バランス料理研究家 日本フードバランス協会代表 衣里加

バランス料理研究家、日本フードバランス協会代表の小針衣里加です。家族の健康が気になる方、食の知識を深めたい方などに
適した食の資格講座「フードバランスアドバイザー講座」と楽しく料理を学ぶ「おもてなし料理教室」を主宰しています。


テーマ:
インフルエンザが流行していますが、基本的な手洗い・うがいを
底するだけでもかなり違います。
 
私は、外出先でも手を指の間、爪までしっかりソープで洗い、
出来るだけ、腕のほうまで洗います。
 
公共施設の中の例えば手すりやつり革などにも菌がいっぱいなので
駅やデパートの化粧室などで手をよく洗うようにしています。
 
また、うがいもいきなり喉の奥をうがいするのではなく、まずは
正面を向いた状態でぶくぶくと数回うがいした後、首をそらして
喉の奥をしっかりうがいします。
この基本的な手洗い、・うがいだけでもかなり違いますよ。
手洗いやうがいをささっとする程度では、あまり意味がないので
基本的なことだからこそ、丁寧にしっかりやりましょう。
 
私は、予防接種なども受けませんが、ここ何年もインフルエンザに
かかっていません。また、インフルエンザの感染者が咳やくしゃみを
したときに口からでるツバなどを鼻や口から吸いこむことによって
感染するので人が大勢集まるような場所では、マスクは必須です。
鼻のまわりをしっかり加湿して粘膜の防御機能を高めることも大切ですね。
 
あと電車の中や駅のホームなどで咳をしている方が近くにいたら、私は
すぐに移動するようにしています。その方がマスクをしていたとしても、
完全に防げないこともあるからです。
 
インフルエンザの予防効果のあるもので私が毎日摂取しているのは
「ビフィズス菌」です。マウスの実験でマウスの鼻腔内にビフィズス菌を投与
したところ、インフルエンザに感染させても発症率が下がり、生存率が
高まるという結果が報告されました。
 
これはビフィズス菌によってサイトカインというたんぱく質の産生が
促進され、体を守る機能が高まるからと考えられていて、これは
ヒトの実験でも予防効果があったことが実証されています。
 
特にヒトの実験ではビフィズス菌を摂取した5週目にかけてNK細胞の
活性が大幅に高まったというデータが報告されています。
 
 
ビフィズス菌はヨーグルトからも摂取出来ますが、通常、
胃酸によって殺菌され、大腸に届きにくいため、私は酸に強い
2重カプセルになっているビフィズス菌のサプリを毎日夜に
必ず飲んでいます。
 
飲み始めてから2年以上経ちますが、あんなにひどかった
喘息の発作が止まり、喘息だけでなく、風邪も一度も引いていません。
毎日摂取することで、腸内環境が整い、免疫力がアップしたのだと思います。
 
ですが、市販のヨーグルトでも最近かなり工夫をされていて、
ビフィズス菌や乳酸菌がカプセル状になった粒々がヨーグルトに
入っているものも売られていますので、色々なヨーグルトを試して
みるとよいですね。
 
ただ、ヨーグルトは食事の一番最初に食べてしまうと、腸に
届きにくいので、胃酸の薄まる食後に食べましょう!!
 
こういったヨーグルトの食べ方や免疫力を高める食事などについては
フードバランスアドバイザー講座で詳しく学びます。
 
体調を改善させたい方、風邪を引きやすい方、健康な食事について
学びたい方などはかなり役立つ内容だと思います。
ご興味のある方は気軽に下記へお問合せ下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
私は数年前から味噌は手作りにしています。
なぜなら一度作ったことがある方ならわかると思いますが、
もう市販の味噌には戻れなくなります。そのくらい、美味しい!!
 
今使っている味噌が少なくなってきたので、今回は麦と米の合わせ麹
にしてみました。栄養バランスもよくなるし、麦と米のいいところ取りで
味もクセのない、マイルドな味わいになるんじゃないかな。
 
 
大豆は熊本県産のフクユタカを使用。5キロ分作りますが、
一度に全部混ぜようとするとかなり力がいるので、2回に
分けて混ぜていますが、そのほうが断然混ぜやすいです。
 
大きなボウルがないので、寸胴鍋に材料を入れて混ぜました。
家で作ると材料もすべて国産で、麹、大豆、塩の種類なども
自分の好みにこだわって作れるというところも手作りならではの
魅力ですね。そして熟成の過程の中で味わいもどんどん変化するので
自然の発酵の力ってすごいなと思います。
 
 
熟成期間は半年くらいは寝かせたほうが美味しくなると思うので、
完成は夏の終わりか秋ごろかな。それまでわが子を育てるかのように
美味しくな~れ~と見守り続けたいと思います。
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
大塚製薬 インナーシグナル リジュブネイトエキスを使って
2ヶ月が経過しました。
※ 大塚製薬様インナーシグナルのモニターに参加しています。
 
この美容液は洗顔後、一番最初につけるのが特徴です。
今までは洗顔後すぐに2プッシュを塗っていたのですが、
その後の化粧水にも1プッシュ追加して、化粧水とよく混ぜて
使ってみました。なので、最初に2プッシュ+化粧水に1プッシュ
混ぜて1回のお手入れに合計3プッシュ使用しています。
 
 
化粧水はさらさらしているものではなく、濃厚なとろみがある
タイプのほうが混ぜやすいと思います。画像は見にくいですが、
したものです。
 
化粧水に混ぜて使うようにしたら更に保湿効果が高まったように
思います。朝まで肌がしっとりしていて、「肌が乾燥しているな」と
思うことがほとんどないんです。
 
肌がしっかり保湿されていると、メイクをしたときによくわかるのですが、
ファンデーションがピタッとついて、よれにくいのです♡
ファンデーションはリキッドタイプを使用していますが、つるんとした
きめ細かい肌に仕上がり、夜までキープ出来ます。
 
 
 
正常なターンオーバーを促し、メラニンの排出をしやすくするためにも
まずは肌の調子をしっかりと整えることが大切だと思います。
そのためにも普段のケアをしっかりすることによって、肌が保湿され、
潤いを取り戻し、肌本来の力がアップすれば、メラニンの排出も
しやすくなるのではと思います。
 
若いうちは、肌やからだそのものの代謝がよいので、化粧品も
そこまでこだわっていなかったのですが、やはり今はシミ・しわが
気になる年齢なので化粧品そのものに保湿はもちろん、メラニンの
蓄積を抑え、排出をも促す働きが備わっているこの美容液を味方に
つけて、朝と夜のケアに愛用しています。
 
そして、前回のブログ記事「体の内側からのケア」として
紹介したのは、アボカドですが、もう1つオススメしたい食品が
「バオバブ」という植物(スーパーフード)です。
 
 
バオバブは世界一大きな木(樹齢1000年超)で、南アフリカの
広大な大地から採れる天然のスーパーフルーツです。
さわやかな酸味があってグレープフルーツような味です。
ビタミンCや食物繊維が大変豊富で抗酸化力もフルーツの中では
トップクラスです。(ビタミンCはいちごの4倍!!)
 
この食用のバオバブ粉末をヨーグルトにかけたり、スムージーに混ぜたり、
ジャムにして食べています。からだの内側と外側の両方のケアは
絶対大切!!体が健康でないと「美しい肌」も手に入りませんし、
栄養がしっかり体に備わっていれば、化粧品も肌にしっかり保湿
されてハリ感も違ってきますよね。
 
バオバブについては、また後日、詳しく記事に書きますね。
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ぐるなび「IPPIN」に福島県にある「お菓子のさかい」
あまさけゼリーを紹介しました。
 
 
甘酒というと、どうしてもあまったるい味をイメージして
しまう方も多いかもしれませんが、これは、とてもスッキリ、さっぱり
とした甘さで100%麹で作られた甘酒を使用しているので
アルコールも入っていませんのでお子様でも大丈夫です。
 
半年くらい常温で保存可能で、個装がしっかりしているので
ゼリーでも崩れません。でも食べるとぷるんぷるんの食感で
手土産に持参すると必ず皆さんに喜ばれます。
 
甘酒は「飲む点滴」と言われているほど、栄養価が高く、
発酵食品で美容にもよい栄養素が豊富です。
 
この「あまさけゼリー」は食べながらキレイになれて
甘さも控えめで朝食や間食にもオススメですラブラブ
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は、私がいつも体のメンテナンスでお世話になっている

岩島治療院の亜衣子先生と国際薬膳師の原田智子先生がコラボした

東洋医学から学ぶ食養生講座を受けてきました。

 

亜衣子先生の講座では、自分の舌やお腹をチェックする方法や

もぐさを使った生姜お灸や塩お灸も習いました。

 

 

ちょっとお灸をしただけで体がポカポカしてきました。

そして、原田先生手作りの薬膳ランチ。

 

 

生姜餡をかけたお粥や乾姜佃煮、豚肉のうど巻、

浅葱の酢味噌和え、蕪の粒マスタードソースがけ、

山葡萄とりんごの温かいデザートなど、とても美味しくて

胃に優しく体が喜ぶ食事ってこういうものだなと思いました。

 

食後は全身ポカポカ状態で受講生全員、暑い〜!って部屋の窓を

開けたほど。さすがお灸と生姜パワーはすごい

昨日は1日中、全身ポカポカでした。とっても楽しい講座でした

 

 

フードバランスアドバイザー資格講座の詳細はこちら→★

 

リバウンドしないダイエット講座の詳細はこちら→★

 

講演・メニュー開発・商品監修依頼・取材依頼

などに関するお問い合わせはこちら→★

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)