魅力発見フォト

写真には撮る人、撮られる人、両方の心が映る。魅力を見つけた分だけ写真に写り込む。元・心理セラピスト佐藤麗子が綴る、心映すフォトのブログ。

このブログは現在、「心を映すフォトブログ」です。

昔、私が心理セラピストだった時代のTAWな日々ブログは一度閉じましたが、この記事はとっても面白いそうなので、少しずつ「心理セラピスト時代のTAWな日々」として改訂しアップしています。

UP済み:
~2012/4/11(2013/10/7改訂)


テーマ:

魅力発見フォト、
佐藤麗子です。


考えることは、大事。




↑↑↑ 「考える人」



しかし・・・考えすぎて動けなくなるくらいなら。



考えるのをやめて、
体でも動かした方がいいかもしれませんね。




↑↑↑ 「考えない人」




なんだか、「考えない人」の方が楽しそうに見えませんか?(^▽^;)





魅力発見フォト

http://ameblo.jp/fractal-counselor

いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


魅力発見フォト、佐藤麗子です。


私がふだん過ごしている表参道の街は、
ときどきイタリアやラテンの国に迷い込んだのか?


と錯覚するくらい、
彩り豊かです。


実はこの日、
世界が灰色に見える体質が戻ってきてしまって、
街が灰色に見えていました。



しかし、ランチタイム時に
カメラを持って20分も歩いていたら、
灰色に見える世界なんて
どうでもよくなってしまいました。


だって、あまりにも面白いものが
たくさんあるから。


オレンジや、レモンが木にたくさん
ぶら下がっているのを見つけたら、
灰色の世界から色のある世界に戻ってこれました。


街の中でレモンが実っているって
よく考えたらすごくないですか?




灰色フィルターを通して世界を見ていたら
見えないものがたくさんあります。


灰色のものを見るか。
彩り豊かな美しいものを見るか。




いつでも自分は、
選択できる自由を持っているのですよね。



魅力発見フォト


http://ameblo.jp/fractal-counselor

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

魅力発見フォト、佐藤麗子です。





月って、本当に模様があったんだ・・・と知りました。


いや、知ってます。

知識としては。


しかし月はあまりにも遠すぎて、

私にとっては絵空事のようでした。


写真って、本当に心が映るのだな、と思います。


私はいつも、上へ上へ、

とにかく上ばかりを見てしまうクセがあります。


この心のクセはずいぶん直したのですが、

まだちょっと、残っています。


だからつい、自分が持っているものを過小評価してしまうクセがあって、

フルサイズカメラが欲しい、と思うようになってから、

そちらのよさにばかり目が行っていました。


ですが、プロのフォトグラファーの方に、

「あなたのカメラもレンズも、仕事で十分に使えるレベルのものですよ。

高ければいいというわけではありません。」


と言われて、ハッとしたのです。


今まで月を撮っても

ぼやけた意味不明なモノしか写らなくて、

望遠レンズじゃないとだめなんだなぁ・・・と思っていたのに、


この言葉を言われたその日の夜、

いつものカメラとレンズで、

模様までハッキリ見える月が映りました。


限界を決めていたのは、自分でした。


自分の持っているものをきちんと評価したら、

私のカメラは、大いに能力を発揮してくれました。


これって、人間にも言えますね。




魅力発見フォト

http://ameblo.jp/fractal-counselor

いいね!した人  |  コメント(2)