1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2008-07-26 23:35:16

テーマからご覧下さい

テーマ:絵本・書籍
ブログネタ:好きな絵本・童話は? 参加中
 blogの方向に迷っていたときに、絵本をテーマにして幾つか紹介しています。
 どれもお勧めビックリマーク
 何かに絞ることなんて、私には出来ない!!
 新しい絵本も発行されていますが、本屋で立ち読みをしても何度も読みたいと思える絵本には滅多に出会いません。
 最近は絵本なのか童話なのか…イジメや引きこもりをテーマにした啓蒙作品もあり、子供が読んで理解出来るのか、楽しいという気持ちを絵本から感じることが出来るのだろうかと思うものもあります。
 それらの存在を否定しようとは思いませんが、幼い頃に繰り返し読んで欲しい本ではないかなぁ。
 絵本というのは、ページをめくるのが楽しいもの。
 何度繰り返しても新しい発見があるもの。
 想像力を刺激されてしまうもの。
 これが良いと思います。
 猫を飼っているからかしら、今のNO.1は「100万回生きたねこ」。
 何度読んでも胸が熱くなります。
TBS「アナCAN」公式HP
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-10-24 15:27:46

本捜索中

テーマ:絵本・書籍
 可愛い愛猫を一層別嬪にする為に、入浴方法やブラシの仕方が図解説明された本を探しています。
 雑誌SIZEだと保存するのに大変なので、A5程度で無いものかと今日は歯科の帰りに大型書店5箇所に寄りましたが見当たらず。
 アビシニアンの特性について書かれている本も立読みしようと思ったのですが見当たりませんでした。
 お勧めの本が在れば教えて頂ければ幸いです。
 【THE CAT FANCIERS' ASSOCIATION, INC.】 ジャッジの方が書かれた本も気になっているのですが、何処にも有りません。
猫の手入れがわかる本―うちの猫がいちばん!
¥1,008
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-06-20 06:28:24

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】感想

テーマ:絵本・書籍
J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
 随分前に借りていたのですが、時間が無く読めていなかったモノを昨夜22時40分から読み始めて漸く終わりました。
 来週から友人が英国に行くので出発前に会える今日の昼には返さなければならず、途中で意識が朦朧としましたが何とか読破。
 友人は原書と和訳と何れも号泣したそうですが、既に何度も友人から粗筋を教えられているので淡々と読み終わった感が有ります。
 読む前に友人に【セブルス・スネイプ】を嫌いになると言われたのですが、私は【アルバス・ダンブルドア】と禁欲的な誓いで結ばれ、生徒思いで相変わらず茨道を進んでいるように思えました。嫌われ街道一直線な彼が最終巻で無事に生き残れるのかが、1番心配です。
 私の中では、【セブルス・スネイプ】が例えヴォルデモート側だとしても、其れを理由に彼を嫌いになるコトは有りません。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-08 11:07:34

【ダレン・シャン2-若きバンパイア】感想

テーマ:絵本・書籍
ダレン シャン, Darren Shan, 橋本 恵
ダレン・シャン2―若きバンパイア
 翌日の愛猫用食事の準備をしていたところ、計量カップに飛び掛かって真夜中3時に全て撒き散らされました。少し前に毛玉ケア用の御菓子も与えているので、明らかに悪戯目的。
 怒り心頭になり、愛猫をキャリーバッグに入れて明日会う友人に返す為に先日の【ダレン・シャン】シリーズの続きを読むコトにしました。
 相変わらず内容が陰湿な雰囲気です。到底若い少年が主人公と思えぬ薄暗く救いの欠片も無い状況が続いています。
 今のところ、1冊1話展開なので今回も終わりましたが到底無事とは思えません。懐かしいTVアニメ【新世紀エヴァンゲリオン】 の主人公【碇シンジ】を彷彿とさせました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-01 11:09:05

旅に相応しく無い【ダレン・シャン-奇怪なサーカス】

テーマ:絵本・書籍
ダレン・シャン 1
\660
株式会社 ビーケーワン
 もう出発しなければいけない時間です。
 搭乗手続きに間に合わないと思いながら、急いで機内で読む本を鞄に入れました。
 以前から読みたいと思っていて友人に借りたにも拘らず読む時間が無い【ダレン・シャン】シリーズです。
 但し、文庫本では無いので【重い】【巨大】と旅に全く適していません。何冊も持って行く余裕も無いので1冊のみで、続きが気になってもどうするコトも出来ません。
 せめて2冊とも思いましたが、やはり重いので諦めました。

追記 2006.5.2 17:49
 1作目読み終わりました。
 ダレン・シャンの家族が可哀想です。特に父親の描写に泣けました。
 ダレン・シャンについては選択したのは自分自身なので、自業自得以外の言葉は有りません。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。