈子さんですが、くすみが気になってきて「今すぐに白くしたい!」という時には「ハニック DCpro EX ベーシックセット」でササっとケア♪

歯のマニキュアで、簡単に白い歯を演出できます♪

 

ついついおろそかになりがちなオーラルケアですが、お口の中の「」にも是非こだわり、素敵な笑顔を目指して、ケアしていきたいものです。

体に必要な油

テーマ:

よくダイエットのために油の摂取を減らす人がいます。

でも油は、肌や髪のツヤを生み出したり、ホルモンを作り出してくれる大切なもの。美しい肌と健康のためには、油を摂取することは必要不可欠です。

 

だからといって油ならなんでもいいわけではなく、油の種類を見極める必要があります。

 

 

油の種類は、大きく「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」に分かれます。

 

不飽和脂肪酸は、植物性油に多く含まれ、常温では液体で存在。亜麻仁油などのオメガ3系、ゴマ油などのオメガ6系、オリーブ油などのオメガ9系に分けられます。


飽和脂肪酸は、動物性油に多く含まれ、常温では固体で存在。バターやラード、牛や豚の脂身などがこれに分類されます。

 

飽和脂肪酸はコレステロールを増やしたり、消化に時間がかかるので、脂肪として蓄積されやすいという性質があります。そのため、すべての飽和脂肪酸が悪者と見なされがち。

でも飽和脂肪酸に分類される油の中でも、良質な油もあります。

 

海外セレブを中心にブームが起こり、日本でも注目されているココナッツオイル

 

 

ココナッツオイルは飽和脂肪酸に分類されますが、

中鎖脂肪酸」が多く含まれています。

 

中鎖脂肪酸は、すぐに吸収されてエネルギーに変換されるため、中性脂肪になりにくい性質を持っています。効率よくエネルギー代謝してくれるため、体内に蓄積していく動物性油とは大きく異なって、エネルギー代謝のサイクルによって、体の基礎代謝がアップし、すでについている脂肪が燃焼されやすいという利点もありますスマイル2

 

ダイエット以外にも、基礎代謝が上がることで細胞の機能が活発になり、新しい細胞への生まれ変わりを促すため、美容効果も期待できます。

 

ココナッツオイルは、食用油の中でも飽和脂肪酸の含有率が高く、安定しているため、一般的な植物油に比べて酸化しにくい特長も。サラダ油の代わりに炒め油や、揚げ油として使用したり、コーヒーに入れたりと簡単に取り入れられます。

 

ただし、オイルなのでカロリーがあることはお忘れなくポイント

食生活を見直さずに、ココナッツオイルを過度に摂取してしまっては逆効果。

 

不要なオイルを抜いて、必要なオイルを1日大さじ1杯程度を目安に、上手に摂り入れてみてくださいねスマイル2