美の伝道師〜藤原理恵のブログ〜

美と真理の伝道師・引寄せスペシャリストの藤原理恵です。
日々のセッションや養成講座の中での気付き・学び・奇跡・感動をつぶやいてます(*^_^*)

神様からの贈り物

奇跡の名水


虹ミネラルウォーター「クロレックス」キャンペーン虹


詳しくはこちら↓↓↓

http://ameblo.jp/beauty-evangelist/entry-11931648919.html


・病気の元、美容の大敵、活性酸素を還元してしまう活性水素が世界最高レベル!

「からだを錆びさせない』お水


・世界最小クラスターで細胞まで届く!

体内の老廃物をスムーズに排泄する究極のクリーニングウォーター!


・有機ゲルマニウム6.00ppb含有!

老廃物の輩出、免疫機能向上、体内インターフェロンを誘発して抗がん作用を助長



NEW !
テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 
こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 

※この記事は、
2015年5月22日のブログの
再アップ記事です。



あなたの気づきのきっかけとなるように、
過去記事を一記事ずつ紹介しています


 


【「価値観の違い」に感情が動いたら】

 
 
 
人にはそれぞれ、
自分だけの「価値観」や「マイルール」
というものがありますよね。 

その「価値観」や「マイルール」に
良いも悪いもなくて、
そこにただ「違い」が在るだけ。
 
 
 
 
時にその「価値観」や「マイルール」の違いに
「感情」が動くことがあります。

 
 
 
「価値観」の違いや「マイルール」の違いに、
イライラや違和感、不快感などを感じることってありますよね。 

この違和感や不快感を感じている自分が悪いわけでも、
感じている相手が悪いわけでもなんでもありません。

 
 
 
こういう場合、
感じている相手の言動にフォーカスしがちですが、
違和感や不快感を感じるほど  

「自分が強くこだわっている」
 
というだけのことなんです。
 
 

あなたにとっては譲れない大切な
「価値観」だったり「マイルール」だったりするのです。

その「価値観」「マイルール」とは 
対局のものを持つ相手の出現・言動によって、
あなたが強くこだわる「価値観」「マイルール」が
あぶり出されているだけのことなんです。

 
 
 
その「価値観」「マイルール」を
捨てたり変える必要もないのです。

そのままこのままでいいし、
また、対局の「価値観」「マイルール」
を持つ人もそのままでいいのです。 

あなたもOK  相手もOK みんなOK
それで「調和」してるのです。
  
 
 

違和感や不快感を感じる相手とは、
ほどよい距離感を保ったり 
関わらなければいいだけのことです。


 
 読むだけでどんどん魂が裸んぼになってゆくメルマガ「ソウルヌーディスト通信」への登録はこちらからどうぞ。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 
こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 

 
 
 
今日は1日コーチングとコンサル三昧でした。



 
今日のクライアントは、息子さんが進路を急変し、
決まっていた就職先を蹴って、夢実現に向かう決意をし、
それにご主人が激怒し、その様子を深刻に見ていた
クリエイターのAさん。
 
「主人も深刻だし、わたくしも深刻です。」
 
と言うAさんに
 
「いったい何が深刻なんですか?」
 
と質問したところから始まりました。
 
 
いつもはAさん自身のクリエイティブな部分を
引き出し、リミットを外して枠を拡げていく時間なのですが、
今日は息子さんも伴ってのいつもとは違う時間です。
 
 
Aさんの様子とは真反対に、
息子さんはあっけらかんとしてる(笑)
 
 
わたしはそのあまりの2人の様子のギャップに
笑ってしまいました(失礼をお赦しくださいw)
  

 
当の本人は全くもって深刻じゃないのです。
 

 
そりゃぁそうです。 

 

だって、本人は本当にやりたいことを
激怒されてもやり遂げようと情熱の塊なんですから。
 
 
コーチングが終了する頃には、
お2人ともゴール設定も明確になり、
 
「行動とマインドが定まりました!!」
 
ときた時とは別人の顔でお帰りになりました。
 
 
 
予定外のことや想定外のことが起こると、
事象を深刻に受け止めがちになります。
 
 
起こってる事象が深刻なのではなく、
深刻に思って見ているだけなのです。
 
自分が「◯◯であるべき」という前提で
予定したり想定したりしていることとは
規格外のことが起こると、
処理能力が麻痺してしまうのですね。
 
「子どもには自分の生き方を自分で選択できる
自由がある。」
 
という前提が親にあれば、
 
今回のようなことがあっても、きっと
びっくりしながらも、子どもの選択を信じて、
見守ることもできるのでしょうね。
 
 
ただ、AさんやAさんのご主人は、
そういう前提がない環境下で育ってこられた
というだけのことであって、
 
今回のような反応が間違っている、ということではありません。
 
彼らにとっては起こったことがかなり規格外だった、
というだけのことであって、時が来れば、
息子さんの活躍を見て、この時のことを
きっと懐かしまれるようになるのだろうと
思います。



 読むだけでどんどん魂が裸んぼになってゆくメルマガ「ソウルヌーディスト通信」への登録はこちらからどうぞ。


 
 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 

こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 


※この記事は、
2015年11月19日のブログの
再アップ記事です。





あなたの気づきのきっかけとなるように、
過去記事を一記事ずつ紹介しています





【煩悩を満たそう*\(^o^)/*】
 
 
 


 
あなたは自分の煩悩を満たしていますか?
 
「◯◯に行きたい」
「◯◯さんに会いたい」
「◯◯を学びたい」
 
こういった欲求を満たしていますか?
  
 


それとも
時間やお金などを言い訳にしては先送りにしたり、
自分の欲求を後回しにしたり蔑ろにして、
自分以外の人のことを優先させていますか?
 
 
 
自分の欲求を先送りにしたり、
自分以外の人のことを優先させてばかりいると、


 
「欲求不満」が溜まって、
その不満を、自分のことより優先させている人
に対して爆発させますよ~。
 
たぶん経験ある方多いのではw



 
何故、自分の煩悩を満たさずに先送りしたり
他人のことを優先させるかというと、
そうすることで「メリット」があるのです。
 

 
たとえば、他人のことを優先させると
 

 
「わたしは自分のことを我慢して
あなたのためにこれだけやってるのよ!」
 

 
って言うことができるし、
自分のことができない言い訳になるし、
 

 
そういう自分を「認めてもらいたい」
という深層心理もあります。
 
 


でも、これを繰り返していても、
自分の煩悩はいつまでも満たされないし、
不満はたまる一方だし、
自分のことができないモヤモヤは
解消されることはありません。

 

 
他人のことなんてどうだっていいんです。
って言ったら語弊があるかもしれませんが(笑)
自分の中から湧き上がってきた思いは
1つ1つ行動に移していくことです。
 
すると、
1つ1つ行動に移したことによって、
「体験価値」を必ず得るのです。
 

そして、これらの煩悩を行動に移して
1つずつクリアしていくと、
煩悩がさらに拡大していきます。
 

 
煩悩を満たすことは
「素晴らしい体験価値を得ることだ!」
という臨場感がすでに経験しているので、
 
さらに行動が進んでゆきます。
 
すると、
自分の煩悩と他人の煩悩が

自分の宇宙と他人の宇宙が
重なってくるのです。

自分の煩悩に従って行動していくことが、

他人の縁起に良い影響を与え、書き換えが
起こり始めます。

 
 
自分の
「◯◯したい」
という煩悩が、他人の煩悩と重なって、
たくさんの人を巻き込んで、
大きなプロジェクトになったり、
自分やみんなの夢を乗せた大きな船が
動いたりするのです。
 
 

また、自分の煩悩を積極的に満たす人は、
他人が煩悩を満たそう、と行動をすることにも
心から応援したり祝福ができるのです。

 

 
もっともっと
煩悩を満たして行動していきましょう。
  


読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 

こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 

※この記事は、
2015年08月24日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、
過去記事を一記事ずつ紹介しています




【「からをやぶる」って
サイズの合わない服を脱ぐようなもの。】

 

 
 
あるコンサル生が
 
「わたしはまだまだ殻をやぶらなくちゃいけない。」
 
というようなことを言いました。
 

 
「からをやぶる」
ってよく言いますよね。
これって、すご~く硬いものを力を込めて
割っていくことみたいなイメージがあって、 

「からをやぶる」
っていうことがとても力のいることで、
なおかつ難しいことのようなイメージに感じませんか?
 


「からをやぶる」
ってそんな力むような、
難しいものではないんです。
 
 
 
例えば、あなたが
「被害者意識の強い人」だとしましょう。
「悲劇のヒロイン」みたいな感じ。

「被害者である自分」っていう「思い込み」。
「いつもわたしは被害者。かわいそうな私。」
みたいな。
 

 
わたし的に言うと
「被害者の自分」が「好き」ってことなんですが 

「好きじゃありません!」と言いながら、
でも同じパターンを何度も何度も繰り返す。
 
 

みなさん、ありませんか?
何度も何度も繰り返すパターン。
 
嫌い、嫌い、って言いながら続けてるんだから、
好きなんですよね。
 
 
 
みんな、そういう「好きな」思い込みの
「服」みたいなものを自分で着ているんです。
 
 


『実は自分は「嫌い」って言いながら
私は「好き」だったのか!』

 
ってことに気づくと気づいた時点で
自分で着ていた「思い込みの服」が
パラリと脱げるのです。

これが「からをやぶる」ってこと。
 
 
 
 

「からをやぶった」=「被害者の自分」
という服を脱いだから、って、
その服が無くなるか?
と言えばなくならない(笑)

その服はいつでも自分のそばにあるんですよ。
あなたのクローゼットの中にちゃんとあるんです。

たまに懐かしくて、クローゼットの中から出して
着たくなるときがあるんです。
 

 
で、それでいいじゃないですか。
 
懐かしくて着てしまう自分。
着たい時に着れる。
着てもいい。
 
 
 
あなたにどんな「から」があるか?
あなたが無自覚に無意識に
どんな「服」を着ているか?

その服がもし着心地悪くて、
身動きとれなかったり、
身動きがとれにくかったりしたら、
あなたが一体どんな服を着ているのか、
知りたくありませんか?
 
 

それを知った上で、
あなたが本当に着たい服を着ることができますよ。
 

image


読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 

こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 

※この記事は、
2015年09月28日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、
過去記事を一記事ずつ紹介しています




【「行き当たりばったり」に習え】
 
 
 

みなさんには、子供の頃に、
「大人になったら何になる」
とかっていう夢や目標ってありましたか?
 
わたしには特にありませんでした。

「アイドルになりたいな~」

みたいな願望はありましたが、
夢や目標がしっかりあるというわけではありませんでした。
 
そのかわり、思いついたことは、
やりたいことであればやってきました。

親はその度に困ってましたが(笑)
 
「また?!」
って。
 
それは大人になった今も変わらず続いております。
 
 
 
わたしは20歳~33歳まで、
ある大企業のアパレル・宝飾部門の
第一線で活躍していたわたしは、
結婚・出産を機に一旦社会から離れましたが、

34歳の時にエステティシャンになっている
夢をみたことをきっかけにマジでエステを学び、
半年後にはエステティシャンデビューしました。
 

 
エステ界ではコンテストでグランプリを頂いたり
という華々しい活躍もありましたが、
人の肉体以上に心、潜在意識について興味を持ち始め、
 
42歳でヒプノセラピーやチャネリングを習得し、
エステ業界からは引退して、
現在は潜在意識のスペシャリストとして
コーチングやコンサルをしています。
 
 
 
今までわたしのブログをず~っと読んでくださってる方は
お気付きだと思いますが、わたしってかなり
「行き当たりばったり」
な人なんですよね(笑)
 
 
 
ただ、この「行き当たりばったり」人生が功を奏しているのだと思います。

 
 
 
何が言いたいか?というと、
「行き当たりばったり」って
「行動」しているからこそ起こることなんです。
 
「ここ!」と思いついたところに行く。
「この人!」と思った人に会いに行く。
「これ!」と思ったイベントに参加してみる。
 
そこでは必ず人との出会い
「ご縁」
というものが生まれます。 
 
出会い・ご縁によって、
今まで気付かなかった自分発見をしたり、
未来の可能性が拓くような出来事が起こるのです。
 
 
 
多くの人が
「行き当たりばったり」
にたどり着く前に、
行動をとらずに思い悩んで立ち止まっています。
 
そうしている間にも、有限な時間は過ぎていきます。
  
 
 
 
行き当たりばったりでいい。
そこで未来の可能性が拓き、
未来の自分がいまの自分を引き上げてくれます。



読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!

    


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは☆彡
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 
 

ここ最近

「適正価格」とか「付加価値」
についての記事を目にする機会が何度かありました。

 

巷にあふれる商品やサービス、

コンサルやセミナーなど、

 

あらゆるモノに価格設定がされていて、

わたしたちはそれを自分の自由意志によって

選択をして買うことができます。

 

 

 

そもそも

「適正価格」ってなんでしょう?

 

Google先生に聞いてみると

 

「原価・利潤などを考慮に入れて

 適当と思われる価格」

 

と書いてあります。

 

人の目を変えればその「適当」にも

幅が出ますよね。
 
 
 
私の個人的な
あくまでも個人的な考え方ですが、
 
「適正価格」
って恋愛でいうところの
「相思相愛」
みたいなもんだと。
 
 
 

「安かろう悪かろう

高かろう良かろう」 

 

でもないし

 

「安かろう良かろう

高かろう悪かろう」

 

でもないのですよね。

 

自分にとっては適正価格だと思い

自分にとってはすごい価値のあるものだ、と思っても、

他人にとってはそうでないものだったり、

 

その逆も然りです。
 
 
 
たまに
ひとさまが選んだ「相思相愛」なものに対して
いちゃもんつける人が居ますよねw
 
そういうの
「余計なお・せ・わ」
って言いますよね。 
 
自分が「いい!!」
って思ってるものに対して
アンチなことを言われるのって
 
「放っておいてくれ( ̄▽ ̄)」
って思いますよね。
 
 

そして
「相思相愛」だったのに

「思っていたのと違った!!!」
「適正価格じゃなかった!!!」

と言って、別れた(手放した)後で不満や悪口を
たらたら言うのもはっきり言って

「ダサい」

ですねw
 
 
 
相思相愛だったときもあったわけですよ。
蜜のときがあったのも事実なんですよ。
 
 
 
その時の自分の感情や感覚を否定できないですよ。
 
 
 
「思ってたのと違った」
「適正価格じゃなかった」
 
のは、そういうことにしないと
自分が「正しい」ことにならないからです。
 
自分を正当化するために
その反対の邪=間違った者を作らないと
ダメなんですね。
 
「正邪=ジャッジ」という箱の中に
生きている人の在り方です。
 
 
 
まとめると
 
「適正価格」とは恋愛の相思相愛のようなものだから、
自分にとって価値のないものでも
ひとさまにとっては価値のあるものだし、
 
ひとの価値観や適正価格についてジャッジするのは
とってもダサくてナンセンスだということ。
 
それと
一度は適正価格で相思相愛だったものを
自分を正当化するために
アンチ的なことを言うのもダサい。
 
静かに去って、また自分の相思相愛を
見つければいい。
 
と私は思う。
 
 
 
これはあくまでも
私の個人的考え方であって
押し付けるものでもなんでもありませんw
 
 

 読むだけでどんどん魂が裸んぼになってゆくメルマガ「ソウルヌーディスト通信」への登録はこちらからどうぞ。
 
 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 

こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 

※この記事は、
2015年06月02日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、
過去記事を一記事ずつ紹介しています





【他国(他者)に内政干渉させていませんか?】

 

 
 
人からの意見(批判的ともとれる)を
受け入れて凹んだり悲しむことってありますよね。

  
 
そういう人からの意見や批判を聞いて
受け入れる前に
 
「あなたはそれを聞いてどうなのよ?
その人の言うとおりなの???」
 
と自問してみてください。
どうですか?
 
 
 
わたしは人の特に批判的な意見を

「目◯◯・鼻◯◯・耳◯◯」
 
だと思って振り切ってるところがあるので(笑)
そういう批判的な意見は直接私の耳に
入ってくることがありません。
 

 
ある意味「聞き入れちゃう」から
相手は言ってくるんです。
 
 
 
例えて言うならば
「弱腰外交」と言われる日本が、
他国から「内政干渉」されて
黙って言い返さないのと似た様なものですよね。
 
 
 
あなたはあなたという国の一国の「王」です。
他国から内政干渉されて、
国の主導権を明け渡そうとしているのです。
 
自国を護る気はありますか?
 
 
 
「戦争をしろ」と言ってるのではありません。
あなたを護れるのはあなただけです。

「わたしはわたしを護る」
 
そうコミットしてください。

 
 
あなたがコミットするだけで、
内政干渉は激減します。 

そういうコミットって、
見えないけれど相手には伝わるんですよ~。




読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!

   
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 

こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 

※この記事は、
2015年02月28日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、
過去記事を一記事ずつ紹介しています




【自分を蔑ろにしたり粗雑に扱わないであげてね♡】



 




 
「他人から大切に扱われたい」
と思っている割に
自分が自分を蔑ろにしている人って多いですよね。
 
 

 
 
きっと幼少期や成長期に、
両親から愛を受け取れてなかったり(愛されてない!と思い込んでいる)
 
かまってもらえてなかったり(自分に注目してほしい時に見てもらえなかった!)
 
「お兄ちゃんだから」「お姉ちゃんだから」
という理由で後回しにされたり(自分は大切にされてない!)

という価値観が生まれるような体験や経験があったのだと思います。
 
  
 

 
その体験や経験で、
インナーチャイルドが傷付いたまま置き去りにされているのです。

置き去りにしているのは誰か?
 
 

 
それは「あなた」です



 
 
 
過去においては、様々な出来事で傷付いたかもしれません。 
それが両親や兄弟姉妹のせいだ!と思ったかもしれません。
 
 
 
 
でもそのことによって
傷付いたままの自分をレスキューしてあげられるのは 
他人ではなく自分自身だけなのです。

 
 
 
 
自分の心の中からの「声」を 
ちゃんと汲み取ってあげてますか? 

その「声」を後回しにして、 
他の人のことに一生懸命になっていませんか? 

そのクセ、人からの自分の扱いを「不当」に感じていませんか?
 
  

 
それはあなたが自分を蔑ろにしたり粗雑に扱っていることを、  

あなたの中のインナーチャイルドが他人に投影しながらお知らせしてくれてるのです。
 
 
  

「ちゃんと私の声を一番に汲み取って!
私をちゃんと丁寧に大切に扱って!」と。
 
  

 
蔑ろにして粗雑に扱っていたのは自分だったんだ!
ということに気付いてください。 

そしてちゃんと自分を愛でて大切にしてあげてくださいね
 
 
 
 
誰よりも先ずは自分です。
 
 


読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!
   
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 

こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 

※この記事は、
2015年03月04日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、
過去記事を一記事ずつ紹介しています





【「認められたい」は「認めてもらえなかった」があるから】


 
ここ最近、母と食事をすることが増えてきました。

母がガンになったことがきっかけで、
私の中に「母を許せない私」と
「そんな私を許せない私」がいたことに気付かされたのは
一昨年の9月のことでした。

私は私を許し、
そのまま母への怒りや悲しみが氷解していきました。

母がガンになったことで、
それまで気づけなかったわたしの中の
手放せない感情や囚われなどの執着が
あぶり出されてきました。
 
ガンは、母にとっても何らかのメッセージがあり、
わたしにはわたしへのメッセージがあった、
 
そう思います。
 

 
「キャンサー・ギフト」
 
とよく言いますが
まさにそれですね。


 
 
 
母に「認められたい」
と長年自分を頑張らせてきた私。

でもその思いは虚しくもかなわず、
望まない現実を引き寄せていました。

そのたびに「悲しみ」「怒り」が湧き上がり、
「悲しみ」「怒り」が無いことにして
 

 
「今度こそ頑張れば、
もっともっと頑張れば認めてもらえるかも。」
 

 
と「認めてもらえてないのは
自分の頑張りが足らないからだ」
と自分で自分にダメ出ししてきました。

自分に自分でダメ出しだなんて。。。
インナーチャイルドはどれだけ傷ついていたことでしょうか。
 
 
 
朝から晩まで働いて、
でももっと頑張らないと!と思ってるから、
「まだまだ!」って疲弊している自分に
ムチを打っていました。

私の潜在意識は「頑張りたくない!」
というサインをいっぱい出していたにもかかわらず、
頑張ることを止められなかった。

止めてしまったら
「ダメ人間になる」と真剣に思っていましたから。苦笑

そこで潜在意識は私を病気にすることで
「頑張る」を強制終了させられました。

このとき29歳。
 
 
 
あれから17年。
母は私を認めてくれています。

ええ、最初から(笑)
私がそう思えなかっただけ、
という今となっては「ネタ」という。

ホント全ては自分の「思い込み」なんですね。
そのことに気づいたとき
私が私を認めたとき

母は私を最初から認めていたことに気づけました。
愛してる前提なんですよねー。

 
 
 
だから「認めてもらいたい」前提で何かをしなくなりました。
私が「したい」と求めること
その「心の声」に従っています。
 
 
 
 
それでいいんです。
どーせ最初っから認められてますから。
どーせ愛されてるんですから。


 

読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!
  

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世を
「美しく・自由に・創造的に」
生きる人でいっぱいにする
 

こんにちは
ソウルヌーディスト 藤原理恵です。
 
 

※この記事は、
2015年02月19日のブログの
再アップ記事です。




あなたの気づきのきっかけとなるように、
過去記事を一記事ずつ紹介しています





【全ては自分が選択した結果】
 
 
 
今日、用事があって午後から出かけていました。

いつもはタクシー移動の私ですが
なぜか今日は珍しく市バスと地下鉄を乗り継いでの移動です。

あまり公共の交通機関は好きではないのですが
たまにのると、これはこれでネタの宝庫なんです(笑)
 
 
 
市バスに乗ると、
観光で京都に来ているっぽい母娘が乗っていて、
私の目の前で口喧嘩をしていました。

聞かないでおこうと思っても聞こえてくるので
しっかり聞いちゃいました(笑)
 
 
 

「あの時、お母さんが看護師やれって言うから
私はその通り看護師になったのに、
今頃なんなの?やめろって!」
 

「見てたらしんどそうだからそんなに
無理しなくてもいいと思って
しんどいならやめればいいんじゃない?
と思っただけじゃない。」
 
娘「お母さんっていっつもそうやって自分勝手!!」
 
 
 

(わざわざ観光に来てまで喧嘩しなくても。。。)
と思いましたが(苦笑)

 
 
 
たぶん娘さんは歳の頃は
30代半ばくらいだったでしょうか。

どういういきさつか?はわかりませんが
お母さんの言葉が看護師になる
「きっかけ」にはなったのでしょうね。
 
 
 
そう。
「きっかけ」に過ぎないのです。
誰もがそうです。
誰もが誰かの何かの「きっかけ」にはなるけれど

実際行動をどうするか?
は本人の意思による「選択」なのです。
 
 
 
自分の現実に何か不満があったとしても
いい年になったらそれはもう自分が

「選択した結果」

だという自覚をもつ必要があると思います。
 
 

人のせいや環境のせいにしても
それでは何も変わりません。
 
 
 
「これは自分が選択した結果なのだ」

と認めることができると
選択を変えることができるし
行動を変えることができるし
結果を変えることができる。
 
 
 
誰かの言動が自分の行動を起こす
「きっかけ」になったとしても
それはあくまでも「きっかけ」であって

どうするか?を決めて選んでいるのは「
自分」だということです。
決めて選んで行動している自分に
「責任」があるのです。
 
 
 
自分の人生に責任をとれるのも
「自分」だけだということを
理解しておく必要があると思います。
 
 
 
そして、自分の人生の責任を喜んでとれる人こそ
本当の意味で「自由」だったり「自立」してたり
人との「共存」を築ける人だと言えます。
 


読むだけでソウルヌーディストになってゆく「ソウルヌーディスト通信」メルマガの登録はこちら!
   
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。