入社一年目のプチセミナー

テーマ:
1年目のフォローまでが採用の仕事

採用担当者の仕事は採用目標を立て、採用計画を作り・・から始まり、
内定(採用)、内定者フォローで終わりではありません。

入社後、1年間のフォローは採用の仕事だと思います。
実際関わってきた採用担当者は「親」みたいなものだと思います。
入社してすぐに親離れさせるのではなく、
1年間は関わる時間を取り、コミュニケーションを取りしっかり定着させて頂きたいものです。
(1年目の早期離職も防ぐことができます)

そこで、あるサロンさんにて、
入社1年目(入社3ヶ月)のスタッフさんに向けて
プチセミナーをさせて頂きました。
こちらは2回目になります。

{09C9B54A-27C4-45BE-8242-87CAF0F61FE0}



1回目は4月に「仕事とは?」についてお話しさせて頂き、
そして、これから訪れるであろう、困難を乗り越えるべく言葉には魂がありますよ(言霊)
マイナス言葉をプラス言葉に変えて使いましょう!とお話しさせて頂きました。

その話が好評だったという事で、
今回はその続きで「言葉」から「考え方」に進化しました。

マイナス思考、プラス思考についてです。

心理学などでは、幸せを感じることができるかどうかは、「捉え方次第」だと言われています。

例えば、美容室の就職で言いますと土日が休めない事をマイナスに捉える人も多いですが、
平日を休める事をプラスに捉えると人気のテーマパークへも空いている時に行けて良かった!
また平日の方が安かったりしますので、お得で良かった!
というようにプラス思考で捉える事でハッピーになります。

また仕事でミスをしてしまった時も、
マイナス思考の人は上司に怒られる・自分の評
価が下がる・自分はダメなんだとそのミスを後悔するのに対し、
プラス思考の人は次は同じ間違いをしないようにここを重点的に見直そう・次に活かそう!
など、同じミスを犯したとしてもそれを次に活かせるか・自己嫌悪で終わるかで天と地の差になるのです。

日常生活でも活かせます。
例えば、私の夫は運転免許は持っていますが、車の運転を嫌い全くしません。
私は夫が車の運転をしてくれないのを嘆くのではなく、自分が運転してどこへでも行けるようになろうと考え行動しました。
その結果、夫がいなくても、子供たちとキャンプへ行きましたし、どこでも自由に行動できます。
これは夫が車の運転が嫌いという事をプラス思考した結果、ハッピーになった一例だと思います。

プラス思考は「依存」から「自立」へ導いてくれます。

この考え方は「習慣」「クセをつける」という事です。

生きるという事はトラブルの連続だと思います。
駐車場に入れようと思ったのに満車だった・・
電車が遅れて約束に間に合わない・・
洗車をしたばかりなのに雨が降った・・
新品の靴をはいたら雨が降った・・

何かトラブルが起きた時「ついてないな~」とマイナス思考になるのではなく、
「自分は試されているな」とプラス思考で捉えて行きましょう!





AD