美の伝道師〜藤原理恵のブログ〜

美と真理の伝道師・引寄せスペシャリストの藤原理恵です。
日々のセッションや養成講座の中での気付き・学び・奇跡・感動をつぶやいてます(*^_^*)

神様からの贈り物

奇跡の名水


虹ミネラルウォーター「クロレックス」キャンペーン虹


詳しくはこちら↓↓↓

http://ameblo.jp/beauty-evangelist/entry-11931648919.html


・病気の元、美容の大敵、活性酸素を還元してしまう活性水素が世界最高レベル!

「からだを錆びさせない』お水


・世界最小クラスターで細胞まで届く!

体内の老廃物をスムーズに排泄する究極のクリーニングウォーター!


・有機ゲルマニウム6.00ppb含有!

老廃物の輩出、免疫機能向上、体内インターフェロンを誘発して抗がん作用を助長



NEW !
テーマ:
この世を「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 
 
 
こんにちは。
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 


※この記事は、2015年10月1日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、

過去記事を一記事ずつ紹介しています 





【自己責任型人間だけが自由を得られる法。】

 


 
さて
見てて、聞いていて
「見苦しいなぁ~」
「聞き苦しいなぁ~」
というものがあります。
 
 

それは
いい大人のする「人のせい」。
 
わたしが人間関係を構築しない人種の
1、2位を争うかもしれません(笑)
 
 
 
「あなたが言うから信じたのに。。。」
「あなたに誘われたから参加したのに。。。」
「あなたが良いっていうから買ったのに。。。」
  
 

とかね。
「自分が選択した」という認識ゼロで、
人に依存度100%の人。
 
 
 
こういうタイプの人は決して自由になれない人だし、
幸せも逃げてゆくタイプ。

 
「信じる」ということを、
なぜ他人に預けちゃうんでしょう?

何かがあったときのための「保険」でしょうか?
  
 

誘われたことが参加のきっかけだったとしても、
自分の意思で「参加する」と決めたんじゃないでしょうか?
  
 

他人に良い、と言われたことがきっかけだったとしても、
最終的には自分の直感や判断で「これでよし!」
と決めて買ったんじゃないんでしょか?
 
 
 
これって

自らエンジョイする人の発想じゃなく、
「他人からエンジョイをもらおう」という
「奪う」発想の人だし、
自ら幸せになろう、という発想じゃなく、
「他人に幸せにしてもらおう」という、
やはり「奪う」発想
なんですよね。
 
  
「奪う」人からは「去って」ゆくのです。
 
 
あまりにも無意識にやってる人が多いのです。
 
 
 
「すべては自分が選択している。
すべての現象はその選択の結果。」

 
そう認識できる人だけが、
自分の足で本当に立って、
自由を得て、他人に与える人になれるんです。
 
 
 
自分で責任を負えることが本当に幸せだったりします。
 
 
 
この認識にたどり着いた人だけが、他人の自由も認められるんです。
 
 



読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする!
 
 
 
こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 
 

※この記事は、
2015年12月11日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、
過去記事を一記事ずつ紹介しています






【現実と理想のギャップを感じたらステージが変わるタイミング】
 

 
 
7日から10日まで、沖縄県・宮古島に行ってまいりました飛行機



空も海も青!青!のグラデーション。


初日は曇っていたんですが、飛行機の中からは
海の底まで見える透明度の高さ!

 
 
宮古島には、民間外交団の一員として
行っておりました。
 
いまのわたしは、個人的活動としては、
ヒプノ(催眠)やコーチングというツールを活用して
コンサルティングをしたり、
ヒプノ・コーチを育成する活動をしておりますが、
 
もう1つの顔は、
「日本のソフトパワーを海外に越境させよう!」
という理念の元に集まった仲間たち
「顔長クラブ」と共に、
ほぼ毎月海外に行っています。
 
 
 
今回、宮古島でのミッションは
宮古島とアゼルバイジャン共和国のナヒチェバン市が
人、物、文化の交流を図り、共に発展していくため
「姉妹都市を結ぼう」というビジョンを掲げた
越境会の石田会長の呼び声により、
宮古島の方々に対して、アゼルバイジャンの素晴らしさを
プレゼンする、というものでした。


目の前で宮古島市長と駐日アゼルバイジャン・ギュルセル大使が
会談されている様子です。


会談の最後は固い握手でした。


宮古島市長とギュルセル大使、民間外交団の
みんなで記念撮影。


沖縄の新聞で、意見交換会、会談の様子が
2日間掲載されました。
わたしもちゃっかり写っています(笑)


アゼルバイジャン・ギュルセル大使と
ロブシャン一等書記官と。
とっても強いラポールが築けました。

 
 
 
今年の7月以降、毎月海外に出るようになり、
民間外交団の一員として海外に出るようになってから、
出会う人、わたしのまわりの人間関係は
大きく変化してまいりました。
 
行く度行く度、
出会う人、つながる人
あまりにも凄すぎる国賓級のVIPばかりで

はじめはただただ
「すご~~~い!!」
って感じでしたが、
 
段々と

「これがいまのわたしのステージなんだ」

という認識をしています。
 
 
 
本来のわたしの持ち味と言いますか、
わたしが息を吸うかの如く
当たり前にしてきた、
人から見ればわたしの

「強み」
 
が、外交の場では役割として機能していて、
とても幸せなことだなぁ、と思っております。
 
 
 
わたしは、自分のいたい場所
自分が一緒に居たい人
ちゃんと選んできました。
 
だから、現実と理想との間に
ギャップがありません。
自分の感性に従って動いています。
感性に従って常に動いているから
現実が変わるスピードも人から見れば
早く見えるのだろうと思いますが、
わたしから見えるのは、早いも遅いもなく
当たり前のスピードなんだと思います。

 
 
あなたはいまどんな人たちに囲まれていますか?
 
そこにいて幸せですか?
 
自分に問うてみてください。
 
 

 
そして、
自分の置かれている現状と理想とにギャップがあるならば、
 
環境を変える「タイミング」です。
ステージが変わる「タイミング」なのです。
 
あなたは、あなたに相応しいところに
自分の身を置くべきです。
 
 
 
ギャップは悩みの種ではありません。
ズレをお知らせしてくれているだけのことです。
 


 
読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!
 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 
こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 

※この記事は、
2013年10月16日のブログの
再アップ記事です。



あなたの気づきのきっかけとなるように、
過去記事を一記事ずつ紹介しています


 

【不要な思い込み、要らぬ催眠が溶け始める。
 人生はダイヤモンドみたいなもの!

 




「私の人生
能力が低い私。
みんなから批判的に思われる私。
何をやっても上手くいかない私。
これが私の人生です。」



そう思い込んできたMさん。
思い込みは
「信念」とか「信仰」と同じ。
 

だから人生は
この強い強い信念の元、
思い通りの人生を展開してゆきます。



でもこれは「思い込み」であり
「真実」ではありません。
{5C464EAC-DA4E-42D6-B249-1461206EEEC8:01}
人生はまるで「ダイヤモンド」みたいなもの。



1つの光輝くダイヤモンドの中にも、
良く見れば内包物というものが入っていたりします。



自分をダイヤモンドに例えて、
自分をどうみるか?



内包物を見つけて
「私のここに内包物がある!
この内包物があるから私はダメなんだ!」
と思う人もいるし、

「内包物がありながら、光っていける!」
と思う人もいます。



全ては思い込みが作った「事実」に過ぎない。
ならば、思いを変えるだけで
目の前に起こる事実も変わる。

人生の内包物も、輝きの一部に見えてくる!



さぁ
あなたは



あなたのダイヤモンドを、
どんなふうに見ますか?
また、どんなふうに見たいですか?
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 

こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 

※この記事は、2016年2月10日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、

過去記事を一記事ずつ紹介しています 
 



【あなたのその「怒り」は誰かのせいですか?】
 

 
 


 

 
さて、Cさんという方から
 
『理恵さんが
「感情は相手から与えられるものではなく
自分で選んでる」
ってことを言っておられますが、
だとしたら、わたしが「相手に裏切られた!」と
思った時に相手に感じる怒りも
相手のせいではなくて自分が選んでるということ
なんでしょうか?』
 
という質問がきました。
この質問は読者のみなさんにとっても参考になると思うので、
質問に応えようと思います。

 
 
そもそも
「相手に裏切られた!」
というのは、「真実」ではなく
 
Cさんが「裏切られた!」と解釈をしたことによって
つくられた「現実」であるということです。
 
目の前に起こる現実の全ては
自分の「思い込み」や「既成概念」や「固定観念」という
「フィルター」を通して為される「解釈」と言えます。
 
 
 
Cさんは過去に、
なんらかの出来事があって
「信頼する相手に裏切られた」
と解釈しました。
 
「裏切られた」
と思い込んだからこそ悲しかったし、
悲しみが余って二次的感情として「怒り」は
湧き上がったのです。
 
この経験から、Cさんの潜在意識には
「信頼する相手から裏切られる」という「思い込み=信念」と
それに付随して「悲しみ」や「怒り」という感情がセットで
「情報」としてインプットされました。
 
すると、同じようなことが起こると
「また信頼する相手から裏切られた!」
と解釈してしまうのです。
 

 
でも、これは「真実」ではないのです。
自分の解釈がつくりだした「現実」なのであって、
決して真実ではないのです。

だから、解釈が変わると現実は変わるのです。
 

 
「信頼する相手に裏切られた」
と解釈するのは、
 
「信頼する相手には◯◯であってほしい」
という自分の願望が思い通りにならなかったり
達成できないからこそ理想と現実とのギャップからくるのです。
 
「相手が裏切った」
 
と言うよりも
 
自分の相手に対する願望や期待値が高い、
ということなのです。
 
高いハードルを相手に設定しているのです。
 
 
 
「信頼する相手に裏切られた」
 
というのも、自分の解釈によって創り上げた
自作自演の一人劇場なのだということをご理解ください。
 
 
 
このあたりの「思い込み」や「感情」に関しては、
もう少し深堀りしてゆこうと思います。
 
 

読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!

 
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 
 
 
こんにちは。
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 


※この記事は、2015年11月1日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、

過去記事を一記事ずつ紹介しています 





【考えてから行動するんじゃなくて、
行動しながら考えろ~。】
 

 
今朝目覚めたら賀茂川が目の前。


リッツのスイートルームのテラスから
土手を走るランナーやウォーキングする人を見ながら
お茶飲んでほっこり寛ぎました。
 
 
 
さて
あなたは考えてから行動するタイプですか?
それとも行動しながら考えるタイプですか?
 

前者の方は恐らく「完璧主義者」です。
みんながみんなとは言いませんが、
考えて考えて準備が整わないと動けないタイプで、
結果、考えることに時間を費やすばかりで
なかなか行動に出ないのです。
 

「やりたい、とは思ってるんだけどね。」 
 
っていうのが口癖です。
 
 

一方、後者は先ず「決める」。
決めたことに対して具体的行動をとる人です。
だから結果、願望を叶えるスピード感が早いのです。
 
 
 
例えば、
「ハワイに行きたい」
ということ1つにおいて、
考えてから行動をとるタイプの人は
 

「ハワイに行きたい
だけど、お金どうしよう。
いまある貯金、使ったらなくなっちゃうし、
何かあったときに困るし。
そもそも会社休めるかどうかわからないし。」
 

ハワイに行くために考えているようで、
実は最初から
「行かない。行けない。」
って決めてるんです。
 

で、結果的にいつまでたっても
具体的にハワイ行きは決まらない。
 

で、ず~っと年中
「ハワイに行きたいなぁ~。」
って口で言うだけで終わるのです。
 
 
 
一方、行動しながら考えるタイプの人は、
「ハワイ行きたい!
そうだ。ハワイに行こう。」
と先ず行くことを決めます。
 

なので、ハワイに行く前提で行動します。
 

「いつからいつまでいこうか?
誰といこうかな?
お金?なんとかなる(笑)
貯金は使ってもまた稼げる。
会社の休みはゴリ押しで休む(笑)
そのためにもガッツリ働こう。」
 

みたいな感じで、あっという間に
ハワイ行きを決行します。
 
 
 
行動しながら考える人、って
「願いは簡単に叶うものだ。」
って思っています。
っていうかわたしがそう思っています(笑)
 

考えながら行動する人(結局行動できない人)って、
幼少期や成長期に、親の教育などによって
「願望は簡単には叶わないものなんだ」
っていう刷り込みが入っている人は多いです。
 

でも、いつまでも「親のせい」にして行動しないのは
自分の人生の責任を放棄してる上に、
人生を自由に創造していくことも放棄しているのです。
 

 
 
わたしのコンサル生さんで、
いままで考えてから行動していた女性が
いままで行きたいと思っていた宮古島行きを
コンサル直後に決めて、


「決めてしまえば簡単やん!」


と、自らの行動で縁起が書き換わりました。
 
 
 
考えてから行動するんじゃなくて
行動しながら考えたらええねんピース
 
 


読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 
こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 


※この記事は、2016年2月16日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、

過去記事を一記事ずつ紹介しています 


 
 
【「ホメオスタシス」は「縁起上」にも働く。】

 
 

image
 
さて
タイトルの「ホメオスタシス」は、
わたしのブログの読者さんなら何度か見て
ご存知だと思いますが、
 
「ホメオスタシス」
とは「恒常性」のことで、
 
「一定の環境を保とうとすること」
 
なんですね。
 
 
人間の脳は脳の機能として
「恒常性=ホメオスタシス」が働くんです。
 
一方、人間の魂は
「進化・成長」を求めるもの。
 
魂が進化・成長を求めるのに対して
脳は変化を嫌うのですね。
 
 
だからわたしは良く

「ホメオスタシスが働くことほど
実は本質的な魂は望んでることだ。」

と言います。
 
 
 
このホメオスタシスは
「縁起上」にも働きかけます。

 
 
 
先日、こんな相談を受けました。

 
 
「りえさん、
7月1日~3日までの越境会3周年の宮古島、
本当はすごく行きたいんですけど、
 
実はその日、
1年前から親友とあるイベントに参加する
約束をしている日とドンピシャで重なるんです。
 
だから行けないなぁ。。。と思ってるんです。」
 
 
 
彼女は、ようやく自分の人生にとって
本当に何が大切なのか?を選択し、行動を
し始めたところでした。
 
だから、まだ迷いも生じるし、
その迷いは「縁起上のホメオスタシス」となって
現れるのです。
 
いま最も参加したい、共に過ごしたい人が集まるイベントと、
過去からのしがらみが、まさに
 
「縁起上のホメオスタシス」
 
となって、全く同じ日に重なり、
彼女に選択を迫ります。
 
 
 
この「縁起上のホメオスタシス」は、
自分にとって最も近しい存在との間に
起こりやすいのです。

 
 
 
例えば、自分にとってとても大事なイベントがあって、
それに参加しようと思うと、そんな時に限って
子供が熱を出す、なんていうのも
 
「縁起上のホメオスタシス」
 
だったりします。
 
 
 
自分の中に迷いが生じなくなると
そのことでは「縁起上のホメオスタシス」は
現れなくなります。

 
 
これは霊的視点や宗教的に見た場合には
 
「神がわたしたちが成長するかしないか
ふるいにかけている・試している」
 
と言えるかもしれません。
 
 
ちなみにわたしは霊能者でもないし
宗教家でもありません(笑)
 
 
 
ホメオスタシスが働いた時こそ、

「本質的な自己が求めるものは何か?」
 
を自分に問いかけてみてください。

 
 
 
その本質的な自己が求める声を
あなたは汲み取ればいいのです。
 



読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする。
 
 
 
こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 



※この記事は、2014年11月6日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、

過去記事を一記事ずつ紹介しています 




【その仕事を通して、相手と本気で関わっていこうと思っていますか?】



以前、通っていたあるトレーニングジムでの
話です。
 
ある日、
その日でとりあえずコース終了日を迎え、
私としてはトレーニング続けたいという
思いでいました。 

ですから、
パーソナルトレーナーのNさんは、
コース終了後の提案をしてくれるものだと
思っていました。



トレーニングが終わってカウンセリングルームへ。
終了後、どうするか?という話。

すると
「藤原さんは忙しいと思いますし、
どうなんでしょうね?」 

と言われ、私は思わず

「私にあった今後のトレーニング内容を
考えて提案してちょうだいよ。」

と自分から言ってしまいました(笑)

そしてそのあとこう続けたんです。



「あなたの仕事って、
単にコースを消化させることだけじゃないでしょ?
自分のやってる仕事が、どれだけ人の人生に
関わってるかわかってやってる?

あなたがトレーニングしてくれてるおかげで、
自分に自信が持ててなかった人が自信が出てきたり、
着たい服を着ておしゃれができたり、
幸福感も提供できて、
その後のその人の人生が大きく大きく
変わっていくような凄い仕事してるの。
 
その自覚あるの?

『コースを勧めて、
勧誘してるみたいに思われたら嫌だな』
 
とか思ってるとしたら、
それはあなたが、この仕事を通して
本気で人と関わっていこうとまだ思えてないということ。

私みたいに『提案してよ』なんて
自分から言う人間なんてほとんど居ないよ。

みんなほとんどの人がコース続けたくても
お金のこととかあるから、
あなたが何も言わなかったら
そのまま去っていくと思う。

続けるか続けないか?あなたが提案した後に
その人が選択すればいいことなんじゃない?」



(あぁ~また熱くやっちまった)



私はトレーニングを続けることになりました。



で、こう熱く語ってみて思ったわけです。

この世のほとんどの仕事って、
他人の人生に関わっていて、
それによってその人の人生も変わっていくんだなぁって。




ジムのあとに行きつけのセレクトショップに行った時も
同じことを思ったんです。

あ~単に服を売ることが仕事じゃないよなぁって。

それをわかってる店員さんって、
服のコーディネートの仕方だけじゃなく、
着た時の気分や感情、シチュエーションまで
感じてお勧めしてくれるんですね



「仕事とは」
ということについて
じっくり考える日になりました。




読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 
 
 
こんにちは。
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 


※この記事は、2016年1月27日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、

過去記事を一記事ずつ紹介しています 


 
 
【深刻なのではなく深刻に見ているだけなのです。】

 
 
 
今日は1日コーチングとコンサル三昧でした。


image
 
今日のクライアントは、息子さんが進路を急変し、
決まっていた就職先を蹴って、夢実現に向かう決意をし、
それにご主人が激怒し、その様子を深刻に見ていた
クリエイターのAさん。
 
「主人も深刻だし、わたくしも深刻です。」
 
と言うAさんに
 
「いったい何が深刻なんですか?」
 
と質問したところから始まりました。
 
 
いつもはAさん自身のクリエイティブな部分を
引き出し、リミットを外して枠を拡げていく時間なのですが、
今日は息子さんも伴ってのいつもとは違う時間です。
 
 
Aさんの様子とは真反対に、息子さんはあっけらかんとしてる(笑)
 
 
わたしはそのあまりの2人の様子のギャップに
笑ってしまいました(失礼をお赦しくださいw)
 
 
当の本人は全くもって深刻じゃないのです。
 
 
そりゃぁそうです。 


だって、本人は本当にやりたいことを
激怒されてもやり遂げようと情熱の塊なんですから。
 
 
コーチングが終了する頃には、
お2人ともゴール設定も明確になり、
 
「行動とマインドが定まりました!!」
 
ときた時とは別人の顔でお帰りになりました。
 
 
 
予定外のことや想定外のことが起こると、
事象を深刻に受け止めがちになります。
 
 
起こってる事象が深刻なのではなく、
深刻に思って見ているだけなのです。
 
自分が「◯◯であるべき」という前提で
予定したり想定したりしていることとは
規格外のことが起こると、
処理能力が麻痺してしまうのですね。
 
「子どもには自分の生き方を自分で選択できる
自由がある。」
 
という前提が親にあれば、
 
今回のようなことがあっても、きっと
びっくりしながらも、子どもの選択を信じて、
見守ることもできるのでしょうね。
 
 
ただ、AさんやAさんのご主人は、
そういう前提がない環境下で育ってこられた
というだけのことであって、
 
今回のような反応が間違っている、ということではありません。
 
彼らにとっては起こったことがかなり規格外だった、
というだけのことであって、時が来れば、
息子さんの活躍を見て、この時のことを
きっと懐かしまれるようになるのだろうと
思います好


読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 
 
 
こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 



※この記事は、2016年1月6日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、

過去記事を一記事ずつ紹介しています 



 
 
【緩めば緩むほどドンドン引き寄せる法則】
 

 
 
ハワイ生活も10日を過ぎました。
オアフ島ワイキキ→ハワイ島ワイコロア→オアフ島カイルア
ときて、またワイキキに戻ってきました。
 
全米No. 1に輝いたカイルアビーチ。


 
カイルアは、つい昨日までオバマ大統領も
ホリデーで滞在していたところ。


 
そして、カイルアビーチの並びにある
これも全米No. 1に選ばれたラニカイビーチ。


ラニカイの海は透明度がヤバかったです。
 
 
カイルアの太陽。
神々しかったです!


 
 
 

ハワイに来たから、と言って、
わたしは特別なことはな~んにもしていません。
 
なにをしているか?と言語化すれば
 
「徹底的に緩む=TTY」
 
でしょうか(笑)
 
 
Facebookでわたしと繋がってる方はご存知ですが、

ハワイでは何のツアーにも参加せず、
好きな時間に起きて好きな時間に寝る、
お腹空いたときに食べる、
部屋での~んびりだらだらする、
ビーチでの~んびりだらだら、
たまに気が向いたら泳ぐ、
 
で、このハワイに一緒に同行している大島由香ちゃんが

「理恵さん、せっかくだから対談動画とりましょーw」
 
と言い出して、いつもわたしたちがフツーに
ベラベラと喋っている内容をそのまま撮影し、
その動画をアップする、ってことをしてるくらいです。
 
 
このハワイはおそらく自宅にいるとき以上に
ゆるゆるだらだらしています(笑)
 
自宅にいると、まだまだ
 
「あれもしなくちゃ。
これもやらなくちゃ。」
 
ってやってるんですねー。
 
 
でもいまは自宅にいないから、
「あれも、これも」
が無い(笑)
 
だから、TTYなんですラブ
 
 
何と言うか、

徹底的に緩むと、ドンドン隙間ができてくると言うか、
緩んだ隙間からスルスルとあらゆるものが入ってくるんですね。
 

いまそれをハワイで絶賛体感中なんです。
 
 
たとえば、わたしたちがハワイで撮った対談動画を観て、 

コンサルや養成講座の依頼がきたり、

「理恵さんと一緒にビジネスがやりたい!」
っていうラブコールをいただいたり、
 
「ちゃんりえと一緒に対談動画撮りたい!」
とある海外にいる大物からラブコールいただいたり、
 
中国の化け物級VIPから
「今年の宮古島には必ずいきます。
会いましょう!」
というメッセージをもらったり。
 
 
 
「徹底的に緩む=TTY」
 
は、隙間が空いてドンドン引き寄せが
加速する法則なんですね。


 
あ、「徹底的にゆるむ=TTY」は
全くなにもしない、という意味合いではありません。
 
やりたくないことはしない。
やりたいことだけやる。
 
という感じです。
 
いつもと同じ環境にいると、
どうしてもいつもと同じ
「ねばならない」
の思考に自分を縛りがちですよね。
 
こういう時、敢えて「ねばならない」ができない環境に
自分を置いてあげると良いのです。
 
いまのわたしのように。
 
 
 
さて、せっかくなので、
大島由香ちゃんとわたしのゆるゆる対談動画を
ぜひご覧くださいね。
 
藤原理恵 ✖︎ 大島由香 対談動画@ハワイ
「もっともっとバカになれ!」






 
藤原理恵 ✖︎ 大島由香 対談動画@ハワイ
「もっともっとバカになれ!

 
 



読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 
 
 
こんにちは。
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 


※この記事は、2015年11月10日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、

過去記事を一記事ずつ紹介しています 




【「◯◯させたい!」が1人よがりな
「エゴ」になることもある。】


 

 
さて、
わたしたちはとても無意識に「信念」に基づいて
生きています。
 
「◯◯であるべきだ!」
とか
「◯◯でなければならない。」
とかっていうのもそうで、
 
自分にとっては呼吸レベルに当たり前のことであっても
他人にとってはそうではない、ってことは
多々ありますよね。
 
 
その中に
「◯◯させたい」
っていうものがあります。
 
例えば自分の子供に
「◯◯大学に行かせたい」
とか
「いい企業に就職させたい。」
とか
「いいところに嫁がせたい。」
とか。
 
まぁ挙げればきりがないほどありますね。
 
 
この
「◯◯させたい」
って自分の思いと相手の思いとマッチングして
相思相愛だと問題はないんですけれど、
大概の場合、
相手が望んでることが違うことだったりします。
 
 
「◯◯させたい」
と願っている本人は
相手に「◯◯させること」が
相手の幸せにつながると思っていますが、
 
「◯◯させたい」という思いの奥には
「◯◯になってくれないとわたしが困る」
っていうエゴが正体だったりします。
 
 
 
たとえば
「いい大学に行かせたい」と思うのは
「いい大学に行けばこどもは幸せになれる」
と信じていて、
「いい大学に行けなければこどもが幸せになれない」
と信じているわけで、つまり
 
「いい大学に行けないこどもは幸せになれない。
幸せじゃない子供を見たくない。」
 
わけです。
 
 
つまり
「自分のためにいい大学に行って欲しい」
のです。
 
「相手のため」
とか
「子供の幸せのため」
とか言いつつも、
1人よがりなエゴを相手に押し付ける場合が
あるのです。
 
エゴは愛の対局にあるので
必ず相手のエゴにひっかかります。
反発や反抗が生まれます。
 

 
 
自分の相手に対する想いが
エゴなのか?
愛なのか?
照らし合わせてみる必要があります。
 

エゴからは苦しみが生まれます。

なぜなら、
相手は自分の想い通りにならないからです。
 
 
 
もしエゴならば
そのエゴから自分を解放しましょう。



読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。