バランス料理研究家 日本フードバランス協会代表 衣里加

バランス料理研究家、日本フードバランス協会代表の小針衣里加です。家族の健康が気になる方、食の知識を深めたい方などに
適した食の資格講座「フードバランスアドバイザー講座」と楽しく料理を学ぶ「おもてなし料理教室」を主宰しています。


テーマ:
先日、日本フードバランス協会主催、第3回目の
特別授業を開催しました。今回は遺伝子組換え作物
についての勉強会で講師はジャーナリストの天笠先生
にお話頂きました。


天笠先生は遺伝子組換作物についての著書も多数
書かれていまして、私も数冊持っています。

以前から天笠先生にご講演をお願い出来ないかどうか
ずっと思っていたのですが、今回やっと念願が叶い、
授業も楽しみにしていました。


世界で作られている遺伝子組換作物の現状やどのような
食品があるか、食品表示の日本とEUの制度の比較、
TPPで何が起きるのか?生物多様性や食の安全など
まだまだ知らなかった情報なども多くあり、私自身も
大変勉強になりました。しかも報道されない部分も
結構あり、情報が私達に届きにくい点も。。。


遺伝子組換作物がいい、悪いの議論ではなく、
どういうことが今起きているのか現状を知る事が大切
ですし、GM食品は
実は日本人が一番食べているのですが
それを認識している人はどれだけいるのでしょう?

そして輸入に頼り切っている日本が今後何をすべきかを
考える上でも意味がある授業だったと思います。

食用油や醤油、加工品など遺伝子組換のものがとても
多いですが、食に対する意識の高い人は知っていても
一般的にGM食品について知っている人はまだまだ
少ないですし、知ろうともしていない場合も多い。

この商品は何から作られてどこの国の原材料なのか?
という部分は「無関心」。自分たちで食べるものさえ
作れずに輸入に頼りっぱなしなのに世界一廃棄も多く、
食材を無駄にしている日本。

家畜の飼料も今はほとんど遺伝子組換のものが使われて
います。「遺伝子組換えでない」と書かれた商品でも
100%使っていないとは言えないのです。なぜなら
そこには食品表示の落とし穴があるからです。

色々な面で考えさせられた1日でした。
天笠先生、そして参加して下さった皆様、
どうもありがとうございました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

バランス料理研究家 日本フードバランス協会代表 衣里加 さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります